人気ブログランキング |

噺の話

kogotokoub.exblog.jp
ブログトップ

<   2012年 02月 ( 12 )   > この月の画像一覧

 節分、と言うよりも旧暦の正月十二日というつもりで、月を見ていた。もちろん、あの“恵方巻き”などという胡散臭いものは買わないし食べない。昔は立春から新年が始まるので節分は大晦日。陰陽師らによって旧年の厄や災難を祓い清める「追儺(ついな)」の行事はあっても、「開運恵方巻き」は、何ら歴史的に根拠のないキャンペーンである。まぁ、ある特定の業界が盛り上がるのも悪くないのだろうが、まるで昔からある祭事のような誤魔化しが、どうも許せない。あくまで節分は落語『厄払い』のように、豆まきなどで厄を払う日。興味のある方は昨年の節分に書いたブログをご覧のほどを。
2011年2月3日のブログ

 さて、話は先日書いた“古今亭十八番”のこと。
2012年1月25日のブログ

 古今亭志ん輔の日記風ブログ「日々是凡日」にあった内容に刺激されて書いたのだが、やや反省の多い内容だった。
 その際に書いたリストの中に、あの『お直し』を忘れていたり、コメントでご指摘いただいたが、志ん生が発掘した『ぼんぼん唄』など、ぜひ一門で継承して欲しいネタの欠落が多かった。よって、前回の内容は、拙速で軽率な内容であったと反省し、節分の今夜“厄払い”のつもりで、深くお詫びする次第です。

 そこで、あらためて“古今亭十八番”の改訂版を書いてみたい。まず言い訳から。“古今亭十八番”と言っても、志ん生が持ちネタにしていても、必ずしも馬生や志ん朝が高座にかけなかった噺もある。あるいは、長男と次男が師匠である志ん生の十八番を、前座や二ツ目までは稽古の意味も含め高座にかけていたが、後年は手がけなかったものもある。
 だから、志ん生-馬生-志ん朝に共通する、いわば鉄板の“古今亭十八番”と言えるものは、以外と少ないのではないか、とも思うのだ。
 とは言うものの、けじめをつけておきたいので、前回リストアップしたネタに、失念していた二席と悩んだ末割愛したネタ、コメントでご提案いただいたネタなどを加え、やや無理を承知でちょうど十八席とし、次の噺を、ひとまず“古今亭十八番”としておきたい。
*艶笑噺ははずそうかとも思ったが、志ん生『鈴ふり』も途絶えないよう一門で継承してもらいたくて、加えた。
(1)火焔太鼓
(2)黄金餅
(3)幾代餅
(4)柳田格之進
(5)井戸の茶碗
(6)抜け雀
(7)おかめ団子
(8)替り目
(9)鮑のし
(10)搗屋幸兵衛
(11)疝気の虫
(12)宗珉の滝
(13)お直し
(14)ぼんぼん唄
(15)お見立て
(16)首ったけ
(17)化け物使い
(18)鈴ふり

 
 もちろん、異論反論ございましょうが、お許しのほどを。

 さて次に、“原点回帰”ではないが、この件の発端が志ん輔のブログであることを、あらためて考える。
 志ん輔は、必ずしも“古今亭十八番”のみならず、いわば“志ん朝十八番”をネタに多く持つ。そして、志ん朝は、古今亭および三遊亭お家芸の噺に限らず、八代目文楽の十八番や、六代目円生の代表作、さらに柳家のネタだって手がけている。要するに、古典落語の名作、秀作と言われるべきネタを数多く自分のものとしてきた。
 
 その志ん朝の数多いネタを、あえて“十八”に絞るなら何になるか、というまったく個人的な、傍から見れば馬鹿馬鹿しいとも思われそうな試み(暴挙?)をしようと思った^^

 それでは、“志ん朝十八番”を模索したいのだが、好みに頼る恣意的な感覚的なリストにならないよう、できるだけ“実証的”(?)にというか、数字の裏付けを含めて考えたい。

 そうなると、参考になるのが、この本なのだ。
e0337777_11081817.jpg
『よってたかって古今亭志ん朝』(志ん朝一門、文春文庫)

 ずいぶん前に紹介した(2008年6月22日のブログ)『よってたかって古今亭志ん朝』(志ん朝一門、文春文庫)の巻末には、「古今亭志ん朝 主要演目一覧」が記載されている。

 主要なホール落語会や“志ん朝の会”、先代柳朝との“二朝会”、そして大須での独演会を含め、次のような落語会における全演目が記されている。

・東横落語会    72回
・紀伊国屋寄席   68回
・東京落語会     71回
・落語研究会    101回
・二朝会        28回
・志ん朝の会     19回
・志ん朝七夜     7回
・大須独演会     30回

 さて、この合計396回の落語会において、どのネタが何度高座にかけられたのか、以前に調べてみたことがある。ホール落語会では、一回につき一席だが、志ん朝の会や七夜、そして大須では一日で二席、あるいは三席なので、ネタの延べ総数は400をはるかに超えている。東横落語会の昭和33年11月10日の『天災』から、亡くなる平成13年4月25日の落語研究会『刀屋』までのネタの中で、回数が多い順に並べてみた。

12回( 1) 愛宕山
11回( 2) 黄金餅・夢金
10回( 4) 付き馬・火焔太鼓・品川心中・化け物使い
 9回( 9) 船徳・搗屋幸兵衛・富久・酢豆腐・抜け雀・大工調べ・三枚起請・
      明烏・唐茄子屋政談
 8回( 4) 井戸の茶碗・居残り佐平次・鰻の幇間・三年目
 7回( 4) 大山詣り・厩火事・柳田格之進・お若伊之助
 6回( 7) お化け長屋・文違い・干物箱・五人廻し・二番煎じ・宿屋の富・
      芝浜
 5回(14) 巌流島・お直し・今戸の狐・火事息子・子別れ・甲府い・
      締め込み・茶金・お見立て・寝床・碁泥・刀屋・首提灯・四段目
 4回(11) 粗忽の使者・猫の皿・小言幸兵衛・稽古屋・三方一両損・幾代餅・
      宗珉の滝・佃祭り・もう半分・百年目・坊主の遊び
 3回(12) 花見の仇討ち・そば清・高田馬場・試し酒・妾馬・駒長・
      口入屋(引越しの夢)・崇徳院・三軒長屋・蒟蒻問答・文七元結・
      水屋の富
 2回(20) 王子の狐・風呂敷・錦の袈裟・替り目・らくだ・花色木綿・
      中村仲蔵・おかめ団子・お茶汲み・雛鍔・ぞろぞろ・紙入れ・
      たがや・御慶・へっつい幽霊・豊志賀の死・百川・真田小僧・
      蔵前駕籠・浜野矩随
 1回(38) 天災・元犬・粗忽の釘・ずっこけ・のめる・二人かしまし・
      和歌三神・近日息子・蛙茶番・麻のれん・三助の遊び・たぬき・
      つるつる・疝気の虫・因果塚の由来・宮戸川・夏の医者・
      三人無筆・しびん・禁酒番屋・紺屋高尾・長屋の花見・
      ちきり伊勢屋・素人鰻・首ったけ・佐々木政談・反魂香・
      近江八景・代脈・堀の内・羽織の遊び・幇間腹・千両みかん・
      野ざらし・あくび指南・強情灸・藁人形・時そば

 ネタの延べ数は、次の計算で求められる。
 (12回 x 1席) + (11 x 2) + (10 x 4) + (9 x 9) + (8 x 4) + (7 x 4) + (6 x 7) + (5 x 14) + (4 x 11) + (3 x 12) + (2 x 20) + (1 x 38) = 485

 ということで、これは志ん朝が、396回の主要落語会で演じた、485席の噺の口演回数順リスト、ということになる。『愛宕山』『黄金餅』『夢金』がトップ3となった。

 さて、“十八”席の選定で、この回数順でどこまで拾うか、思案した結果、10回以上の七席は無条件でリストアップしよう。何と言っても、主要落語会で二桁の回数、高座にかけられたネタなのだから。

 愛宕山・黄金餅・夢金・付き馬・火焔太鼓・品川心中・化け物使い

 この中では、『付き馬』が意外だった。こんなにかけていたんだぁ、と驚く。しかし、亡くなった志ん五などにしっかり継承されていたし、吉原を舞台にした落語らしいネタ、と言えるかもしれない。

 次に、回数のみならず、志ん朝の思い入れを反映する会として、どうしても別格として考えたいのが、あの“志ん朝七夜”のネタ。

昭和56(1981)年4月に本駒込の三百人劇場での歴史的な七日間のネタは次の通り。
◇第1夜 (1981/04/11) 『大山詣り』『首提灯』
◇第2夜 (1981/04/12) 『百川』『高田馬場』
◇第3夜 (1981/04/13) 『代脈』『蔵前駕籠』『お化け長屋』
◇第4夜 (1981/04/14) 『大工調べ』『甲府い』
◇第5夜 (1981/04/15) 『堀の内』『化け物使い』『明烏』
◇第6夜 (1981/04/16) 『火事息子』『雛鍔』
◇第7夜 (1981/04/17) 『真田小僧』『駒長』『干物箱』

 『首提灯』以外の音源が発売されている。円生一門の脱会騒動から三年後、志ん朝43歳での歴史的な会。この会には、ご本人も相当ネタ選びには慎重になっただろうし、こだわりもあったと思う。
 この会のネタで、全体での回数も7回以上演じられている次の3席を、優先してリストに加えたいと思う。
 
 大山詣り・大工調べ・明烏

 さて、これで十席。さて、あと8つ。
 
 先に二席の長講を、これまでの定量的な切り口から、定性的というか好みで加えたい。「やはり、この噺ははずせないでしょう!」と思うネタ。主要落語会で演じられた回数は少なく、意外なようで、実はそうだろうなぁとも思う、『文七元結』と『三軒長屋』。ともに3回なのだ。しかし、あれだけの大作である、そう頻繁にはかけられない。そう考えると『愛宕山』の数の多さに驚く。八代目文楽の独壇場だった噺への意気込みが、これだけの高座数に反映したのだろう。もちろん、全て文楽が亡くなった後の高座。

 さぁ、あと6席。ということで、あらためて回数の上位、9回と8回、7回のネタの中から選びたい。すでに“七夜”に入っていて選定したネタを除くと、次の中からの選択になる。

 9回 船徳・搗屋幸兵衛・富久・酢豆腐・抜け雀・三枚起請・唐茄子屋政談
 8回 井戸の茶碗・居残り佐平次・鰻の幇間・三年目
 7回 厩火事・柳田格之進・お若伊之助

 14席から6席の選択なのだが、悩む・・・・・・。どれを落とせばいいのか。どれも好きなんだが、心を鬼にして(?)選んだ。その全てを並べてみる。

(1)愛宕山
(2)黄金餅
(3)夢金
(4)付き馬
(5)火焔太鼓
(6)品川心中
(7)化け物使い
(8)大山詣り
(9)大工調べ
(10)明烏
(11)文七元結
(12)三軒長屋
(13)船徳
(14)抜け雀
(15)唐茄子屋政談
(16)井戸の茶碗
(17)居残り佐平次
(18)柳田格之進
 

「なぜ、あのネタがはずれるのか!?」というお叱りの声を感じつつも、“十八席”に絞らねばならない苦しさをお察しのほどを。

 さて、あらためて、冒頭の改訂版「古今亭十八番」と、この「志ん朝十八番」で共通のネタを取り出してみる。

  黄金餅・火焔太鼓・化け物使い・抜け雀・井戸の茶碗・柳田格之進

 そして、文楽への挑戦(?)とでも言えそうなのが、愛宕山・明烏・船徳だろう。円生を意識していたと思える噺が、品川心中、文七元結、唐茄子屋政談、そして居残り佐平次あたりだろうか。唐茄子屋は父志ん生の十八番でもあった。夢金や付き馬は、たぶん三代目金馬チャレンジという思いがあったのではなかろうか。三軒長屋も金馬、そして小さんを意識していただろう。大山詣り、大工調べは、多くの噺家さんが手がけるが、小さんの持ちネタだでもあるなぁ。早い話が、昭和の名人たちが手がけた代表的な古典落語が並んだ、ということ。


 古今亭志ん輔がこだわった“古今亭十八番”が、どういったネタを想定していたのかは、まだ明らかになっていない。しかし、ここで私が書いた“古今亭”や“志ん朝”の「十八番」は、そうはずれていないように思っている。もしかすると、「えっ!?」と思うネタが今後明らかになるかもしれない。それも、また楽しいと思う。

 外は寒い。おっ、「おん厄はらいましょう~厄おとし」の声が・・・聞こえないなぁ、もちろん。

 もうじき立春だ。いい年になりますように。
by kogotokoubei | 2012-02-03 21:50 | 落語のネタ | Comments(10)
この会場は2009年6月の喬太郎と談春の二人会2009年6月17日のブログ以来で、ずいぶん久しぶりだ。同じ主催者(民音)だった。一階(850)と二階(250)で1,100席というキャパなので、さすがのこの二人の親子会とはいえ、平日でもあって当日券もあった。
 1階席の後方だったが、開演時点ではところどころに空席があった。 ほぼ9割の埋まり具合だろうか。

 開演前に、スタッフ(ホールの人か主催者か分からないが)が、携帯電話のイラストにxを書いたボードを持って携帯をオフにするように注意していたのは良い試みかと思う。結果として携帯は鳴らなかった。しかし、途中に来場されたお客さんを、開口一番以外の主役二人の高座中でも座席に誘導するのは、勘弁して欲しいものだ。

 開演前に「終演予定20:30」とのアナウンス。これは入口の案内板にも書かれていた。この主催者の落語会は、いつもこの時間割りのようだ。

 結局さん喬、喬太郎は一席づつで、次のような構成だった。
------------------------------------
(開口一番 柳家さん坊 『子ほめ』)
柳家喬太郎 『うどん屋』
(仲入り)
翁家和楽社中 大神楽
柳家さん喬 『文七元結』
------------------------------------

柳家さん坊『子ほめ』 (18:30-18:45)
 初である。一昨年9月にさん喬に入門、昨年2月から前座、と協会HPのプロフィールにある。第一印象は悪くない。“滑舌”もほどほど良く、丁寧に大きな声で演じていた。受けのよいお客さんが多く、その笑いにも助けられたが、なかなかの好印象。

柳家喬太郎『うどん屋』 (18:46-19:26)*マクラ20分+本編20分
 結論めいたことを言うと、本編は“古典回帰”喬太郎の意気込みを十分に感じる高座だったので、もっとマクラを縮めて、マクラ10分+本編30分、少なくともマクラ15分+本編25分位で聞きたかった。
 マクラで無駄に多いトンコツラーメン屋のことから、定番の立ち食い蕎麦屋ネタで、コロッケ蕎麦やウィンナ天(ぷら)蕎麦のことを、体を座布団に寝そべる熱演(?)で会場を爆笑させていたので、このネタは推測できた。マクラ途中で、「これでも古典をやろうとしているんです」といった一言で、他の数名のお客さんと同様に私も拍手してしまった。
 本編は、ほぼ大師匠小さんから伝わる本寸法。余計なイレゴトもなかったが、工夫された演出としては、本来は酔っ払いの科白をうどん屋に言わせて、「その科白は、オレが言いたかった」として笑わせる部分か。「うちのかかぁは何飲んでも、何食べても、当たらない」の科白は、通常うどん屋に言わせない。昨年の2月に白酒の会(県民ホール寄席2011年2月23日のブログ)のゲストとして演じたこの噺の高座も良かったが、それ以上に、本寸法。
 酔っ払いが七輪の火に両手をかざして温める無言の場面や、仕立て屋太兵衛の娘ミー坊の婚礼を振り返って思いにふける“間”、水を一気に飲むシーン、そして、サゲ直前の、風邪を引いた客(女性)が、うどんを旨そうに食べる場面、それぞれに喬太郎の“古典への意気込み”のような、“気合い”のようなものを感じた。水を飲む場面では、見ているこっちが、ノドが鳴った。
 自分なりの解釈による微妙な味つけなども含め、間違いなく今年の喬太郎は違う、そう確信できる高座。それゆえに、落語への馴染みの薄いお客さんが多いことへの配慮なのか、得意のマクラで笑わせるのに時間を要し、「仕立ての太兵衛、知ってるか」のリフレインが一度の短縮版になったのが残念。加えて最後のうどんを食べる場面で、来場者が前方の席に誘導されようとしていたのは、何とも主催者(あるいはホール)の落ち度としか言いようがない。たった一席の喬太郎の、それも聴かせどころ見せどころだよ!
 
翁家和楽社中 大神楽 (19:41-19:59)
 主催者の企画意図(普段寄席などに馴染みのないお客様への配慮か?)は分からないでもないが、この会に大神楽は必要だったのだろうか。和助の芸には感心するし今後に期待もするが、この約20分を使ってでも落語をもう一席聞きたかった、というのが本音。

柳家さん喬『文七元結』 (20:00-20:43)
 さん喬がこのネタなら、20:30には終らない、というのは当然なのだが、それにしても時間を考えての短縮版で、楽しさも半減。
 例えば、佐野槌の女将は、長兵衛に、「いくらあったら仕事に戻れるんだい?」という質問を挟まず、いきなり「五十両貸すよ」となる。また、文七が店に戻って、持ち帰った五十両のいきさつを主に問われると、例の番頭を交えた可笑しな問答はなく、すぐにお久が預けられた「佐野槌」の名が判明する。また、吾妻橋で長兵衛が五十両を文七に渡すかどうか逡巡する重要な場面も、あまりにもあっさりし過ぎなのも、持ち時間の影響だろう。
 せっかくの熱演ではあったが、この人の『文七』なら1時間かかってもおかしくないし、あの“くどさ”“くさ”こそが、さん喬でもある。消化不良の高座は本人の責任とは言えないが、残念。

 さん喬と喬太郎の親子会は、以前に前進座で何度か経験しているが、もちろん二席づつである。比べては可哀想なのかもしれないが、木戸銭はほぼ同じなので、あえて小言。
 まず、全体で二時間という所用時間にこだわらず、少なくとも一人二席、落語を聴かせて欲しい。あるいは、色物を省いてでも「親子会」の名にふさわしい時間を、落語に注いで欲しい。
 一席づつの今回の高座でさえ、初めて『うどん屋』や『文七元結』を聞く人には、「本当は、もっと凄いよ」「実は、もっと泣けるよ」と言い添えたくなるような短縮版なのが、本当に勿体なく思う。

 「しかし、喬太郎の『うどん屋』だけでも良しとするか」、などと終演後に落語ブログ仲間のYさんと焼き鳥でビールとハイボールを飲みながらジャズの話題なども肴に盛り上がっていたら、案の定、帰宅は日付変更線を超える直前であった。
by kogotokoubei | 2012-02-01 11:14 | 寄席・落語会 | Comments(8)

落語のことを中心に、ときたま小言や独り言。


by 小言幸兵衛