人気ブログランキング |

噺の話

kogotokoub.exblog.jp
ブログトップ

余計なおせっかいながら、旧暦の七夕は8月2日です。

今週の土曜、8月2日は、旧暦の7月7日で七夕。
 私が度々お世話になる「六曜・月齢・旧暦カレンダー」でご確認のほどを。
六曜・月齢・旧暦カレンダー
 
 西日本では曇りや雨の予報もあるようだが、中部から以東では概ね星が見えそうだ。上弦に近い(半月の)月齢なので、ほどよく星も見えるというわけだ。

 以前にも紹介したことがあるが、『旧暦はくらしの羅針盤』(小林弦彦著、NHK生活人新書)から引用。
 第3章「旧暦で本当の季節感を取り戻そう」から。
小林弦彦著『旧暦はくらしの羅針盤』

七夕
旧暦七月七日は七夕で、五節供の第四番目です。夏祭のシーズンも終わり、秋風を少し感じる頃に「七夕」がやってきます。澄み渡る夜空には、七日目の半月が輝いています。半月の明るさは満月の十二分の一です。ですから、天の川も牽牛と織姫星が、きれいに見えるのです。夜のロマンです。七夕飾りの笹には、色紙や短冊などが吊るされました。商家では、それらの他に商売繁盛を願って大福帳なども吊るしたそうです。

<ここがヘン!>雨に祟られデートもままならぬ牽牛と織姫
 旧暦時代の七夕は、夢とロマンの行事でした。現在の七夕も、旧暦時代を真似て笹に短冊を結びつけて、子どもには願いごとを書かせたりしていますが、背景が違います。
 まず秋でないこと。梅雨が終わっていないこと。お月様が半月かどうか分からないこと。
 もしも幸いに晴れていても、満月ならば、星は見えません。いずれにしても、子どもをがっかりさせる七夕になっています。もっとがっかりしているのが、牽牛と織姫でしょう。
 仙台が八月に七夕祭を行うのは、旧暦に季節を近づけようと、努力しているからです。
 俳句の季語では「七夕」は秋になっています。旧暦七月の異称は、文月です。芭蕉の『おくのほそ道』に「文月や六日も常の夜には似ず」と、七夕の前夜に詠んだ句があります。また、「荒海や佐渡によこたふ天河」と七夕を詠んだ句もあります。与謝蕪村(1716~84年)のロマンあふれた句もあります。「戀(こい)さまざま願の絲(いと)も白きより」



e0337777_11125348.jpg

(「伝統的七夕ライトダウン2014推進委員会」のサイトより借用)

 国立天文台などは、「伝統的七夕ライトダウン」という行事を行っており、石垣島で「南の島の星まつり」も行われる。

 「伝統的七夕ライトダウン2014推進委員会」のサイトをご確認いただき、ぜひ、今週末の夜、家の明りを消して、星を眺めようではないか。「伝統的七夕ライトダウン2014推進委員会」のサイト

 もちろん、節電にもなるよね。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

by kogotokoubei | 2014-07-29 19:52 | 旧暦 | Comments(0)

落語のことを中心に、ときたま小言や独り言。


by 小言幸兵衛