噺の話

kogotokoub.exblog.jp
ブログトップ

2018年 10月 11日 ( 1 )

 先日、横浜にぎわい座の「名作落語の夕べ」で、桃月庵白酒の『宿屋の富』を聴いた。
 このネタ、元は上方の『高津の富』で、三代目柳家小さんが四代目桂文吾に習い東京に移したとされている。

 その三代目小さんが演じたこの噺は、先日の白酒はもちろん、現在多くの噺家さんが演じる内容とは、大きく違っていた。

e0337777_10331655.jpg

麻生芳伸編『落語特選-上-』
 
 麻生芳伸さん編集の『落語特選』の「上」にこの噺が載っているのだが、あとがきで麻生さんはこのように書いている。

 本篇は三代目小さんの改作当時の型で、冒頭の客が大金持ちだと法螺を吹く箇所に重点を置き、突富も終了した後の設定にした。そのほうが宿屋の主人も結果を見に行く距離感に現実性(リアリティ)がある。

 ということで、三代目小さんの型では、突富の前の喧騒の場面は登場しない。
 だから、二番富が当たることになっている男の、仕方ばなしも、ない。

 法螺吹き男の人物設定を含め、今日よく聴く“型”とは、相当違っている。

 冒頭の宿屋夫婦の会話から引用する。

「ちょいと、おまえさん」
「なんだい?」
「なんだいじゃないよ。二階のお客さまだよ。もう二十日も逗留してるよ」
「結構じゃねえか」
「喜んでちゃ困らあね、おまえさん。茶代ひとつ出さないじゃァないか。なんだか様子がおかしいよ。きっとないのかも知れないよ。深みィはまらないうちになんとかしたほうがいいんじゃァないかい?ねえ、おまえさん。様子ゥさぐっといでよ」

 落語ご愛好家の方は、「あれ、『抜け雀』や『竹の水仙』と似ているじゃないか」と思われるはず。

 この後、宿の主は二階の客に会いに行く。

「ごめんください。おいででござんしょうか?」
「はい、だれかね?・・・・・・おゥ、なんだ、この家(や)の主人(あるじ)どんだな。おら、泊まったときに顔を見たが、それっきり顔も合わせねえが・・・・・・なんだ?なんか用かね」
「どうもかけちがいまして、ご挨拶にも上がりませんで、まことにどうもお粗末ばかり申し上げておりまして申しわけございません」
「いやァ、結構だよ」
「じつは、お願いがございまして・・・・・・」
「なんだい?」
「お宿帳が願いたいと思いまして・・・・・・」
「宿帳?おかしいでねえか、おら、泊まったときに付けたでねえか」
「エエ、お処(ところ)とお名前は伺ってございますが、この節また、その筋のお調べが厳しゅうございまして、お身装(みなり)からお荷物、ご商売、悉く付けさして頂くようなことンなっております」
「ああそうかね・・・・・・身装たってこれェ着たっきりだい。荷物ってあすこにある小(ち)っけな包み、あれ一つだい・・・・・・商売って、おら商売ねえだよ」

 ということで、この男、田舎大尽、という設定なのである。

 泥棒が入ったという法螺ばなしの宿の主とのやりとりは、次のようになっている。

「それがおめえ、こねえだおもしれえことにな、泥棒が入(へえ)ってな」
「ほゥお、泥棒が・・・・・・お怪我はございません?」
「いや、怪我なんぞァねえだよ。何人いただかなァ・・・・・・十何人もいただかなァ。おらの寝てえる枕元へ光ったものを突きつけてな。命が惜しけりゃァ金ェ出せっちゅうでえ・・・・・・おら命は惜しい。金は惜しくはねえだから、いくらでも持ってってもれえてえ・・・・・・そいからおらァ蔵は案内ぶってやってな、蔵のはァ、扉ァ開けて、戸前開けて、さあさあ好きなだけ持ってきなせえ・・・・・・みんなぞろぞろぞろぞろ入って、出てくるときは千両箱ひとつっ担いで出つ来るでえ、なかには二ッつ担いだやつが二人べえいたかなあ。おら褒めてやっただ。汝(われ)力あるでねえか、えれえぞッつッてなあ。」

 この田舎大尽が本物なら、『お見立て』の杢兵衛さんだ。

 この後の法螺ばなしが、可笑しい。

「で、まあみんな出てって、しばらくすると、頭立(かしらだ)ったやつが戻って来て、表の門を開けてもらいてえ・・・・・・ばかなことを言うな。いくらなんでもな、泥棒野郎にな、表門から大手振って出られてたまるか。裏のほうから出ろッて・・・・・・野郎涙こぼしやがって、入(へえ)るときは裏から入って参(めえ)りましたと。だけどもはァ、これまで来るのに半月の旅ィしてやって参りましたと。また半月の旅ィして引っ返すのは大変でごぜえますから、どうぞひとつ表門から出してもらいてえ・・・・・・そう言われりゃもっともなことでな。そいから奉公人五十人べえ起こしてな、表の門を開いてやっただよ。そりゃ十人や二十人で開くような門でねえからな・・・・・・野郎喜びやがってはァ、みんなまた千両箱を担いでぞろぞろ出てくだから、まあこのままにしとくだよ、蔵のほうはァ、戸も開けっ放しにしとくだあ。またいつでもいいから来て持ってけやァ・・・・・・みんな喜んで出て行ったァ。しばらくすると、千両箱二っつ担いだやつが、一つ担いで戻って来てな、これお返しするてえ・・・・・・なに言っとるだあなあ。持ってけったら、いや、とても二つは担いで行かれねえ。どうぞ一つお返し申しますからって、そこへ千両箱を一つ置いて、そのまま帰(けえ)って、また来るかと思って待ってたが、といとうそれっきりやって来ねえ・・・・・・あれ考(かんげ)えてみると、正直な泥棒だ」

 三代目小さんが、上方から東京に移した当初は、こういった田舎大尽(風)の男の法螺ばなしが中心で、あの二番富が当たる夢を見た男の妄想ばなしは、登場しない。

 では、元ネタの上方『高津の富』はどうかと言うと、私が知る枝雀版では、法螺ふき男は、因州鳥取の在と語るが、田舎言葉を使うわけではない。また、二番富に当たるはずの男も、しっかり登場する。

 三代目小さんは、この噺を西から移すにあたって、まず、田舎者が法螺を吹く場面に中心を置いたのだが、その後、弟子や他の噺家の手にかかり、今のような型になってきたということか。

 江戸落語独特の田舎言葉の楽しさで、この噺を味付けしようとした試みは、理解できる。
 とはいえ、大店の主人として、その人物造形に疑問を抱いた噺家さんがいたことも察することができる。

 残念ながら音源は持っていないが、五代目小さんは、田舎出の男が何日も逗留しているという三代目からの柳家の型を踏襲していたようだ。

 今の柳家の噺家さんは、どうなのだろう。

 不勉強で、知らないが、もし誰か演っているのなら、聴いてみたいものだ。


[PR]
by kogotokoubei | 2018-10-11 21:56 | 落語のネタ | Comments(4)

落語のことを中心に、ときたま小言や独り言。


by 小言幸兵衛