人気ブログランキング |

噺の話

kogotokoub.exblog.jp
ブログトップ

柳家小満ん著『江戸東京落語散歩ー噺の細道を歩く』より(2)

e0337777_14592316.jpg

 さて、このシリーズの二回目。

 柳家小満んが「東京かわら版」で連載していた「噺の細道」が河出から書籍化されたのが、『江戸東京落語散歩ー噺の細道を歩く』。

 「東京かわら版」への連載が、平成十六年一月からの五年間。
 本は、十年前、平成二十一(2009)年の発行。

 第一回では六十の項目を含む目次をご紹介した。

 その最初は、「日本橋」。

 やはり、旅(?)の始まりは、ここからだろう。


一 日本橋

  道のりの総元締めは日本橋

 江戸時代、各街道には一里(約3.9キロメートル)ごとの一里塚があったが、その起点は日本橋である。現在の橋は石造の二連アーチで、明治四十四(1911)年に架けられたものだが、橋の中央には「日本国道路元標」があって、北は札幌、南は鹿児島までのキロ数が表示されている。「盃の殿様」のお国は「江戸よりおよそ三百里」ということであるが、はたしてどの辺であろうか。遠国から、江戸吉原の太夫へ盃を遣わせた、殿様の思いがいじらしい。


 本書にも写真が掲載されている、日本橋の「日本国道路元標(げんぴょう)」を、Wikipediaの「道路元標」から、拝借。
Wikipedia「道路元標」

e0337777_09553628.jpg


 「盃の殿様」の、江戸から三百里の地、ほぼ1200キロの場所はどこか。

 あの噺からは考えると、江戸から西にの地にある藩。
 ざっと距離計算をすると、日本橋から熊本城までが、ほぼ1200キロ。あのあたりと思って、噺を聴いている。

 小満んのこの噺は何度か聴いているし、喜多八の高座も懐かしい。

 さて、もう少しご紹介。

 江戸時代の日本橋は、幅四間三尺(約八メートル)、長さ二十八間(約五十メートル)で、欄干の柱頭には擬宝珠があったが、明暦三(1657)年の大火から安政二(1855)年の大地震まで、計九回も焼け落ちている。両国の江戸東京博物館には、檜造りの日本橋が半分だけ復元されているが、風雨に晒されていないのでちょっとよそよそしい。伊勢神宮の宇治橋の渡り心地と合わせて、日本橋を想像したことを思い出す。

  押送り日本と江戸の間に来る

 百万都市、江戸の魚河岸へは毎日数万尾からの魚が入荷したが、江戸前のものだけでは間に合わず、伊豆、相模、安房、上総、下総などからも、毎朝一斉に魚が届いた。船は江戸湾から大川へ、そして日本橋川に入り、江戸橋を潜って魚河岸へ着く。中でも威勢のいいのは、風を頼りにしない八丁櫓以上の櫓船で、これを押送船と言ったが、こうして運ばれた初鰹が高いのか当然であろう。

  初鰹むかでのよふな船に乗り

 現在の橋袂(たもと)には「日本橋魚市場発祥の地」の記念碑が乙姫像と共に建っているが、むろん往時の繁盛ぶりを偲ぶには物足りない。日本橋を貫く中央通りが江戸の通町で、道幅十間余(約十八メートル)だったというから、日本橋の橋幅から察しても広々と感じられたはずだ。

 幅四間三尺(約八メートル)の日本橋から、幅十間(約十八メートル)の中央通りに出たなら、たしかに、広々と感じたことだろう。

 この後は、こう続く。

 橋袂を右へ曲がり、江戸橋の交差点を少し行った処に、楊枝の「さるや」がある。宝永年間(1704~11)の創業で、都々逸付きの爪楊枝は色気があって楽しい。<大入>や<金千両>と書かれた楊枝箱も、景気がいい。職人技の変わり楊枝は額入りで飾られており、その何品かは商品化していた。記念に<鰻>と<櫂>を買う。江戸の歯ブラシ房楊枝も飾られていたが、これもぜひ噺の「明烏」のためにも商品化を、と願う次第である。
「・・・・・・、なにを言ってやがンでい、てめンとこなんざアもう、二度とフタタビ」
「おいおい、その房楊枝をどうにかおしよ、歯磨きがポロポロこぼれて汚ねえな、おい・・・・・・」
 甘納豆と共に、わが師八代目桂文楽十八番「明烏」の見せ場であった。
 こういう文章が、まさに小満んならでは。

 この楊枝の「さるや」は、今も営業している。
 ホームページのトップ画面に「ドラえもんコラボレーション」楊枝が紹介されているのが、なんとも可笑しい。
「日本橋さるや」ホームページ

 <大入>の楊枝箱を買って、小満んに差し入れしようかな^^

 本書では、このほかにも小網町から「宮戸川」、小網神社、別名、稲荷堀稲荷(とうかんぼりいなり)のことから「髪結新三」のことにも触れている。

 そこまで紹介すると、ほとんど引用することになってしまうので、日本橋からのご紹介、これにてお開き。

 さぁ、これからバイトに行かなきゃ^^
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

by kogotokoubei | 2019-10-09 14:27 | 落語の本 | Comments(0)

落語のことを中心に、ときたま小言や独り言。


by 小言幸兵衛