噺の話

kogotokoub.exblog.jp
ブログトップ

NHK新人落語大賞の結果、感想は放送を見てから。

 複数のメディアが、昨日行なわれた今年のNHK新人落語大賞の結果について報道している。

 本当は、結果を知らないまま11月4日の放送を観たかったのだが、これだけメディアが騒いでいると、そうもいかないなぁ。

 スポーツ報知から引用するが、結果を知りたくない方は、この先はお読みにならないよう願います。
スポーツ報知の該当記事

 若手落語家の登竜門として知られる「NHK新人落語大賞」の本選が22日、東京・渋谷の「NHKみんなの広場ふれあいホール」で行われ、3年連続4度目の本選出場となった桂三度(さんど・49)が大賞に輝いた。

 6人で行われた本選。三度は、採点で入船亭小辰(34)と同点となった後、5人の審査員の評価で3対2で上回る薄氷の大賞となった。「泣きそうです…。この賞を取れたら落語家としてやっとスタートに立てると思っていました。これからも精進します」。涙をこらえながら喜びを口にした。

 小辰に勝って欲しかった私としては、実に残念。

 放送を見て、自分なりの採点、感想を記したい。

[PR]
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

by kogotokoubei | 2018-10-23 08:29 | テレビの落語 | Comments(0)

落語のことを中心に、ときたま小言や独り言。


by 小言幸兵衛