人気ブログランキング |

噺の話

kogotokoub.exblog.jp
ブログトップ

2018年 11月 26日 ( 2 )


 コンビニで買ったおにぎりを食べ、さあ、夜の部の始まりだ。

 開口一番から、聴いた高座の感想を記す。

春風亭かけ橋『狸の札』 (10分 *16:45~)
 初。柳橋の弟子らしい。狸を助けたのは、父の命日だったから、というのは初めて聴いたかもしれない。妙な癖はないように思うので、今後の精進に期待しましょう。

柳亭小痴楽『一目上がり』 (14分)
 この日のお目当ての一人。
 賛、詩、悟と進んで、六を飛ばして七福神、そして、最後は句。
 この人の持ち味であるスピードとリズム感が生きる好高座。
 あるインタビューで、小痴楽は、三三にこの噺を教わったと答えていたっけ。
 本来の噺の面白さを土台に、七福神の布袋を見た八五郎に「男の妊産婦?」と言わせ、医者の先生から「ついに、人間の可能性を越えたね」で笑わせたが、このクスグリも三三譲りなのかな。
 そのインタビューでは、落語家になったきっかけは、八代目柳枝の『花色木綿』を聴いたから、とのことで、私は嬉しくなったものだ。
 そうそう、この噺の詩は、根岸の亀田鵬斎の作。
 「近江(きんこう)の鷺は見がたく、遠樹(えんじゅ)の烏見易し」。大家は、「近くの雪の中のサギは目立たないが、遠くのカラスは黒いから目立つ」と言い、良いことは目立たないが、悪いことは直ぐ露見する、と説明する。つい、ゴーンの逮捕のことを思い浮かべていた。しかし、彼は“詐欺”だったけどね^^
 再来年には真打昇進かと思う。終演後に佐平次さんとの話題にもなったが、この先、彼がどう成長するのか、実に楽しみである。少し位は生意気でも、私はいいと思うよ。

春本小助・鏡味小時 太神楽 (10分)
 二人とも、初、のはず。
 五階茶碗を中心に。
 協会のHPを確認すると、この二人は、丸一小助・小時、という名もあるようだ。
 ボンボンブラザースの弟子のようだが、将来、洋服を着て演技するようになるのか、どうか。
 
神田阿久鯉 講談『天明白浪伝-徳次郎の生い立ち-』 (13分)
 同じ講談の鯉栄の代演でこの人。
 聴いたことあるなぁ、この人・・・と思って後で自分のブログを検索すると、2010年の10月、国立の花形演芸会の記事に、名前がある。
2010年10月30日のブログ
 しかし、感想は残っていない・・・・・・。
 もしかすると、喫煙室に行っていた、のかもしれない。
 あるいは、落語だけを記録していたんだっけか・・・覚えていない。
 さて、このお話。主役は、後に泥棒たちの勧進元になる神藤徳次郎。
 その徳次郎が子供時分、易者の弟子だった頃のお話。金持ちだけに盗みに入り、貧乏人にその金を配っていた義賊泥棒の天狗小僧が、市中引き回しにされている行列に、多くの町人が手を合わせているのを見て、徳次郎は泥棒になることを決意する。
 易の師匠、悟道先生の家を後にして、さぁ、どうやって泥棒になろうか思案していると、「泥棒だぁ、捕まえてくれぇ」の声。追われた男が一目散に自分の方へ走って来る。止めようと一瞬思ったが、これから泥棒になるのだから、先輩ではないかと見過ごす。泥棒から三十両盗まれた百姓の男。それは、娘の結婚の資金として、方々から借金した金だった。徳次郎、俺がなんとかすると約束。ついつい、師匠だった悟道の家に忍び込んで・・・後略。
 よどみのない語り口。なかなか達者な人だ。
 調べてみると、真打になってすでに十年。なるほど、と納得。
 それにしても、なぜ、八年前の記事で、この人の講談の内容が欠落していたのか、謎だ。

春風亭笑好『ぜんざい公社』 (13分)
 この人の高座への小言は何度か書いてきたが、その繰り返しにならざるを得ない。
 テレもあるのだろうか、言葉尻がはっきりしない。言いよどみも少なくない。とにかく、リズムが悪い。
 佐平次さんとの居残りでも、話題の一つになったが、噺本来の面白さを、ほとんど引き出せていないのだ。せっかく阿久鯉が温めた客席が、冷え込んだ。

ぴろき ウクレレ漫談 (11分)
 二階席が開いた。
 冷え込んでいた客席が、この人で温まる。
 若い女性客が反対側の桟敷に数名いらっしゃったが、目を見張りながら、笑っていた^^
 演出かもしれないが、それぞれのネタ、出だしの声が小さかったように思う。お疲れでなければいいが。

立川談修『長短』 (14分)
 昼の部は円楽一門から交替で出演しているが、夜の部は立川一門からの交替出演で、この日はこの人だった。
 佐平次さんは、高座が暗すぎる、というご評価だったが、私は、そう思われなかった。この噺なら、ああなるかなぁ、という印象。
 短七が「実は、禁煙してたんだ!」とわめく場面は、結構可笑しかった。
 しかし、この噺で味が出るには、もう少し年季が必要かもしれない。

三笑亭可龍『初天神』 (16分)
 ようやく、芸協の若手真打の、まっとうな高座。
 やはり、この人は上手い。また、最前列の十三歳の男の子を見てのネタ選びだろう。旬とは言えないが、良い選択だと思う。
 拙ブログを始める直前、2008年「さがみはら若手落語家選手権」の七回目の予選に行った。一之輔が出場していたからだが、会場投票ではこの人の『宗論』が一位。一之輔の『鈴ケ森』に私は一票を投じたが、僅差の二位だったことを思い出す。ちなみに、本選では、今の歌奴が優勝だった。

宮田章司 江戸売り声 (15分)
 奇術の北見伸の代演。
 最前列の少年を見て、「お若く見える」には笑った。
 ♪ひいらぎ 豆がら 赤いわし、なんてのはそろそろ旬。
 リクエストが殺到して、ちょっと慌てていたが、〆は、十八番のアメ売り。
 なんと、85歳。昭和8年生まれだ。
 芸協HPのプロフィールには生年月日は載っていないが、経歴が詳しく紹介されている。
 落語芸術協会HPの該当ページ
 せっかくなので(?)、引用。
昭和29年漫才師宮田洋容(故人)の門下生に なる。
昭和30年同門の宮田陽司とコンビを組み『陽司・章司』のコンビ名で漫才界にデビューする。その後文化放送のレギュラー番組を持つ傍らフジテレビ、テレビ朝日、日本テレビ等の、演芸番組に数多く出演し、昭和39年三沢あけみの専属司会者になる。そして昭和44年には日本テレビ「11PM」のレギュラーに抜擢される。昭和51年コンビ解消後、漫談家と司会者の2足の草鞋を履き、マヒナスターズの専属司会者になる。
 その後芸術祭賞を受賞した大道芸の『坂野比呂志(故人)』と出会い江戸売り声の魅力に取り憑かれる。坂野比呂志亡き後、現在日本で唯一人本格的な「江戸売り声百景」和風漫談家としてテレビ、各カーニバル、寄席等で引っ張りだこ、大忙しの毎日を送っている。
 こういうキャリアのある方なのである。
 ちなみに、漫才の宮田陽・昇の師匠でもある。
 お元気な姿を拝見でき、嬉しかった。

桂富丸 漫談&『?(飛行少年?)』 (17分)
 2014年の7月、同じ末広亭夜席以来。あの時も、漫談と新作だったが、あまり良い印象はなかった。
 今回も、同じような感想。米丸の弟子だが、スチュワーデスという言葉自体、新作として成り立たない。
 富士山のご来光を拝めなかった人に、とテカテカ頭を突き出すのも、どうなのか。
 ネタは、飛行機で騒ぐ子供がCAからオモチャの飛行機をもらって落ち着いた。ああいう子供が非行少年になる、などのつまらない地口をつないだ噺。
 こういう深い席にそぐわない印象を持った。

三笑亭茶楽『厩火事』 (15分 *~19:21)
 ようやく、お目当ての仲入り、この人の出番。
 いつもながらの丁寧で、知的なセンスを感じる短いマクラから本編へ。
 お崎さんも旦那も、よく描かれている。髪結い亭主の江戸っ子ぶりも良かった。
 時間調整のためか、後半が急ぎ目で少し慌ただしかったが、こういう人が、芸協の古典落語を支えていることを、再認識させる高座。


 さて、仲入りで、ここで帰って佐平次さんと居残り、の予定だったが、クイツキが松之丞。
 せっかくなので、佐平次さんと椅子席の後ろで立って聴くことにした。

神田松之丞『鼓ヶ滝』 (15分 *~19:46)
 落語にもなっているこのネタは、神田愛山から稽古してもらったとのこと。
 西行が攝津の鼓ヶ滝で、「伝え聞く 鼓ヶ滝に来て見れば 沢辺に咲きし たんぽぽの花」と詠んだ。うたたねをしているうちに夜になり、あわてて民家を探した。なんとか民家にたどり着いた西行。歌人であることを伝えると、鼓ヶ滝で詠んだ歌を見せて欲しいと主が言う。結局、この老夫婦と娘の三人に、自作の歌を直され、「音に聞く 鼓ヶ滝をうち見れば 川辺に咲きし たんぽぽの花」となった、という内容で、落語と同じだが、ところどころに、この人らしい演出があった。
 メモっていないので、記憶のみで記す。
 愛山は実に上手い方だが、暗い。その愛山に稽古してもらってから感想をお願いすると、「お前の講談は・・・暗い」と言われた、で私の予想を超える爆笑が起こる。
 また、講談というものは、民家があって欲しいと思うと、最後には民家が出てくるもので、などと挟むだけでも、受けている。
 若い女の子のお客さんの反応もあれば、結構高齢の方も大笑い。
 悪くはないが、あんなに笑いが起こる高座とは言えなかろう。


 やはり、松之丞の人気がバブルになってきたなぁ、と思いながら、佐平次さんと外に出て、楽しみだった居残りへ。

 近くの居酒屋さん、満員だったが、すぐに二人分の席が空いた。

 この日の高座のことや、いろんな話題で、ビール、熱燗、ビールが美味しい、久しぶりの居残りだった。


 あらためて思うが、芸術協会は、このままでは問題ありだ。

 かつて、末広亭の席亭から苦言を呈されてから、歌丸会長をはじめ幹部も危機感を共有し、若手の台頭などもあって噺家さんたち全体の芸も良くなったから、お客さんも戻ってきたと思う。

 しかし、歌丸会長の重しがなくなった今、また元に戻る兆しがある。

 この日の高座のいくつかは、かつての芸協の悪い面が目立った。

 十分でも、ネタは出来る。
 
 漫談を禁じるくらいの小遊三会長代行副会長のお達しがあっても不思議はなかろう。

 帰宅の電車では、そんなこと思っていた。



by kogotokoubei | 2018-11-26 21:35 | 寄席・落語会 | Comments(6)
 日曜恒例のテニスが休みとなり、久しぶりに新宿末広亭での居続け。

 芸術協会の席で、昼の主任は好みの寿輔。夜は松鯉だが、仲入りの茶楽で切り上げて、佐平次さんと飲みに行くつもりだった。
 佐平次さんも寿輔が好きだし、茶楽は未見でいつか聴きたいとのことだったのでお誘いしたら、ご都合が良く久しぶりのミニ居残り会を楽しみに新宿三丁目へ。
 
 少し早めに行き、末広亭近くで昼食。コンビニで夕食やお茶を士仕込んで、11時40分頃に入場。

 椅子席は六割ほどの入りで始まったが、最終的にほほぼ満席になっていた。
 空席の目立つ桟敷で、好きな下手の前方に場所を確保。

 お客様の来場を待っていたのだろう、開口一番はやや遅めのスタート。

 出演順に感想などを。

柳家ふくびき『やかん(のようなもの)』 (4分 *11:55~)
 初。蝠丸の弟子とのこと。まだ入門から間もないのだろうし、この短さでもあり、なんとも評すことができない。

古今亭今いち『動物園』 (12分)
 客席に「落語初めての方?」とか「末広亭初めての方?」と質問したところ、若い女性を含め結構な人数の手が上がった。そういう人たちが笑ってくれたようには思うが、地口のマクラ、私には笑えなかった。本編は、入門から六年、二ツ目になって三年目か・・・名前の通り、いまいちかな。

コントD51 コント (11分)
 この兄弟によるコンビが、椅子席が七割ほどになってきた客席を一気に温めた。
 お兄さん(けんじ)のハマリ役である、オレオレ詐欺に騙されそうになったお婆さんが、大衆演劇風の踊りで舞台を縦横に飛び回る姿で、落語初体験のお客様を含め、笑いが起こる。弟(まさし)が兄の杖(ステッキ?)を受ける間合いも慣れたもの。

三遊亭金の助『子ほめ』 (16分)
 初。金遊の弟子で、今席から、二ツ目とのこと。伊勢屋の番頭との会話、上下は番頭が上手、八五郎が下手のはずだが、逆だったなぁ。出来立ての二ツ目さんとはいえ、これはいけません。

三遊亭右左喜 漫談 (9分)
 初。寿輔と同じ三代目円右の弟子だったようだ。短くする必要があったのかもしれないが、この漫談、まったく笑えなかった。

山上兄弟 奇術 (11分)
 お兄さんだけの登場。大きくなったねぇ。トランプ、リングなどの定番ネタとはいえ、なかなか鮮やか。しかし、そろそろ「兄弟」という看板で許されていた客席の寛容度も、次第に消えていく時期になりかかっているように思う。そして、彼らもそれを分かっているようだ。途中で自分と弟のそれぞれのイベントの案内があったが、ピンで立つ準備をしっかり進めているに違いない。北見マキ亡き芸協のマジシャンの後継者として、期待している。

三遊亭萬橘『紀州』 (14分)
 昼の部は、トリの寿輔を別として、この高座が一番良かった。
 円楽一門から交替出演の枠がこの人だったことも、末広亭に来た理由の一つだった。
 本人も髪の毛の白さのことを言っていたが、きつつき以来久しぶりの私も、その白さには驚いたなぁ。
 地噺でいろいろクスグリを入れることができるネタである、豊川の実家へ帰る際、母親が新幹線の豊橋駅に迎えに来る時の様子などで、客席を爆笑させる。なるほど、その母にして、この子か^^
 クスグリ七割の噺だが、ネタの骨格として支える残り三割のうちで重要なのが、小田原城主大久保加賀守が尾州公と紀州公の前に進み出ての、「この度、七代将軍ご他界し、お跡目これなく、しも万民撫育(ぶいく)の為、任官あってしかるべし」の科白。これを聞いて思い出した。数年前、私がテニス仲間との旅行の宴会で披露した時には、この科白を言わなかった。そうか、この科白入れて、また、やってみようか^^
 昼の部全体を通じても、際立った高座に、寄席の逸品賞候補として、色をつけておく。

桂小文治『浮世床-本-』 (14分)
 久しぶりだが、少し痩せたかな。
 相変らず、品のある高座。
 芸協で、こういう品格を感じるのは、小柳枝とこの人かな。
 前半は、戦争ごっこで「へい力」を競う、などやや下がかった内容もあるのだが、この人では下品に感じない。
 姉川の決戦の部分は、少し急ぎ気味だったが、寄席らしい結構な高座。

新山真理 漫談 (13分)
 芸協が「公益社団法人」、落語協会は「一般社団法人」と強調する。私はその違いについて過去に記事を書いているが、漫談のネタとしては、あまり笑えない。
 そこまで敵対視するような内容には興醒めだし、いつもの楽屋の高齢者が薬を飲む時間、というのも飽きてきた。鉄板ネタとまでは言えないから、マンネリとしか言いようがない。

雷門助六『仕立おろし』 (14分)
 この高座で、二階席が開き、途中からお客さんが入って来た。やや、騒がしかったぞ。
 この人の笑いを誘うような“間”、相変らずだが、好きではないなぁ。
 師匠八代目なら味わいのあった本編も、どうもリズムが悪く、笑えない。


三遊亭円遊 『?』(漫談?) (15分)
 九月で七十五歳になったとのこと。昭和18年生まれの未なので、私の一回り上。
 女房と孫の機嫌を取り合う様子を、ギャグを挟みながら、という内容。ネタなのか漫談なのか、不明。
 受けが悪いと上手の楽屋を見て「今日の客はダメだ」とでも言いたい素振りをするのは、私にはまったく可笑しくなかった。あれだけくどいと「笑えないのは、演者のせい!」と反発したくなるじゃないか。
 かつて、「底抜け脱線ゲーム」に出演していた若円遊も、頑固な爺さんになってしまったなぁ、という印象。

新山ひでや・やすこ 漫才 (14分)
 十八番の「最高」で客席を沸かす。こういうベテランの色物は、安心して観ていることができる。

三遊亭遊三『ぱぴぷぺぽ』 (16分)
 仲入りは、この人。
 初めて聴いた新作。
 贔屓の旦那が宴席で無茶ぶりをするので、「あいうえお~」で指定された曲を歌ってみせる。「青い山脈」や「りんごの歌」を披露。次に「ぱぴぷぺぽで、歌え!」となって、これもなんとかこなしてしまう、という内容。
 実体験に基づいているようではあるが、さて、どうなのかな^^
 客席に合わせたのかもしれないが、なかなか珍しいネタを楽しむことができた。
 昭和13年生まれ。この歌、実際にボケ防止に効果ありそうだ。

古今亭今輔『札-1グランプリ』 (16分)
 クイツキは、寿輔の弟子のこの人。
 落語初体験のお客様が多かったからかもしれないが、いつもの「パネルクイズ アタック25」に出場した話から、本編へ。
 2013年の6月に池袋で聴いている。
 あらためて、こんなあらすじ。
 財務省が、次の紙幣(お札)に印刷する有名人を決めるためにオーディションをすることになった。いわゆる“歴女”に任せたら一万円は直江兼続、五千円は真田幸村、千円は伊達政宗になり、ドラマで演じたイケメン俳優を起用しろ、ということになるから、オーディションを行おうということになった次第。さて一人目が太宰治、二人目は坂本龍馬(というか、武田鉄也)、そして三番は織田信長。太宰の面接では、彼の作品が散りばめられて、最後は、グッバイ。龍馬は、中途半端に似た武田鉄也が笑える。信長は、やや狂気の姿。
 初落語のお客さんを含め、客席を十分に温めた。

松乃家扇鶴 俗曲 (15分)
 6月の国立演芸場で、初めて聴き、なんとも言えない芸に魅かれた。
 あの時と同様、 高座に、ちょこんと座って、ゆるゆると始まる。
 まずは ♪ストトン節、から。
 男は、女性の「捨てちゃ、イヤーン」というその声に弱い。「それでは、皆さんもご一緒に」で、客席から微妙な笑い。
 ♪猫になりたや、も十八番なのだろう。
 代々の大相撲の横綱の名を並べ始めたが、6月とは違って、途中でシコ名が出てこない。鶴竜は二階席のお客さんに助けてもらったのだが、稀勢の里は登場しないまま。休場ということか^^
 円遊と同じ、昭和18年生まれ。こんなこともあるさ。

三遊亭円丸『悋気の独楽』 (15分)
 談幸の代演。
 調べてみたら、2012年4月の国立で、初めて歌丸の円朝もの『双蝶々 雪の子別れ』を聴いて驚いた日に、文治の代演で『宮戸川』を聴いていた。
2012年4月14日のブログ
 定吉の可愛さ、お妾の色気、女房の怖さ、など短い高座でもしっかり描かれていて、好印象。

三遊亭金遊『開帳の雪隠』 (13分)
 未見で、楽しみにしていた人の一人。
 『心眼』は、当代一、と評する落語愛好家もいらっしゃるようだ。
 さすがに寄席での尺、そんな大ネタはかかるはずもないが、この珍しい噺を、小気味良く演じた。
 声が良い。アナウンサーにでもなれそうな声質。
 回向院の前にある駄菓子屋さんの老夫婦が主人公の、地味な噺だが、味わい深く聴かせてもらった。
 この噺は、四年前の鈴本夏祭りで、三三で聴いて以来。
2014年8月21日のブログ
 寄席ならではのネタ、とも言えるだろう。 
 寄席の逸品賞候補としたい。

江戸家まねき猫 動物ものまね (6分)
 膝代わりは、ボンボンブラザースの代演でこの人。
 馬と鹿の会話、好きだなぁ。短いながら、しっかりトリにバトンを渡した。

古今亭寿輔『しりとり都々逸』 (26分 *~16:33)
 最前列に昨日も来ていたお客さんがいらっしゃって、やりにくいと笑う。
 昨日は、二列目に座っていたお子さんが、ゲラゲラ大きな声で笑うので、予定していたネタを変更したと語る。
 この日も最前列には十三歳の少年。
 マクラで「うどんも、蕎麦も、ラーメンも好きで」と言ったので、「ラーメン屋か!」と喜んだが、こちらのネタ。
 超高速、都々逸や川柳の掛け合い、という感じ。
 登場したものを、少しご紹介。

 「恋に焦がれて 泣く蝉よりも 泣かぬ蛍が 身を焦がす」
 「イカとタコから 生まれた子供 これがほんとの イカレタコ」
 「オシリ九つ 持ってる動物 これがホントの 九尻鬼(吸血鬼)」
 「吸血鬼 アル中吸って 二日酔い」
 「惚れた数から 振られた数を 引いて残るは 女房だけ」

 『雑俳』の川柳・都々逸版という感じ。
 一つづつのネタで笑っている間に次に進んでいる、という調子だった。
 このネタ、スピードとリズムが実に大事だと思うが、寿輔は、ほとんど言い間違えもせず、突っ走った。
 寿輔らしい高座で楽しめたのだが、私は『ラーメン屋』か古典を期待していたのだよ。


 さて、ここで昼の部がお開き。

 一階は桟敷を含めほぼ満席、二階も半分くらいはお客さんが入っていたのではなかろうか。

 一時、芸協の寄席の客の入りが悪く、ここ末広亭の席亭から苦情があったことを、遠い昔のように思い出す。
 しかし、日曜だからこその入りだろう。

 ベテランが漫談でお茶を濁す、かつての悪弊が見受けられた。
 また、笑いを催促するような間であるとか、笑いがないのは客のせい、とでも言うような洒落では済まない不遜な態度にも閉口した。
 亡き歌丸会長の存在が大きかったことを、感じないわけにはいかない。
 
 後半は、さあどうなるものか、と思いながら、少しだけ佐平次さんと立ち話。
 夜の仲入り、茶楽を聴いて出ましょうか、となった。

 夜の部は、次の記事で。

by kogotokoubei | 2018-11-26 15:03 | 寄席・落語会 | Comments(4)

落語のことを中心に、ときたま小言や独り言。


by 小言幸兵衛