人気ブログランキング |

噺の話

kogotokoub.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:小さな旅ー2019年9月、同期会と繁昌亭( 4 )

 さて、有馬温泉→神戸三宮→大阪、と移動しての8日日曜日の午後。

 ちょうど三時少し前に、地下鉄長堀橋駅近くのホテルに到着し、チェックイン。

 その後、ホテルを出た。

 実は、午後四時に繁昌亭の近くの喫茶店で、ある女性と待ち合わせをしていた。

 その方は、三年前の京都での同期会の後、坂の街大阪をガイドしてもらった方。
 このブログへのコメントが縁だった、山茶花さんだ。

 三年前のことは、「ブラ幸兵衛」なんて気取って記事にしていた。
2016年11月14日のブログ
2016年11月15日のブログ

 NHK大河「真田丸」をお互いに見ていて、メールでいろいろ連絡をとっていたこともあり、大阪の陣に縁のある大阪と山茶花さんお奨めの坂の街を案内していただいた、小さな旅だった。

 今回、同期会が有馬温泉ということで、ぜひとも、繁昌亭をご一緒したかったのであった。

 地下鉄堺筋線で、長堀橋から繁昌亭の最寄り駅南森町は三つ目の近さ。

 ちなみに、長堀橋駅の中のトイレ、「ようおこし」は、なるほど大阪やなぁ、という印象。

e0337777_15060610.jpg


 南森町駅に降り、天満宮の参詣道にあたる天神橋筋商店街には、こんな提灯が。
e0337777_15083169.jpg


 繁昌亭は←左、ということで左折すると、すぐに見えた。


 近づいて、撮影。
e0337777_15104020.jpg


 その手前左にあるのが、喫茶ケルン。

e0337777_15281333.jpg


 四時少し前に到着。

 なんと、BGMはジャズ!

 壁は、噺家さんや芸能人の色紙、写真で埋め尽くされている。

 写真は、撮り忘れたのだった。残念。

 山茶花さんからメールが入り、終演後に食事に行くお店の場所を確認したので、これからすぐ行きます、とのこと。

 その通り、すぐいらっしゃいました。

 ほぼ、三年ぶり。

 山茶花さん、このお店のお奨めは、たまごサンドとのこと。

 さて、一人前いただこうか、と思ってメニューを見ると、ハーフサイズもある。
 お店の方が、良心的。

 二人の会話を聞いていて、「繁昌亭の後でお食事されるなら、ハーフサンドのセットお一つと、飲み物を一つがお徳ですよ」とのこと。

 大阪にも、こういう良心的な飲食店があるのだよ^^
 
 このたまごサンド、関東にはない、ふっくらした玉子焼きが入ったサンドイッチで、美味しかった。量もハーフで軽く小腹を満たすのにちょうど良かった。

 サンドの写真、撮り忘れた。
 そもそも食べ物のブログではないので、美味そうなものは、すぐ食べてしまう。

 話題は、壁の色紙の噺家のことや落語のこと、先日終わったばかりのBS時代劇「蛍草 菜々の剣」のことなど、盛りだくさん。

 さて、そろそろ六時の開演。
 
 ケルンを出てすぐお隣のような近さの繁昌亭へ。

 その落語会は、桂雀三郎と林家染二の二人会。

e0337777_09134836.jpg


 そのい内容は感想は、次の記事にてご紹介。
 

 終演後は、山茶花さんが、お好み焼きか蕎麦という候補を出してくれたので、粉ものが少し苦手で蕎麦好きの私は、迷わず、蕎麦を選択。

 そのお蕎麦やさんは、土山人の天神店。
 お店の写真は撮りそびれたので、天神橋筋商店街のサイトから拝借。
天神橋筋商店街サイトの該当ページ
e0337777_15191432.jpg


 ちなみに、土山人のサイトには、このように書かれている。
 なお、1997年、芦屋で開店したのが始まりとのこと。
土山人のサイト

土山人の蕎麦は全店舗契約農家から直接仕入れた蕎麦を使用しています。
また、蕎麦は全て殻付きの状態で仕入れ、自社の保冷倉庫で保管。
殻を外してから製粉までの工程を全て自社で行っています。
蕎麦を打つ直前に各店舗で製粉し、恒に最高の状態を目指して蕎麦打ちに取り組んでいます
また、人材育成にも力を注ぎ、初心者でも蕎麦打ちを学びながら調理、サービスに従事し、一人前になったスタッフのさらなる成長の為に店舗を展開してきたのも土山人のスタイルです。
蕎麦打ちを始め、メニューの研究を自由にできるのも土山人だからこそ。
軌道に載った店舗は「のれん分け」という形で独立しています。
土山人の店舗は、外装、内装、使用する器など、全てにおいて創業者のイメージを基に作られています。
ファッション業界、雑貨業界で培ったノウハウを活かし、「和」にこだわることなくモダンテイストをさりげなく織り込んだ店内には、落ち着いてゆっくりと蕎麦を味わっていただけるように様々な工夫を施しています。


 なるほど、こういうお蕎麦屋さんは、そう多くはない。

 山茶花さんも、少しなら、とのことで日本酒を付き合っていただき、玉子焼き(また、たまご)や、梅水晶という、オツなつまみで、聴いたばかりに落語の話題はもちろん、いろんな話が美味しい酒の肴。

 締めは、山茶花さんお奨めの「すだちそば」。
 最近、有馬温泉のこのお店がテレビに放送され、このそばをサンドイッチマンというコンビが美味そうに食べていたとのこと。

 これが、すだちそば。

e0337777_09131965.jpg


 若い可愛い店員さんから、数分して、すだちの香りがついた頃、そのすだちを取り除いて、香りについておそばをいただくというのが、本寸法とのこと。


 しばらくして、すだちを取っていただいた蕎麦、その香り、風味、蕎麦の美味さ、汁の程よい塩加減、なるほど、絶品!

 つい話しが長引いて、山茶花さんと付き合せてしまった。

 店を出て、南森町の駅で山茶花さんと別れ、ホテルへ戻った。

 まだ、眠くはならず、つい、この旅の記事の一回目を書きながら日付変更線を超えた、という次第。

 9日の帰りの新幹線は、余裕を見てお昼頃にしていた。
 泊まったホテルのチャックアウトも12時とうれしい。
 ホテル近くのお店で朝食をとって部屋に戻り、このシリーズ二回目の記事の途中まで書いてから、新大阪へ移動。

 台風の影響で、下りの新幹線は一時間半の到着遅れなどが発生していた。

 おかげさまで、台風通過の上り新幹線は、定刻通り。
 結果オーライの旅、と言える。

 このシリーズの記事としては、これにてお開き。

 雀三郎と染二の会については、次の記事にてご紹介。

 長らくのお付き合い、まことにありがとうございます。
by kogotokoubei | 2019-09-11 09:27 | 小さな旅ー2019年9月、同期会と繁昌亭 | Comments(2)
 さて、8日日曜日、チェックアウト後、Y君とTちゃん(うりぼう)の車二台に乗ったご一行は、宿から有馬温泉街の駐車場に車を置いて、温泉街を散策することとした。

 地図はなきかと捜してみれば、「神戸公式観光サイト」Feel KOBEに、有馬温泉の地図も掲載されていた。
feel-koubeのサイト

 こちらが、その全体図。

e0337777_09533224.jpg


 左下に、ねね橋があり、ねねの像がある。

 すでに、ねね像と男どもの写真は紹介したので、美人トリオと、ねねさんの写真。

e0337777_10194194.jpg


 その美顔をご紹介できないのは、残念^^

 
 有馬温泉、太閤秀吉や妻ねねが愛した湯として知られているが、散策の途中に地図をいただきに立ち寄った観光協会のサイトには、この湯が、もっともっと古い歴史をたどってきたことが分った。

 同サイト「有馬の歴史」から、少し引用。
有馬温泉観光協会公式サイトの該当ページ

発見
 有馬温泉の守護神として名高い湯泉神社の縁起によれば、泉源を最初に発見したのは、神代の昔、大已貴命(おおなむちのみこと)と少彦名命(すくなひこなのみこと)の二柱の神であったと記されています。この二神が有馬を訪れた時、三羽の傷ついたカラスが水たまりで水浴していました、ところが数日でその傷が治っており、その水たまりが温泉であったと伝えられています。
 温泉のありかを教えてくれたこの三羽のカラスだけが有馬に住むことを許されたと伝えられており、「有馬の三羽からす」と呼ばれています。
 有馬温泉の存在が知られるようになったのは、第34代舒明天皇(593〜641年)、第36代孝徳天皇(596〜654年)の頃からで両天皇の行幸がきっかけとなり有馬の名は一躍有名になりました。日本書紀の「舒明記」には、舒明3(631)年9月19日から12月13日までの86日間舒明天皇が摂津の国有馬(原文は有間)温湯宮に立ち寄り入浴を楽しんだという記述があり、それを裏付けています。
 釈日本紀によると、孝徳天皇も同じく有馬の湯を愛され、大化の改新から2年後の大化3(647)年10月11日から大晦日還幸までの82日間、左大臣(阿部倉梯麿)・右大臣(蘇我石川麿)をはじめとする要人達を多数おつれになり滞在されたとの記述があります。

開創の行基
 「有馬温泉史話」によれば、舒明天皇・孝徳天皇の度重なる行幸により世間に名をしられるようになった有馬温泉ではありますが、その後徐々に衰退に向かっていったといわれます、これを再興し有馬温泉の基礎を開いたのが名僧行基です。
 行基は聖武天皇(701〜756)の信任あつく、主に池を築き、溝を掘り、橋をかけ、お堂を築くことなどに力を発揮し大きな業績を残した高僧といわれています。
 行基が大坂平野の北、伊丹の昆陽に大池(昆陽池)を掘っていたときのこと、一人の人に会いました。その人は「私は体の中に悪いはれ物ができて、数年来苦しんでおります、聞くところによりますと、有馬の山間には温泉があり、病気にはたいそう良いそうです。私をそこへなんとか連れて行ってくださいませんか。」と頭を地に付けて懇願しました。哀れに感じた行基はその人の望みを叶えるため、有馬に連れて行く途中、さらにあれこれと望みごとを頼むその人の願いをかなえてやると、不思議なことにその人は金色荘厳なみ仏の姿となり、有馬温泉を復興するようにと言って紫雲に乗って東方へ飛び去ってしまいました。
 (後 略)

 なんと、神代の昔、大已貴命(おおなむちのみこと)と少彦名命(すくなひこなのみこと)が発見したというのだから、すごい。
 「有馬の三羽からす」のことも含め、宿の金湯と銀湯に入っている時も散策している時も、知らなかった^^

 私の旅、予習より復習を重視しているのだよ。

 行基は、日本で最初に僧として最高位である大僧正になった人で、聖武天皇により奈良の大仏(東大寺)造立の責任者として招聘され、東大寺の「四聖」と呼ばれる高僧だ。

 へぇ、知らなかった。
 奈良つながりで、有馬温泉と、私が滑りまくった『鹿政談』とのかすかな縁があったとは^^
 この後に、「中興の仁西」「再建の秀吉」「江戸時代を経て」と続く。

 だから、秀吉や北政所ねねは、長い歴史を持つ有馬温泉の「再建」の時代に登場する人物、ということ。

 その「再建」についても少しご紹介。

 秀吉の事蹟の特筆は、慶長2(1597)年に始まった大規模な改修工事です。この直接のきっかけは、前年に近畿一円を襲った慶長伏見地震でありました、建物の被害も甚大ではありましたが、さらなる問題としてこの地震の直後から温泉の温度が急上昇し熱湯となってしまったことでありました。湯治効果の大なることを熟知していた太閤は、文字通り英断をふるい有馬温泉の根本的な改修工事に着手することになりました。
 秀吉の工事以来350年間、有馬町(有馬町は明治29年に湯山町から有馬町に改称されました。)は一度も泉源の改修工事を行っておらずこの時の秀吉の英断がその後の有馬の繁栄に計り知れない影響を与えたことがわかります。しかし、地震後に新たに湧出した温泉に湯山御殿を造り、工事が完成した慶長3年の5月に入湯の予定でありましたが、激しい風雨のため中止となり、その後まもなく床に伏し同年の8月18日に没したため、秀吉はついにその成果をみることができませんでした。

 なるほど、太閤の湯、と言われるのもむべなるかな。
 しかし、秀吉、改修後の有馬を自分で見ることはできなかったんだねぇ。

 という歴史のお勉強の次は、地理の授業(?)に変わります。

 Feel KOBEのサイトからお借りした地図から、散策したあたりを拡大したものが、これ。
e0337777_10294542.jpg


 有馬温泉は、鉄分と塩分を含み褐色に見える湯「金泉」、透明でミネラルなどを多分に含む湯「銀泉」の二種類の温泉があることで有名。

 温泉街にも「金の湯」と「銀の湯」がある。
 
 ということで、散策の最初は「金の湯」。
e0337777_10422028.jpg


 アジアからの団体さんが並んでいたが、まだ開いてなかった。

 我々一行は、私を含め多くの人が宿の朝風呂に入ってきているので、通過。

 炎天下、湯元坂を歩くご一行の姿は、前回記事でも紹介したが、こちら。

e0337777_10445481.jpg


 すぐに目に入ったのが、菓子工房ありま、である。

e0337777_10482687.jpg


 観光協会のサイトの紹介でも分るが、名物炭酸せいべいで有名な、三ツ森のお店。
有馬温泉観光協会公式サイトの該当ページ

 こちらでは、灘の生一本を使用した酒まんじゅうが自慢のようだ。
e0337777_10480330.jpg


 中で座って食べることもできるようなので、一行は、酒まんじゅうを買って、店の奥のテーブルで食べることに。

 これが、前回も掲載した、その酒まんじゅう。
e0337777_14111941.jpg



 熱かったけど、美味かった。

 このように、餡子もたっぷり!

e0337777_11150722.jpg


 食べてから、散策の後、Oちゃんと合流する神戸三宮までの道のりを確認。
 打ち合わせするメンバー。

e0337777_11394519.jpg


 三宮へのルート、駐車場の確認を終え、また少し歩くと、佃煮の大黒屋があった。
e0337777_11294554.jpg


店の表のウィンドウには、切り絵があった。

e0337777_11303021.jpg


 コアラのTちゃんは、名物の松茸昆布を買うことを決めていたので、立ち寄る。
 あっしは、きゃらぶきを買ったのであった。

 観光協会公式サイトにあるお店の情報では、「砂糖、化学調味料は使用せず、保存料も極力控え、製品管理に目を届かせるため、旅館・ホテルの売店には一切出品しておりません」とのこと。
有馬温泉観光協会公式サイトの該当ページ


 その後、銀の湯に向う途中に、念仏寺。
 
 こちらが、案内板。

e0337777_11434726.jpg


 ということで、北政所ねねの別邸跡、と言われているのだ。

 全景の写真は撮らなかったので、有馬温泉観光協会公式サイトのページから拝借。
有馬温泉観光協会公式サイトの該当ページ

e0337777_12015620.jpg


 本堂は有馬温泉で最古の建築物とのこと。

 同サイトのページにもあるように、浄土宗。

 ということで、法然の少年の頃の像があった。
e0337777_11454242.jpg

e0337777_11455986.jpg


 そして、第一回目の記事でも紹介した、この言葉。

e0337777_00520229.jpg


 念仏寺を過ぎると、銀の湯があった。

e0337777_12041609.jpg


 もちろん、入浴はしない。

 ねがい坂を下って、ねね橋近くの駐車場に戻ると、ほぼ10:30.
 神戸に移動するには、ちょうど良さそうな時間。

 女子はTちゃん(うりぼう)号、男子はY君号で、三宮へ向う。

 菓子工房でG君がガイドしていた駅前の地下駐車場に停めて、JR三宮駅へ。

 宇治からやって来るOちゃんとは11:30の待ち合わせ。

 改札前に、ほぼオンタイムで到着。

 しばらくして、Oちゃん登場。

 地下街(サンチカ)で一緒にご飯を食べて、お茶をした。

 お茶をしている時の写真、手前がOちゃん。

e0337777_13012623.jpg


 いろいろ大変な事情があり、一泊はできなかったが、駆けつけてくれた。
 ありがとね!

 さて、同期会としては解散。

 この三宮駅、JRに阪神に阪急がある。

 K君は阪急で京都へ。

 ウサギのTちゃんも、阪急で帰ったはず。

 G君が奈良に帰るのだが、阪神ー近鉄相互乗り入れの電車で一本で帰れるとのこと。
 その電車、難波に止まるとのことで、一緒に行くことにした。
 コアラのTちゃんも上本町なので、同乗することに。
 あっしは、心斎橋の近く地下鉄長堀橋前のホテルにチェックインから繁昌亭に向かいたいのであった。

 運転手のウリボウTちゃんとY君は、地下駐車場へ向かった。

 ということで、三回目の記事は、これにてお開き。

 次回は、繁昌亭での落語会関係のお話。

by kogotokoubei | 2019-09-10 12:54 | 小さな旅ー2019年9月、同期会と繁昌亭 | Comments(0)
 この記事は、帰りの新幹線の中で、書いている。

 帰りが一泊二日で昨日の午後だったら、台風15号の影響を受けていたに違いない。

 7日から一泊二日で有馬温泉に泊まった後、男子のうち二人は帰路につき、残る七名は神戸三宮でOちゃんと会って昼食とお茶をした後、同期会は解散。

 車を出してくれたY君、Tちゃん(うりぼう)、ありがとね!

 その後、私は難波でG君とTちゃん(コアラ)と別れ、心斎橋のホテルにチェックインしてから、繁昌亭近くの喫茶店で、ある女性と待ち合わせし、一緒に繁昌亭の落語会を聴いた。もちろん、初めて。

 昨夜の繁昌亭の落語会は良かった。

 ご一緒したのは、このブログへのコメントをきっかけにして、三年前の京都での同期会の後にお会いし、坂の街大阪の散策をした山茶花さん。

 繁昌亭の落語会のことや、山茶花さんといただいた美味しい蕎麦のことなどは、もう少し後で、ご紹介。

 昨夜、ほろ酔い加減でホテルの部屋で最初の記事を書いた後、今回同期会に参加できた女子TちゃんトリオのうちのコアラのTちゃんから、7日夜の二次会カラオケの写真などがたくさん届いた。
 ありがとね、Tちゃん!

 ということで、8日の有馬温泉散策のことの前に、7日初日の夜、二次会でのカラオケの様子をご紹介。

 これが、大爆笑の連続であったのだ。

 それは、最近のカラオケでは、点数が出るということによる。

e0337777_12024935.jpg


 これが、はるばる沖縄からやって来た、U君(キリン)の熱唱の姿。

 とにかく、彼のレパートリーは、演歌など古い歌のみ。
 鶴田浩二の♪街のサンドイッチマン、なんてぇのが十八番。

 だが、なかなか点数があがらない。
 最低の66点を記録!

 「このカラオケ、壊れてる!」を何度叫んだか^^

 こちらが、今回の幹事、宇治に住んでいるY君(トラ)。
e0337777_12122619.jpg


 左は、Tちゃん(ウサギ)、右が、あたし。

 Y君には誠に申し訳ないが、彼は酔ってくると、足元は危なくなるし、歌の音程も、千鳥足^^
 しかし、まったく臆することなく歌うのは、実に偉い!
 ちなみに、沢田研二の♪勝手にしやがれ、を歌ったことを忘れて、二度歌った^^

 その歌が、また笑いを誘うのだが、それが80点を超えるので、二度笑える。

 U君が、「なんで、あの歌が!? これ、壊れてる!」と叫ぶ。

 せっかくなので、他の方々の熱唱の姿もご紹介。

e0337777_13254063.jpg


 G君(姓ならM君となるが、ニックネームのG君で通っているので)の、熱唱。
 毎年、同期会の写真を彼にデジタル・アルバムにしてもらっている。
 今年も、よろしく!

e0337777_13281034.jpg

 Tちゃん(ウリボウ)の隣りで嬉しそうに歌う、K君。
 良かったよ!

e0337777_13310766.jpg

 そのTちゃんの熱唱。
 中島みゆきの「糸」を、しっとりと聴かせてくれました。

e0337777_13291815.jpg


 昨年、長島温泉では、すっかりお世話になったM君。サザンが大好き。
 あたしが、♪HOTEL PACIFICを歌ったら、「なに、サザン、負けられるか!」とばかり、♪いとしのエリー、を熱唱!

e0337777_13322629.jpg

 こちらが、あたし。

 時間となり係りの方が来ても、最低点では帰れないU君、「あと一曲だけ!」とおねだりして歌ったのだが・・・67点。

 これまた大爆笑^^

 ちなみに、最高点は・・・あたしでした!

 カラオケのネタが挟まれたので、8日日曜午前中の有馬温泉散策のお話は次の記事にてご紹介。

 とはいえ、ちょっと先出し。

 これが、同期の仲間を含む人々が、有馬温泉の坂道をあるいているところ。

e0337777_14093547.jpg


 これが、有名な像を挟んだ、あっしを含む男たち。

e0337777_14102536.jpg


 これが、「名物にうまいものなし」なんて通説を覆す、ある、饅頭。
e0337777_14111941.jpg


 次回、もう少し詳しく、有馬温泉散策を振り返りたい。


by kogotokoubei | 2019-09-09 14:45 | 小さな旅ー2019年9月、同期会と繁昌亭 | Comments(0)

 今年の大学同期会の旅行先は、日が変わったので、一昨日7日土曜からの一泊で、有馬温泉。

 これが、昨日の8日朝、チェックアウト前の記念写真。
e0337777_23370826.jpg


 それぞれが、動物に似ていることから、Zoo会の別名を持つ同期会。

 各自の動物のイラストにて、個人情報を守ることにしている^^

 今年は、男性6名、女性3名の9人が一泊二日で参加。
 
 当初参加予定だった人のうち、男性1名、女性3名がやむをえない理由により、欠席となった。そのうち、夫婦が一組含まれている。

 しかし、本日昼には、泊まることはできなかったが、神戸三宮での昼食に女性一名が参加。
 懐かしい人に会うことができた。

 
 7日の夕食の時の写真。人が重なって写っており、分りにくいが、九人います。

e0337777_00214867.jpg


 夕食後はカラオケ、そして、幹事部屋に集って、三次会。

 余興として、恒例(?)の落語を二席。

 こちらが、部屋の小さなテーブルを高座にしての熱演(?)の様子。

e0337777_00351311.jpg

e0337777_11525017.jpg


 一席目の『人形買い』は、五月のテニス合宿でもやったので、まぁまぁだったかな。
 二席目は、せっかくなので関西にちなんだ『鹿政談』。
 とはいえ、京都名物、大阪名物、そして奈良名物は覚えきれずにいたので、メモを手拭に挟んでカンニング。これが、やはりその後にリズムを狂わせたなぁ。
 また、おからのことを、きらずというという仕込みを忘れた。
 なんと、最大の失策は、肝腎のお白洲の場面で、奉行の名が飛んだ!
 「あれ、名前が出ない・・・とにかくその後に江戸南町奉行に栄転した名奉行」なんて、誤魔化したが、とにかくリズムに乗れない高座。

 昨年参加できなかった女子のTちゃん(うりぼう)からは、上達したねぇ、との言葉もあったが、昨年の『真田小僧』と『井戸の茶碗』を褒めてくれた女子のTちゃん(うさぎ)からは、去年のほうが良かったとのことで、反省しきり。
 あら、女性陣三人は、もうお一人もTちゃん(コアラ)だな^^

 ネタ、当初は『人形買い』と『抜け雀』のつもりでいたのだが、もっと短くて関西にちなむネタと思い、結果として稽古不足の『鹿政談』にしたのが、やはり間違いだったか。

 言い訳だが、年々酒にも弱くなっているのにも関わらず、夕食時、そして、カラオケも含め飲んで、部屋でも少し飲みながらの高座、酒の影響もある。

 かといって、素面では、なかなか演れるものでもない^^

 まぁ、あくまで素人の余興、皆さん、あたたか~い気持ち、広~い心でで聴いてね!

 そうそう、8日チェックアウトの後、有馬温泉を散策した際、北の政所(ねね)の別邸跡と伝えられる念仏寺、別名「沙羅樹園」に立ち寄った。
有馬温泉観光協会公式サイトの該当ページ

 そこで、こんなありがたいお言葉を目にした。
e0337777_00520229.jpg


 そうです。
 広い心で、世間も、他人の失敗にも寛容に!

 なんと、都合のいい解釈であることか^^

 次の記事では、初日のことをもう少しと、二日目午前中の有馬温泉散策のことを書こうと思う。

by kogotokoubei | 2019-09-09 01:11 | 小さな旅ー2019年9月、同期会と繁昌亭 | Comments(2)

落語のことを中心に、ときたま小言や独り言。


by 小言幸兵衛