噺の話

kogotokoub.exblog.jp

落語のことを中心に、ときたま小言や独り言。

2017年 05月 31日 ( 1 )

 日曜日の立川流落語会で、当代の小談志の高座(『お菊の皿』)を聴いた。

 この名では、どうしても先代の小談志を思い出してしまう。

 談四楼と一緒に真打昇進試験に不合格となり、昭和58年の立川流創設につながったのが、先代の小談志。

 立川流を辞めて、落語協会で喜久亭寿楽と名を替え、亡くなった。

 落語協会のホームページの物故者の欄に、プロフィールがある。
落語協会ホームページ「芸人紹介」の該当ページ
 
1969(昭和44)年 入門
1972(昭和47)年 前座となる
1975(昭和50)年 二ツ目昇進
1984(昭和59)年 真打昇進
1992(平成 4)年 談志門下より馬風門下へ
2008(平成20)年8月17日 肝硬変の為、死去

 昭和59年の「真打昇進」は、あくまで立川流の真打だが、そう書かれていないのが、落語協会らしさ^^

e0337777_10175456.jpg

立川談四楼著『談志が死んだ』(新潮文庫)
 
 談四楼の『談志が死んだ』から、先代の小談志に関わる逸話を、ご紹介したい。

 談志が亡くなった後の談四楼たち弟子数名が集まっての会話。
 談志のお嬢さん(弓ちゃん)が入院したことがあり、談志は「見舞いにゃ及ばん」と言っていたのに、抜け駆けした者がいて、結局、談志は、他の弟子に「なぜ見舞いに来ない」と激怒。「今日来ていないヤツは倍付けの罰金だ」と言い出した騒動のことから、快楽亭ブラックの話題になり、一堂大笑いになった後の場面。

 その笑いが収まった時、談幸がボソリと言った。
「あの後ですよね、小談志兄さんが辞めたのは」
 一瞬、尻が浮いた。そう、その名が出てこないのでヘソを曲げていたのだが、まさかこんな形で出るなんて。何だって談幸、あの弓ちゃん事件の後に小談志兄さんが辞めたって?それは本当か。
「ええ、よく覚えてます。だいぶヘコんでましたからねえ」
 まさか、小談志は罰金くらいでヘコむ男じゃない。家はあるし、扶養するのはおっかさん一人だし、兄貴だっているんだ。違う。弓ちゃんの件はあくまできっかけであって、カネを取られたから辞めたんじゃない。
「あいつの手が治った時はホッとしたよな」
 おお、左談次の助け船だ、ありがたい。そう、あれは一門の喜びだった。手の皮膚炎のことで談志からやいのやいの言われることはなくなったのだから。あれはまだ真打になる前、二ツ目の頃だった。
「確か草津で治したんだよな」
 左談次の問いを私が引き取った。
「そうです。あるお客さんが見かねて、上州は草津の温泉旅館を紹介したんです。昼は湯治で夜は宴会の余興、それを繰り返すこと一ヶ月、手をすっかり治し、おまけにギャラまでもらって帰ってきたんです」
「効いたわけだな、草津の湯が」
「効きますとも。『草津よいとこ薬の温泉(いでゆ)』ってくらいのもん」
「また始まりゃがったな、『上毛かるた』が」
「まだありますよ。『伊香保温泉日本の名湯』『世のちり洗う四万温泉』・・・・・・」
「うるせいよ、群馬ヤロー」
「ずいぶんネチネチやられてましたもんね」
 と再び談幸。
「何の話?」
「小談志兄さんです。あの試験の後、師匠は小さん師匠に電話したらしいんです。で、小さん師匠が、談四楼はともかく小談志はヒドいって」
「待てよ、ヒドいのは他にもっといたぜ。悪く見てもあの兄さんは中の上だよ」
「でも師匠はそれを信じたんです。脱退は決意したものの、まだあの時は小さんとは師弟でしたから」

 これで、小談志という噺家の輪郭が、ぼんやりではあるが、浮かんでくるのではなかろうか。

 そして、このやりとりで、談四楼は、ある光景を思い出す。
 ふいに有楽町は芸術座での光景が脳裏に浮かんだ。
「芸術座で小談志兄さんと披露目をやったんだけど・・・・・・」
「ああ、あそこな。建て替えで東宝名人会がなくなって、確か芸術座で月イチかなんかの興行を打ったんだよな。オレも披露目やったからよく覚えてるよ。目茶苦茶キップ売らされてギャラは雀の涙、あの疲れ方だけはよく覚えてる」
 そうだ、それは兄弟子である左談次も通った道なのだ。芸術座のシステムは立川流となっても変わらず、数十万円のチケットを売り歩き、支払い、差額の一万数千円をもらったのだ。小談志と二人、打ち上げの店の支払いを済ませると、その出費総額のあまりの多さに呆然としたっけ。
 いや、唐突に思い出したのはその光景ではない。芸術座の袖だ。下手だ。色川武大先生がそこにいた。私が一席やって仲入り、そのあと口上があって、トリの小談志が高座にいた。色川先生の隣りにシルエット、あ、あれは談志だ。色川先生と談志は口上に並び、色川先生からは身に余る言葉をいただいた。先生と談志は着換えを済ませ、舞台の袖から小談志の高座に目を向けていた。
 私もまた着換えを済ませ、小談志の高座を見届けるべく、下手の袖へと近づいてゆく。色川先生は立って腕を組み、聞き入っていた。談志が話しかけ、色川先生が目を見開いた。ああ、なぜ私はこの肝心なシーンを封印していたのだろう。談志は言った。
「先生、聞かなくていいですよ、こいつの高座。これは私の失敗作ですから」
 立川流の顧問になって、まだ間もない色川先生だった。
 (中 略)
 いつもは眼半眼の体の先生の目が、この時ばかりはカッと見開かれた。そして言ったのだ。
「談志クン、お弟子さんのことをそんな風に言うもんじゃないよ。いいお弟子さんじゃないか。楽屋で見ていてもわかる。キミへの敬意があふれてるよ。いや、それは確かに少し大間かもしれない。時流とのテンポが合わないのもわかる。でも昔はもっと大間の人がたくさんいたんだよ。それはキミも知ってるはずじゃないか」。
 談志は黙って聞いていた。私は気配を消して固唾を飲んで二人を見つめていた。


 以前紹介した高田文夫の「誰も書けなかった『笑芸論』」の立川談志の章に、次のようなことが書かれていた。
 
 残したお言葉数あれど、最高なのが、
「馬鹿は火事より恐い」
 他にも、
「銭湯は裏切らない」
「人生、成り行き」
「親切だけが人を納得させる」
 尊敬する人は「手塚治虫」「森繁久弥」「色川武大」。

 尊敬した色川武大の言葉を、談志はどう腹に収めたのだろうか。
 
 談志と小談志の間には、談四楼が知らなかったどんな事件や会話があったのか、二人ともいない今では、知る術はない。

 

 談四楼の本には、喜久亭寿楽として亡くなった先代小談志の横浜で行われた通夜のことが書かれている。
 少し早く着いたようだ。次第に落語家の数が増え、立川流の兄弟子や弟弟子もやってきた。
「急だな。脳溢血か?」
「心臓って聞いたけど」
「そうか、いくつだった?」
「五十を出たばかりじゃねえか」
「若ェな」
「うん、若過ぎる」
 落語協会の者同士がそんなことを言っている。出鱈目ばかりだ。心臓じゃない、肝臓だ。五十を出たばかりときた。五十六だ、よく覚えとけ。こいつら、関心もないのか。兄さんよ、なんでこんなヤツらのいる協会なんかに・・・・・・。
 ライオンズ協会の法被を着ている人が異様に多い。そうか、兄さんはクラブ活動と称し、ライオンズクラブにけっこう打ち込んでいたんだっけ。それにしても、受付、案内役と彼らの活躍ぶりは目ざましく、所属する横浜のみならず、神奈川、いや全国からやってきているのだ。かつての私の兄弟子のために。
 読経の中、焼香がすむと、法被の人が通夜振る舞いの席に案内してくれた。相当数の落語家の出席が見込まれ、一般客とは別に専用の部屋が設けられたらしい。漫才など色物の芸人もいる。
 兄弟子の左談次と二人、落語協会会長の鈴々舎馬風夫婦に挨拶する。
「この度はどうも・・・・・・」
「おう、よく来てくれたな。これからという時に残念だよ」
 この人に引き取られ、喜久亭寿楽という名で死んだのだ、立川小談志は。

 残念ながら、立川小談志、そして、喜久亭寿楽の高座を聴く機会はなかった。

 その小談志という名を継いだ当代の高座にはご縁があった。

 また、ぜん馬、談四楼なども初めて聴くことができた。

 いろいろ野暮用もあり、数年前に比べて寄席や落語会に行く回数は減ったが、できるだけまだ聴いていない人の高座に出会いたい、と思っている。

 日曜の立川流落語会に初めて行って、どうしても、先代の小談志のことを書きたくなった次第。


[PR]
by kogotokoubei | 2017-05-31 21:36 | 落語の本 | Comments(2)

落語のことを中心に、ときたま小言や独り言。


by 小言幸兵衛