噺の話

kogotokoub.exblog.jp
ブログトップ

2018年 01月 08日 ( 2 )

 また、「オヨヨ」の三枝(私にとって、彼は文枝ではなく、いつまでも三枝)が、女性問題で世間を騒がせている。

 東スポから引用。
東スポの該当記事

不倫報道にダンマリ続ける桂文枝に報道陣からブーイング
2018年01月06日 16時30分

 一昨年に続き、昨年暮れにまたも不倫疑惑を報じられた落語家・桂文枝が、今回も前回同様、報道陣に対しダンマリを決め込んでいる。

 12月27日発売の「週刊新潮」によると、今回のお相手は日本舞踊の先生・Aさん(56)。2008年に出会い、09年3月に男女の仲になったという。

 15年には元演歌歌手・紫艶と20年にも及ぶ愛人関係疑惑を、写真誌「フライデー」に報じられた文枝。この時も報道陣から逃げ回り続け、不倫について話すことは全くなかった。前回と同様、今回も文枝は報道陣に一切しゃべらずじまい。不倫に関する質問から逃げ回るつもりのようだ。

 所属の吉本興業も「一般私人のことであり、プライベートなことでもありますので、本件に関するコメントは差し控えさせていただきます」としているが…。報道関係者からは「いくらなんでもそれはないだろう。だって文枝は、宣伝したいことがある時はマスコミを呼んで会見するのに、答えたくない時は逃げ回るのはおかしいよ」という声が上がっている。

 実は昨年、こんなことがあったという。7月に文枝は富士山に登頂し「富士山頂上奉納落語会」を開催した。

「この時、文枝さんが『マスコミの方々も一緒に登ってほしい』などと言い出し、吉本が報道関係者に声をかけたことがある。しかも交通費や宿泊費などを吉本か文枝さんサイドが負担するならともかく『経費はマスコミ各社の負担でお願いします』と言ってきたんです」(大阪の民放テレビ局関係者)

 このため多くの社は参加を見送ったが、中には参加した社もあった。「昔から付き合いのある吉本から頼まれて、断りきれなかったのでしょう。でもこんなふうに取材してほしい時はマスコミに協力を求めるのに、答えたくないことにはダンマリを決め込む。こんな勝手なことをされたら、誰も協力したくなくなりますよ」(同)

 上方落語協会会長を務める文枝は今後、同協会の行事や発表があるたびに表に出てくる立場でもある。また来年3月には、弟弟子の桂きん枝が「四代桂小文枝」を襲名することも決まっている。会長の上、筆頭弟子でもある文枝も当然、先頭に立って襲名を盛り上げる立場になる。

「そういう時だけ表に出てきて『取材してください』と言われてもねえ。こちらが聞きたいことは全く話さない姿勢では、『もう協力したくない』となるのは仕方ないでしょう」(同)

 それでも説明責任を果たすことなく、文枝は逃げ回り続けるつもりなのだろうか?

 なんとも、“オヨヨ”な、情ない男なのだろう。

 都合の良い時にはメディアをさんざん利用し、都合が悪い時には、逃げ回る。

 文枝襲名への反論や、その姿勢についての批判を、これまで何度か書いてきた。

2011年7月12日のブログ
2011年7月25日のブログ
2012年7月3日のブログ
2013年4月2日のブログ


 本来は襲名すべきではなかったが、襲名してしまったのだから、その名に相応しい噺家であるべきだ。

 「女遊びは芸の肥やし」と言う言葉は、「芸」があってこそ該当する言葉。
 創作落語と名づける新作の作者としてはそれなりに評価できても、演者としての噺家としては、まったく歴史に名を残すことなどできない男には、まったく当てはまらない。

 それでも、前向きに芸に取り組むのならいいものを、何人もの女性との交遊を重ねていれば、とても稽古などする暇はなかろう。

 芸人である、品行方正であるべし、とは言わないが、その名に恥じない噺家であろうとする姿勢が、まったく見受けられない。

 尊敬される噺家であったり、多くの優秀な弟子が育てた師匠とも思えない。

 メディアを賑わすのは、吉本をバックにした商売のネタか、こういうスキャンダルしかないのではないか。
 
 もう、文枝という名跡は返上すべきだし、上方落語協会会長も辞任すべきである。

 悔しかったら、これから稽古を重ねて、代々文枝の十八番、『三十石』でも演ってみせろ、と言いたい。

 あの談志が、文枝の名を継ぐな、と忠告したのを振り切っての襲名。

 その名を汚すばかりの男は、大名跡を名乗る資格などない。

[PR]
by kogotokoubei | 2018-01-08 15:02 | 幸兵衛の独り言 | Comments(4)

星野仙一の啖呵、続き。

 一昨日、震災後に星野仙一が、震災の影響を考慮することなく、プロ野球の開幕を早めようとしているセ・リーグに、真っ当な反論の啖呵を切ったことを紹介した。

 この啖呵は、その後も切れ味鋭く放たれていた。

 2011年3月21日のブログから、紹介したい。
2011年3月21日のブログ

-----------------------2011年3月21日のブログ--------------------------------
 サンスポに星野の怒りが、よりストレートに紹介されている。
SANAPO.COMの該当記事

仙さん、29日に開幕延期「セ茶番劇や!」

 東日本大震災の当事者だからこそ、伝えたいメッセージがある。名古屋から神戸へ移動したこの日、星野監督が迷走するプロ野球界に“剛速球”を投げ込んだ。
 「今は有事なんや。みんな平和ボケしとる。停電でうじうじ言うなら、ウチみたいにいろんな球場を探せばええやろ。次元が低いよ。停電したり、電車が止まったり、原発問題もあるのに」
 19日に開催されたセ・リーグ臨時理事会で決まったのは、開幕を29日に延期、4月3日までナイター取りやめ、節電のために延長戦は行わない−など。約7時間も話し合った末に出た、たった4日延期の結論に闘将は「茶番劇や」と憤慨した。

 サンスポには、22日に関係者が文部科学省に集まるというニュースもある。
SAMSPO.COMの該当記事
プロ野球Vs蓮舫大臣、開幕問題決着なるか…
日本野球機構(NPB)は20日、加藤良三コミッショナー(69)とセ・リーグの新(あたらし)純生(ヤクルト球団常務)、パ・リーグの井上智治(楽天オーナー代行)両理事長が22日、文部科学省を訪ね、節電協力要請への回答を報告すると発表した。日本プロ野球選手会の新井貴浩会長(34)=阪神=も同席。計画停電を統括する経済産業省や蓮舫節電啓発担当相(43)も訪問し、開幕問題の決着を図る。

 29日セリーグ開幕で、文科省や選手会も合意するムードが出てきたが、私の同時開催、楽天所属パリーグの意向最優先、という持論は変わらない。“仕分けの鬼”蓮舫節電啓発担当相の豪腕くらいしか頼れないなら、この件に関しては蓮舫を応援しよう!

---------------------------引用、ここまで-------------------------------------

 結果は、3月22日に節電啓発担当相の蓮舫からセ・リーグのコミッショナーにパ・リーグと歩調を合わせて、開幕を遅らせ、ナイターを行わないよう強く要請があり、24日にセ・リーグは緊急理事会を開きパ・リーグと同じ4月12日開幕、4月中のナイター中止が決まった。
 
 選手会の強い意向もあったし、世論も考慮したことだろうが、星野の真っ当な啖呵が効いたことは、間違いないだろう。
 
 星野仙一の訃報を機に、震災後の記事を読み返してみて、いろいろ思うことがある。

 もうじき7年になる「3.11」を経て、この日本はいったいどう変わったのか・・・・・・。

 あの時にあった助け合いの精神や、節電、節約の心がけは、自分も含めて、今はどこへ行ったのだろうか。
 
 そんなことを振り返るきっかけにもなった、星野仙一の啖呵の思い出だった。


[PR]
by kogotokoubei | 2018-01-08 10:50 | 幸兵衛の独り言 | Comments(0)

落語のことを中心に、ときたま小言や独り言。


by 小言幸兵衛