噺の話

kogotokoub.exblog.jp
ブログトップ

2018年 06月 14日 ( 1 )

 今日6月14日は、旧暦五月一日。

 旧暦では、一月~三月が春、四月~六月が夏、七月~九月が秋、十月~十二月が冬、というわかり易い区分だから、まさに、夏の真っ盛りをこれから迎えようとしているわけだ。

 ということで、「夏の噺」について。

 
e0337777_18440888.jpg

麻生芳伸編『落語百選ー夏ー』


e0337777_11125583.jpg

矢野誠一著『落語讀本』(文春文庫)

 秋や冬についても、同じようなことをしているが、麻生芳伸さんの『落語百選ー夏ー』にある二十五のネタについて、矢野誠一さんの『落語讀本』ではどう分類されているか、という比較をしてみる。


  落語百選ー夏ー    落語讀本
(1)出来心        春
(2)道灌         春
(3)狸賽         秋
(4)笠碁         
(5)金明竹        春
(6)鹿政談        秋
(7)しわい屋       春
(8)百川         春
(9)青菜         
(10)一眼国       秋
(11)素人鰻       
(12)二十四孝      
(13)売り声       なし
(14)船徳        
(15)お化け長屋     
(16)たが屋       
(17)夏の医者      
(18)佃祭        
(19)あくび指南     
(20)水屋の富      
(21)紙入れ       秋
(22)千両みかん     
(23)麻のれん      
(24)三年目       秋
(25)唐茄子屋      

 ちなみに、唐茄子屋は唐茄子屋政談のこと。

 二十五席のうち、二つの本で「夏」という分類で合致したのは、十四。

 秋の噺では九、冬の噺で十二だったので、季節がはっきりしているだけ、夏は両著での一致が多いのだろう。

 なお、「売り声」は小咄で、「うどん屋」や「孝行糖」などのマクラでよく使われる短いネタだが、麻生さんは、あえて二十五席の中に加えたのだと思う。

 豆腐や納豆、たまご、大根、牛蒡や金魚などの売り声が楽しめる、好きなネタだ、

 麻生さんの本から、サゲ前の部分をご紹介。

「オーイワシッコオ、オーイワシッコオ」
 と、魚屋が向こう鉢巻で威勢よく売り歩いていると、すぐあとから、
「フルイ、フルイ、フルイー」
「おい、おい、よせやいっ、人の商売へケチをつけるね。てめえ、うしろからつけてきやがって、古い古いってやがら、魚河岸から買い出してきたばっかりで、ぴんぴんしている魚だ。こん畜生っ、おれの鰯が売れねえじゃねえか。もっと裏のほうから行ってやれ」
「そうはいきませんよ。あたしだってこれ商売ですからね。篩屋なんだから。裏のほうなんざだめですよ。やっぱりこれ表通りでなきゃこういう物は買ってくれるところはないんだから。あたしも商売・・・・・・」

 いいでしょう、こういうネタ。

 篩(ふるい)なんて言葉も、死語になりつつあるなぁ。

 サゲは、こうなる。

 魚屋と篩屋と喧嘩になった。そこへ古金屋(ふるがねや)が仲裁に入った。
「お待ち、お待ち、なんだって商人(あきんど)が喧嘩してんだ。どっちも商売だ。出商人が往来で喧嘩すりゃお互いにお得意さまを一軒ずつでも損するじゃないか。あたしが仲人(ちゅうにん)になって仲を扱う、悪いようにはしないから・・・・・・まあ、魚屋さん、おまえさん、先へ立ってやんな、篩屋さんも・・・・・・あたしがそのあとを行くから・・・・・・」
「じゃ、まあお願いします」
「オーイワシッコオッ」
「フルイー、フルイー」
 そのあとから古金屋が、
「フルカネー、フルカネー」

 よく出来ているねぇ。

 芸協には、江戸売り声の宮田章司さんという貴重な色物さんがいる。


 実生活では、売り声で季節を感じることのできない時代。
 せめて、落語だけでも、季節感のある噺を聴かせて欲しい。
 

[PR]
by kogotokoubei | 2018-06-14 12:42 | 落語のネタ | Comments(6)

落語のことを中心に、ときたま小言や独り言。


by 小言幸兵衛