噺の話

kogotokoub.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:落語家の支援者( 2 )

 私のブログは、芋づる式なことが、多い。

 歌丸の記事からのつながりで、最初の師匠五代目古今亭今輔のことを宇野信夫の本を元に書いた。

 しかし、宇野信夫という劇作家のことを知らない人も多いかもしれない。
 私も、落語を通じて知るようになった人で、そう詳しくはない。

 歌舞伎作品を元にしたものが多いが、落語をいくつか創作している。
 柳家小満んの『大名房五郎』と『江戸の夢』を聴いているが、元は円生のためにつくった噺。円生のために作った作品は、他に『小判一両』という噺もある。
 雲助では『初霜』を聴いている。元は師匠馬生のための創作。
 前の記事では、『霜夜狸』を五代目古今亭今輔が真っ先に演じてくれたことを紹介した。

 正直なところ、劇作家としての宇野信夫については、よく知らない。

e0337777_13064285.jpg

矢野誠一著『文人たちの寄席』(文春文庫)

 ということで、矢野誠一さんの『文人たちの寄席』を引っ張り出した。
 本書の初版は、平成9(1997)年4月に白水社から発行され、文春文庫化は、平成16(2004)年。

 ずいぶん前のことだが、夏目漱石について書いた記事で、本書から引用している。
2009年2月9日のブログ
 また、正岡子規のことを書いた記事では、子規作のなんとも楽しい地口を引用したことがある。
2009年12月22日のブログ

 さて、本書の宇野信夫の章。
 冒頭から、まず引用。

 「昭和の黙阿彌」というのが、劇作家宇野信夫につけられた称号のようなものだが、嬉しくなかったわけはない。市井のひとたちの哀しい営み、世態、人情を描かせてこれだけの芝居書きはそう出るものじゃない。劇作家とよぶよりも、狂言作者がふさわしい最後のひとだった。

 「昭和の黙阿彌」とは、これまた凄い形容。
 1904(明治37)年埼玉県熊谷に生まれ、浅草は橋場に育った宇野信夫は慶應大学文科在学中から「三田文学」に戯曲を発表。1933年の『ひと夜』が友田恭助の築地座で上演され劇作家デビューを果たしたのだから、本人の言うように「出発点は新劇」だった。出世作となったのは、1935年二代市川左團次による『吹雪当峠』に次いで上演された六代目尾上菊五郎が破戒僧龍達を演じた『巷談宵宮雨(よみやのあめ)』で、以後六代目との提携をふかめ、『小判一両』『春の霜』『柳影沢蛍火』『怪談蚊喰鳥』など次々と歌舞伎に新作を提供する。
 1953年に、中雁治郎・扇雀親子(もちろん先代)のため脚色新演出にあたった近松門左衛門『曽根崎心中』は空前のヒット作となり、森鴎外『高瀬船』『ぢいさんばあさん』、谷崎潤一郎『盲目物語』などの脚色作品もくりかえし上演されている。

 そうだったんだぁ。
 二十代で、劇作家としてデビューしていたんだ。

 引用を続ける。

 1972年に藝術院会員に、85年には文化功労者に選ばれるなど、晩年の宇野信夫は劇界の長老的存在になるのだが、その長老は、日本敗戦まで住んだ浅草橋場界隈の下町的風情をなつかしむことしきりで、自分の作品の根底に息づくそのあたりの気分や、暮しのなかでさり気なく使われている魅力ある言葉のあれこれを、じつにしばしば洒落た随筆に仕立てていたものだ。
 なかでも、この橋場で送った学生時代の、おなじく若いまだ世に出ない落語家たちとの交流ぶりをくり返し描いたものは、このひとの晩年の随筆のなかでも珠玉の輝きを見せている。
 その“珠玉の輝き”を見せている随筆について、さらにこのように矢野さんは書いている。
 そんな若き日の落語家との交流を描いた随筆の極め付けと言っていいのが、1983年4月から85年8月まで二十七回に及び国立劇場演藝場のパンフレットに連載された「いまはむかしのはなしかの話」で、やたら面白くて、毎回が楽しみだったのを思い出す。

「いまはむかしのはなしかの話」は、昭和61(1986)年に河出文庫化(『今はむかしの噺家のはなし』)されていて、前の記事で、歌丸の最初の師匠五代目古今亭今輔のことを紹介した『私の出会った落語家たち』の底本となっている。

 この後、矢野さんは、橋場に集まった当時の売れない若い落語家たちのことを、少し紹介している。
 
 いったいなにがきっかけで、そんな坊っちゃん書生と落語家のつきあいが始まったかについて、宇野信夫にもはっきりした記憶はないらしい。
 と矢野さんは書いているが、実は、文庫版の『私の出会った落語家たち』には、『今はむかしの噺家のはなし』にはなかった「橋場の家」と「路地の痴話」という章が『昭和の名人名優』という著作から収録されており、「橋場の家」に、初めてつき合った噺家が、蝶花楼馬の助であったことが書かれている。
 金馬を知っている友人がいて、新石町の寄席立花亭で金馬がトリをとっていた時、その友人に連れられ楽屋に行った際、馬の助もいた。宇野は馬の助の『鰻の幇間』や『干物箱』が好きだと言うと本人が喜んで、「いずれお宅へうかがいます」と言って、数日後、橋場を訪ねたことがきっかけらしい。本名、小西万之助。その後、八代目金原亭馬生になった人で、志ん生の大の友人。自ずと、橋場には甚語楼時代の志ん生や当時柳楽だった八代目可楽が入り浸ることになった。

 『私の出合った落語家たち』によると、父親が出張所にしていた橋場の家には二軒の貸家、蕎麦屋と道具屋がついていて、その家賃が宇野信夫の生活費となっていたようだ。そして、貧乏落語家がやって来ると、よく隣の蕎麦屋から天麩羅蕎麦をとってご馳走してあげたらしい。

 さて矢野さんの本、宇野信夫の章の締めの部分。

 学校の教室や書物からは得られないざまざまなことを、落語や講談から学んだことに感謝しつづけ、遠慮なくひとをさらってしまう歳月に、やがては自分もさらわれてゆくとしていた宇野信夫が、ほんとうにそうなったのは1991年10月28日のことだった。

 志ん生のマクラ、「こんなこと、学校じゃぁ教えない」の名科白を思い浮かべる。

 若かりし日、売れない落語家たちとの交流によって得た、学校じゃ教えないいろんなことや体験が、「昭和の黙阿彌」を生み出すための大きな財産となったに違いない。

[PR]
by kogotokoubei | 2018-07-09 21:53 | 落語家の支援者 | Comments(0)
かつて一流の落語家は“お座敷”が重要な収入源だった。特定の噺家を贔屓にする、いわゆる“旦那”からお座敷にお呼びがかかれば、その稼ぎ(祝儀)は寄席の割り(その日の給金)の比ではなかっただろう。

 そんな旦那として、八代目桂文楽にとっての「ひいさん」こと樋口由恵氏が有名だが、その「ひいさん」の出身地で、弟子の柳家小満んが、「ひいさん」をモデルとした旦那が登場する噺『つるつる』を披露したらしい。
「山梨日日新聞」サイトの該当記事

2013年12月24日(火)
増穂出身の「ひいさん」ゆかりの落語で里帰り

 増穂町(現富士川町)出身の商人・樋口由恵さん(1895~1974年)ゆかりの噺はなしを披露する落語会が23日、地元のますほ文化ホールで開かれた。交流の深かった、昭和の名人と言われた落語家8代目桂文楽の十八番「つるつる」に、「ひいさん」として登場する樋口さん。文楽の愛弟子・柳家小満んさんが、情感たっぷりに披露した。

 「つるつる」では、お旦だん(スポンサー)と幇間ほうかん(たいこ持ち)のユーモアと人情味あふれるやり取りが描かれる。文楽は実際のスポンサーだった樋口さんを、お旦のひいさんとして演じていた。

 小満んさんは、熟達した話芸で「ひいさん」のきっぷの良さなどを表現。料亭で文楽らをもてなす際に、芸人が来るまで待っていたという人柄もうかがわせた。たいこ持ちが縄をつかんでつるつると下りる場面などで、会場から笑い声が沸き起こった。

 樋口さんの孫で川崎陸送(本社東京)社長の樋口恵一さん(55)も来場し、「祖父の性格が伝わってくる古典落語を、縁の深い増穂で聞くことができ貴重なひとときだった」と感想を話していた。〈沢登雄太〉



 非常に良い話だなぁ、と思う。お孫さんのお爺さんを偲ぶ気持ちが暖かく伝わる。

 ちなみに、この会は小満んと喬太郎の二人会だったようだ。落語会の開催前にも同新聞で案内があり、その記事には「ひいさん」こと樋口由恵氏と文楽、志ん生、円生という三人の名人が並んだ次の写真も掲載されている。
「山梨日日新聞」サイトの該当記事

e0337777_11111709.jpg

樋口由恵さん(右から2人目)と交流のあった6代目三遊亭円生(左)、
8代目桂文楽(同2人目)、5代目古今亭志ん生(右)=1966年


 さて、相撲とりにとってのタニマチ、芸能人にとってのお旦は、英語で言うならパトロンということになるのだろう。パトロンと言うと、特定の女性への男性の支援者という意味の方が一般的かもしれないが、本来は芸術・芸能を支援する資産家や企業家ことだ。
 
 メディチ家の存在なしにルネサンスは語れないだろうし、カーネギーホールの鉄鋼王カーネギーも大いなるパトロンである。
 より庶民に近い位置にいるパトロンが、芸能人にとってのお旦だと思うが、お旦といえども、それ相応の財産が必要である。

 「ひいさん」との出会いのことは、文楽の話を正岡容が聞き書きした『あばらかべっそん』に、次のように紹介されている。

e0337777_11111749.jpg

「筑摩書房」サイトの該当ページ
*画像はちくま文庫(1992年4月初版)だが、在庫がないようだ。
私は古書店で買った朝日ソノラマ版で読んだ。ちくま文庫で廃版なら河出文庫あたりで再刊を期待したいものだ。


実在する「つるつる」の旦那
 
 私を大へんひいきにして下すったお方のひとりに樋口由恵(よしえ)さんとおっしゃるお方がございます。「東京新聞」の須田栄先生をやせさせたような感じの方です。
 お家は甲府で、お父さんは樋口半六という県会議員もなすった方で、御本業は運送屋さんで、お邸の中にレールまでしいてあるという、すばらしい御商売振りなんです。
 丁ど、大地震のすぐあとでしたネ、各派が一しょになって焼けのこった山の手の席をうっているころのことでした。
 私は芝の席がトリでしたが、四谷の喜よしへ向嶋の待合から電話がかかって来ましてネ、
「ぜひ来て下さいよ。来て下さらないと。そのお客さまが大へんなんです」
 と、こうなんです。
 ところが生憎(あいにく)そのときはカケモチが何軒もあるので、
「折角ですが今晩は伺えません」
 そういって断わると、一、二日してまた電話が、今度は幇間(たいこもち)からかかって来て、
「師匠助けるとおもって来て下さいな。でないと我々が困るんです」
 と、こういうんです。
「じゃあ伺いましょう。けど、あと三軒歩きますから十一時過ぎになりますが・・・・・・」
「それでもいいから、とにかく一ぺん来て下さい」
 それから席を二、三すませていったから、もう十二時ちかくでしょう。
 そのじぶんですから或いは十二時過ぎていたかもしれませんが、
「今晩は・・・・・・」
 と入ってゆくと、その待合じゅうがシーンとしているんです。
 女将(おかみ)もでて来なけりゃ、第一、階下(した)でシャダレ(芸者)がふてくされて、二、三人ねそべっている。
 ところへさっき電話をかけて来た幇間がでて来て、
「よく来てました。ヒーさんてえお客さまなんですがネ、この間の晩、師匠がおいで頂けなかったでしょう。そうしたら、ヤイてめえンとこじゃ文楽はよべねえのかって、芸者が引叩(ひっぱた)かれる、つねられる、だもンで今夜もみんなイヤがってアアやって寄付かないんですよ」
 いわれて私もいささかコワクなりましたが、ソーッと二階へ上がっていって障子の穴から透き見をしてみると、成程、皿小鉢がこわれて、そのお客さまはうなだれて、
「ウーム・・・・・・ウーム」
 とうなっています。
「今晩は・・・・・・」
 そこで私が低くこういいながら入っていったら、とたんに一と目みて、
「ヨーッ来たな」
 そのマー喜びようたらないんです。
 「オイオイ師匠がみえたじゃないか。何をしているんだ。早くそこらを片付けろ片付けろ」
 って、急いで女中たちに皿小鉢を片付けさせて、ガラッと一ぺんに世界が変わったように明るくなってしまったんです。
「オイ文楽さん、私は前から君のファン(というコトバはまだなかったでしょうが)なんだよ」
 といった塩梅(あんばい)で御祝儀を下すって、その晩は泊ってゆけとおっしゃるんですが、私ははじめてのお客の前で不見転(みずてん)を買うのはいやだから御辞退したんだが、先方さんはすぐ妓(おんな)をよんで下すっていて、
「じゃこの妓じゃ師匠の気に入らないんだろう。面食(めんく)いだネこの人は・・・・・・」
 てんで、次々とかえては三人もよんで、
 とうとう女将が私を次の間によんで、
「師匠が泊って下さらないと、またヒーさんがお怒りになりますから」
 てんで、それから私も心得てすぐひけ(寝る)てえことにしましたら、
「ハハーあの妓はきに入ったんだな」
 てんで、大へんなごきげんでかえっていった。連中みんなはじめてホッとしたそうで、何しろ大へんな荒れようだったんだから、そりゃマーそうでしょうよ。

 

 “不見転”なんて、死語だねぇ。こういった内容が、この本の再刊を妨げているのかどうかは、知らない・・・・・・。

 いずれにしても、これが文楽と“ひいさん”の初対面であるらしい。この後、文楽はひいさんに大いに贔屓にされ、花柳界の表と裏を実地に学ぶことができたわけだ。ご祝儀も重要だったろうが、この体験は貴重だったろう。
 『つるつる』の登場人物には、旦那としてのひいさんはもちろん、文楽がひいさんを通じて味わうことのできた様々な体験に基づく“無形の財産”が反映されている。

 こんなお旦と芸人の関係って、今ではありそうにない。

 思うに、今の世に“ひいさん”のようなお旦が少ないのは、必ずしも財政的なことだけではないのだろう。

 芸者遊びがすたれたこともあるが、それよりも“了見”の問題ではなかろうか。現代の資産家は、果たして噺家やお相撲さんに、自分の余剰金を費やすような“了見”を持っているだろうか・・・・・・。


 そんなことを考えると、今日の“お旦”は、もしかすると、細かく分割されて落語ファン一人一人が担っているのかもしれない・・・などと自分勝手な思いに浸るのであった。

 それにしても、“ひいさん”の地元での落語会はきっと楽しかっただろう。それは、お孫さんの祖父への思いを乗せた“最後のお旦”への鎮魂歌だったのではなかろうか。お旦は遠くなりにけり、である。
[PR]
by kogotokoubei | 2013-12-24 19:35 | 落語家の支援者 | Comments(2)

落語のことを中心に、ときたま小言や独り言。


by 小言幸兵衛