噺の話

kogotokoub.exblog.jp
ブログトップ

新宿末広亭 六月下席 夜の部 6月29日

 仲入りでコンビニで仕入れた助六(風)を食べ さて、夜の部。

 開口一番から、感想など。

柳家寿伴『真田小僧』 (10分 *16:45~)
 昨年一月、まだ関内ホール(小ホール)で開催されていた柳家小満んの会で、ロビーのモニターで『饅頭怖い』の後半を観ていたが、実質的には、初と言って良いだろう。
 なかなか個性的と言えるだろう。金坊が按摩さんの口真似を何度かして、父親は「真似はいいから」なんてやりとりは、少し笑えた。

柳家小はぜ『道灌』 (9分)
 まだ二十代なのだが、顔かたちも口調も、年齢不相応だなぁ^^
 とはいえ、可愛いい小僧さん、という印象もあるし、高座を含め、とにかく味のある噺家さんだ。
 
ダーク広和 奇術 (12分)
 十八番のヒモの芸。いい味だなぁ、いつものことだけど。
 この人の話芸、聴く度に磨かれている印象。

柳家一琴『目薬』 (14分)
 この人のこの噺も、十八番と言えるだろう。
 マクラ、小児科の先生のノリで産婦人科で産婦を診たら、というのは実演(?)を控えたが、演って欲しかった^^
 
柳家禽大夫『風呂敷』 (15分)
 意外にも、初。なんとも評しにくい。個性があるような、ないような・・・・・・。
 小三治門下、いろんな人がいるなぁ。

ホームラン 漫才 (15分)
 アドリブのようで、実に練り上げられた漫才、だと思う。たにしの芸の幅の広さを、相方の勘太郎が、巧妙に引き出す。
 昼の部のロケット団は、若さ、スピードが売り。ホームランのようなベテランは、間の可笑しさが絶妙。どちらも、好きだなぁ。

 ここで、二階席が開いた。

林家鉄平 漫談(「披露宴の司会?」) (13分)
 修業時代、とはいえ、落語の稽古はあまり行わず、結婚披露宴の司会をやっていた、ということでいくつか逸話を披露。あまり面白いとは、言えない。ネタやりましょうよ。

柳家さん八『長短』 (15分)
 寄席でのこの人の十八番の一つ、と言えるだろう。マクラの女房が外してあったさし歯を箸置きにしていた、というのはネタではなく、実話か^^

ペペ桜井 ギター漫談 (10分)
 あえて書くが、声も聴きづらくなってきたし、ギターの音も歯切れが悪くなってきた。しかし、昭和10年生まれ、十月で83歳になる芸人さんが復帰した姿を見ることができるだけで、私は嬉しい。

吉原朝馬『源平盛衰記』 (14分)
 昨年6月の居続けでも聴いているネタだが、あの時と感想は大きく変わらない。
 遊びの出来るネタにしては、それほど笑えない。そうそう、元素記号の覚え方、私のとは、違うなぁ^^

柳家小里ん『二階ぞめき』 (14分)
 この人が、仲入り。それでも、この短時間での高座。とはいえ、蛙の女郎買いのマクラもしっかり入れてこの噺。仕懸けが八橋だから懐かしい、なんてぇ科白、なかなか聴けない。
 毎夜吉原に行く若旦那、番頭が意見をすると、冷やかすのが好きなんだから、家に吉原があるなら出かけない、と言うので、腕のいい大工に二階に吉原らしきものを作らせる、という落語ならではの内容。見せ場、聴かせどころは、この若旦那の一人芝居。
 志ん生や演じながら、全部一人で演んなきゃならないから大変、などの一言でも笑わせる。小里ん、短いながら、好高座。こういう噺、大好きだ。

柳亭こみち『浪曲社長』 (13分)
 夜の部のクイツキはこの人。
 円歌による、なんとも古~いネタを演じてくれた。
 音源では聴いているが、生の高座でこの噺は、作者も含めてこれまで、機会がなかった。
 さすがに、クスグリのいくつかで「若いお客さんには、分からないぞ」なんて自虐的に言いながらも、なかなか楽しい高座。
 今年一月の池袋で『虱茶屋』を聴いているが、この人、いろんな噺に挑戦しているね。

柳家小菊 粋曲 (12分)
 「両国風景」ではなく「上げ潮」で締めたが、珍しいのではなかろうか。
 こみちの後に登場しても、やはり、寄席の彩りだ^^

五街道雲助『粗忽の釘』 (13分)
 上席の池袋と同じネタに遭遇。もちろん、楽しい高座なのだが、出来るものなら別のネタに出会いたかった^^

桂南喬『出来心』途中まで&師匠小南の思い出 (12分)
 膝前は、大好きなこの人。ネタを三分の一位進めたとことで、前座がネタ帳を持って出て来た。ネタがツイたようだ。ということは、私が入場する前になるなぁ。
 開口一番ではないだろうし、二ツ目でもなかろう。きく麿か文蔵の代演の燕路だろうか。
 南喬も、他のネタを急いで考えていたようだが、持ち時間を考え、前座時代の師匠先代桂小南の思い出を語ってくれた。
 真夏の地域落語会がハネたあとに喉が渇いたので、師匠に言われて自動販売機で飲物を買ったのだが・・・という二つの逸話の内容は、秘密。
 こういうハプニングも、寄席の楽しみだねぇ^^
 今年の特別賞候補として、朱色を付けておく。

鏡味仙三郎社中 太神楽 (12分)
 三人で登場。いつものように、膝代りの役割をしっかり果たす。
 居続けの身としては、流派は違うとはいえ、昼と夜、どちらにも太神楽があるのは、ちょっと残念^^

柳家小三治 マクラ&『小言念仏』 (28分 *~21:00)
 あまり体調が良くない、サッカーのせいで、と切り出す。
 なるほど、観てるんだね。
 ポーランド戦について、「最後は蹴鞠みたいになって」というのは、流石の形容だ^^
 楽屋でもサッカーの話題になっているようだ。いろいろサッカーの話題が続いたが、
 「やめましょう、この話」、というのが二度あっての約20分のマクラの後、約10分の本編へ。
 泥鰌が煮えたぎる鍋の中で腹を出して死んでいると聞いてからの、なんとも言えない微笑が、この噺の要諦かな。
 元気で何より、という高座。


 ほぼ八時間の、居続け。

 初めて聴く噺もあったし、小三治ほか、元気な姿を見るだけでも嬉しかった人も何人かいたなぁ。
 寄席に欠かせない中堅どころも充実し、歌奴や一之輔、こみちなどの元気な高座にも出会えた。

 尻は痛かったが、それだけのことは、あったかな^^

[PR]
Commented by 寿限無 at 2018-07-02 10:11 x
「小三治の夏」という印象がありますのは、夏に寄席や落語会にでる機会が多いと感じるせいでしょうか? 本人は冷房がお嫌いと言っておりますが……。
Commented by kogotokoubei at 2018-07-02 17:39
>寿限無さんへ

池袋八月上席の小三治、そして、かつての鈴本八月余一会の小三治が、夏の噺家という印象を強くしているのだと思います。
サッカーW杯も、冷房を入れずに観ているのかもしれませんね。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

by kogotokoubei | 2018-07-01 20:15 | 寄席・落語会 | Comments(2)

落語のことを中心に、ときたま小言や独り言。


by 小言幸兵衛