噺の話

kogotokoub.exblog.jp
ブログトップ

2017年 07月 06日 ( 1 )

 落語協会のホームページに、二代立花家橘之助襲名披露興行の案内が掲載された。

落語協会ホームページの該当ページ

 まるでチケットぴあのページのような内容だが、引用する。

2017年07月05日
平成29年 秋 二代立花家橘之助襲名披露興行

平成29年11月上席より

三遊亭小円歌 改メ 二代 立花家橘之助
前売り販売開始:9月1日(金)  ※国立演芸場のみ11月1日(水)より
お問い合わせ:一般社団法人落語協会 03-3833-8565
チケットぴあ:http://t.pia.jp/
Pコード入力または音声認識予約 ( 057 0-02-9999 )
ぴあプレミアム会員専用 ( 0570-02-9944 )

 初代のことの紹介も含め、何ら関連情報のない、相変わらずの内容。
 しかも、日程と会場については、「ポスターを掲載したから見ろ」、と言わんばかりで、文字情報なし。

 これって、ホームページの体をなしていない。

 日程・会場はポスターをダウンロードして参照しろ、ということなのだろうから、そうなりゃ、こっちも(?)、そのポスターを掲載してやろうじゃないか^^

e0337777_10171278.jpg



 なんと、11月1日から12月20日まで、ノンストップの50日間興行だ。

 落語家の真打昇進披露でさえ、3月31日や5月31日は休みだったり、国立演芸場の前に一週間空いたりする。

 この休みなしの興行は、実に凄いハードワークになるだろう。

 初代のことや、浮世節の看板のことなどは、以前書いているので繰り返さない。

 ご興味があれば、昨年11月、襲名のことが判明した際に書いた記事や、今年1月に、橘右近さんの本を元に書いた記事をご参照のほどを。
2016年11月24日のブログ
2017年1月7日のブログ

 また、山田五十鈴さんが亡くなった時に書いた記事にも、舞台「たぬき」のモデルであった初代のことにふれている。
2012年7月11日のブログ
 
 榎本滋民さんの作、橘之助の弟子の若い噺家役(モデルは七代目朝寝坊むらく、後の三代目三遊亭円馬)として古今亭志ん朝も出演した舞台で、山田さんは見事な「たぬき」を演奏したらしい。
 残念ながら、NHKは過去に放送したライブラリーがあるのに、舞台の映像を再放送してくれないなぁ。

 さて、この興行、小円歌自身の希望による五十日間休みなしの日程なら、そこに彼女の襲名への意気込み、了見が反映されている、ということだろう。
 
 ぜひ、一日でも披露目に出向いて、二代橘之助の「たぬき」を聴きたいと思っている。

[PR]
by kogotokoubei | 2017-07-06 12:36 | 襲名 | Comments(2)

落語のことを中心に、ときたま小言や独り言。


by 小言幸兵衛