人気ブログランキング |

噺の話

kogotokoub.exblog.jp
ブログトップ

2014年 10月 28日 ( 1 )

 ようやく、と言ってよいのではなかろうか、

 河出書房新社の「KAWADE夢ムック」シリーズに、古今亭志ん朝の名が加わった。

e0337777_11132018.jpg

河出書房新社サイトの該当ページ
Amazonの本書のページ

 同出版社からは、『志ん朝のあまから暦』、『花は志ん朝』、『世の中ついでに生きてたい』、『もう一席うかがいます。』などが出版されていることもあり、そろそろ出るだろう、と思って期待していた。


 目次をご紹介。

未公開音源より初公開(聞き手 清水一朗)
志ん朝芸談
 -落語のこと、三木のり平のこと、親父のこと

古今亭志ん朝 生涯最後の対談 未収録部分を初公開
古今亭志ん朝x林家こぶ平(現・正蔵)
 親父は親父、芸は一代

古今亭志ん朝コレクション
【志ん朝の談話】
一つ屋根の下に
赤の他人三家族が住んだ
少年時代


【志ん朝インタビュー】
仲入り前に

対談
山本進x清水一朗
 若き日の古今亭志ん朝

インタビュー(聞き手 石井徹也)
噺家が見た
古今亭志ん朝

 古今亭志ん橋・三遊亭好楽・春風亭一朝・柳家小満ん・五街道雲助

インタビュー
二ツ目勉強会と古今亭志ん朝
 柳家三三・桃月庵白酒・入船亭扇辰・橘家文左衛門

対談
古今亭志ん朝x早川東三
 独語と落語とコンサイス

エッセイ
立川談志 志ん朝へ
中条省平 『仮性文藝時評』より
八木忠栄 『ぼくらの落語ある記』より

古今亭志ん朝
演目一覧


石井徹也 志ん朝の演目

古今亭志ん朝略歴

 この本を手にして、真っ先に目を通したのは、「演目一覧」である。

 『よってたかって古今亭志ん朝』にも、主要ホール落語会での演目の詳細な一覧があって重宝しているが、この一覧はホール落語会や独演会はもちろん、ラジオの音源や寄席などでの演目も含め、志ん朝のあらゆるネタを網羅しようという試みで、志ん朝ファンには、なんとも嬉しい企画だ。

 たとえば、先日、大須のまくらシリーズで『時そば』のまくらを書き起こしたが、このネタについては、次のようになっている。

時そば
 昭和36年5月14日 第86回 三越落語会
 昭和40年1月28日 第37回 若手落語会 「湯浅喜久治七年追悼」
 平成11年11月9日 第10回 大須演芸場 三夜連続独演会 初日


 『よってたかって~』の巻末資料には、紀伊国屋落語会の記録はあるが、三越落語会の情報はない。

 よって、23歳での三越落語会、37歳での若手落語会の上演記録は、この本で初めて知った。

 他に、たとえば『らくだ』については、次のような記録が掲載されている。

らくだ
 昭和38年4月22日 第30回 若手落語会
 昭和43年3月15日 第105回 東京落語会
 昭和47年2月28日 二朝会


 NHKの東京落語会の音源が残っていれば、志ん朝のみならず、昭和の名人の貴重な‘歴史’があるはずなのだが、なかなか世に出てこないのが残念でならない。30歳の志ん朝の『らくだ』を、ぜひ聴きたいと思う。

 この演目一覧、眺めているだけで、楽しい。

 他の内容は、以前に世に出たものもあれば、初出の内容もあるが、なかでも、若かりし日の志ん朝の姿を教えてくれる、「噺家が見た古今亭志ん朝」と、「二ツ目勉強会と古今亭志ん朝」が楽しい。

 好楽へのインタビューから、一部ご紹介。高校時代、池袋の最前列席でトリの志ん朝を十日間聴いた人である。
 前座にとって憧れだった志ん朝の姿が描かれている。

好楽 そう、人形町末広が廃業するまでの、昭和41年から45年の間が我々の黄金時代です。「おいちょっと」と志ん朝師匠が言ったら、あたしなんかはそういうのがすぐ読めちゃうからパッと用事をすると、「おっ、さすがだね、お前。俺がこういうのを飲みたいな、食べたいなってわかるな」ってよく褒められました。楽屋の蕎麦でもパッと、「たぶんお腹が空いてらっしゃるでしょう」「あたぼうよ、江戸っ子だよ!」なんて、「この後どこかへ飲みに行こう」って、その言葉を待ってるの(笑)。
 (中 略)
-当時、人形町末広で志ん朝師匠がトリを取ると、やっぱりお客さんは満席でしたか。
好楽 もういっぱいですよ。終わってからみんなで「みの家」へ行ったらお店の人が、「ちょっと師匠、見せたいものがあるんだけど」って。えーと、羽子板かな、志ん生師匠と(八代目)文楽師匠の羽子板が飾ってあるんです。志ん朝師匠がそれを見て「おい、これ美津子姉さんが喜ぶだろうな」って言いました。
 前座はみんな、何かっていうと志ん朝師匠の真似でした。志ん朝師匠が着物をパッと脱ぐと、肌襦袢にポケットなんかついてる。普通、肌襦袢はポケットなんかついてないからみんな聞くじゃないですか。「師匠、どうしてこれつけてるんですか」「いやうちのおふくろが・・・・・・」。つまり、志ん生師匠のおかみさんが貧乏だったから「何でも大事なものを楽屋に置いといちゃいけない」って(笑)。考えたら(十代目金原亭)馬生師匠もそうでした。「あっ、馬生師匠もそういえばそうですね」「そうだよ、兄貴もそうなんだよ」。そしたら次の日前座全員、肌襦袢にポケットつけてるの(笑)。

 昭和41年から45年というのは、志ん朝が28歳から32歳の頃である。24歳で真打昇進し、NHK「若い季節」などに出演するなど、バリバリ売り出し中の志ん朝は、前座にとって、どれほど輝いて見えたことだろうか。

 「二ツ目勉強会と古今亭志ん朝」では、ある噺家さんの高座をきっかけに、大須で『藁人形』をかけることになった、という逸話なども発見できる。このネタ、演目一覧では、大須の一席のみ。さて、志ん朝をその気にさせたのは誰だったのか。

 などなど、現役の噺家さんが語る志ん朝の姿に新鮮な内容が多い。

 インタビュアーの石井徹也も、出しゃばらずに噺家から得難い話を聞き出している。伊達に落語会や寄席に足を運んでいるのではないなぁ^^

 小言を言いたい部分も、ある。
 略歴は、少しお粗末。横書きに無理に漢数字を使うこともなかろうし、量的にも内容が薄すぎる。とってつけたような印象は拭えない。

 あの当時、『東京人』に掲載された、亡くなる直前に行った当時のこぶ平とのインタビューは、写真を見るのが辛かった・・・・・・。
 今なら、少しは冷静に読める。大須のまくらで、父の三平のことは、寄席にお客を動員した貢献者として高く評価している。その偉大な父をもった芸人という、いわば同じような境遇をもつ者への共感はあるのだろうが、志ん朝は空の上で、当代正蔵をどう評価しているだろうか。

 最後に、「仲入り前に」と題された、「SWITCH」94年1月号のインタビュー記事から。

 あたくしは噺家になってから36年。これまで親父に追いつけ追い越せってんでやってまいりましたけれど、なかなか追いつけるもんではありません。
 どうかすると芸のほうよりも、頭の毛のほうが先に追いついちゃったというような具合で・・・・・・。
 志ん朝というのは、親父が考えた名前なんですが、あたくしは三代目だそうです。
 初代は兄貴で、志ん朝から今松、今松から志ん橋になって、それから十代目馬生を襲名したんです。
 兄貴は志ん橋っていう名前のほうを大変気に入っていて、大事にしていたんです。だから、兄貴が馬生になって志ん橋という名前があいたんで、あたくしの弟子に志ん橋という名前をつけさせたいなと思ってもらいに行っても、あまりいい顔をしてくれなくて、結局駄目だって言われたくらいでしたからね。
 というわけで、兄貴は、志ん朝という名前には、あまり思い入れがないんです。
 で、二代目という人はあたくしは知らないですよ。途中で噺家をおやめになったそうですし。だから、志ん朝って名前はどっちかって言いますと、パッとした名前じゃないんですよ。
 口はばったい言い方をすれば、あたくしが一番大きくしたようなもんなんです。
 それだけに、すごくこの名前に思い入れがある。気に入っているんです。
 志ん生襲名っていう話がたびたびあっても、なかなか踏ん切りがつかないのは、それだけ、志ん朝という名前に愛着があるからなんです。
 ですから、いましばらく、この志ん朝という名前でお付き合いを願っておきます。


 大須のまくらを書き起こしているので、この‘あたくし’という声が耳にこだまするようだ。

 志ん生も、そして志ん朝も、しばらくは誰も襲名しないままになるのだろうか。

 それとも、今から十年もすると、誰かが継いでいるのだろうか。
 先のことは分からない。しかし、過去の志ん朝のことは、この本を含め、今後も何度も振り返られることだろう。

 時が経てば経つほど、志ん朝の存在は、私には大きくなるばかりである。

 本書、小言を言いたい部分もないではないが、紹介した内容や、最初にある、昭和54(1979)年の宇都宮における落語会で披露された芸談などを含め、志ん朝ファンには楽しい内容が豊富である。
by kogotokoubei | 2014-10-28 00:51 | 落語の本 | Comments(0)

落語のことを中心に、ときたま小言や独り言。


by 小言幸兵衛