人気ブログランキング |

噺の話

kogotokoub.exblog.jp
ブログトップ

2014年 01月 18日 ( 2 )

 昨日は、末広亭で豪華な顔ぶれを楽しむことができた。

 その中で、喬太郎が演じた『擬宝珠』について、少し書いてみたい。

 
e0337777_11112953.jpg

関山和夫著『落語風俗帳』(白水Uブックス)

まず、「落語でブッダ」の良き参考書として先日紹介した、関山和夫著『落語風俗帳』から引用。

擬宝珠(ぎぼし)
 実に馬鹿々々しい咄だが、この咄も観音さまに、いささか関わりがある。今は演り手がないので、あえて触れておきたい。これも仏教が親しまれていたからこそ出来た咄である。鼻の圓遊の速記を読むと実に面白い。安永二年(1773)に江戸で出た咄本『聞上手』所収「かなもの」が原話のようである。圓遊向きの落語だ。初代柳家小せんもこれを演じたというが、この種の咄に手をつける人はまず少ないと思われる。


 『落語風俗帳』の発行は1991年。だから喬太郎が発掘する前である。本書は次のように続く。

風俗資料としてもなかなか面白い。圓遊は、開口一番「ええ、今日は『金の味』というおはなしを一席うかがいます」といっている。本題に入るところに「明日ありと思ふ心の仇桜夜半に嵐の吹かぬものかは」という真宗の説教で有名な松若丸(のちの親鸞聖人)の歌が出てくるのも興味深い。


 さすがに喬太郎は松若丸の歌は登場しない。

 では、本書から圓遊の演じた筋書きをご紹介。

若旦那は原因不明の神経病にかかっている。年老いた両親は大変心配する。横浜から出入りしている幇間の桜川長光に「倅は何か心に思い続けていることがあるに違いない。なんとか倅にそれをいわしてくれれば金側の時計を一つくれてやる」といって聞いてもらう。長光は若旦那と一緒に浅草の観音さまへ行く。若旦那は「実は私は五重の塔のてっぺんの唐金の擬宝珠の真っ青のところがなめたいんだ」という。そこで長光は寺に頼みに行き、二百円を寄付して許してもらう。足場を組んでのぼり、若旦那は擬宝珠をペロペロとなめた。金属をなめることは、唐土(もろこし)の莫耶(ばくや)のの故事にあると浅草寺(現在は聖観音宗)の僧がいったとする。両親が心配してやって来た。しかし親はよろこんだ。
「倅もやっぱり擬宝珠が好きだった。先祖代々擬宝珠が好き。わしらもあちらこちら、なめ歩いた」と話し合っているうちに若旦那がおりてくる。
「五重の塔は、うまかったか」
「沢庵の味がしました。よほど塩がきいておりました」
「塩は三升か、四升か、五升か」
「なあに、上は六升(緑青)の味がしました。



 喬太郎版をご存知の方は、違う部分に気付かれるだろうが、本人から答えを語ってもらおう。

 出版もされているが、柳家喬太郎がポプラ社のWebマガジン「ポプラビーチ」に以前連載していた「落語こてんパン」のバックナンバーのページが残っている。「擬宝珠」のページから引用。
ポプラビーチ連載「落語こてんパン」の該当ページ

 古典落語として取り上げてしまったが、明治の頃の新作である。ステテコ踊りという珍芸で一躍人気者となり、新作を創り、当時の古典の改作も手がけた、初代三遊亭圓遊師匠の作品である。その後手がけた演者は、そう多くはないようで、現在は完全に埋もれてしまっていた噺である。
 僕はこの『擬宝珠』を持ちネタにしているが、そういう噺だから、もちろん誰かに教われる訳もなく、速記から掘り起こしたのである。
 だから「連綿と伝えられて多くの演者によって練られた噺が古典落語」とするならば、『擬宝珠』を古典というカテゴリーに括っていいのかどうかは分からない。まぁしかしこれだけ古ければ、古典と言ってしまって良いだろう。そもそもどこからが古典でどこまでが新作か、落語には確たる定義がないのである。
 ただ、僕が今演じる『擬宝珠』には、だいぶ僕の手が入っている。
 圓遊師の速記では、若旦那から気鬱の原因を聞き出すのは、出入りの幇間(たいこもち)であった。ネタ下ろしして何度かは、幇間で演ってみたのだが、どうもうまくいかない。親にも医者にも打ち明けない気鬱の原因を、出入りの芸人には吐露するというのが、演じていてしっくりこないのだ。大家(たいけ)の若旦那と職人という立場は違えど、精神的にはつながっている幼な馴染みという設定に変えて、何とか演じられるようになった。


 本人が語るように、幇間を出入りの職人で幼な馴染みの熊さんに替えているが、本筋はほとんど変えていない。

 もちろん喬太郎なので、彼なりのクスグリを挟む。熊さんが若旦那に病の原因を聞く場面で、「原因は女じゃない・・・じゃあ『崇徳院』じゃないんだ」「もしかして蜜柑が食べたい・・・違う・・・『千両みかん』でもないんだねぇ」と笑わせる。
 しかし、これは落語愛好家の方々の仲間内の笑いのようなもので、落語を詳しくない方も含めて笑いをとるところは別の部分である。昨夜もそうだったが、それは、熊さんが擬宝珠を舐めたいと言う若旦那の病の理由を、恐る恐る父親に告げたところ、「・・・やはり息子もそうだったか」と一族の不可思議な好みの血統を打ち明ける場面であり、父母の出会いのきっかけも擬宝珠舐めだった、と告げる場面でも笑いが増幅する。

 だから、非常にこの噺には深いものがあって、好みや趣味などは、他人から見たらとんでもない奇異なものであることが多い、という人間の本質を照らし出しているのである。

 だから、落語についてブログを書いている者など、落語を知らない、あるいは好きではない人からしたら、とても“真っ当な人間”のすることとは思えないだろうなぁ。

 でも書くよ^^
by kogotokoubei | 2014-01-18 17:05 | 落語のネタ | Comments(10)
仕事の都合などを考えると、友の会の一月末までのチケットを使えそうな日が限られているので、都合と顔ぶれとの相談から昨夜は末広亭へ。主任の小三治が休演なのは承知。

 六時少し前、美智・美登の奇術の途中から入場。好みの下手桟敷の中央部が埋まっており、久し振りに椅子席へ。後ろから三列が貸切になっており、その前の空席を確保。

 喬太郎から聴くことができた。結果として、すべての高座が良かったので、落語はピンクで染まる。

柳家喬太郎『擬宝珠』 (11分 *18:00~)
 短いマクラから十八番の一つへ。もちろん短縮版なのだが、肝腎な筋、聴かせどころには抜けがない。何より十分未満と思える時間で、客席もしっかり沸かせた、その技量に感心した。寄席でこういう高座を目の当たりにすると、この人の凄さをあらためて認識させられる。

五街道雲助『ざるや』 (10分)
 こちらも短時間で十八番を披露。いつ聴いても笑える。演じている噺家も楽しんでいることが伝わるのが、良い。

柳家権太楼『黄金の大黒』 (15分)
 「ついこの前、マッカーサーが来たかと思ったら」の懐かしいマクラから本編へ。
 長屋の連中が、絽の羽織に古新聞を裏打ちしたものを羽織って一人一人口上を言う場面が頗る楽しい。てっちゃんが曲馬団の玉乗りの口上のように「東西(とざい)、とーざい・・・・・・」とやれば、きっつぁんは上がり性で何を言っているかわからない。金ちゃんは、「大家のガキと長屋のぼっちゃんが」で笑わせる。久し振りの権ちゃん、元気で良かった。

江戸家猫八・子猫 物まね (11分)
 正月ということで特別の親子出演なのだろう。個々の技量で言うと、子猫は相当追いついてきたのではなかろうか。自分らしい味も出してきたし、今後が楽しみだ。

柳家小はん『親子酒』 (10分)
 金馬の代演。こういうことも寄席ならでは、である。私は、小はんの何とも言えない味が好きだ。ところどころに、「えっ?!」と驚かせるクスグリがあったりする。息子との禁酒の約束を破って飲み始めた親父。女房に向かって「乾きもんがありゃぁいいよ。乾きもんたって、おまえのことじゃない」とか、酔っ払った親父を見て怖い形相をしている女房に、「屋根瓦だって雪化粧すりぁ、もう少し色気があらぁ」なんて、いいよねぇ。

柳家小満ん『時そば』 (14分)
 仲トリは金馬に替わってこの人。最初に蕎麦屋を騙す男の江戸っ子ぶりが、なんとも恰好がいい。「おらぁ、蕎麦っ食いだからね。麻布の永坂まで喰いに行く」と言うのだが、その永坂更科と言う老舗は、旨いらしいが蕎麦の量が少なく値段が高いので有名。蜀山人も「更科のそば好けれど高稲荷 森を眺めて二度とこんこん」と狂歌に残している位だ。だから、時の数え方のトリックで一文誤魔化そうなんてケチな男が行きそうな店じゃないのだが、この江戸っ子の兄いなら行きそうに思わせる。だから、蕎麦屋も騙されるとも言えるなぁ。粋で結構な高座でした。

太神楽社中 壽獅子 (7分)
 仲入りの後は、正月らしい壽獅子。仙三郎社長と和楽社中の協同作業。高座の下手に薦かぶりにしつらえられた正月飾りも借景となり、縁起の良い出し物だった。最前列の下手にいらっしゃったお客さんが祝儀を渡し、獅子に頭を噛んでもらっていた。粋だなぁ。社中の中では、和助の笛の上手さが際立ってた印象。もちろん、寄席の吉右衛門の太鼓も結構。

柳家小袁治『女天下』 (15分)
 『かんしゃく』『堪忍袋』の作者でもある益田太郎冠者作の噺だが、私はこの人でしか聴いていない。と言っても、2009年の浜松町かもめ亭以来なので、すいぶん時間が経つ。
 その時とほぼ同じマクラ。先代の正蔵に楽屋で「男は自分のカカァをカミさんなんて言っちゃいけません。カカァ、愚妻です」と注意されたが、志ん朝師匠には「俺も同じように怒られた。でも、考えもんだよ。俺は自分のカミさんのいる前で他人に愚妻って言ったら、えらく叱られた」という逸話だ。
 棒手振りの金太、銀行員の山田さん、そして根津先生という三人が、そろいもそろって妻に頭があがらない、という設定で笑いを生む噺。もっと他の噺家さんがかけても良さそうだが、カミさんへの遠慮なのだろうか^^

春風亭一朝『湯屋番』 (14分)
 いいなぁ、この人のこういう噺。居候している若旦那が働き口として湯屋を紹介され、その番台での妄想がネタの中心となるが、一朝の若旦那には茶目っ気と江戸っ子の粋とが同居している。短いながらもしっかり会場を沸かして、さっと下がる。これも、江戸っ子の芸。

柳家はん治『ぼやき居酒屋』 (14分)
 定番の新幹線におけるヤクザとの遭遇、というマクラから十八番へ。昨年、大学の同期会の余興で演じて結構受けたのだが、はん治の高座に、まだまだ自分の芸が未熟だったことを悟った(当たりまえだ^^)。はん治の見た目は凄さを感じさせないのだが、十分に練り上げられた芸、実は周到な計算の上に立っていることを発見した思いだった。

林家正楽 紙切り (10分)
 誕生日ということで、出番直前に下座さんが「ハッピーバースデイ」を弾いていたようで、楽屋の笑い声が聞こえた。
 ご挨拶代わりの「羽根突き」リクエストで「節分を切る正楽さん」「東京五輪」「大黒様」を見事に披露。ここでも、獅子舞に祝儀を出したお客さんが「正楽さん」をリクエストし、誕生日祝いを渡していた。身内の方かなぁ。

柳家さん喬『妾馬』 (34分 *~21:03)
 代バネは、代わりにハネるという意味と説明。マクラでは楽屋のネタ帳に、文楽、小さん、正蔵などの名前を見つけると、前座時代からの時間を感じる、とのこと。文楽は兄さんと呼べる・・・正蔵は「コラ、正蔵!」と言える、三平は足蹴にする・・・は冗談、で会場が沸く。
 黒紋付で登場したので、ネタの予想が当たった本編は、少し短縮されてはいるが、兄弟子の代わりを務める気合いの入った高座。大家に八五郎が呼び出される場面から、最後は八五郎の都々逸に“ぎっちょんちょん”「さのさ節」のあと、「殿さん、どっかに飲みに行こうか」までをしっかり。


 主任小三治は休演だったが、この顔ぶれの良さである、今年の初寄席は、充実していた。ハズレのない寄席というのは、珍しい。
 帰宅し、「ごちそうさん」を見ながら飲み、途中で外で満月から一日経ったとは言え、見事な月を見て一服。その日の高座を振り返りながら酒もすすみ、少し歩きまわった一日だったので眠気が差した。ブログは翌日ということにして風呂に入り熟睡したのだった。やっぱり寄席はいい。
by kogotokoubei | 2014-01-18 09:56 | 寄席・落語会 | Comments(2)

落語のことを中心に、ときたま小言や独り言。


by 小言幸兵衛