噺の話

kogotokoub.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:寄席( 6 )

 落語芸術協会が、仙台に寄席を開場するらしい。

 毎日新聞から引用。
毎日新聞の該当記事

「とにかく笑って…」仙台に常設寄席「花座」開場へ
毎日新聞2017年8月28日 10時28分(最終更新 8月28日 22時33分)

桂歌丸さんが名誉館長 月10日間の興行

 演芸にもっと広く親しんでもらおうと、仙台市青葉区の中心街に来年4月、常設の寄席「花座」が開場することが決まった。東京の落語芸術協会(芸協)が月10日間の興行を主催し、桂歌丸会長(81)が名誉館長に就任する予定。東日本大震災から6年余り。芸協仙台事務所長、白津守康さん(55)は「皆さんにとにかく笑っていただきたい」と思いを込める。

仙台には、明治から大正にかけて「笑福亭」など複数の寄席があり、にぎわっていたという記録が残る。

 花座の予定地は、百貨店「仙台三越」のすぐ近く、飲食店などがひしめく国分町と一番町四丁目買物公園の間にある繁華街の一角。白津さんの会社が所有する建物を改築する。客席は40ほどで、情緒ある和風の外観にするという。

 イベント会社を経営する白津さんは、震災前の2010年6月から芸協主催で「魅知国(みちのく)仙台寄席」をスタート。映画館を借り月1回の興行を、震災時も休まず続けてきた。来月で92回を数えるが、「月1回では見たくても見られない人がいる。文化を根付かせたい」との思いから自前の演芸場開設を模索してきた。

 花座では毎月1~5日と21~25日の計10日間、落語や色物の公演を開催。芸協所属の真打ち落語家のほか、東北弁落語の六華亭遊花さん、漫才コンビのストロングスタイルら地元で活躍する芸人も出演する。寄席以外の日は貸し小屋として運用する予定。

 10月から、大阪の寄席「天満天神繁昌亭」の例にならい、小屋の外観を飾るちょうちんの名入れで改築費用を募るという。白津さんは「東北人は今も懸命に頑張っている。幸せだから笑うのではなく、笑うから幸せなんです」と期待をかける。【濱田元子】

 実に結構なことだ。

 「笑うから幸せなんです」という言葉、なかなか味がある。

 
 独立行政法人の日本芸術文化振興会のサイトに、本年度の「文化芸術振興費補助金」による助成対象活動のリストが掲載されている。
日本芸術文化振興会サイトの該当ページ

 東京の落語の二団体への補助金は、次のようになっている。

e0337777_11480907.png


 これまでもそうだが、落語芸術協会は、この助成金を都内の定席のみならず、北海道、東北、名古屋の落語会のために活用している。

 そういった活動の延長線上に、今回の寄席開場があったのではなかろうか。

 このリストを見て疑問なのは、公益社団法人であり、都内定席のみならず地域の落語会も開催している落語芸術協会への補助金が44,551,000円で、一般社団法人で都内の定席のみを補助金対象としている落語協会に、2000万円以上多い65,000,000円が補助されていることだ。

 この数字を見ると、いつも多くの「?」が浮ぶ。

 所属落語家の数が落語協会の方が多いからか・・・・・・。
 そもそも、この補助金は、どう使われているのか・・・・・・。
 「年間活動支援」と「公共事業支援」の違いは・・・・・・。

 この問題は何度か書いているので、これ位にするが、どうしても腑に落ちないなぁ。


 ともかく、落語芸術協会による仙台「花座」開場で、ここ数年笑いを忘れた人々が、笑って幸せになることを期待したい。

[PR]
by kogotokoubei | 2017-08-31 12:36 | 寄席 | Comments(4)
 上方の落語愛好家の皆さんに、朗報!
 神戸新開地に、定席寄席を開設することが決まった、という毎日の記事をご紹介。
 
毎日新聞の該当記事

定席開設へ 兵庫県と神戸市
毎日新聞2016年5月18日 08時30分(最終更新 5月18日 08時30分)

 兵庫県と神戸市は17日、同市兵庫区の新開地に上方落語の定席を開設する方向で事実上合意した。1億8000万円前後と見込まれる建設費は兵庫県と神戸市などが負担する。運営は地元NPOなどが担う形を想定し、早ければ2018年度のオープンを目指す。上方落語の定席は大阪市北区の天満天神繁昌亭に続き2カ所目になる。

 県と神戸市の政策調整会議で、建設費を双方が負担することで合意した。明治期に湊川を埋め立ててできた新開地は、芝居小屋などが軒を並べ、「東の浅草、西の新開地」とも呼ばれた。戦後の一時期は映画館20館以上が集まり、現在も大衆演劇場などがある。落語の定席の新設を往時の歓楽街復活の柱に据える。

 新開地商店街のアーケード街に面した店舗跡地が候補地となっており、建設費は国庫補助も活用し、「ふるさと納税」による寄付も募るという。高座に上がるのは若手中心で、運営は商店主らでつくる「新開地まちづくりNPO」が担当する方向で検討している。

 定席の開設は2014年に上方落語協会の桂文枝会長が提案していた。運営・維持については課題も残っており、民間主体の運営を安定させるため、県と神戸市は集客やスポンサー開拓などを検討し、上方落語協会にも協力を求める。最終的にまとまれば、来年度予算で建設費などが計上される見通し。【井上元宏、久野洋】

 元々、新開地は寄席の盛んな地。
 “B面の神戸”と形容する「新開地ファン」のサイトに、通算で80回を超える「新開地寄席」のページがある。
「新開地ファン」サイトの該当ページ
 同サイトから、引用する。

「東の浅草、西の新開地」と謳われ、芝居小屋や映画館がひしめく有数の歓楽街だった新開地。なかでも唯一の演芸場だった「神戸松竹座」では、落語や漫才などが毎日行われ、“笑いの殿堂”として、閉館する1976(昭和51)年まで神戸の人々に愛されてきました。
それからおよそ四半世紀。そんな新開地のまちで、気軽に落語を楽しんでもらえる場をつくろうと、2000(平成12)年、新開地まちづくりNPOが地域寄席「新開地寄席」を企画。

 1976年に改名し、格上の「神戸松竹座」への出番が約束されていたにもかかわらず突然の閉館でその舞台に立つことができなかったという落語家・桂雀三郎氏に世話人(キャスティングプロデューサー)と して協力いただくことになりました。
 以来、5月以外の奇数月の第3日曜日に途切れることなく開催。約100席の会場は、毎回ほぼ満席状態に。「演者さんとの距離が近い」「アットホームで親しみやすい」などの声も多く、「新開地寄席」で“落語デビュー”をしたという人も多くいます。
時は移り、器は変わってしまっても、歓楽街だった新開地のまちには“人を愉しませたい”という魂が、変わらず受け継がれています。肩ひじ張らず、普段着のまま、どうぞ「新開地寄席」をお楽しみください。

 神戸松竹座は、昭和4(1929)年9月30日に開場し、昭和51(1976)9月30日に閉館した。雀三郎としては、幻の寄席、と言えるだろう。

 現在の「新開地寄席」を運営するNPOが、新設される定席寄席の運営を担当するようだ。
 2008年12月に上方落語協会に復帰した雀三郎が、何らかの形で定席開設を支援したと察するし、新設寄席においても、少なからず関与していくのではなかろうか。


 先日の記事で、桂歌丸は、一人の落語家としての評価はさておき、落語芸術協会会長として偉いと思っている、と書いた。

 文枝についても、本人の高座はさておき、天満天神繁昌亭の開設や、この新開地での定席開設における上方落語協会会長としての政治力と業績は評価している。

 定席の寄席以外でも、上方の噺家さんは頑張って活動されていると思うが、定席が増えることは、稽古の場、披露の場が増える、実に結構なことではなかろうか。

 国立演芸場を除けば東京の定席は四席。
 決して多いとは思えない。
 二つの落語の協会が協力して、東京都知事に無駄な海外出張や経費の支出をやめさせて新たな定席開設のための費用を捻出させる位の動きがあれば、東の多くの落語愛好家も喜ぶのではないかと思う。

 兵庫県知事の井戸敏三は、昭和20年生まれで、日比谷高校から東大法学部、自治省を経た人。たまにその独自の発言(NHK大河の「平清盛」の映像の件など)で非難されることもあるが、関西広域連合長として、橋下が進めようとした都構想に反対し、カジノ誘致構想にもギャンブル依存症が増えることを危惧し反対した点では、私と意見を同じくする。

 神戸市長の久元喜造は、私と同世代の昭和29年生まれだが、灘高から東大法学部を卒業し自治省を経ている点では、私と大きく違う(^^)
 
 少なくとも、新開地への定席開設を認めたということは、この二人の首長は、落語などの芸能への理解がある人たちなのだろう。

 ともかく、関西に二つ目の定席寄席の開設、目出度いじゃないか!
[PR]
by kogotokoubei | 2016-05-18 22:27 | 寄席 | Comments(4)
 古今亭志ん輔の日記風ブログ「日々是凡日」に、昨日22日、NPO法人「神田 連雀亭」の設立総会があったことが書かれていた。
「志ん輔日々是凡日」の該当記事

 へぇ~、そうなんだ。

 総会がきっちりと行われたようで、どこかの協会とは違う、という表現に目が留まる(^^)

 税制的な優遇などのあるNPOとして、ますます連雀亭の活動が充実することを期待したい。

[PR]
by kogotokoubei | 2015-10-23 12:40 | 寄席 | Comments(2)
 6月に、中日新聞の記事を元に、大須演芸場が再開することを書いた。
2015年6月17日のブログ

 その際、新聞記事にある名前だけを見て、なぜ志ん朝一門が出演しないのか、と書いたのだが、昨日、志ん輔が出演していたことを、日記風のブログ「日々是凡日」で確認した。
「志ん輔日々是凡日」の該当記事

 まずは、早とちりしていた前回の内容について、お詫びします。

 10月の公演には、志ん橋や菊志んなども出演するようだ。
大須演芸場のサイト


やはり、志ん朝ゆかりの大須には古今亭の名は必須だよね。

 志ん輔のブログには、大須へ行ったら骨董市が立っていたと書かれている。この記事を読んで、師匠志ん朝の大須の『火焔太鼓』のまくらで、道具屋で万年筆を買ったことを話していたのを思い出した。インクを入れたらこぼれたので道具屋に持って行くと、「インクを入れちゃだめ、つけるんです」と骨董屋に言われたという逸話で、古典的な小咄、棚を吊った大工が、その棚が壊れたと聞いて、「何かのっけたんじゃねぇだろうな?」と聞く場面を思い出したものだ。
 
 さて、大須演芸場の杮落とし特別興行や10月の番組表をご覧になるとお分かりのように、落語芸術協会からの出演者はいない。

 人数は少ないが地元で活躍する噺家さんや芸人さん、そして上方落語協会、落語協会、円楽一門などが中心の顔づけとなっている。

 では、かつての大須演芸場でも興行をしていた落語芸術協会はどうしているかと言うと、7月に「芸協らくご・名古屋寄席」を開催することを以前に書いたが、9月も、栄の長円寺会館で興行をしている。
2015年5月29日のブログ
落語芸術協会HPの該当記事

 9月公演の概要は次の通り。
2015芸協らくご・名古屋寄席 九月公演(9/16からスタートです!)

東海地方の方お待たせいたしました。
落語芸術協会9月の名古屋公演のご案内です。
ご来場をお待ちいたしております。

【公演名】
2015芸協らくご・名古屋寄席 九月公演

【日時】
平成27年9月16日(水)-21日(月祝) 各日2回公演 計12公演

【会場】
長円寺会館 名古屋市中区栄2-4-23
伏見駅5番出口より東へ徒歩5分

 大須の再開の直前までの公演だ。

 これは、いわば“棲み分け”なのだろう。

 栄で芸協、大須で上方と落語協会、そして円楽一門、ということで、名古屋の落語ファンの楽しみが増えたこと自体は、良いことなのだろうと思う。


[PR]
by kogotokoubei | 2015-09-29 12:55 | 寄席 | Comments(8)

 今日は二十四節気の小暑。この日から大暑(新暦七月二十三日)を過ぎ立秋(同八月八日)までが‘暑中’なので、暑中見舞いを書く時期がきた、ということ。
 ちなみに、暑中は、立秋までの土用十八日間とする説もある。
 しかし、テレビや世の中は小暑のことよりも、五節句のうちの七夕(しちせき)を話題にする。
 旧暦ではまだ五月二十一日だし、梅雨の真っ最中。織姫も彦星も、こんなに早い出番では登場するはずがない・・・・・・。
 ちなみに、旧暦七月七日は、新暦八月二十日である。
 五年前に書いたが、七夕(たなばた)は、秋の季語なのだよねぇ。
2010年7月7日のブログ


 話題を替える。
 落語を通じて、ご主人を亡くした悲しみから立ち直ろうとしている女性のことが朝日に載っていた。
朝日新聞の該当記事
悲しみ癒やした落語に恩返し 大阪に「噺カフェ」
篠塚健一 2015年7月5日19時23分

 落語の「噺(はなし)」を冠する「噺カフェ」が大阪・天満にある。16年連れ添った夫を亡くした悲しみを落語で癒やしてきた佐藤範子さん(46)が営む。若手噺家を応援したいという気持ちを込めたカフェで、店主の思いにこたえる落語会が7月から始まることになった。

 大阪市淀川区出身で、北浜の証券会社で24年働いた佐藤さん。建設会社に勤めていた夫の隼人さんの転勤で2013年に東京に引っ越した。

 だが新生活が始まって2カ月余りの7月9日、マンションの部屋でうめき声がした。「どうしたん」と急いで見に行くと、隼人さんが倒れていた。救急車を呼んだが、翌日に心筋梗塞(こうそく)のため47歳の若さで帰らぬ人となった。

 突然の別れに喪失感にうちひしがれ、行き場をなくした心を救ってくれたのは落語だったという。「落語を聴くと、一瞬で想像の世界にとべた。現実逃避できたんです」

 寄席などに通い詰めるうち、やがて落語に恩返しをしたいと考えるように。故郷の大阪でカフェを切り盛りしつつ、落語会の会場にも使ってもらおうと思い立った。ビルの1階を借り、今年4月に開店にこぎ着けた。

 一見普通のカフェだが、座布団や衝立(ついたて)、提灯(ちょうちん)なども用意。カウンターと厨房(ちゅうぼう)を使って高座が組める。「米朝落語全集」などの落語本や漫画を置き、「はなしか」にちなむ「鹿肉カレー」のメニューもある。

 開店後、新たな発表の場を探していた上方落語家の桂咲之輔(さきのすけ)さん(31)と知り合い、意気投合。会場を無料で提供し、20~30代の噺家ら2人が出演する落語会「ハナキン」を、7月3日から毎週金曜の夜に開くことが決まった。

 「会場費がタダなのがホンマにありがたい。ここから若手の新しいブームを起こしたい」と咲之輔さん。隼人さんの三回忌を控える佐藤さんは「私が生き生きとしていることが、なにより夫が喜ぶこと。落語は嫌なことを忘れさせてくれるし、知識欲も満たしてくれる。これからが楽しみな若手を応援していきたい」と話す。

 「ハナキン」は午後7時半から。1ドリンク込みで1500円。噺カフェ(06・6351・0588、日曜定休)。(篠塚健一)

 東京では神保町に「らくごカフェ」があり、今では、定席寄席に近い存在になっているようだ。
 
 たしかに、落語を聴いている時は、‘現実逃避’の時間なのかもしれないが、その悲しみや悔しさが強い時は、落語を聴く気持ちにさえなれないのではなかろうか。
 落語を聴く、という心の準備段階において、「くよくよしても、しょうがない」という気持ちの切り替えができることが、まず大事だし、落語の効用なのだと思う。

 落語で旦那さんを失った深い悲しみから癒されたことへの恩返し、きっと天国からご主人も応援していると思う。

 桂咲之輔は、春之輔門下で入門九年目の人のようだ。東京なら、二ツ目。もちろん、大師匠が三代目。
 上方の若手が芸を磨くことができ、ご近所の方が気軽に落語を楽しむことのできる場が増えたことは、実に良いことだと思う。

 先日、東京大空襲で家族を失いながらも、落語と出会って心の平穏を得て、素人落語家として反戦を訴え続けていらっしゃる寝床家道楽さんを紹介した。

 どちらのニュースも、あらためて、落語という芸能の持つ素晴らしさを感じるニュースだ。

[PR]
by kogotokoubei | 2015-07-07 21:11 | 寄席 | Comments(2)
 まったく気づかなかったのだが、大須演芸場が復活するようだ。中日新聞の記事をご紹介。
中日新聞の該当記事
2015年6月15日 23時35分
こけら落としに大物落語家ら出演 名古屋の大須演芸場

 大須演芸場(名古屋市中区)を経営する「大須見聞舎」は15日、9月22日の再開第1弾のこけら落とし興行に、落語協会会長の柳亭市馬さん、上方落語協会会長の桂文枝さんら東西の有名落語家ら14組が出演すると発表した。近くの大須観音で会見があり、再開に協力する演芸場最高顧問で、落語家・初代林家三平さん(故人)の妻、海老名香葉子さん(81)は「今後も、できる限りお手伝いしたい」と語った。

 演芸場は、前席亭の家賃滞納に伴う建物明け渡しの強制執行で、昨年2月に閉鎖していた。会見には見聞舎社長の土井信策さん(65)、妻で席亭の恵さん(65)、支配人の矢崎通也さん(42)らも出席。こけら落としには、東京から林家木久扇さんや三遊亭好楽さん、林家正蔵さんら10組、上方からは桂ざこばさんら4人が出演すると明かした。出演者による練り歩きや地元芸人による寄席もある。

 その後も23~30日を特別興行とし、三遊亭円丈さん、林家三平さんらが日替わりで出演する予定。10月以降は、毎月1~10日は2部入れ替え制の常設寄席を中心に運営し、11日から月末までは独演会などを開く。

 海老名さんは「(落語家らに)声をかけたら、みんなが名古屋に行くと言ってくれた。ぜひ期待していてほしい」と話した。矢崎支配人も「これだけの応援があれば、必ず経営は継続できる」と語った。

 9月22日の練り歩きは午前11時から。こけら落とし興行は午後1時開演で5千円。地元芸人の寄席は午後6時半開演で2500円。8月22日に発売予定。詳細はホームページで発表する。
(中日新聞)

 あの足立元席亭と、新しい経営者の関係などは、よく知らない。

 落語芸術協会の噺家さんの名が登場しない理由も、分からない。
 先日紹介したが、7月に長円寺会館で名古屋寄席を開催するからか・・・・・・。
落語芸術協会名古屋寄席の記事

 なぜ、根岸の女将さんが最高顧問なのか・・・・・・。

 9月のこけら落としに、志ん朝一門の噺家さんの名前がない理由なども、知らない。

 しかし、再開されるとは、正直なところ思っていなかった私としては、これは良いニュースなのだと思う。

 東西交流を活発化させる場所としても、その間にある場所は、相応しいだろう。

 あぁ、しばらく、志ん朝の大須の‘まくら’の書き起こしを、休んでるなぁ。近いうちに、五回目を頑張ってみようか。

 大須について、何か情報が分かれば、また書きたいと思う。

 足立さん、元気かなぁ・・・・・・。

[PR]
by kogotokoubei | 2015-06-17 21:49 | 寄席 | Comments(2)

落語のことを中心に、ときたま小言や独り言。


by 小言幸兵衛