噺の話

kogotokoub.exblog.jp
ブログトップ

二・二六事件で思う、五代目柳家小さんが語らなかった戦争のこと。

 1月28日のNHK「ファミリーヒストリー」が、五代目柳家小さんのことを辿った映像を孫の花緑が見る、という内容だったことは、八代目林家正蔵のことを書いた時に紹介した。
2013年1月29日のブログ

 あの番組を観たからではないが、2月26日と言うと、やはり五代目小さんのことを連想する。

 77年前、昭和11年の2月26日は東京は雪が降った。その雪の中、歩兵第三連隊に所属する小林盛夫、前座名の栗之助は、上官の命じるままに警視庁を占領する反乱軍の一人となった。

 四代目小さんに入門して、三年目、陸軍に入隊してたった一か月後のことである。
 
 占領から二日たった2月28日には食糧が届かなくなり、天皇の命令により鎮圧部隊が派遣された。反乱軍の汚名を着せられ、沈鬱なムードになる中で、上官が小さんに落語をやるように命令した。小さんは『子ほめ』を演じたが、誰も笑わなかった。「面白くないぞッ!」のヤジに、「そりゃそうです。演っているほうだって、ちっとも面白くないんだから。」と答えたと伝えられている。

 翌29日の朝に投降勧告を受け、事件は収束する。2月29日に、ラジオで「兵に告ぐ」が放送され、空からは投降を呼びかける下の伝単(ビラ)が撒布された。Wikipedia「二・二六事件」
e0337777_11095100.jpg


「今カラデモ遅クナイカラ原隊ヘ帰レ」と「抵抗スル者ハ全部逆賊デアルカラ射殺スル」の二つの命令と、最後の
「オ前達ノ父母兄弟ハ國賊トナルノデ皆泣イテオルゾ」という泣き落とし的な言葉との落差があって、微妙な違和感がある。果たして、小さんは、このビラを読んだのだろうか。

 ひとまず事件は収束するのだが、小さんが所属した歩兵第三連隊は反乱軍の汚名の元、同年5月には満洲送りになった。非常に厳しい生活の中、小さんは「つらい時こそ、笑いが希望になる」と考え落語を披露したようだ。とは言え、満州時代の詳しい話は、あまり語られていないように思う。小さんの連隊は、前線での切り込み部隊とも言われており、生存率は高くなかったらしい。数多くの戦友を失ったと察する。一歩間違えば、人間国宝小さんも存在しなかったかもしれない。
 戦争体験者に共通する忸怩たる思いが、「無言」を強いているのだろう。死に直面した者にしか分からない深い思いが、戦争を饒舌に語ることを思いとどまらせているのか。

 三年後昭和14年、満州から小さんは東京に帰る。落語界に復帰し、前座から二ツ目に昇進、結婚して子どもが産まれる。
 しかし、昭和19年に再び徴兵され、仏領インドシナに赴く。そして、終戦を迎えるが、今のベトナム南部ダナンで捕虜としての生活を経験する。収容所でも落語を披露したらしい。しかし、落語以外の収容所時代のことは、あまり語られていないのではなかろうか。やはり、饒舌にさせない重い体験があるのだろう。

 昭和21年5月に日本に帰国。昭和22年に真打ちに昇進。昭和25年、八代目文楽の後ろ盾で五代目小さんを襲名。その後の活躍は、ご存知の通り。

 満州でも、ベトナムでの捕虜時代も、たしかに落語は披露したのだろう。それは、昭和11年2月28日に警視庁で演じた『子ほめ』よりは、少なくとも聴く者に笑う心の余裕はあっただろうが、戦後の日常とは、まったく違う環境であったのは間違いなかろう。

 そして、小さんは戦後、戦中の苦労を語ることより、平和な日常の中で落語をすることのできる幸福を噛みしめていたのだと思う。大正生まれで、落語界で最初に人間国宝になった小林盛夫という一人の男の人生には、語られなかった戦争体験という「暗」の部分、それは水面下に隠れた氷山のように大きい分だけ、高座やテレビなどでお目にかかった「明」の部分が、輝いていたのかもしれない。

 三年前にNHKでの“わらわし隊”特集を取り上げ、小島貞二さんの本からの引用や、同番組内で森光子さん、玉川スミさん、そして喜味こいしさんが当時を思い出して語っていたことを書いたことがある。
2010年8月11日のブログ

 その記事から数日後には同じ小島貞二さんの本から、「バシー海峡」のことなど、小島さんの戦争体験のことを紹介した。
2010年8月17日のブログ

 NHK戦争特集に登場したお三方も小島さんも、鬼籍に入られてしまった。戦争の語り部は年々減っていく。そして、小さんを含め、多くの戦争の犠牲者が、語ること少なく旅立って行くことを考えると、残された日本人は、相当強い意識をもって、そして想像力を目いっぱいめぐらして、語られなかった戦争のこと、ヒロシマ、ナガサキのことを記憶にとどめるべく努めるのが義務ではなかろうか。
 そして、それはたった二年前の大震災とフクシマについても、言えることだ。「景気の悪い話」や「居心地の悪いネタ」を避けようとする心情が、未だに復興途上にいる日本の実態を直視することを避けようとさせている。しかし、震災もフクシマも紛れもない歴史であり、いまだその被害に遭われた同じ日本人が故郷を失ったまま、寒空の下で耐乏生活を続けていることを忘れてはならないだろう。

 アベノミクスなとどいう新たな“バブル”のお祭り騒ぎを楽しもうと煽るマスコミが、その裏で大事な事実を隠そうとしていることを見逃してはならないだろう。真剣に脱原発による再生可能なエネルギー政策や、廃炉に向けた行動計画を検討することから逃げてばかりいては、結局、そのツケを子供達に残すだけである。敗戦の苦労から血と汗と涙を流しながら先人たちの努力でここまで復興した日本。そういった事実を忘れずに、今日の日本人は震災とフクシマからの復興の道筋を立てることが使命ではなかろうか。

 二・二六事件とは少し飛躍してきたが、歴史から目をそむけないという思いから、ついこんなことを考えていた。
[PR]
Commented by YOO at 2013-02-27 00:19 x
まったく同感です。最近つくづく現在の日本のマスコミはただの洗脳機構だと感じております。小さん師匠の経験された忌まわしい時代を再現させないようにしたいものです。

Commented by 小言幸兵衛 at 2013-02-27 09:40 x
お久しぶりです。
小さんにも、いろいろ語りたいことはあったはずですが、口を開こうとする度に、その言葉を押し戻す複雑な思いが去来したと思います。それは、戦争体験者に共通するものでしょう。
「臭いものにフタ」という感覚で戦争や震災、フクシマのことを扱うようになることが、非常に怖い。
今日のマスコミは、まさにそういった感覚で日々のニュースを選択しているようですが、そういった欺瞞を見逃さない視点が必要なのだと思います。耳障りの良いニュースにこそ、注意すべきでしょうね。

名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

by kogotokoubei | 2013-02-26 19:25 | 今日は何の日 | Comments(2)

落語のことを中心に、ときたま小言や独り言。


by 小言幸兵衛