噺の話

kogotokoub.exblog.jp
ブログトップ

2018年 09月 20日 ( 1 )

 三ヶ月ほど前に、川島雄三の生誕百周年ということで、落語会を含む記念行事があることを書いた。
2018年6月13日のブログ

 落語および講談の会は来月下旬から11月初旬にかけて開催される。
 ぴあのサイトを見ると、11月1日の神田松之丞の昼夜が売り切れている。
 実力もあるのだろうが、私は、最近の松之丞人気は異常に思えてならない・・・・・・。
「チケットぴあ」サイトの該当ページ
 まだ、チケットは購入していない。
 正直なところ、4800円という木戸銭、ちと高いなぁと思っているのと、まだ予定がはっきりしないのだ。
 

 さて、川島雄三に関する本について。

e0337777_11101287.jpg

藤本義一著『鬼の詩/生きいそぎの記』(河出文庫)

 藤本義一の『生きいそぎの記』。

 同じ河出文庫に収録されている『鬼の詩』については、五年余り前に紹介したことがある。ある落語家をモデルにした、直木賞受賞作だ。
2013年5月13日のブログ

 『生きいそぎの記』も直木賞候補であった。
 
 この作品は、藤本義一が川島雄三の『貸間あり』の脚本を共同で執筆する日々を小説化したものだ。

 百年前の1918年、大正七年に、川島雄三は青森県下北郡田名部町(現在のむつ市)に生まれた。
 この本は、その生まれ故郷である津軽の情景から始まる。


 津軽を行く。
 町はずれ、芦野公園、藤枝用水路のところに火の鳥(フェニックス)が彫られた文学碑がある。
 ー撰ばれてあることの恍惚と不安と二つわれにありー
 太宰治の碑だ。地蔵堂が近くにあり、赤や青や白粉(おしろい)つけた地蔵が何千と並んでいる。
 野球場近く、城の石垣を背に、
 ー胸にひそむ/火の叫びを/雪ふらそうー
 福士幸次郎の詩碑がある。
 が、どこにも、いくら歩いても、
 ー花ニ嵐ノタトエモアルゾ サヨナラダケガ 人生ダー
 の碑はない。川島雄三の碑はどこにもない。旅の本を展(ひろ)げてみても、川島雄三に関して一行も書かれていない。川島雄三という活字さえない。
「映画監督の監督という二字を解釈すれば、百科辞典でげす。影を売る百科辞典は、名作古典と誰も考えないものでげす」
 自嘲の言葉を思い浮かべる。

 この後に、川島雄三の作品がずらっと並べられた後で、次のような文章が続く。

 六年間に十七本の影を売り、それ以前に三十本を撮り、孤独と狷介不羈(けんかいふき)の幕を四十七本目の作品で閉じた。
 ー川島雄三はしかし見事に生きた。恐怖はたしかに例えようもなく重かった。それでも彼は四十五年の一生を精一杯生き切った。芸術もあった、戦争もあった、泥酔も喧嘩も恋愛も嫉妬も、ケチも痛快も憎悪も、あらゆるものが充実し、煮つまり、華やかに在ったーと弟子の今村昌平は書く。
 おれと川島師匠の出会いは、煮つまり、華やかな頂点であった。
 -思想堅固デナク、身体強健デナク、粘リト脆サヲモチ、酒ト色二興味アルモノヲ求ム。監督室内、股火鉢ノ川島ー。
 撮影所の掲示板に、手帳の一頁を破った募集広告がピンでとめられていた。三十三年の正月である。その頃、おれは、撮影所では助監督部でもなく企画文芸部でもなく、いわゆる臨時雇用の身で、日給二百七十円であった。大学には七年目の籍があり、専攻は農業経済であったけれど、就職のメドはなかった。△△組午前八時ロケ出発。XX組午後二時、衣装合わせ、等々の貼り紙が貼られた大きな掲示板の隅で、その小さな紙片は滑稽であった。誰かを揶揄(からか)っているような丸まっちい字である。「股火鉢ノ川島」とは如何にも『幕末太陽傳』の監督らしい表現だった。

 同じ本に収録されている『鬼の詩』もそうだし『贋芸人抄』や『下座地獄』でもそうなのだが、今回再読してみて、藤本義一の文章は、ついその先を読みたくなる魅力がある。

 『鬼の詩』について書いた記事や、この文庫のAmazonのレビュー(ドートマンダー名義)でも書いたのだが、11PMの印象があまりに強くて、作家藤本義一との出会いは、つい最近になるまでなかったことが悔やまれる。
Amazonの本書のページ


 さて、「股火鉢ノ川島」を藤本が訪ねる場面は・・・次回のお楽しみ。

[PR]
by kogotokoubei | 2018-09-20 20:36 | 今週の一冊、あるいは二冊。 | Comments(2)

落語のことを中心に、ときたま小言や独り言。


by 小言幸兵衛