噺の話

kogotokoub.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:ある芸人のこと( 2 )

 すでに昨日のことになってしまったが、7月16日は、トニー谷の祥月命日だった。

e0337777_11122845.jpg

矢野誠一著『酒と博打と喝采の日日』

 矢野誠一さんの『酒と博打と喝采の日日』(文春文庫)は、「オール讀物」に連載された内容が平成7(1995)年に文藝春秋から単行本で、二年後には文庫で発行。
 似た経緯で書籍化された『さらば、愛しき藝人たち』の続編といえる。

 私と同世代から上の方に、「トニー谷を知っていますか?」と聞けば、ほぼ全員が、知っている、と答えるに違いない。

 もちろん私も、「アベック歌合戦」で算盤を見事な楽器として、「あなたのお名前なんてえの」とやっていたトニー谷の姿は、脳裏に焼き付いている。

 しかし、あのトニー谷の晩年のことは、この本で初めて知った。

 矢野さんの本から引用する。

 永六輔が、新橋の地下鉄の階段をあがっていると、途中にひとりの老人が腰をかけていて、すれちがいざま、
「永ちゃん」
 と声をかけた。はて、誰だったかと、その顔をのぞきこむと、老人は言った。
「俺だよ、俺、トニー・・・・・・」
「なあんだ、久し振り。何してンの?」
「うん、ちょっと休んでんの」
 1986年の夏も終わりかけた頃である。

 トニー谷、本名大谷正太郎は、大正6(1917)年の生まれなので、1986年、満69歳の時のことになる。

 引用を続ける。

 それから永六輔との交際が復活して、「ボードビリアン、トニー谷の本領を、いまの若い連中に見せてほしい」との願いが実現し、渋谷のジャンジャンの小さな舞台で、満員の客を二時間抱腹絶倒させた。
 その年の暮、町おこし運動の一環として、永六輔が前座をつとめる『トニー谷ショー』が各地で行なわれたのだが、執念の舞台だった。ながいあいだの蓄積のすべてをはき出しているようだった。
「銀座の若旦那が戦争に敗けて、GIの姿になって、江戸っ子のやることじゃねえなと思ったときから、ねじれるだけねじれちまって、これからは村の爺さん婆さん相手に、江戸前の藝を楽しんでもらうからね」
 と言って、見事な三味線を披露したという。トニー谷の三味線・・・・・・一度聴いておきたかった。それにしても占領下のアメリカ文化の功罪の、軽薄さという「罪」のほうだけ背負って売り出したトニー谷が、晩年になって江戸前の藝に傾斜したという、その傾斜のしかたがひたむきだっただけに、どこか哀しくうつるのだ。
「お金のことはなんにもいわない」
 とも言って、事実ギャラのことはひと言も口にしなかったばかりか、あの売物でさえあった傲岸無礼な態度もまったく影をひそめ、ただただ藝に生きる老人の姿があるだけだった。

 銀座のど真ん中、その後玩具屋のキンタロウになった場所で生まれた大谷正太郎。その生家はランプ屋だったらしい。江戸っ子の生き残りと言える祖父が、電気が普及してからも電気屋に転業せず、ランプ屋を続けたらしい。
 その店も人手にわたり、父親の死もあって、幼い頃日本橋に引っ越す。
 矢野さんは、次のように書いている。

トニー谷が終生持ちつづけた反骨精神は、このランプ屋に固執した祖父の血を受けついだものかもしれない。

 さて、永さんとの縁から、人前で藝を披露する機会を得たトニー谷だったが、その後のこと。

 年があけて、入院した。肝臓癌で、たか子夫人は無論かくしていたのだが、当人はうすうす感ずいていたふしがあり、見舞に来た永六輔に、
「癌だと思うよ」
 と涙ぐんだ。
 いままでの台本、テープ、フィルム、スクラップブック、それにトレードマークだった算盤も大小とりまぜ五個ばかり、「新しい仕事の資料」として永六輔のところに届けられた。新しい仕事もなにも・・・・・・身辺整理であることは明らかだった。こんどは、永六輔が涙ぐんだ。
 1987年七月十六日午前零時十四分、肝臓癌で死去、六十九歳と訃報にある。
 十月の誕生日を前にしていたので、満六十九歳。

 子どもの誘拐事件は、私が生まれた昭和30年の事なので、ほとんど記憶になかった。
 
 トニー谷と言えば、とにかく、あの算盤と「あんたのお名前なんてえの」なのだった。

 そして、矢野さんのこの本を読んで知った、亡くなる直前、地下鉄の階段での永六輔との出会いが、蝋燭が最後の炎を輝かせるための天からの巡り合わせ、と言えば、あまりに作りすぎだろうか。

 永さんに渡されたトニー谷も遺品は、今どこにあるのだろうか・・・・・・。

 トニー谷が旅立った翌日の7月17日に亡くなった石原裕次郎と、同じ没後30年。

 裕次郎の記念番組はあちらこちらで放送されているが、トニー谷没後30年記念という声は、一切聞く事がなかった。


 私も、トニー谷の三味線、聴きたかったなぁ。

[PR]
by kogotokoubei | 2017-07-17 09:51 | ある芸人のこと | Comments(10)
 当代江戸家猫八の訃報には、驚いた。
 まだ、66歳。

 昨年9月12日の、むかし家今松独演会が、私が聴くことのできた最後の高座になってしまった。
 今松の会は、前年に続いての出演。
 ご本人も、この会に呼ばれるのを、心底喜んでいたことが、思い出される。

2015年9月14日のブログ
2014年11月9日のブログ

 昨年、私は次のように感想を書いた。
 昨年に続き、膝替りはこの人。
 猫の紋の着物で登場し、座布団に座った。かつて、祖父の初代猫八の時代には、もの真似も落語と同様に座って演じた、息子の小猫が洋服で立って演じているので、私は古風な形で、と説明。
 その表情が、ますます父親に似てきたなぁ、という印象。猫や犬、鳥などの「音をつかむ」コツを演技を挟んで解説。森の五種類の小鳥の鳴き声を交え、その覚え方のコツ(たとえば、三光鳥は「月、日、星、ホイホイホイ」と鳴くなど)を披露しながらの芸は、すでに父親と並んだか、もしかすると越えているかもしれない、と思わせた。
 「お後、今松師匠の大作がございます。準備もできたようですので」と下がった姿が、なんとも粋に感じたのは、私だけではないだろう。

 なぜ、座っての芸だったのか・・・・・・。
 もしかすると、立っての芸が、すでに辛かったのか、とも思わないでもないが、それは邪推か。

 昨年の高座における猫八の姿には、今思うと、与えられた高座を精一杯に努めよう、この時間を大事にしよう、というような思いが伝わってきた。

 いつも、そういう姿勢で臨んでいるのかもしれないが、何か、あの一期一会には、特別なものを感じていた。
  
 早い旅立ちで思い出すのは、父、先代の猫八のことだ。
 三代目猫八は、80歳で亡くなった。
 しかし、他人には見せない、病に苦しんでいた人なのである。
 一昨年の8月6日に、三代目猫八は広島で原爆に遭遇し、原爆症であったことなどを書いた。
2014年8月6日のブログ

 自分の記事だが、一部を引用したい。

-------------2014年8月6日のブログより---------------
 岡田六郎は戦後、原爆症に苦しんだ。そして、原爆投下直後の広島の惨状の記憶が、猫八のトラウマになっていたようだ。
 彼が意を決して戦争のこと原爆体験のことを語り出した(正式には「従軍被曝体験記」)のは昭和五十六(1981)年のことであり、『兵隊ぐらしとピカドン』が上梓されたのは昭和五十八年になってからである。

 四年前2010年8月のNHKの戦争特集の中で放送された「戦場の漫才師たち~わらわし隊の戦争~」を見て記事を書いたことがあるが、あの映像の中で戦争の悲惨さを語っていた森光子さん、玉川スミさん、喜味こいしさんは、みな旅立った。
2010年8月11日のブログ

 先代猫八、かつての岡田六郎兵長も平成十三(2001)年に八十歳の生涯を閉じた。

 広島平和記念資料館のサイトに、以前に開催された企画展の紹介ページが残っており、昭和二十一年頃の猫八が奥さんと一緒に移っている下の写真が掲載されている。このページには、喜味こいしさんの戦争体験も掲載されている。
広島平和記念資料館サイトの該当ページ
e0337777_11125606.jpg

八重子夫人と猫八さん 1946年 (昭和21年) 頃ころ
猫八さんは、この頃、髪の毛が抜ぬけ落ち、
白血球は減へり続けていました。
提供/四代目江戸家猫八氏

*広島平和記念資料館のサイトより

 明治、大正生れの方から戦争体験をお聴きする機会が次第に失われていく。
 先月下旬、広島に原爆を投下したB29爆撃機“エノラ・ゲイ”の12人の搭乗者のうち最後の生存者が亡くなったというニュースを目にした。93歳だったようだから、原爆投下時点で、猫八とほぼ同じ年齢だったことになる。
 二十代前半の若者が、一人は空から原爆を投下する役目を持ち、もう一人は投下後の悲惨な光景を目にすることになったわけだ。
-------------------------引用ここまで-----------------------

 四代目猫八の死因は胃癌のようだが、原爆症だった父からの遺伝に関係があるのかどうかは、私には分からない。

 しかし、自分よりも早くやって来た息子を、父は喜んではいないだろうなぁ。
 
 とはいえ、あちらでは、親子共演で、天国寄席の重要な色物の看板になるに違いない。

 物まねの芸は、しっかり、継承されている。

 家業とも言える貴重な色物芸の継承者としての四代目の功績は、きわめて大きい。

 四代目江戸家猫八の冥福を心より祈る。

[PR]
by kogotokoubei | 2016-03-31 21:02 | ある芸人のこと | Comments(10)

落語のことを中心に、ときたま小言や独り言。


by 小言幸兵衛