噺の話

kogotokoub.exblog.jp
ブログトップ

小さな旅ー2018年同期会_長島温泉~伊勢志摩(2)

 さて、同期会の旅の記事、二回目。

 一泊目のホテル花水木について、少し。

 これがホテルの前にそびえる(?)、ある方の銅像。
e0337777_06241736.jpg


e0337777_06245021.png



 この方は、ナガシマリゾートを運営する長島観光開発の創業者の一人、大谷伊佐さん。
 同リゾートのホームページから、沿革の一部をご紹介。
ナガシマリゾートHPの該当ページ


昭和38年(1963)8月27日 温泉湧出

昭和38年(1963)12月7日 長島観光開発株式会社設立
※11月30日創立総会

昭和39年(1964)2月17日 地鎮祭
※3月中旬基礎工事着手~約8か月

昭和39年(1964)11月11日温泉 「グランスパー長島温泉」営業開始

昭和39年 (1964)12月12日「ホテルナガシマ」営業開始

昭和41年(1966)3月19日
遊園地 「ナガシマスパーランド」及び、 「ホテルナガシマ和風別館」営業開始

昭和45年(1970)3月1日「ホテル水郷」営業開始

昭和53年(1978)7月2日
遊園地 「ジャンボ海水プール」及び「コークスクリュー」営業開始

昭和53年(1978)10月28日
遊園地 「屋内アイススケートリンク」営業開始

昭和55年 (1980)3月1日
遊園地  「シャトルループ」営業開始

昭和57年 (1982)3月7日
遊園地  「ルーピングスター」及び「カフェテリア」営業開始

昭和60年 (1985)3月30日
遊園地 「ダブルジャンボバイキング」営業開始

昭和63年(1988)7月21日
遊園地 「ホテル花水木」営業開始

 昭和38年に温泉を掘り出したのが、大谷さん。

 二年前の中日新聞の記事で、現在の社長さんの対談記事があったが、このリゾート開発の背景についても書かれているので、引用したい。

中日新聞の該当記事


 天然ガスを採掘しようと掘り進めた井戸から突如、熱湯が噴き上げた。

 一九六三(昭和三十八)年夏。長島観光開発の創業者の一人、大谷伊佐(故人)が、数億円もの私財を投じた採掘事業は、長島町(現・桑名市)に、温泉という福音をもたらした。

 伊勢湾に注ぐ木曽三川の河口にある町は、輪中に囲まれた低地。五九年の伊勢湾台風では三百八十三人の住民が犠牲となり、町の振興は悲願だった。温泉が湧いたことで、長島町の開発計画は一気に進んだ。名古屋に近く、家族連れで楽しむレジャー用地としての魅力に中部経済連合会(中経連)も注目し、計画に加わっていた。

 会社設立時には、中部財界をはじめ、国内の大手企業の首脳や、県知事らが役員に名を連ねた。六四年十一月、円形大浴場や大ホールを備えた「グランスパー長島温泉」が開業すると、休日には一万三千人を超す客が押し寄せた。

 ということなのである。

 実は、四年前の同期会で、最初にホテル花水木に泊まった。

 11月だったので、「なばなの里」のイルミネーションがあり、なんとも素晴らしい夜の散策ができたことを思い出す。

e0337777_06480149.jpg

       *2014年11月の同期会における「なばなの里」のイルミネーション

 四年前、そして今年の幹事M君は、中日新聞の記事の言葉を借りると、まさに、中部財界の一員として重要な役割を果たしている。

 それ以上の個人情報は明かさないが、そのM君のおかげで、また長島温泉に来れた。

 その彼は、平日会社を休むことは難しく、昨日昼食をご馳走してくれた後、我々と別れ帰宅。ありがとね、M君!

e0337777_07074576.jpg

e0337777_07080212.png

e0337777_18430610.jpg



 これが、ご馳走していただいた、「なばなの里」のイタリアンレストラン「麦」の、ステーキと魚のメインディッシュと、デザート。

 メインの前にボリュームたっぷりのオマール海老のソースのパスタを食べている。美味しく満腹のランチでござんした。

 
 さて、一昨日、花水木でのこと。
 個室での夕食-VIPカラオケルームでサプライズ・バースデーパーティーの後、部屋に集まって三次会。

 恒例(?)の私の落語のことも、書いておかねば。

 ネタは『井戸の茶碗』と『真田小僧』。

 一席目の井戸は、昨年末、居残り会仲間の忘年会で、途中を端折った“なんちゃって落語”で披露し、今年5月のテニス仲間との旅行でも披露したので、ある程度こなれてきた。
 二席目は、居残り会のI女史に、「前座ネタや短いネタは、ほとんど演ってしまった」とこぼしたところ「真田小僧なんかいいんじゃない」と薦めてくれたのであった。Iさんからは「真田三代記の前でサゲてもいいじゃない」と助言も。
 しかし、せっかくなので、真田三代記までのフルバージョンで「薩摩に落ちた」でサゲ。

 同期で落語に詳しく、毎年厳しい批評をしてくれるTちゃんが、今回は褒めてくれたのだよ。ありがとね!

 では、そろそろ朝食時間なので、この記事は、こでお開き。

[PR]
Commented by saheizi-inokori at 2018-09-10 10:44
う~む、稽古だったのか。
Commented by 寿限無 at 2018-09-10 14:01 x
「真田小僧」を演られたのですね。
私もリクエストしておりましたよ!(5月15日の記事)
それにしても楽しい旅ですね。
Commented by kogotokoubei at 2018-09-10 17:42
>佐平次さん

今、帰宅途上、名古屋の新幹線の待合室です。
いえいえ、稽古じゃなかったんですよ。
あくまで、あの忘年会でやらせていただき、「できそうだな!」と思って、その後テニスの合宿、そして今回と選んだ次第でして。
あの時、皆さんの前の高座が、内容はともかく、ネタおろしですので・・・・・・。
Commented by kogotokoubei at 2018-09-10 17:44
>寿限無さんへ

そうでしたね。
大変、失礼しました。
本日最終日は、雨の伊勢参りになりましたが、なんとか無事に楽しい旅から帰ることができそうです。
実は、今日、近鉄伊勢市駅から電車で乗ろうとして、一時、雨で五十鈴川の水量が増えて電車が止まったのですよ。
すぐ再開し、名古屋駅に今おります。
旅の記録は、また続編を書かせていただきます。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

by kogotokoubei | 2018-09-10 07:09 | 小さな旅ー2018年同期会_長島温泉~伊 | Comments(4)

落語のことを中心に、ときたま小言や独り言。


by 小言幸兵衛