噺の話

kogotokoub.exblog.jp
ブログトップ

2018年 06月 10日 ( 2 )

 席でおにぎりを食べて、腹ごしらえ。

 短い休憩時間で、夜の部始まり。
 少し減ったとはいえ、客席の八割は埋まっていたように思う。白酒の人気かな。
 では、開口一番から順に感想など。

林家きよひこ『狸の賽』 (12分) *16:48~)
 初の女流噺家。彦いちの弟子のようだ。
 昼の部では、小せんの弟子を聴いた。結構、若手も弟子をとっているんだなぁ。
 後で歌之介が、本名が尾崎、だから、きよひこなんでしょう、と謎(?)の答えを明かしてくれた。
 見た目は、立川こはるに、少し似ているかな。元気な高座は好感が持てる。それにしても、女流の噺家、増えたねぇ。

初音家左吉『代書屋』 (15分)
 初、かと思ったら、五年前の九月、同じ池袋で『家見舞』を聴いていた。
 その時の印象として、しん平に見た目が似ている、と書いているが、変わらない。
 客席は結構笑ってくれたが、今一つリズムが悪い。
 入門、二ツ目昇進が、昼の部に出ていた柳家ほたると同じ。
 来年には真打昇進があるだろう。もう少し、精進してもらいましょう。

金原亭馬治『牛ほめ』 (13分)
 ずいぶん久しぶり。調べてみると、2011年、まったく同じ6月8日の人形町らくだ亭以来。あの会では、小満んとさん喬のリレーで『おせつ徳三郎』が聴けた。その会の記事では、宮治の『元犬』の方を褒めていた。
 さすがに七年前の高座はよく覚えていないが、間違いなく成長していると思う。二ツ目の左吉の後だから、ということもあろうが、なかなか楽しい高座だった。

すず風にゃん子・金魚 漫才 (13分) 
 金魚さんの頭の上は、ジューンブライド、ということで百均で仕入れたストロー製のウェディングドレス。
 「ウェディングベルメゾン 嫁っ子」というネーミング、何度聴いても秀逸。
 この人たちの漫才は、いつも元気をもらえる。

蜃気楼龍玉『夏泥』 (14分)
 あの漫才の後は、やりにくいだろうなぁ、と思っていたが、すぐに龍玉ワールド(?)へ誘い込む。二ツ目弥助の頃からの十八番と言えるだろう。
 泥棒から質草を出す金をめぐんでやろうと言われる度に、一文無しの男が、「すまねぇなぁ、ありがとよ、その親切は、涙が出るほどうれしいが」という科白が繰り返されることで客席から笑いが起こる。
 質屋に預けた道具箱、着物のみならず、ためた家賃の二か月分までをむしり取られる泥棒が、なんと可愛そうなことか。
 この人の名は三代目だが、真打に昇進しこの名を襲名してからは、実に存在感のある噺家さんになった。人情噺も怪談噺も手掛けているが、私はこの人のこういう軽い滑稽噺、好きだ。寄席の逸品賞候補として朱色をつけておこう。

橘家円十郎『猫と金魚』 (18分)
 座る際の「ヨイショ」は、定番。
 今年の初落語の同じ池袋で『宮戸川』を聴いている。
 明るく楽しい高座ではあったが、白酒と同じ2005年9月の真打昇進を考えると、もう少し落ち着きも欲しいかな。

林家正楽 紙切り (11分)
 ご挨拶代りの「相合傘」から「小鹿のバンビ」「オナガドリ」「雲助と白酒」と見事に切り分けて、さっと下がる。名人芸だ。

三遊亭歌之介 漫談 (19分)
 マクラでは、すでに書いたように、女性の前座さんの出身(長野)や本名のことにふれた。
 漫談、とは書いたが、十八番ネタの部分的なクスグリが満載なので、客席が湧かないはずがない。フランス語を学んでいて「ジュとジュでニジュウ、あとジュでサンジュウ」なんてネタでも、大爆笑。
 来年は円歌襲名で忙しくなるだろう。去年の師匠が亡くなった後の末広亭の高座での涙を、思い出した。

五街道雲助『粗忽の釘』 (15分)
 仲入りは、この人。弟子にとっては嬉しい、師匠の援護。
 ほぼ一年前、末広亭で居続けをしたが、その時と同じネタ。
 とはいえ、やはり、楽しいのだ。なかでも、熊が女房との馴れ初めを、聞いてもいない隣りの住人に披露する時、最初に家に女房を連れてきた夜、台所の汚れ物を洗う彼女の後ろから近づき、八ツ口から手を入れてくすぐっているうちに、「そこは脇の下じゃないわよ・・・てな具合で一緒になりました」が、なんともいえない大人の落語で、いいのだ。

春風亭三朝『そば清』 (16分)
 夜のクイツキは、この人。
 清兵衛さんと蕎麦がいくら食べられるか賭けよう、と若い衆が相談する中で、六ちゃんだけが、何か気が乗らない様子。「六ちゃん、どうしたい」「いやね、てぇっことは、もり蕎麦をかけ蕎麦にすんの」が、可笑しかった。
 五十枚の掛けの日、最前列で見学する席が「つゆっかぶり」というのも、笑える。
 ウワバミが飲んだ不思議な薬草のことを説明するのに、アルマイトの弁当箱と梅干が登場するが、若いのに、よく知っているねぇ。
 昼の部と夜の部のクイツキが一朝門下、というのは、あの一門の層の厚さを物語っている。

桂南喬『千早ふる』 (17分)
 夜の部の膝前は、大好きなこの人。肩を少し丸めて高座に登場する姿も、なんとも言えない。
 昼の部の一之輔の『加賀の千代』とツクといえないこともないが、それはよしとしよう。
 噺本来の可笑しさで、客席をわかせる。この高座も寄席の逸品賞候補だなぁ。

伊藤夢葉 奇術 (13分)
 いつものネタなのだが、その話術に笑ってしまう。
 少し顔色が黒いが、ゴルフか^^

桃月庵白酒『お見立て』 (27分 *~20:31)
 昼の部で、満席で立ち見が出たのに、いつものようにパイプ椅子を置かなかったのが不思議だったのだが、マクラでその疑問を解いてくれた。消防署の立ち入りがあったらしい。そうだったのか。また、いつ来るか分からないから、椅子を出せないようだ。
 その後、昔の池袋演芸場の「お茶セット」のことや、とても明かせない政治ネタを少しふって本編へ。
 杢兵衛が、とにかく可笑しい。この人の持ち味は、いわばデフォルメの芸だが、田舎者の杢兵衛大尽の言葉や仕草の、まぁ凄いこと。
 また、この人ならではのクスグリのセンスの良さは、喜助の喜瀬川への言葉などで発揮される。喜瀬川が杢兵衛に会いたくないあまりに病気だとか死んだという嘘を平気でこしらえるのに対し、「また、腹にないことをいけしゃあしゃあと言えますね」という言葉も、実にタイミングよく挟まれるので、可笑しいのだ。
 喜助がお茶を目に塗って泣いた真似をしていると杢兵衛が、「喜助、茶殻が目についとるぞ」、喜助が「悲しいとこうなるんです」に「体質改善しろ」にも笑った。
 笑わないようにと喜助が自分の体をつねったりする仕草も、なんとも言えず楽しい。
 それでいて、噺本来の味は、決して壊していないのだ。
 久しぶりの白酒の高座、今年のマイベスト十席候補にしない理由はない。


 終演後は、外は白酒がマクラで嬉しそうに言っていたように、小雨。
 
 居残りもなく、家路を急ぎ、帰宅して飲みながら、じっくり居続けの落語の余韻に浸っていた。

 実は、今日6月10日で、拙ブログを始めて、満十年となった。
 
 早いものだ。

 ある落語会への小言から始まったのだが、その後は、いろんなことを書いている。

 3.11以降は、やや時事的な内容が増えて、それらの記事は、兄弟ブログに引っ越した。

 引っ越しと言えば、FC2からExciteへの引っ越しもしたなぁ。

 そんな記念の日に、居続けの寄席の記事を昼夜とも記事にできたことは、雨のおかげもあるが、喜んでいいのだろう。

 昔なら、時の記念日か。

 結果として、いい日に始めたと言えるのかもしれない。

 自分の備忘録のみならず、コメントを通じて、落語愛好家のお仲間もたくさんできた。


 あらためて、これまでご覧いただいてきた方や、コメントまでちょうだいした方、すべての皆さんにお礼を申し上げます。

[PR]
by kogotokoubei | 2018-06-10 17:07 | 寄席・落語会 | Comments(12)
 中途半端な雨予想だったが、テニスは休み。

 一昨日は、久し振りの寄席。
 池袋の昼の主任が権太楼、夜の主任は白酒。他の顔づけも悪くない。
 なんとか都合がついたので、久しぶりの、昼夜居続け。

 コンビニで煎餅やお茶を仕入れてから演芸場に正午少し前に着くと、三十人ばかり並んでいる。
 テケツから地下へ。
 なんとか、前から四列目に席を確保。
 その後もどんどんお客さんが来場され、途中満席となり立ち見となるとは思わなかった。

 間もなく開口一番が始まった。

 出演順に感想など。

柳家あお馬『道灌』 (17分 *12:16~)
 初。落語協会ホームページによると、こうなっている。
  2014(平成26)年6月 柳家小せんに入門
  2015(平成27)年5月21日 前座となる 前座名「あお馬」
 以前、白酒がマクラで、入門者が多く、前座になるまでの待機児童が多い、と言っていたが、彼も一年近く待機した、ということか。
 若さに似合わず渋い印象は、最初に小はぜを聴いた時の印象に近いかな。そうか、選んだ師匠が小せんか。今後の成長を期待したい。

柳家ほたる『動物園』 (13分)
 ほたるの時点で、見た目は満席。よく探すと七席から八席の空席か、という状態。週末とはいえ、さすがに主任権太楼の動員力、ということか。
 師匠の前座名をもらったこの人も、来年の秋あたりに真打昇進か。
 ホワイトライオンとブラックタイガーの戦い、という演出は悪くない。
 珍獣動物園のスター達の中に、瘤のないラクダ、が入っていて、ほたるが「歌の題みたいだ」なんて言っていたが、ほたるがあの歌を知っているの?
 楽しい高座ではあったが、真打になるには、まだ何かが足らないかな。頑張れ。

柳家燕弥『桃太郎』 (12分)
 なぜか、この人は初。前名は右太楼。もちろん、権太楼の弟子。
 ちなみに、権太楼の弟子は、次の五人。
 三代目柳家甚語楼、柳家我太楼、三代目柳家東三楼、柳家燕弥、柳家ほたる、柳家さん光
 この噺そのものの楽しさで会場から結構笑いをとっていた。
 そうか、こういう噺家さんだったか。悪い印象ではない。また聴きたいものだ。

ニックス 漫才 (16分)
 最近、この姉妹漫才を見直している。
 なかでも、妹の話芸は、なかなかのもの。
 
柳家甚語楼『お菊の皿』 (15分)
 権太楼の総領弟子が、その貫録を示した高座。
 江戸っ子の若い衆の心地よい科白の心地良いこと。
 お菊さんが、青山鉄山になぶり殺しにされたとご隠居から聞いた若い衆、
 「なんだって、ご隠居はだまって見てたんですか」の言葉なども、可笑しい。
 この人、居残り会仲間のIさんのご贔屓だが、私も、その実力は高く評価している。
 この高座、寄席の逸品賞候補として朱色をつけておく。

三遊亭窓輝『庭蟹』 (16分)
 珍しい噺を披露。私はこういう噺を聴けるのは、嬉しい。
 こういう古典的な小咄、この人は好きなのだろうか。
 寄席で時間調整の“逃げ噺”とも言えるが、この時間なら他のネタもできよう。円窓のご子息ならでは、ということかな。
 志ん生の音源を持っている。『志ん生、語る。』(アスペクト)という本の付録のCDに、『お直し』『疝気の虫』と一緒に『小咄二題』が収録されていて、その中に含まれている。このCD、結構貴重だと思う。

江戸家小猫 ものまね (13分)
 犬、にわとり、羊、アルパカ、鴨、ゴリラ、と多彩な芸と話術でわかせた。
 猫八襲名も、近いのではなかろうか。それにしても、髭が濃い^^

柳家小ゑん『フィッ』 (15分)
 後で調べたら、本人作ではなく、円丈の古い作品のようだ。
 なんとも、シュールなネタ。
 先輩と後輩が話していると、先輩の言葉の語尾に「フィッ」という一言が付く。
 不思議に思った後輩が、それは何かと問うと、「えっ、おまえフィッが言えないのか。病院へ行け」と言われる。その後、その男がフィッが言えるようになると、また、他の意味のない言葉が・・・という内容。
 『庭蟹』とは別な意味で、珍しいネタを聴くことができた。
 この高座の途中から、客席は満席になり、後からいらっしゃったお客さんは、立ち見状態に。

三遊亭歌武蔵『宗論』 (18分)
 満員の客席をドッカンドッカンと沸かせた。正朝のように白百合ではなく、川村女学園。わかる人には、これだけで、何の話かは、わかる^^
 相撲ネタの漫談も悪くはないのだが、やはり短くともネタを演ってくれる方が嬉しい。

松旭斎美智・美登 奇術 (14分)
 定番のネタだが、最初の南京玉すだれでミス。次のネタでもスカーフを落とした。
 ちょっと、感心しない出来。
 客席にプレゼントするキャンディー。池袋では、バドミントンのラケット、必要ないのでは^^

古今亭志ん輔『宮戸川』 (18分)
 仲入りは、この人。お目当ての一人。
 立ち見のお客さんを見て、かつて前座時代の浅草で、フランス座の後ろで立ち見をしていたことを思い出した、とのこと。ご馳走になったストリッパーの名が、エデン・ダイアナ・・・・・・。よく覚えているねぇ、そういうことは。
 手の内のネタ。安心して聴いていられる。
 一点だけ、気になった。半七がお花に向かって「あなたのようなきれいな人を、叔父さんのところへ連れて行ったら・・・・・」と言うが、“若い娘”ではなく、“きれいな人”は、以前からの科白だったかなぁ。
 ご本人の日記風ブログでは、二分も延ばした、と書いてあるが、仲入りである。これ位は尺はあって不思議はない。たしかに、プログラムでは仲入りが15:10までとあって、実際は15:12ではあったが、その原因はそれまでの演者のせいと言えるだろう。

 ロビーの楽屋前のソファーで、一服。
 結構、トイレに人が並んでいたが、十分余りで、再開。

春風亭一之輔『加賀の千代』 (11分)
 クイツキが、一之輔という贅沢さ。
 とはいえ、トリの権太楼の時間を作るためであろう、この時間でこのネタ。
 甚兵衛さんとご隠居との会話が、なかなか楽しい。
 持参した饅頭のことなど女房との内緒話をすべて暴露してしまうが、ご隠居は「たまらないなぁ、そういうとこが好きだよ」と鷹揚。
 こういう噺でも、しっかり客席を沸かすあたりが、並の噺家ではないところだ。

柳家小さん『二人旅』 (16分)
 久しぶりだ。上方落語の「東の旅」の中の『煮売屋』を、四代目小さんが東京に移したものだから、その大名跡を継いだ人にとっては、大事な噺ということになる。
 それだけに、謎かけや都々逸がなかったのは、少し残念。

鏡味仙三郎社中 太神楽 (9分)
 仙三郎と仙志郎の二人で登場。五階茶碗~土瓶~花笠と撥、のいつも巧みな芸。
 仙三郎の元気な姿を見ることができるだけで、嬉しい。

柳家権太楼『猫の災難』 (37分 *~16:38)
 客席から「待ってました!」の声。
 たしかに、待ってたよ^^
 さん喬、白酒と鎌倉の落語会に出た時、この噺をネタ出しにしたのだが、プログラムにネタの説明を載せたいと依頼された時の逸話が、なかなか楽しくも味のある内容だった。
 この噺や『一人酒盛』などは、主人公が次第に酔っていくことが中心のネタで、相方が酒や肴を買いに出かけるという同じような場面が繰り返される。演者によっては、ダレやすいのだが、流石の権ちゃん。
 熊五郎が、「少しだけなら」「半分なら」と次第に酒を飲みつくすのだが、飲む前の熊五郎の顔の表情が、まさに満面の笑みで、見るこちらも、嬉しくなってくる。
 途中の科白も楽しい。
 「あいつは、なんかアテがなきゃ飲まない・・・意地汚ねえんだよ」
 「どこまで行ってんだ・・・待つ身のつらさが分かんねぇのか」
 という熊の科白に、つい、熊に同情しそうになるのが、人間の性か^^
 この噺は、元々上方で三代目小さんが東京に移したもの。
 今では、柳家の十八番になっている。
 相棒が酒を買いに行く際に「三丁ばかり行くと、酢屋満てえ酒屋があるから」と熊は教えるが、これは五代目が家の近所にある酒屋の名を使った内容を踏襲している。
 二人目の師匠から継いだネタを、大事にしているなぁ、と思いながら聴いていた。
 迷いなく、今年のマイベスト十席候補とする。


 権太楼、サゲとなり緞帳が下りる間も、客席のお知り合いの方と思しき方向に微笑んでいた。夜の部が始まる前にロビーで一服していると、権太楼が数名のお客さんとエレベータに乗った。なるほど、これから打ち上げ、ということかと納得。
 肴は、鯛の刺身かな^^


 夜の部は、次の記事にて。


[PR]
by kogotokoubei | 2018-06-10 11:46 | 寄席・落語会 | Comments(0)

落語のことを中心に、ときたま小言や独り言。


by 小言幸兵衛