人気ブログランキング |

噺の話

kogotokoub.exblog.jp
ブログトップ

2015年 12月 28日 ( 1 )

 今年のマイベスト十席に人形町らくだ亭での露の新治『中村仲蔵』を選んだ。
 遅ればせながら知ったのだが、その露の新治が芸術祭賞大衆芸能部門の優秀賞を受賞していた。

 受賞対象は、10月20日に天満天神繁昌亭で開催された、第10回露の新治寄席「新治ひとり会」。

 ご本人のホームページによると、『紙入れ』『七段目』そして『中村仲蔵』三席を演じたらしい。

 同ホームページから、ご本人のコメントの一部を引用。
「露の新治」ホームページ

おかげさまで、「文化庁芸術祭優秀賞」を戴きました! 多くの方にお支え戴いたおかげです。師匠五郎兵衛から教わった「中村仲蔵」で戴けたことが、何より嬉しいです。今年は、水平社博物館の財団から「なら人権文化選奨」も戴きました。「お笑い人権高座」と「落語」が、共に認められたのは、私にとって本当に嬉しいことです。
 そうそう、八代目正蔵から師匠が稽古してもらい、その師匠からの伝承の噺、私も日本橋で大いに楽しんだので、この受賞は実に嬉しい。
 また、「人権高座」などをはじめ、社会派としての立場を鮮明にし、積極的に活動をしている稀有な噺家さんとして、特筆されるべき人だと思う。

 文化庁のサイトでは、受賞内容や応募内容のPDFを確認できる。
文化庁サイトの該当ページ

 あっ、ゆたかさんから『高野聖』を演るので、とご案内いただいたのに行けなかった10月12日の「笑組の漫才文庫」も、芸術祭参加公演だったんだ・・・・・・。

 ゆたかさん、来年も頑張って!

 今年、大衆芸能部門での「大賞」は、該当者なし。
 優秀賞が新治を含め四名。

 落語協会HPで、優秀賞の正蔵、文菊、そして新人賞の文雀のことが案内されている。
落語協会HPの該当ニュース

 優秀賞は、他に笑福亭仁智、新人賞は他に旭堂小二三。

 なお、正蔵は、彼個人の会が対象ではなく、11月6日の第588回三越落語会が参加公演となって、彼の高座が受賞したようだ。
 聴いていないのでいい加減なことは言えないのだが、同じ会で演じられた扇辰の『匙加減』や、一朝の『植木のお化け』、花緑『愛宕山』や歌奴の『佐野山』などより、彼の『しじみ売り』の出来が際立って良かったのだろうか・・・・・・。

 文菊の受賞は、嬉しい。最近聴いていなかったので、来年はどこかで、と思っている。
 文雀は二ツ目時代笑生の時に末広亭で初めて聴いて、なかなか渋い高座に感心した記憶がある。 

 とにかく、露の新治の受賞を素直に喜ぶことにしよう。
 
by kogotokoubei | 2015-12-28 12:48 | 落語家 | Comments(10)

落語のことを中心に、ときたま小言や独り言。


by 小言幸兵衛