噺の話

kogotokoub.exblog.jp

落語のことを中心に、ときたま小言や独り言。

カテゴリ:今週の一曲、あるいは二曲。( 4 )

一昨日のNHK朝の連続ドラマ「マッサン」の冒頭で、エリーが生まれ故郷スコットランドの民謡‘The Water Is Wide’を口ずさんでいた。
 「花子とアン」もご覧の方は、懐かしい思いにかられたのではなかろうか。

 「花子とアン」における前半の重要のシーンで登場した歌だ。山梨から東京のお嬢様学校「修和女学校」に編入したはなは、慣れない寄宿舎生活や厳しい英語漬けの毎日に心がくじけそうになり、ホームシックにかかっていた。
 そんなはなは、夜中にこっそりと訪ねて来る父との塀を挟んだ会話に勇気づけられていたが、その父との会話の最中、寄宿舎の二階から聞こえてきたのが、カナダにいる恋人と遠く離れた異国の地にいるスコット先生による、恋人を想うこの歌だった。スコット先生の美声が、はなに英語を真剣に学ばせる一つのきっかけになった。そして、このスコット先生が、その後、はなに「Anne of Green Gables」を渡すことが、アンの物語を翻訳することにつながっていく。

 エリーは、スコット先生が歌っていたあの曲を口ずさんでいたのである。
 スコットランド民謡‘The Water Is Wide’、邦題は「悲しみの水辺」。

 原曲の歌詞と私のつたない和訳を記したい。
 なお、この‘water’は、海と解釈した。
 ‘I’、は男女どちらとも解釈できるよう、私、とした。

--------------------------------------------
The Water Is Wide

The water is wide, I cannot cross over.
And Neither have I wings to fly.
Give me a boat, that can carry two,
And both shall row, my love and I.

 この海は広過ぎて、私には渡れません
 飛んでいく翼もないのです
 二人を運ぶ船をください
 そうすれば、愛する人と漕いで行けるのに

Now love is gentle and love is kind
The sweetest flower when first it's new
but love grows old and waxes cold and fades away
like morning dew

 恋はやさしく、心をなごませます
 恋が芽生えた時は甘美な花のようです
 だけど時が過ぎるにつれて
 まるで朝露のようにはかなく消えていくのです

There is a ship and she sails the sea
She's loaded deep as deep can be
But not as deep as the love I'm in
I know not how I sink or swim

 彼女は船で海に漕ぎ出します
 出来る限りの積み荷で船は沈んでいます
 でも、私の愛はもっと深いので
 沈んでしまうのか、水面に浮いていられるのか
 わかりません

The water is wide, I can't cross o'er
And neither have I wings to fly
Give me a boat that can carry two
And both shall row, my love and I
And both shall row, my love and I

 この海は広過ぎて、私には渡れません
 飛んでいく翼もないのです
 二人を運ぶ船をください
 そうすれば、愛する人と漕いで行けるのに
 そう、愛する人と漕いで行けるのに
--------------------------------------------

 私がこの歌で思い出すのは、カーラ・ボノフ(Karla Bonoff)だ。
 1951年12月27日生まれ。
 1977年に自分の名前を冠した‘Karla Bonoff’というアルバムでデビュー。
 ‘The Water Is Wide’は、1979年にリリースされた二枚目のアルバム‘Restless Nights’(ささやく夜)に収録されている。
 ソニーミュージックのサイトから、このアルバムについて引用。
 SONYmusicサイトの該当ページ

繊細なシンガー・ソングライター的なデビュー作に比べ、ポップ寄りの楽曲が増えた2ndアルバム。前作と同じリンダ・ロンシュタット~ブリンドル陣営のミュージシャンを中心に、新たにドン・グロルニック(p)、デヴィッド・リンドレー(g)らが参加。オープニングを飾る「Trouble Again(涙に染めて)」は、リンダ・ロンシュタットが歌いたいと申し出たにもかかわらず、自分で歌いたいからと断ったという逸話が残るほどの自信作。本国では大きなヒットにはならなかったが、日本ではラジオを中心に人気を獲得した。トラディショナル・ナンバーに加筆した「The Water Is Wide(悲しみの水辺)」のアコースティック・ギターはジェイムス・テイラー。(1979年作品)


 ちなみに、リンダ・ロンシュタットは、1989年の大ヒットアルバム‘Cry Like A Rainstorm, Howl Like The Wind’に、‘Trouble Again’を収録した。このアルバムの中の‘All My Life’もカーラの曲。リンダは、カーラの曲に惚れ込んでいたようだ。

 さて、‘The Water Is Wide’を含むアルバム‘Restless Nights’は私のお気に入り。携帯音楽プレーヤーの定番だ。
 収録曲と作者は次のようになっている。

"Restless Nights"
1. Trouble Again(Karla Bonoff, Kenny Edwards)
2. Restless Nights(Karla Bonoff)
3. The Letter(Karla Bonoff)
4. When You Walk in the Room(Jackie DeShannon)
5. Only a Fool(Karla Bonoff)
6. Baby Don't Go(Karla Bonoff, Kenny Edwards)
7. Never Stop Her Heart(Karla Bonoff)
8. Loving You(Karla Bonoff)
9. The Water Is Wide(Traditional)

 Youtubeの下記の画像が、このアルバムのジャケット。
 
 カーラ・ボノフの‘The Water Is Wide’、お聴きのほどを。心が癒されませんか。


[PR]
by kogotokoubei | 2014-11-27 06:09 | 今週の一曲、あるいは二曲。 | Comments(6)
 NHKの「プロフェッショナル」を見て、高倉健が好きだった歌、「ミスター・ボージャングル」のニーナ・シモンのYoutubeを掲載した。

 この歌について、もう少し書いてみたい。

 この歌は、作者Jerry Jeff Walkerの体験に基づいている。
 彼は、二十代の若き日、ちょっとしたいさかいで、ブタ箱に入ることになった。
 この歌では、そこにいた男が、「ボージャングル」と名乗った、とされている。
 しかし、この男が、本当にこの名であったかのか・・・・・・それについては後で書くことにしよう。
 まず、歌詞をご紹介。
 (和訳は、ネットで見つけたいくつかの訳を参考にし、管理人なりに作ったものです)

----------------------------------------------------
Mr.Bojangles

I knew a man Bojangles and he'd dance for you
In worn out shoes
With silver hair, a ragged shirt, and baggy pants
The old soft shoe
He jumped so high, jumped so high
Then he lightly touched down

 僕は、ボージャングルという男を知っている
 彼は、擦り切れた靴を履いて、みんなにダンスを踊ってくれたんだ
 白髪頭で、よれよれのシャツにだぶだぶズボン、古いタップ用のシューズ
 彼は、とても高く跳んだ、とても高くね。そして、軽やかに着地したんだ

I met him in a cell in New Orleans I was
down and out
He looked to me to be the eyes of age
as he spoke right out
He talked of life, talked of life, he laughed
clicked his heels and stepped

 僕が彼に会ったのは、僕がどん底の頃の
 ニューオーリンズのぶた箱さ
 彼は、年月を感じさせる目で僕を見つめ
 語り出した
 彼は人生を語りだした
 笑いながら、時に膝を叩いてステップを踏んでね

He said his name "Bojangles" and he danced a lick
across the cell
He grabbed his pants and spread his stance,
Oh he jumped so high and then he clicked his heels
He let go a laugh, let go a laugh
and shook back his clothes all around

 彼はボージャングルと名乗った
 そして、監房の中を踊って横切った
 ズボンをつかんで足幅を広げ、彼は高く跳びあがった
 そして、踵を鳴らした
 彼は笑った
 そして、服の乱れを直した

Mr. Bojangles, Mr. Bojangles
Mr. Bojangles, dance

 ボージャングルさん、ボージャングルさん、
 ボージャングルさん、踊っておくれよ
 
He danced for those at minstrel shows and county fairs
throughout the south
He spoke through tears of 15 years how his dog and him
traveled about
The dog up and died, he up and died
And after 20 years he still grieves

 彼はミンストレル・ショーや南部中のダンス大会で踊ったらいい
 愛犬を連れて旅回りをした15年の歳月を涙ながらに語ってくれた
 彼の愛犬は命を全うしたらしい
 それから20年、彼はずっと愛犬の死を悲しんでいる

He said I dance now at every chance in honky tonks
for drinks and tips
But most the time I spend behind these county bars
'cause I drinks a bit
He shook his head, and as he shook his head
I heard someone ask him please

Mr. Bojangles, Mr. Bojangles
Mr. Bojangles, dance..

 彼はチャンスさえあれば、酒とチップのために
 今でも安酒場で踊るそうだ
 でもほとんどの時間は、ぶた箱で過ごすんだ
 ちょっと 飲み過ぎるんだ
 そう言って彼は 首を何度も振った
 その時誰かのリクエストが聞こえた
 
 ボージャングルさん、ボージャングルさん
 ボージャングルさん、踊っておくれよ
----------------------------------------------------

この歌は、私が好きなニッティ・グリッティ・ダート・バンド、そして紹介したニーナ・シモンの他にも、たくさんの人が歌っている。
 サミー・デイビスJr.も有名。
 サミーは、タップダンスの名人、ビル・ボージャングル・ロビンソンをイメージして歌っていると言われてる。
 Wikipediaで確認できるように、ビルは、1878年5月25日生まれで 1949年11月25日没。
Wikipedia「ビル・ボージャングル・ロビンソン」
 あら、今日は、ビルの命日だ。
 ビルの誕生日は、「タップダンスの日」となっている。それほど有名な人なんだねぇ。

 作者のJerry Jeff Walkerは1942年生まれで、この曲を作ったのは1968年。
 もちろん、ビルはこの世にいない。
 ウォーカーの体験に基づく歌ではあり、留置場で会った老ボードビリアンをヒントに、彼はこの曲を創作したらしい。
 老いた犯罪者が、本当の名を明かしたくないために「ボージャングル」と名乗り、彼の犬のことを語り、タップダンスを踊った。そのウォーカーの経験が土台となって、この名曲が誕生したようだ。
 
 年老いた酔いどれの売れない芸人の姿が、美しいメロディに乗って、様々な歌手に歌われてきた。
 
 高倉健が、この歌を好きだったのは、その曲の美しさとともに、そんな一人の老いた芸人に対して、彼が深く思い入れする何かを感じたからではなかろうか。
 ぶた箱仲間に、「踊ってよ、ミスター・ボージャングル」と言われて、嬉しそうに飛び上がる老人の姿に、自分自身を重ね合わせたのかもしれない、と言えば言い過ぎだろうか。

 稀代の俳優となった自分も、一つ間違えば、どうなっていたか分からない、という思いもあっただろう。そして、フィクションとはいえ、彼はぶた箱を疑似体験しており、そこを、いろんな人が通り過ぎていったことを知っている。

 たまたま、ビル・ボージャングル・ロビンソンの命日に、もう一人のボージャングルと名乗った酔いどれ芸人を歌った曲と、その曲が好きで、遺作となった映画の撮影最終日の朝も、好きなコーヒーを飲みながら聴いていた高倉健のことにも思いが至るのだ。

 やはり、私の好きな、Nitty Gritty Dirt Bandのライブ版で、ぜひお聴きのほどを。彼らは、Mr.Bojanglesと呼びかけた後、'watch dance'と言っています。

 ライブで、最後のコーラスは、観客も歌ってますね。それだけ、アメリカでは有名な歌、かと思います。


[PR]
by kogotokoubei | 2014-11-25 00:36 | 今週の一曲、あるいは二曲。 | Comments(0)
 NHKの「プロフェッショナル」再放送を観た。
 遺作となった「あなたへ」の最後のカットを撮影する日の朝、ホテルでコーヒーを飲みながら大好きな歌を聴く、という場面で、ニーナ・シモンの「ミスター・ボージャングル」(Mr.Bojangles)が流れていた。

 私も大好きな歌だ。Jerry Jeff Walkerの作詞作曲。私の携帯音楽プレーヤーにはニッティ・グリッティ・ダート・バンドによるこの曲が欠かせない。

 でも、ニーナ・シモンもいいね。

 「あなたへ」で、妻の死因が悪性リンパ腫であったことが、不思議な偶然を感じさせる。

 お好きだった曲で、健さんを偲びたい。ぜひ、お聴きのほどを。


[PR]
by kogotokoubei | 2014-11-24 10:05 | 今週の一曲、あるいは二曲。 | Comments(0)
同世代の中村勘三郎の死には、いささかショックもあり、すぐに何か書く心境になれなかった。近いうちに映画『てれすこ』のことを書くつもりでいる。

 デイブ・ブルーベックが現地12月5日に、91歳で亡くなったようだ。
時事ドットコムの該当記事

米ジャズピアニストのデイブ・ブルーベック氏死去

 デイブ・ブルーベック氏(米ジャズピアニスト)5日、米コネティカット州ノーウォークの病院で心不全のため死去、91歳。米メディアが報じた。
 カリフォルニア州の音楽一家に生まれ、4歳でピアノを習い始める。50年代にサックス奏者ポール・デスモンド氏と組んでデイブ・ブルーベック・カルテットを結成。日本のテレビCMにも使われた代表作「テイク・ファイブ」を収録した59年のアルバム「タイム・アウト」は、ジャズでは初のミリオンセラーを記録した。(2012/12/06-05:54)


 もちろん、「テイク・ファイブ」も名曲には違いないが、私にとってこの人の楽曲で印象深いのは'In Your Own Sweet Way'だ。

 「どうぞ、お好きなように」とでも言う意味だろうか。

 同じピアニストによるカバーはBill EvansやKenny Drewなどが有名だが、ラッパ派の私としては、もちろん、Miles Davisのマラソンセッションの中の一作「Workin'」での演奏、そして何より、Phil Woods「Warm Woods」での演奏が好きだ。本当に、“好きなように”ウッズが吹きまくっている感じの「Warm Woods」の収録曲はすべて好きだけどね^^

 変拍子での演奏など、ブルーベック自身も、きっと'In Your Own Sweet Way'で人生を全うしたように思う。

 ご冥福を祈って、Miles Davisの「Workin'」からお聴きいただきましょう。



[PR]
by kogotokoubei | 2012-12-06 07:49 | 今週の一曲、あるいは二曲。 | Comments(2)

落語のことを中心に、ときたま小言や独り言。


by 小言幸兵衛