噺の話

kogotokoub.exblog.jp
ブログトップ

四代目古今亭志ん生

今日1月29日は、四代目古今亭志ん生の命日である。彦六の八代目林家正蔵の命日でもあるが、今日は四代目、鶴本の志ん生について書きたい。
 明治10(1877)年4月4日生まれで、大正15(1926)年の1月29日没。本名鶴本勝太郎、それで「鶴本の志ん生」。
 師匠と名前は次のような変遷をたどる。(Wikipediaなどより)
・2代目古今亭今輔門下で、1890年頃今の助(今之助)を名乗ったと推定
・1896年、むかし屋今松と改名
・師匠今輔死後は兄弟子の5代目雷門助六(後の3代目古今亭志ん生)門に移り雷門小助六
・1910年古今亭志ん馬で真打
・1912年に6代目金原亭馬生を襲名
*既に大阪で5代目馬生(本名宮島市太郎)がいたので、名古屋以西では名乗らないと言う条件付であった。よって鶴本の馬生を6代目として数える。
・1919年頃、大阪の5代目馬生が東京に出演する事になったので、紛糾の末、大阪の方を赤色、東京の方を黒色でビラの字で区別する事になったため、「黒馬生」と呼ばれた。
・1924年10月、4代目古今亭志ん生を襲名

 この人は、初代柳家小せん(「めくらの小せん」)、三代目蝶花楼馬楽(「弥太っぺ馬楽」「狂馬楽」)と仲が良く、三人で暮らしていたことがある。興津要さんの『落語家-いま、むかし』(旺文社文庫)に「三羽烏売り出す」として、次のようにある。
*この本を含め、旺文社文庫で発行された興津要さんの三冊の本から、昭和の噺家さんのみを選んで編集し『忘れえぬ落語家たち』として河出文庫から発行されているが、もちろん、鶴本の志ん生を含め明治・大正の噺家は含まれていない。

 明治三十八年に発足した落語研究会が、補助出演者を廃止したために若手落語家が浮かびあがった。とくに蝶花楼馬楽、柳家小せん、雷門小助六(古今亭志ん馬から四代目志ん生)の三人が、にわかに注目された。
 三人は、功利的な新時代になじめず、江戸っ子風の反俗精神に生きていたことから、明治末期の都会的耽美派文学流行の風潮のなかで、その洒脱な芸が歓迎された。
 (中 略)
 三人は、吉野町(現東京都台東区東浅草一丁目辺)に、ちいさな家を借りて同居していたが、裏に池があるので、夏は蚊がひどかった。
 なけなしの金を出しあって古蚊帳を買うことになり、馬楽が買いに出たが、蚊帳のかわりに『三国志』を買って戻って来た。
「ばか野郎、本で寝られるか!!」
 と、ふたりが怒ると、
「蚊に食われなけりゃあいいんだろう」
 と言った馬楽は、『三国志』を読みながら、一晩中、ふたりをあおいでいた。
 蚊帳のかわりの読書なのだから、江戸戯作や斎藤緑雨を愛読した小せんも、趣を同じくする志ん馬も納得したのだった。
 こんな脱俗的な生きかたが、新時代についてゆけぬ人たちの共感を得ていた。
 それは<古き佳き日>への郷愁でもあった。


 五代目志ん生を描いた結城昌治さんの『志ん生一代』では、次のように登場する。当時小円朝門下で円菊を名乗っていた五代目志ん生は、師匠から預かった羽織を酒代にしてしまっていた。仲のいいい稲蔵は金原亭馬生となっていた四代目の門下で馬好と名乗っていたが、その二人の会話である。結城昌治『志ん生一代』

「小円朝さんに謝っても、許してくれねえのか」
「いや、まだ謝ってねえんだ」
「どうして」
「飲み代のかたに羽織を取られたなんて言えやしねえ。それから二十日も経ってるんだ」
「それじゃどうにもならねえじゃねえか。じきに正月がくるってえのに、干上がっちまうぜ」
「鶴本さんに頼めねえかな」
 馬生の本名が鶴本勝太郎、のちの四代目志ん生である。江戸前の、いかにも芸人らしい粋な落語家で、節をつけて唄っているような口調に人気があった。きれいな声で唄もうまくて、三味線もひけるという芸達者である。円喬とはまったく違う芸風だが、円菊がうまいと思っている落語家の一人だった。とくに廓ばなしがうまい。
「そうだな、うちの師匠なら厭とは言わない。頼っていけば大抵引き取ってくれる。ずぼらなところが孝ちゃんに似てるけどな」
 馬好は師匠に話してみると言った。


 友人馬好の言うとおり、馬生は円菊を引き取って、美濃部孝蔵は円菊あらため金原亭馬之助になった。
 この本から、四代目が亡くなった時の文章も引用したい。

 病気は胃潰瘍である。四代目志ん生を襲名してから、わずか一年と二か月余しか経っていなかった。
「円右の没後、純粋の江戸前の話をする人はこの志ん生たった一人でした・・・・・・」
 と三語楼が新聞記者に語っているが、廓ばなしが得意で、孝蔵にとっては二人目の師匠だった。孝蔵はこの師匠から「二階ぞめき」「あくび指南」などを教わっている。



 この文を読んでで思い出すのは、彦六の正蔵である。正蔵で30年、彦六ではたった1年である。正蔵の前の五代目蝶花楼馬楽だって、22年間も名乗っていた。この二人、命日も一緒なら、改名して1年ほどで亡くなったという共通点もある。八代目の正蔵については、そのうち何か書きたいと思っている。九代目しか知らない若い人も増えてきたからね。
 
 さて、興津さんが“三羽烏”と称した三人のことを、小島貞二さんは『高座奇人伝』(ちくま文庫)で、次のように書いている。小島貞二『高座奇人伝』
 

 弥太さんの“弥太っぺ馬楽”と、巳之さんの“モリョリョン文楽”がお神酒徳利といわれたように、鶴本勝太郎の“鶴本の志ん生”と、鈴木万次郎の“めくらの小せん”と弥太さんは、五徳の足とうたわれた。火鉢の灰の中に埋めて、鉄びんをのせる五徳の足は、三本が相場である。みんな、弥太さんにヒケを取らない珍談、奇行を持つ。


 ちなみに巳之さんとは五代目の文楽。さぁ、この“五徳の足”が吉原に繰り出す。
 

 くりこんだのは吉原の成八幡。弥太さんには紅葉、勝ちゃんには霞、万ちゃんには小稲という妓がそれぞれついた。そのあくる日、寄席の楽屋で顔を合わせた三人は、
「どうだい、今夜も・・・・・・」
「うん、そうしよう」
 と、これまた話がまとまって成八幡へ。
「かけつけ三杯てえ言葉もあるほどだ。二杯でやめとく手はねえだろう」
「それも、そうだな」
 と、勝手な理屈をつけて、そのあくる晩も、三人は成八幡へ。
「わるいけど、今夜も、オレは行くよ。女が、オレが来ねえと、死んじまうというんだから、しょうがねえやな」
「オレだって、同じことよ」
 意地の張り合いで、またあくる晩も、その次の晩も・・・・・・と重ねて、気のついたときは連続十三日間という記録をつくっていた。
 さすがに三人とも、体力も金も底をついている。その晩、寄席を終えて、青い顔で三人がそば屋に集まった。いつも、ここで一杯ひっかけ、腹ごしらえして、そこから吉原へくりこんでいた。
「もう、今夜は、よそうよ」
「オレは、もうひと晩だけ行ってみようと思うんだ。ちょうど二週間てえのは、オツな数字だぜ」
「うーん、気分としちゃァ行きてえが、もう一人のオレが、思案をよびかけやがるだ・・・・・・」
 また、相談がはじまった。こんな入念な相談ははじめてである。
「じゃァ、どうだい、お互ェに、今の気持ちを、自分の掌に書いてさ、、いちにのさんで見せ合おうじゃァねえか」
「うん、そいつァいい」
 三人は、当たり箱(すずり箱)をかりて、自分の左掌に、何やら書いた。そうして、ひらいてみた。三人が三人とも「行こう」と書いてあった。



 なんとも凄い三人である。こうした度を過ぎた遊びもあって、馬楽は後に狂い、小せんは失明することになる。鶴本の志ん生は女郎買いによる病があったようには思えないが、すでに紹介したように、志ん生襲名後一年余りで四十九歳で亡くなった。決して長生きとは言えまい。だから、この人は、現役の時の通称は、「鶴本の志ん生」よりも、「鶴本の馬生」と言われた期間のほうが長い。12年と1年の差だ。

 興津要さんは、前掲の書で四代目志ん生の死を次のように結んでいる。
 

 大正十三年十月、四代目志ん生を襲名した馬生は、馬楽、小せんを失った寂寥感ゆえに深酒をつづけ、大正十五年(1926)年一月二十九日、胃潰瘍のために五十年の生涯を終えた。
 <志ん生の富本>とうたわれるほどの富本節の名手でもあり、純粋の江戸前の落語家ともいわれた彼の死によって、<古き佳き日>は終りを告げた。


 あえて補足するが、興津さんも大正十三年生まれなので、鶴本の志ん生を生で聞いているわけではない。しかし、まるで見てきたような、講釈師のような文章には、嘘はないと思う。

 四代目志ん生のことを思う時、どうしても“三羽烏”や“五徳の足“という言葉とともに、今では考えられない、いわゆる“破滅型”芸人達のことにも思いが至るのである。
[PR]
Commented by 創塁パパ at 2011-01-30 10:23 x
結城さんの小説、落語が大好きになったころ、読んだ本です。文楽と同時に志ん生も勉強していました(笑)

Commented by 小言幸兵衛 at 2011-01-30 16:06 x
お立寄りありがとうございます。
『志ん生一代』は、小説としても優れていると思います。
もちろん、五代目志ん生を知るには不可欠な本ですよね。
そして、鶴本の志ん生と、馬楽、小せんの「五徳の足」トリオの物語も、大いに魅力を感じます。

名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

by kogotokoubei | 2011-01-29 08:52 | 落語家 | Comments(2)

落語のことを中心に、ときたま小言や独り言。


by 小言幸兵衛