人気ブログランキング |

噺の話

kogotokoub.exblog.jp
ブログトップ

Dr.Johnを偲ぶ。

 Dr.Johnの訃報に接した。

 77歳。心臓発作だったようだ。
 
 70年代、好きなミュージシャンの一人だった。

 Wikipediaの「ドクター・ジョン」から引用。
Wikipedia「ドクター・ジョン」

ルイジアナ州ニューオーリンズ出身。1950年代からマック・レベナックの名でギタリストとして活動を始める。しかし1961年、フロリダ州のモーテルで友人のミュージシャンのロニー・バロンをかばって左手を撃たれ、薬指が不自由になりギタリストを断念。これを機にオルガン、ピアノを覚える。
その後ロサンゼルスへ渡り、作曲家などの活動を経て1967年に『グリ・グリ』でデビューする。濃厚なR&Bのセンスとニューオーリンズならではのブードゥー教文化を背景にしたサイケデリックな音楽性はキワモノ的なものであったが、収録曲「アイ・ウォーク・オン・ギルデッド・スプリンターズ」は、後にハンブル・パイやポール・ウェラーにカヴァーされた。1972年の『ガンボ』はニューオーリンズの古いポピュラー音楽を蘇らせた試みとして高い評価を受けた。同年には、ローリング・ストーンズ『メイン・ストリートのならず者』にバック・コーラスでゲスト参加。1973年の『イン・ザ・ライト・プレイス』からのシングル「ライト・プレイス・ロング・タイム」は、全米9位の成功を収め、同年にはコロムビア・レコードからジョン・P・ハモンド、マイク・ブルームフィールドとのコラボレーション・アルバム『三頭政治』がリリースされた。1976年11月25日にはザ・バンドの解散コンサートにゲスト参加し、その時の模様は、映画『ラスト・ワルツ』でも紹介された。

 ハリケーン被害に遭う前のニューオーリンズを訪れたことがあり、ガンボを食べた時、ドクター・ジョンのことを思い出した。

e0337777_16152710.jpg


 最初に聴いたのは、「ガンボ」の中の、♪スタッカ・リー、だったはず。
 高校時代の深夜放送だと思う。 


 「ラスト・ワルツ」での♪Such A Nightを聴きながら、彼を偲びたい。

 「イン・ザ・ライト・プレイス」に収められていた曲で、「こんな夜は盗みにもってこい、君をあいつから盗むんだ」、というような歌詞の、ドクター・ジョンらしいラブソング。



Commented by 彗風月 at 2019-06-07 15:34 x
Such a nightいいですよねー。小粋に跳ねるような感じの歌い方が魅力的です。曲の途中には管が入ったり、うすーくシンセの音が忍ばせてあったりするのですが、コーラスとかラストのピアノソロのあとに参入する崩れるようにバタバタとした音の塊がまた結構でした。あ、これThe Last Waltzを誉めてることになっちゃうなww。お疲れさまでした。
Commented by kogotokoubei at 2019-06-07 16:50
> 彗風月さんへ

The Last Waltzを誉めて、いいんです^^
アルバムのDisc1は、この曲の後に、
Night They Drove Old Dixie Down
Mystery Train - (with Paul Butterfield)
Mannish Boy - (with Muddy Waters)
そして、
Further On Up The Road - (with Eric Clapton)
と続きます。なんと、豪華な!
 ついでに、バックバンドの系譜で言うなら、ボス・スキャッグスがTOTOを、リンダ・ロンシュタットがイーグルスを、そして、ボブ・ディランがThe Bandを生み出しました。
つい嬉しくて長文、失礼。
Commented by 彗風月 at 2019-06-07 17:35 x
高校生の時、女の子とデートで見に行ったのがラストワルツですから、アタクシも相当以前からのスキモノですww。The WeightとかI Shall Be Releasedなんて、酔っぱらうとついカラオケで歌ってしまいますw。あの中ではニール・ヤングのHelplessも良いですね。
Commented by 生禿 at 2019-06-07 17:36 x
ご冥福をお祈りします。
Dr.John の“IKO IKO”は私の愛聴曲。
ブルージーだけどハッピー。いい感じです。
Commented by kogotokoubei at 2019-06-07 17:56
>彗風月さんへ

へぇ、デートでしたか。
The Bandのファンは、正統派ですよ^^
The Last Waltzの日、終演後に出演者の多くがサンフランシスコのジャパン・タウンにあるミヤコ・ホテルに泊ったようなのですが、私も約20年後、出張の際に泊まって、ついバーで飲みすぎました^^

Commented by kogotokoubei at 2019-06-07 17:59
>生禿さんへ

あら、珍しい方からもコメントが^^
以前、ご一緒した際は、あまり音楽の話はしなかったかもしれませんね。
そのうち、昔話とロックの話で一杯やりましょう!
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

by kogotokoubei | 2019-06-07 12:54 | ある人物 | Comments(6)

落語のことを中心に、ときたま小言や独り言。


by 小言幸兵衛