人気ブログランキング |

噺の話

kogotokoub.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:小さな旅ー2019年6月、北海道への帰省( 5 )

 一昨日、「北舟岡駅」への旅(?)や中学の同級生との懐かしい再会などから一夜明けて、昨日26日。

 父が病院を予約していたとのことで、約束の8時20分に、介護士の方がお迎え。

 車椅子のまま乗れるワゴン車で母と病院へ。

 私は、留守番しながら、ブログを書いていた。

 とはいえ、一時間もすると、二人は戻ってきた。

 父は、97歳ともなれば、体調万全というわけにはいかない。
 心臓の力が弱ってきてはおり、両足にむくみが出ている。
 利尿剤を処方されている。
 また、高血圧の薬も。

 一週間前の血液検査の結果が出たようで、私も見せてもらった。
 血圧はそれほど気にしなくて良さそうだが、いわゆる「心臓ホルモン」の価は高い。
 なるほど、足が腫れているはずだ。

 近くの薬局で母が薬をもらってきた。

 前回、四週間分出ていたのに、利尿剤は一週間分近く薬が残っていて、母が父に怒っていた。
 
 父は、頻尿になり、飲むのが嫌だったらしい。

 「飲まなきゃ、足のむくみがとれないでしょ!」と、母。

 まぁ、口喧嘩しているうちが、花か^^

 さて、遅い朝食後、日課のように散策。

 実家から10分ほど歩くと、私が通った、西小学校。
 大改築されており、まったく昔の面影がない。
e0337777_11591527.jpg


 なぜか、グラウンドに車がたくさん停めてある。

e0337777_11570597.jpg


 駐車場だけでは足らない、ということか。

 グラウンドからは、有珠山が望める。

e0337777_11573917.jpg


 帰り道、百円ショップで、薬の小分けケース(ピルケース)を買って帰宅。
 
 父が袋から出して飲んでいたので、思いついた次第。
 大きなケースに曜日別、朝・昼・夜別に分けていれるよう言った。

 さっそく、母が分けていれてあげていた。
 
 お茶を飲みながら、四方山ばなし。

 そろそろ、帰る時間だ。

 帰宅のために、バッグにいろいろと詰める。
 母が、あれもこれも持たせようとするのを押しとどめたものの、お土産などで、ズッシリと重くなった。パソコンもあるからね。

 ということで、タクシーを呼んで駅へ。

 出なくていいと言うのに、玄関先まで二人が見送りに出る。
 車椅子の父、そのハンドルを後ろで持つ母に別れを告げ、タクシーで駅へ。

 これが、伊達紋別駅。
e0337777_13190522.jpg


 駅舎に入ると、いろんなポスターがある中に、「大人の休日倶楽部」もあった。
e0337777_14085208.jpg


 なるほど、五日間で新幹線も含め乗り放題で、26,000円とは、安い。

 来年は、これで来ようか、なんて思っていた^^

 ホームに出ると、大きな兜、そして「北の湘南」!
e0337777_14174167.jpg


 ホームの壁に、こんな案内も。
e0337777_14263148.jpg


e0337777_14162135.jpg



「ユネスコ世界ジオパーク 洞爺湖有珠山ジオパーク」のサイト


 文科省サイトに、「ユネスコ世界ジオパーク」について、解説が載っている。
文科省サイトの該当ページ

ユネスコ世界ジオパークの概要

「ユネスコ世界ジオパーク」は、地層、岩石、地形、火山、断層など、地質学的な遺産を保護し、研究に活用するとともに、自然と人間とのかかわりを理解する場所として整備し、科学教育や防災教育の場とするほか、新たな観光資源として地域の振興に生かすことを目的とした事業です。ユネスコの国際地質科学ジオパーク計画(IGGP)の一事業として実施されています。
現在、世界で35か国・127のユネスコ世界ジオパークが認定されており(2017年8月現在)、 日本からは、8地域(洞爺湖有珠山、糸魚川、島原半島、山陰海岸、室戸、隠岐、阿蘇、アポイ岳)が認定されています。


 「世界遺産」については、よく話題になるが、ジオパークって、あまり世の中に知られていないように思うなぁ。

 駅名の由来も、駅長さんの名で説明されていた。
e0337777_15180295.jpg

 「紋別」がアイヌ語で「西にあるところの子川」なんだねぇ。

 昨日、北舟岡駅から見たのと同じ、15:02発の臨時特急北斗がホームに入って来た。
e0337777_15011737.jpg


 この北斗、待避のためなのだろう、なんと北舟岡に止まるのであ。

e0337777_15022376.jpg


 遠くに見えるのは、駒ケ岳だ。


 しばらく、ウトウトしていると、車内放送で、樽前山が左に見えるとのこと。

 空いている左の席に移動して撮ったのが、これ。
e0337777_15094814.jpg

 なんという、ピンボケ^^

 この山は、不思議な形をしている。

 Wikipedia「樽前山」から、支笏湖から見た様子を拝借。
Wikipedia「樽前山」
e0337777_15244977.jpg


 不思議な形の理由は、溶岩ドームだが、Wikipediaで、こう説明されている。
1909年(明治42年)の噴火で、山頂には溶岩ドームが形成された。樽前山熔岩円頂丘として、北海道指定文化財の天然記念物に指定されている。この溶岩ドームは比較的大きい上に、山体とは異なった色(黒色)をしているために目立ち、樽前山を特徴づけている。

 この山は、苫小牧と千歳にまたがっている。

 ということは、空港に近づいているということ。

 南千歳駅で下りて乗り換え、空港へ。

 自動発券機でチケットを入手し、いろいろお土産の追加。

 重いバッグをかつぎ、三階の食堂街へ行く。
 やはり、ラーメンだなぁと「ラーメン道場」に行くと、空調工事のため、本来十軒あるラーメン屋さんが、二軒だけ開店。
e0337777_16152012.jpg


 弟子屈は、着いた日に食べたから、どうしても、雪あかりになるなぁ。

 両方の店の前には、結構な列。

 しばらく待ってから、席を確保。

 これが、雪あかりの暖簾。
e0337777_16161081.jpg


 これが、864円の味噌ラーメン
e0337777_16162515.jpg


 
 ほぼ同じタイミングで隣に座った人が、味噌バターコーン、を頼んでいた。
 周りには、同じ注文をする人も多かった。

 私は、好みもあるが、味噌ラーメンに、バターやコーンを加えて食べるのは、味噌ラーメン道として、邪道だと思っている^^


 だから、着いた日の弟子屈も、シンプルに、味噌ラーメンだった。
e0337777_16213937.jpg


 この二つ、なかなかいい勝負だ。

 雪あかりの麺は、札幌のラーメンといえば、の西山製麺。
 弟子屈は、さがみ屋製麺の特注。
 私の好みは、西山に軍配。

 味噌は、弟子屈が、雪あかりより濃厚。とはいえ、辛すぎず、甘すぎない。
 味噌は、弟子屈。
 でもさっぱり系が好きなら、雪あかりも悪くない。

 チャーシュウは、雪あかりの薄切りより、弟子屈のブロックが美味かった。

 好みの理想的な配合なら、味噌とチャーシュウは弟子屈、麺は雪あかりか^^


 なんて思いながら、そろそろという時間になり、出発ロビーへ。

 6時予定が、若干遅れたものの、無事羽田到着。
 バスで家の近くの駅まで一時間ほどで着いて、電車で帰宅したのが、ほぼ九時。
 実家に無事帰宅の電話。

 荷物をほどき、待っていた二匹にも、土産の牧家のチーズを少しあげながら、連れ合いと飲んだビールは、これはこれで美味かった。
 ホタテの燻製も、思ったより、いけた。

 三泊四日の帰省は、やはり帰るならこの時期だなぁ、ということを認識させた。
 四日間、ほとんど晴れの「北の湘南」だった。
 とはいえ、母に言わせると帰る前日の土曜は、雨も降って寒かったとのこと。

 それほど、普段の行いが良いわけではないから、これも、両親のおかげなのだろう。
 今思うと、毎日よく歩いたなぁ。
 万歩計は持っていないが、特に25日の実家から北舟岡の往復は7km越えていたからねぇ。


 これにて、2019年6月の帰省の記事は、お開き。
 旅の記録にお付き合いいただいた皆さん、ありがとうございます。

by kogotokoubei | 2019-06-27 21:36 | 小さな旅ー2019年6月、北海道への帰省 | Comments(4)
 昨日、無事帰宅。 

 さて記事のほうは、まず一昨日25日の午後のこと。

 まず、近くの「道の駅」で、ちょっとした買い物をしていた。

 「だて歴史文化ミュージアム」と「道の駅」は、同じ敷地内にある。

e0337777_09531278.jpg

          道の駅。
e0337777_09533848.jpg


 買い物は、家へのものも少々と日曜のテニスの後にクラブハウスで仲間と食べるための酒の肴、そして、両親と一緒に食べるつもりのお茶菓子。

 これが懐かしいお菓子、草太郎の「よもぎ饅頭」と「べこ餅」。

e0337777_09070233.jpg


 「よもぎ饅頭」は、お店のサイトで紹介されているように、平成19年、苫小牧での全国植樹祭にいらっしゃった当時の天皇・皇后両陛下に献上されたお菓子。
室蘭銘菓「草太郎」のサイト

 「べこ餅」は、北海道で端午の節句のお菓子。

 どちらも、子どもの頃食べた、懐かしい味。
 両親も、ちょうど良いお茶の供ができたと喜んでいた。
 
 それから、ちょっとした散策。

 24日に豊浦へディーゼル車で行った際、「大人の休日倶楽部」を利用して旅行中の方に出会い、“海に近い駅“で有名(?)な「北舟岡駅」や、今や“秘境の駅“として知られる「小幌駅」を訪ねる予定であることをお聞きしたことは書いた通り。

 母親にそのことを話したら、「北舟岡駅」なら近いから、駅舎も綺麗になったらしいから行っておいで、と言われた。

 ということで、夜に中学の同級生と会うまではたっぷり時間があるので、散策に行った次第。

 室蘭本線の「北舟岡」「伊達紋別」そして「小幌」あたりの路線図を、マピオンからお借りした。
Mapionの該当ページ

e0337777_10152546.jpg



 母は、家から伊達紋別の駅までと同じような距離、と言っていたが、後で調べたら、実家から伊達紋別駅まで1.7km、北舟岡までは、ちょうど倍、3.4kmであった^^

 汗を拭きながら辿りついたのが、その北舟岡駅。もちろん(?)無人駅だ。

e0337777_10184420.jpg


e0337777_10201417.jpg


 ホームをつなぐ跨線橋に、カメラを構えた人が見える。
e0337777_10191463.jpg

 私も跨線橋に登った。

 函館からいらっしゃったお友達三人ともこと。
 「撮り鉄」さんだろう。


 陸橋から、西側の光景。

 少し曇っていて、有珠山がよく見えないが、駅と海との距離感はお分かりになるだろう。
e0337777_10174584.jpg


 少しして、特急の北斗が来た。
e0337777_10194795.jpg


 結果として、次の日、私はこの北斗で新千歳空港に向うことになったのだ。

 Wikipedia「北舟岡駅」にあるように、この駅名にも、開拓の歴史が息づいている。
Wikipedia「北舟岡駅」

当駅の所在する地名に「北」を付した。この「舟岡」地区は、仙台藩船岡領(現在の宮城県柴田郡柴田町にあった)柴田家中の人々が1870年(明治3年)頃に入植したことから付けられた地名である。現在も東北本線に船岡駅がある。

 高校時代、通学のために毎日汽車(高校二年まで、SLで通っていた)の中から見た駅なのだが、まさか、「鉄ちゃん」たちが訪れる駅になろうとは、思いもしなかったなぁ。

 さて、また3.4kmあるいて実家へ戻り、一息。

 夜は、居酒屋さんで、中学の同級生たちと久しぶりに昔話に花を咲かせた。

 昨年は、入院中だったA君も、義足をつけ、杖をつきながら来てくれた。
 
 中学時代はあまり話したことのなかった別の組の女性が紅一点で参加。
 そのA君が、中学の時、徒競走の選手として、私がA君を推薦してくれた、と語る。
 柔道部所属だったが、足は速かったと語るが、私を含め誰も信じない^^
 
 幼稚園の話も出たなぁ。
 私は、どうも幼稚園が嫌いで、たぶん二、三日しか通っていないはず。
 他の同級生は、しっかり卒園したらしい。偉い^^
 S君の話では、運動会にだけで私が出ていたらしい。親子の徒競走で、私と父、S君と彼のお父さんが一位を争ったと語る。よく覚えているねぇ。
 そのS君のお父さんも、今は施設でほぼ寝たきりとのこと。

 今を語ると、なかなか笑えることばかりではないが、昔の話では、大いに笑ったなぁ。

 二次会は、近くで同級生のお兄さんが経営するカラオケスナック。

 そこには、多くの同級生が顔を出すらしく、いろんな人の逸話が、酒の肴。
 
 日付変更線を超えたことに気づき、後ろ髪を引かれながらもお開き。
 お店のマスターが車で皆を送ってくれた。

 なんと、両親は、寝れなかったと待っていてくれた。

 いつまでも、心配をかける倅であった^^

 シャワーを浴びてから出かけていたので、すぐに寝た。

 こうして、ちょっとした“旅”と同窓会の日は暮れたのでありました。

 昨日の最終日、JRでの移動、新千歳駅からの帰宅については、次の最終回にて。
by kogotokoubei | 2019-06-27 12:47 | 小さな旅ー2019年6月、北海道への帰省 | Comments(4)

 昨日の朝の散策は、実家から徒歩五分ほどの、「伊達開拓記念館」へ。

 開拓記念館では、小学生が「迎賓館」を写生していたなぁ。

e0337777_12455047.jpg

e0337777_12461944.jpg



 記念館のすぐ先、去年は、まだ開館していなかった、「だて歴史文化ミュージアム」へ。
e0337777_12423340.jpg


 「伊達市噴火湾文化研究所」サイト内の「だて歴史文化ミュージアム」のページにあるように、今年4月3日にオープンした。
伊達市噴火湾文化研究所サイトの該当ページ

 入館料300円を支払い、二階の展示場へ。

 入り口に、こんな案内板。
e0337777_08354846.jpg


 フラッシュをさせなければ、写真撮影OKということか。

 ということで、入って最初の展示が、「伊達成実と伊達政宗」。

e0337777_08375075.jpg


 成実(しげざね)は、亘理伊達家の初代当主で、伊達政宗の腹心として、数々の戦功のあった人。

 これが、ほとんど見えないが(^^)系図。

e0337777_08404830.jpg


 伊達を開拓した邦成は、十四代目当主にあたる。

 Wikipedia「亘理伊達家」から引用する。
Wikipedia「亘理伊達家」

伊達宗家第14代当主・伊達稙宗の子・実元を家祖とし、その子の成実が慶長7年12月(1603年2月)に亘理郡亘理城主となったのが始まりで、江戸時代を通じて家中最大の24,385石を領した。

第14代当主・邦成は戊辰戦争の敗北にともない所領をわずか数百分の一まで削減され、数百名の家臣の生活のために自ら家中を率いて北海道に移住し、現在の伊達市を開拓した。明治25年(1892年)にはその功を認められて男爵位を授けられ華族に列した。伊達市と旧領の亘理・山元・新地の三町は、「ふるさと姉妹都市」として提携関係にある。

 成実の功績や、その甲冑、陣馬織などの展示もあった。
 彼の戦功を、Wikipedia「伊達成実」から、拝借。
Wikipedia「伊達成実」

天正13年(1585年)の人取橋の戦いでは、伊達勢が潰走する中にあって奮戦して政宗を逃がす。天正14年(1586年)には大森城から二本松城主へと移され、旧領の信夫・伊達両郡に換えて安達郡33か村(およそ38,000石)の所領を与えられた。天正16年(1588年)の郡山合戦では、寡兵で蘆名義広の攻勢をしのぐ一方で大内定綱を調略して帰参させ、天正17年(1589年)の摺上原の戦いでは、突出した敵の側面を強襲して合戦序盤の劣勢を覆すなど、伊達勢の中核として活躍し数々の軍功を挙げた。

 という人。

 時代は巡り幕末の戊辰戦争、そして、明治を十四代の邦成の時に迎える。
 賊軍となった亘理伊達家は、北海道に活路を見出そうとしたわけだが、そのことについては、昨年、詳しく紹介したので、ご参照のほどを。
2018年4月24日のブログ

 今回このミュージアムで再認識したことは、先住民アイヌの人々との融和の歴史。
 邦成は、アイヌの人たちの生活を害さないことを徹底し、その結果、アイヌほ人々から漁の仕方を教わり、また、食料を分けてもらったりしたことが、開拓成功の大きな礎であった。

 そういう歴史を紹介していたパネル。
e0337777_09165857.jpg


 故郷の歴史の勉強のあとは、入館する際教えていただいた、宮尾登美子記念アートホールで今月末まで開催されている、地元出身の彫刻家、渡辺元佳展へ。

e0337777_09312711.jpg


 これが、一昨年行った金沢の「21世紀美術館」を思い出すような、アートで楽しませてくれた。

 いただいたパンフレットから、作者のプロフィールをご紹介。

彫刻家 渡辺元佳
1981年北海道伊達市出身。2006年武蔵野美術大学造形学部彫刻家卒業。主に動物をモチーフとして彫刻作品を発表。近年では、銀座四丁目宝童稲荷参道(2016)パークシティ大崎(2015)、矢口南児童公園(2009)をはじめとしたパブリックスペースの作品設置や、展覧会、ワークショップなどを多数開催。2017年には、だて歴史の杜カルチャーセンターに大型彫刻「コルウス」を寄贈。「Tokyo Midtown Award 2013」優秀賞(東京ミッドタウン/2013)、「第七回エネルギー賞展」最優秀賞(東京電力TEPCO銀座館/2007)受賞。

 という方。

 その作品。

        巨大ウサギ。
e0337777_09291864.jpg

        チーズのピアノ。
e0337777_09294751.jpg

        ピアノの上のネズミ。
e0337777_09383185.jpg


 そして、昨日午後に行った、カルチャーセンター「あけぼの」のロビーにある、巨大カラス「コルウス」

e0337777_09433671.jpg


 伊達成実から邦成までの亘理伊達家の歴史をたどったあと、現代の地元出身のアーティストの作品にふれたのが、昨日の午前中の“小さな旅”であった。

 午後からも、とある場所への往復7キロを超える徒歩の“旅”があったが、それは次の記事にてご紹介。

 これから、今日の遅い朝食だ。

by kogotokoubei | 2019-06-26 09:50 | 小さな旅ー2019年6月、北海道への帰省 | Comments(0)
 さて、北海道帰省の第二弾。

 昨日の昼間は、ちょっと遠くまでの散歩。

 まず、実家から伊達紋別駅まで歩いて行く道すがら。

 あちこちに、この幟がある。
e0337777_07062062.jpg


 伊達市のサイトから、ご紹介。
伊達市のサイト
伊達市は今年、仙台藩一門亘理伊達家領主の伊達邦成が明治政府から有珠一郡の支配を命じられて以来、150年の大きな節目の年を迎えます。
この150年という節目を基点に、先人の偉業やこれまで積み重ねてきた歴史を振り返り、伊達の魅力を広く発信し未来につなげることを基本コンセプトに「市民が自ら考え、つくり、参加する」を基調にした伊達150年記念事業実行委員会が発足しています。
実行委員会では、「伊達150年 この魅力、伊達じゃない!」をキャッチコピーに、記念事業実施に向けた検討を重ねています。

 ということで、幟やら、こんなポスターが、あちこちにあるのだった。

e0337777_07094132.jpg


 亘理伊達家の開拓の苦労については、昨年の帰省の記事で、NHKの「歴史秘話ヒストリア」で放送された「北の大地に夢をひらけ! お殿さまの北海道開拓史」を元に紹介したので、興味のある方は、ご覧のほどを。
2018年4月24日のブログ

 実家から駅までの途中にあるのは、メインストリートの一つ(?)、網代町の商店街。


          網代町商店街の地図。
e0337777_07110948.jpg

          これが、メインストリートの様子。
e0337777_07112288.jpg


          農協も、こんな建物。

e0337777_07130801.jpg


          銀行だって。

e0337777_07133693.jpg


 駅に近づいた。

 気門別川。天気も良く、流れる水も綺麗だ。

e0337777_07152674.jpg


 去年4月の写真と比べても、空の青さが違う。
          
e0337777_10213263.jpg


 途中、駅近くの喫茶店で、ナポリタンの昼食。
e0337777_07503042.jpg

e0337777_07505459.jpg


 ジャズが流れる店で、中本マリのライブのポスターが貼ってあった。
e0337777_07521204.jpg


 この店のライブのポスターも。
e0337777_07524538.jpg


 さて、腹ごしらえも出来て、駅へ。

 伊達紋別駅、である。

e0337777_17522827.jpg


 各駅停車のディーゼル車(電車、ではない!)に乗るのだった。

 行き先は、ジャズ好きの従兄弟の住んでいる、豊浦。

 ボクシング元フライ級チャンピオン、内藤大助の故郷だ。

 また、町のホームページにも紹介されているように噴火湾(内浦湾)に面した良港があり、ホタテなども有名。
 また、日本一の秘境の駅「小幌」でも知る人ぞ知る地域。
豊浦町のホームページ


 ディーゼルがやって来た。
 一両での運行だ。

e0337777_17534486.jpg


 これが、その車内。
e0337777_17541070.jpg


 車内からの前方の様子。

e0337777_07305059.jpg


   伊達紋別->豊浦、360円なり。
e0337777_07595757.jpg


 乗客は、十人を切っている。寄席なら「ツバナレ」していない^^

 長和-有珠-洞爺-豊浦と、30分ほどで、終点豊浦駅に到着。


e0337777_17571598.jpg


e0337777_17565607.jpg


 駅前の地図のある掲示板には、「海と緑と太陽の町」、とあった。

e0337777_18004306.jpg


 駅で、同じように下車した方と、少し話した。

 この方、小型のスーツケースをお持ちで、車内からもたくさん写真を撮っていらっしゃった。

 駅は、食堂を兼ねていて、その食堂のオバチャンから、なにやらスタンプを押してもらっていて、「鉄ちゃんだな」と気になっていたのだ。

 食堂の方との話を耳にすると、どうも20分後くらいに出る、逆方向の各駅にまた乗るらしい。

 「どちらからですか?」と声をかけると、東京からのことで、これから、海に近いことで有名な「北舟岡駅」に行き、また戻って、「小幌駅」に寄って、函館から新幹線で帰る、とのこと。

 「大人の休日倶楽部ですから^^」と笑っていらっしゃった。

 従兄弟が待っているので、それ位で「お気をつけて」と別れたが、なるほど、そういう旅もあるか。

 駅から坂を下り10分ほどで、町のメインストリートへ。

e0337777_07590330.jpg


 この通りの右手に、従兄弟の家(店)がある。

 ジャズ好きで、こんなCDの山がたくさん。

e0337777_08013738.jpg


 写真には撮らなかったが、二階には、レコードが、さて何百枚あったかなぁ。

 その中から、何枚か聴かせてもらったが、最後に聴いたのは、ブラウン&ローチ・クィンテットの傑作ライブ盤「In Concert」であった。

e0337777_08044937.jpg

e0337777_08051445.jpg



 従兄弟が、毛ガニなどの土産もくれた上で、車で送ってもらった。

 三時間ほど、滞在したかな^^

 とにかく、二階のレコードを見ていたら、あっと言う間に時間が経った。

 従兄弟は、ウェストコースト派でクールジャズ派、リー・コニッツは、全部持ってるんじゃないかと思うほどのライブラリー。

 また、最近のジャズも聴いており、私が知らない北海道出身の二十歳代の女性アルトサックス奏者などを聴かせてもらったなぁ。
e0337777_08571083.jpg



 さて、次兄も来て、夕食は、いただいた毛がにとビールで始まった。

 やはり、蟹の王様は、毛ガニである!

 ということで、散策の程よい疲れもあり、昨夜は早めに寝たのであった。
 
 今、朝食を終えて、これから散策に出る予定。

 どこへ行くかは・・・次の記事のお楽しみ。

by kogotokoubei | 2019-06-25 09:18 | 小さな旅ー2019年6月、北海道への帰省 | Comments(2)
 昨年までは4月に帰省していたが、今年は、もう少し温かくなってからと思い、昨日から実家に三泊四日での帰省。


 羽田空港で出発を待つ。
 午前九時過ぎ、外は雨になってきた。恒例のテニスはできたのかどうか・・・・・・。

e0337777_16163696.jpg


 新千歳空港は、なんとも賑やか。

e0337777_16230975.jpg


 昼は、もちろん(?)ラーメン。
 空港ビル三階の「北海道ラーメン道場」で、弟子屈ラーメンを食す。
e0337777_16244462.jpg


e0337777_16300588.jpg


 並み盛でも、結構ボリュームがあったし、味噌が甘すぎず、しょっぱすぎず、なかなか結構。

 兄が空港まで迎えに来てくれたので、道央道で一路、実家へ。

e0337777_08223835.jpg


 こういう光景が、延々と続く。

 さて、実家近くの出口の少し手前に、「有珠山サービスエリア」があり、眺めがいいとのことで、寄った。

e0337777_08240931.jpg



e0337777_16172516.jpg

 掲示板の写真。左から、有珠山、昭和新山、そして羊蹄山。

 こちらが、私がガラケーで撮った、有珠山。
e0337777_16174168.jpg


 左が有珠山、右が昭和新山。

e0337777_16180222.jpg


 さて、車に戻り、「伊達」の出口だ。
e0337777_16313931.jpg


 実家では、97歳の父、92歳の母、ともに健在でなにより。

 夜は、次兄夫妻がやってきて、五人で刺身や地もののアスパラ、フキの煮付けなどで晩餐。

 父も、ビールを少々に加え、私が送っていたスパークリングワインも、飲みやすいとグイグイ^^

 一夜明け、絶好のお天気。

 ニュースでは、関東で地震とのこと。

 近くのコンビニにコーヒーを買いに行った帰りに撮った、実家。

e0337777_08142585.jpg


           バラ、近影。
e0337777_08144729.jpg


 実家は、母がボケ防止のため(^^)にも、花やら野菜がたくさんなのである。

           アヤメ。
e0337777_09520616.jpg


           サツキ。
e0337777_09524829.jpg


           ダリア。
e0337777_09534301.jpg


    家の中には、胡蝶蘭。

e0337777_09560216.jpg

e0337777_09562092.jpg



 ここから、食材系^^

           キュウリ。
e0337777_09541971.jpg

 
           サヤエンドウ。
e0337777_09544240.jpg


           アスパラ。
e0337777_09551844.jpg



 これらは、今夜の食卓に並ぶかもしれない.


 さて、これから昼食前に、街を散策だ。

by kogotokoubei | 2019-06-24 10:18 | 小さな旅ー2019年6月、北海道への帰省 | Comments(2)

落語のことを中心に、ときたま小言や独り言。


by 小言幸兵衛