人気ブログランキング |

噺の話

kogotokoub.exblog.jp
ブログトップ

芭蕉と金馬の命日に、こんなことを思った。

 今日11月8日は、旧暦の十月十二日。

 松尾芭蕉の命日。

 芭蕉は、寛永二十一(1644)年生まれで、 元禄七年十月十二日(1694年11月28日)に、満五十歳で旅立った。

 号に、風羅坊があり、これは、落語『金明竹』の後半、あの上方の男の道具づくしに登場する。

 この噺を十八番とした噺家として、三代目三遊亭金馬を外すことはできない。
 私が、仲間内の宴会で演じた『金明竹』は、金馬版である。

 実は、11月8日は、金馬の命日でもある。

 前の東京五輪が開催された昭和三十九年のこの日に、旅立っている。

 なんとも不思議な巡り合わせ。

 旧暦と新暦で、芭蕉と金馬が、今日、祥月命日なのだ。

 そして、私の中で、二人をつなぐのが、「風羅坊」の言葉。

 芭蕉の『笈の小文』の序に、風羅坊は登場する。

 『笈の小文』は、別名を『庚午 (こうご) 紀行』あるいは『大和紀行』、『卯辰 (うたつ) 紀行』と言われる。貞享四(1687) 年 十月に江戸を出発し、翌年四月までに各地を旅した紀行文だ。芭蕉生前は未定稿のまま門人の乙州に預けられ、没後15年を経た宝永六(1709)年、乙州により刊行された。

「序」の冒頭部分をご紹介。

百骸九竅(ひゃくがいきゅうけい)の中に物有り。かりに名付けて風羅坊(ふうらぼう)といふ。誠にうすものの風に破れやすからん事をいふにやあらむ。かれ狂句を好むこと久し。終(つひ)に生涯のはかりごととなす。ある時は倦(うん)で放擲(ほうてき)せん事を思ひ、ある時は進んで人に勝たむ事を誇り、是非胸中にたたかふて、是が為に身安からず。暫(しばら)く身を立てむ事を願へども、これが為にさへられ、暫(しばら)く学んで愚を暁(さとら)ん事を思へども、是が為に破られ、つひに無能無芸にして只(ただ)此の一筋に繋(つなが)る。西行の和歌に於ける、宗祇の連歌に於ける、雪舟の絵に於ける、利休が茶における、其の貫道(かんどう)する物は一(いつ)なり。


 さまざまなサイトで、現代語訳や朗読を確認することができるので、ここでは現代語訳は割愛。

 「風羅坊」についてのみ補足するが、「風羅」は風にひるがえる衣のこと。ひらひら、ふらふらして地に足がつかない様子を自分のことに置き換え、諧謔的に自らの号とした、と言えるだろう。

 ふと、デラシネという言葉を思い浮かべた。

 根無し草。

 そして、風羅坊。

 芭蕉、そして金馬。

 風羅・・・風にひるがえる衣のような、自由奔放さ、という点で共通しているように思える。

 二人は、外の世界、世間体などに頓着しない、自由人だったのだろう。

 二人の命日に、そんなことも考えていた。

Commented by at 2019-11-09 08:38 x
西行の和歌に於ける、宗祇の連歌に於ける、雪舟の絵に於ける、利休が茶における、其の貫道(かんどう)する物は一(いつ)なり。
これに「金馬の落語に於ける」を加えては?風雅、風狂は友とすべきですね。

Commented by kogotokoubei at 2019-11-09 09:03
>福さんへ

なるほど^^
新暦と旧暦とでこの二人の命日がある日に重なるなんて、偶然とはいえ、感ずるものがありました。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

by kogotokoubei | 2019-11-08 12:47 | 今日は何の日 | Comments(2)

落語のことを中心に、ときたま小言や独り言。


by 小言幸兵衛