人気ブログランキング |

噺の話

kogotokoub.exblog.jp
ブログトップ

東京音協が、明日二つの落語会を開催しようとしていることについて。

東京音協は、主催する明日3月17日の二つの落語会(立川志らく・銀座ブロッサム、落語睦会・国立演芸場)について、3月16日の18:00時点まで、開催するつもりでいる。東京音協のサイトには次のように案内されている。東京音協 Web Site! 最新情報

3/17(木)「立川志らく独演会」(銀座ブロッサム)「落語睦会」(国立演芸場)は 、予定通り開催する予定です。交通機関等ご確認の上、お気をつけてご来場ください。
なお、本公演の収益の一部を《東北関東大震災 義援金》として、寄付させて頂きます。


 この東京音協のサイトには、この組織の説明として、こう書いている。

音協は企業と文化の橋渡し 心に感動、豊かな人づくり

株式会社東京音協の前身であります「東京音楽文化協会(東京音協)」は、社団法人日本経済団体連合会(日本経団連)や日本商工会議所(日商)など産業界の支援、協力を得て設立された産業界の文化活動推進団体であり、昭和38年に発足いたしました。職場で働く人たちに健全で良質なスポーツ、レクリエーション、音楽、演劇、映画などさまざまな催物を安価に提供することにより、心身の健康や明るい潤いのある職場づくりと豊かな地域社会の発展を目指して、活発な活動を展開しております。

近年、経費削減と成果主義追及の中で社内親睦会、社員旅行、運動会、社内勉強会などが廃止され、結果としてコミュニケーション下手の社員が増加し、その結果連携が取れず社内が分断されるような事象が多数報告されております。これら社内コミュニケーション不足の解消のためにも、東京音協の各種催物や公演が多いに役立つものと確信しております。

変化し続ける時代にあっても、経済的な豊かさと精神的な豊かさの双方をバランスよく、さらに高いレベルに引き上げることが今後の重要な責務であり、東京音協が提供する文化芸術活動事業は“心の豊かさ”“豊かな感性・発想力”を満たすために、そして、さらなる企業の結束力を高めるために大きな役割を担っております。
東京音協の趣旨、活動にご賛同をいただき、より多くの企業や個人の方が、ご入会くださいますようお願いいたします。


 私は明日の「睦会」のチケットを持っている。もちろん3/11以前には、楽しみにしていた会だ。しかし、明日開催されても、私は行かない。

 考え方はいろいろあるだろう。こういった状況だからこそ、レクリエーションとして開催する、ということなのかもしれない。おまけに、「義援金寄付」という新たな名目もついた。
 あるいは、中止による払い戻しなどの事務手続きを嫌っての開催なのか、その他の理由なのかは分からない。

 産業界の支援を得て産業界の人々への文化活動を支援する、ということ自体は誠に結構なことだろう。
 しかし、私は、その産業界の中核を担う企業の多くが、今日16日の都内への通勤を禁止し自宅待機にしたことを知っている。その企業の中には、明日17日には出社可、とする会社もあるかもしれない。しかし、自宅待機を命じたリスクが消え去ったわけではない。

 菅首相が「不要不急の外出をしないように」と呼びかけているのである。私はもちろん落語は大好きだ。しかし、生活環境が良好で、心身ともになんとか健康であってこそ初めて娯楽として楽しめるのであって、とても必要で急を要するものとは考えない。首都圏を含めて幅広い地域において、停電や電車の運休、そして原発災害による予断を許さない状況下にある。特に、日中の人口が超過密な東京でのリスクは大きい。

 東京音協がこの二つの落語会を開催することに、強く不快の念を持つ。演ずる噺家も、そして客だって楽しめるとは思えないのだ。「経済的な豊かさと精神的な豊かさの双方をバランスよく、さらに高いレベルに引き上げることが今後の重要な責務」と訴えているが、さて今の状況がどういったバランスとレベルにあると考えているのだろう。

 結果として中止するのかもしれないが、前日のこの時間まで開催するつもりであること自体、私のこの組織への不信感は拭えない。
 ただし、こういう状況でもこの会に行かれる方を非難しているわけではないので、誤解なきように願いたい。あくまで、主催者への小言である。本当は中止にして欲しいが、開催されるのなら行く、という方も多かろう。仕事や勤務地、住居の場所など人によって状況は違うのは百も承知。一日でも早く、心から落語会を楽しめる日が来ることを祈るばかりである。
Commented by 創塁パパ at 2011-03-16 21:38 x
この状況では、私も落語会はパスです。そして明日から私は正式に自宅待機です。サーバーの復旧も
ありますして仕事が家で出来ます。落語会の件開催はいろいろな判断ですが
今は大衆の面前で笑っていられる気分ではありません。
家での団欒が唯一の生きがいです。

Commented by 小言幸兵衛 at 2011-03-16 21:52 x
人それぞれ、いろんな事情はあると思いますが、今の日本がつきつけられた状況にどう自分は協力できるのか、そして、この状況で落語を楽しめるのか、ということですよね。
東京音協の主催落語会には、しばらく行くことはないでしょう。

Commented by mico at 2011-03-17 09:59 x
今、「娯楽は不謹慎だ」という動きと、それに対する「自粛とかしてないで笑って経済回そう!」みたいな動きのどちらかに属さなきゃいけないみたいな雰囲気を感じます。
どっちでもないんだよ、というもやもやが、幸兵衛さんの記事を拝読して、すっきりしました!ありがとうございます。

開催している落語会に行った方のブログなんかをみると、感謝の気持ちが書いてあって、確かにその人は楽しめて、無事に帰宅して、ありがとうという気持ちになっていらっしゃるんだと思うのですが、実は私、小さな会を土曜に企画してまして、その開催を考えたときに一番悩んだのは「安全面」でした。
出演者さまとお客さまの安全を、私は保障できません。政府からの呼びかけも、聞こえないふりはできません。

というかぶっちゃけ、せめて払い戻しには応じるべきなんじゃないかなと思います。

このコメントを書き込むのに少し時間がかかったのは、明日の一之輔の会には行く予定だからです!
こっそり行こうかとも思ったのですが笑。行って、正直な感想を書きたいと思ってます。

Commented by 小言幸兵衛 at 2011-03-17 12:00 x
本当に悩ましいですね。
行くか行かないかというのは、さまざまな関係を考慮してで判断することになるでしょう。
もし行かれる場合は、安全面の問題、不測の事態への対処方など、精神面とともに何らかの準備をして外出されるほうがいいと思いますよ。近くなのであれば、自転車で行く、とかね。

ご報告ブログ、ある意味で興味深くお待ちしています。

Commented by 落語初心者 at 2011-03-17 21:07 x
今日の大停電、被災者のために、社会のために、公演をキャンセルをして、少しでも電力をセーブしただどうなんだろう?と思います。今日の独演会のチケットを持っていましたが行くのをやめました。われわれが今できることは、被災者、電力が届かなくて困っている方々への協力、省電力を心がけることだと思います。
何が最優先なのか、今、人命をどう救うかを考えることが先決かと。
東京音協主催の公演は以降いくことはないと思います。

Commented by 小言幸兵衛 at 2011-03-17 21:22 x
お立寄りありがとうございます。
なかなかユニークなハンドルネームですが、今後もコメントをいただけるのであれば、別な名前でお願いします(笑)
落語に初心者もベテランもない、と思いますので。
非常に難しい状況なのですが、もし私が主催する側にいたら、さまざまな要因を考慮して中止するだろう、と思って書いた内容です。
人それぞれに、例えば開催場所と自宅の距離や、不測の事態への対処能力の違いもあるので一概には言えませんが、やはり東京音協の対応は褒められませんね。
今後も気軽にお立寄りいただき、何なりとコメントを送ってください。

Commented by 甘木 at 2011-03-21 17:43 x
だいぶ日が経ってしまいましたが(^^)。
あの日は私もチケットを持っていましたが、何で改めて別な日に
振替えてくれないのかなと思いました。
あの日は大規模停電の恐れありとの事で、経産相も節電と早めの
帰宅を呼び掛けてましたね。
私は残業で二日続けて会社に泊まってましたので[絵文字:e-259]、
元々行くのはムリだったのですが。
実はその前の週、自分が取れなかった小満ん師匠の会の腹いせに、
翌日の雀々・塩鯛の会のチケットを買ったのですが、八度五分の
熱が出て行けず、結局、前回今度と東京音協の公演では七千円
ばかり損をした計算で、私も元々縁が無いのだなと思ってこちらが
主催する落語会にはしばらく行かないでしょうねぇ(笑)。

Commented by 小言幸兵衛 at 2011-03-21 18:18 x
コメントありがとうございます。
海江田大臣の節電の呼びかけは当日の午後だったと思うのですが、主催者として、前日までには中止決定をすべきだったと思います。
「予断を許さない」という状況についての認識がまったく甘いと思います。
あの会に行ったがために何らかの事故や帰宅難民などになった場合、どう対応するつもりだったのか、その了見を疑いますね。まぁ、何の補償もする気がなくて、結果オーライのみを期待しての開催だったのでしょう。
困ったものです。

Commented by at 2011-03-24 19:55 x
おっしゃる通りだと思っています。
落語ではありませんが、
私は3月29日に行う、NHKのモノランモノランのファミリーステージのチケットを持っているのですが、事情があるにも関わらず返金に応じてくれません。
大人はともかく、毎日余震で怖がっている乳幼児を連れていくことは、危険であるし、リスクが大きいと言ってもそれは、、個別事情の一点張り。
計画停電外エリアだから大丈夫。電車も動いている。この二つの理由のみ。
正直、、頭悪いな~と思ったので、
やんわり論破してやったら何も話さなくなりました。
野球でさえ延期する話をしても、全く別物とのこと。
しかし、ひどい会社ですよね。
応対している社員の人間性も最悪だし、このような時に強行する意思決定をしている方々は余程、無能な、最低人間なんでしょうね。
名前も聞いたし、電話での会話も録音したものもあるので、友人に新聞記者の方がいるので、このようなひどいことをする会社を取り上げてもらおうと思っています。
二度とこのような会社は使わないようにしましょう!

Commented by 小言幸兵衛 at 2011-03-24 20:57 x
お名前を書き忘れられたのかもしれませんが、コメントありがとうございます。
落語以外にもいろいろ主催しているんですよね、東京音協は。
ちょっと困った会社ですね。
今後もウォッチしたいと思います。

名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

by kogotokoubei | 2011-03-16 17:08 | 責任者出て来い! | Comments(10)

落語のことを中心に、ときたま小言や独り言。


by 小言幸兵衛