噺の話

kogotokoub.exblog.jp
ブログトップ

小咄を盛り込んだコラム、東京新聞の「筆洗」に共鳴。

 東京新聞のコラム「筆洗」の筆者は、たびたび落語を素材に楽しい記事を提供してくれるが、本日の内容も、なかなかの出来栄え。
 同新聞サイトより引用する。
東京新聞サイトの該当コラム

願いごとがあって、願をかけて三年間酒を断つことにした。しかし、やっぱりつらい。それで、その期間を六年間に延ばして、夜だけは飲んでもかまわないことにした。古い小噺(こばなし)である▼続きがある。夜だけにしてみたが、やっぱりつらい。そこで断酒の期間を十二年間にしてもらって毎日、朝晩飲んでいる-。まことに勝手な禁酒の方法で、これならば、何年でも続けることができる▼これとよく似た話を最近聞いたが、笑い話ではなく、どうやら真剣な話らしい。政府がカジノ解禁に関連して自民、公明両党に示したギャンブル依存症対策である。日本人客と日本に住む外国人については、カジノへの入場回数を週三回、月単位では十回程度に制限することを提案している▼カジノ通いも週三回ならば、依存症になる心配はないとでも言うおつもりか。このあたり夜だけ飲んでの「禁酒」と同じで、カジノを導入したい政府の示した甘い規制案では依存症対策になるまい

 後半はサイトでご確認のほどを。

 なかなか、適切な比喩として落語の小咄を使っていると思う。

 ギャンブル依存症については、かつてスポーツ選手のギャンブルに関わる問題で書いたことがある。
2016年4月12日のブログ

 その記事の中で、精神科医で作家でもある帚木蓬生さんが雑誌「週刊ポスト」に書いた内容を紹介したが、再度、引用したい。
NEWSポスト・セブンの該当記事
 ギャンブル依存は本人の性格でも自己責任でもなく、「脳内の報酬系神経伝達物質ドパミンが異常分泌する精神疾患であり、病気。ピクルスが胡瓜、たくわんが大根には戻れないように、本人の意志ではどうにもなりません」と、作家で精神科医の帚木蓬生(ははきぎ・ほうせい)氏は言う。

 その実態を広く訴えたのが、『ギャンブル依存とたたかう』(2004年)や『やめられない』(2010年)だとすれば、本書『ギャンブル依存国家・日本』の主語は国や社会。つまり日本では患者以前に社会そのものがギャンブルなしでは生きられない、またはそう思い込む、依存体質に陥っているというのだ。
 “社会そのものがギャンブルなしては生きられない”という依存体質に陥っていないか、という問題提起は、実に重要だ。

 二年前の記事では引用しなかった部分を紹介したい。

「何しろパチンコ、スロットの管轄は各都道府県の警察と公安委員会で、全日本遊技事業協同組合や日本遊技機工業組合等々も含めて、彼らの大事な天下り先というのが日本の現状です!」
 また競馬は農水省、競艇は国交省、競輪は経産省の管轄にあり、中には赤字に陥った公営競技場を閉鎖する予算が確保できないことを理由に放置、各自治体の財政をかえって圧迫している例も多い。そうまでしてギャンブルをやめたくない日本では、東京オリンピックを睨んで新たなスポーツ振興くじの導入も検討され、〈これが文科省の仕事か〉と、帚木氏は筆を荒らげる。

「そんな発想を役人がすること自体、日本が依存体質から抜け出せない証。もはや〈人権侵害〉という視点を我々は持った方がいい」

 ギャンブル依存症の対策をするどころか、国そのものが、どっぷりとギャンブル依存体質にはまっている、ということが問題である。

 従来、野球やバドミントン、そして、相撲などの世界でギャンブルによる問題が起こると、ほとんどのメディアは、本人の責任やら所属する組織の管理不行き届きなどを中心に論じていて、ギャンブル依存症という視点がほぼ欠落していた。

 当事者の問題はあるし、組織の管理面の問題は、もちろん存在する。

 しかし、病気という認識の元に、病根をいかに絶つかという論議にまで発展させることが必要だと思う。

 そういう意味で、小咄を巧みに盛り込んだ味のあるコラムだった。

 もし、ギャンブル依存症という病気であるという視点を持たないならば、紹介した小噺に似たような、本質を離れた、笑い話のような処方しか思い浮かばないことになろう。

 それは、ギャンブル依存体質の役人や政治家による妄想であり、欺瞞でしかない。
 帚木蓬生さんが指摘する「人権侵害」という視点を持った議論が求められる。

 引用された小咄は、笑ってばかりはいられない、人間の弱さの本質に迫る。
 アハハ、と笑ってしまった後、『壺算』のように、その内容がなぜおかしいのか、つい考えさせる上質なアイロニーを含んでいる。

 落語の持つ魅力は、こういうところにもある、と思う。

 落語好きと思しきコラムニストによる今日の「筆洗」、大いに共鳴できた。

[PR]
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

by kogotokoubei | 2018-02-19 21:54 | メディアでの落語 | Comments(0)

落語のことを中心に、ときたま小言や独り言。


by 小言幸兵衛