噺の話

kogotokoub.exblog.jp
ブログトップ

2009年 05月 30日 ( 2 )

朝日名人会のことを書いてから今日5月30日の朝日新聞を読んでいたら、文化欄で落語を取り上げていた。

 タイトルは「あのとき 落語が変わった」である。

 署名記事だから、お名前を紹介したほうがいいいのだろう。井上秀樹さんという記者(?)である。webサイト「asahi.com」にも掲載されている。
朝日新聞サイトの記事
二つある大文字のリードが目立つ。
「1978年 円生の協会分裂騒動」
「若手躍進 新作創作の呼び水に」


 落語協会脱退、三遊協会設立の記者会見の写真もある。
e0337777_11055503.jpg

落語協会脱退の記者会見で語る三遊亭円生(中央)。右は古今亭志ん朝=78年5月

 右端の志ん朝の様子が、当日の苦悩を物語っている・・・・・・。

 昭和53年(1978)年の”5”月に赤坂プリンスで落語協会脱退の記者会見をした、という時期的な同一性が、今日の掲載になったのであろう。それにしてもギリギリのタイミングだ。まぁ、それはいい。しかし、次の内容を読んで、どうしても違和感を持つのだ。

 まず、最初にこう書かれている。
--------------------------------------------------------------------------
オーソドックスな古典派から、何が飛び出すかわからぬ新作派まで、現代の
落語家は多士済々。「落語ブーム」なんて呼ばれるいまが当たり前と思うなかれ、
下手すりゃかしこまって鑑賞すべき「古典芸能」になっていたかもしれないのだ。
もし、保守本流のあの人が、反旗を翻さなかったら。
--------------------------------------------------------------------------

 その後、あの円生の落語協会脱退事件の説明に入り、円丈のことに話は移る。
--------------------------------------------------------------------------
 マスコミは「落語協会分裂騒動」と書きたてたが、大勢はあっけなく決着する。
古今亭志ん朝を始め新協会に参加予定だった主な落語家は、次々と落語協会
へ復帰となった。円生は弟子たちを率いて奮闘するが、約1年後に急死した。
 この騒動が、一人の奇才落語家を花開かせる。
 三遊亭円丈、当時33歳。円生に入門し、分裂騒動の2カ月ほど前に真打ち昇進
したばかり。円生の死後、落語協会に復帰した。
 騒動のさなか、新作落語のネタおろし会を始めている。
 「一生を賭けるるんだったら、自分にしかできない落語をやりたい」が、円丈の
信条だ。
--------------------------------------------------------------------------

 この後、自分の弟子である白鳥はもちろん、SWAのメンバー、そして上方の三枝など現在の代表的な新作派に大きな影響を与えた、云々と続く。円生の協会脱退と円丈の新作、ということをつなげるたっめに、円丈の言葉を引用している。
--------------------------------------------------------------------------
もし、円生が落語協会に残っていたら−。
「ここまで新作を極端にやらなかった。中途半端な新作と古典の二刀流になって
いたでしょうね」
--------------------------------------------------------------------------

 この後に、立川談志家元の脱退、その弟子達の活躍といった話が続いて、最後にこう締めている。
--------------------------------------------------------------------------
 新作で活性化した落語人気の礎が古典を絶対視していた円生とあっては、本人
は草葉の陰で渋い顔をしているかもしれない。とはいえ、円丈や喬太郎ら新作派が
古典を大事にしているのは、話芸を次代に伝える芸人の魂が、円生以後もしっかりと
受け継がれている証左なのだろう。
--------------------------------------------------------------------------

 この記事のロジックは、次のようになりそうだ。
(1)今日の「落語ブーム」をつくった「あのとき」は、三遊亭円生の落語協会脱退である
(2)なぜなら「落語ブーム」になったのは、古典のみならず、新作派にも優秀な落語家の
  バラエティに富んでいる(記事の言葉では「多士済々」)からであり、現代の新作派に
  大きな影響を与えているのは三遊亭円丈である
(3)その円丈は、円生が落語協会を脱退したから、新作に打ち込むことができた
(4)だから、円生の脱退が、「落語」を変えたといえるのである

 実に、おかしな論法である。円生の脱退がなかったら、落語が“かしこまって鑑賞すべき「古典芸能」になっていたかもしれない”ということでは、まさかないよなぁ。であるならば、円生の協会脱退と円丈および新作落語について、その因果関係を伝えたいのだろう。

 間違いなくSWAメンバーを含め「円丈チルドレン」という言葉があるように、円丈が今日活躍する新作派に与えた影響は大きい。しかし、「そのとき」を「円生の脱退」にすることには素直に頷けない。

 まず重要な時代背景として、当時の円丈は真打昇進したばかりで、「さぁ、これから!」と意気込んだ時なのであり、「寄席」という活躍の場を失うことが残念でならなかったのだ。

 師匠の協会脱退は、あくまで数ある「きっかけ」の一つなのであり、あえて言うなら円生の死による決別は大きな契機に違いない。円丈の言葉も、どこまで真意を現したものか疑わしい。歴史に「もし(If)」は禁物なのだが、円生グループが協会に残っていようと、少なくとも円生が亡くなってからは円丈は新作に打ち込んだはずだ。もっと、「If」を大胆にめぐらせば、円丈が円生と行動をともにし、協会に復帰しなくても新作への思いを捨てているはずがない。円生亡き後、芸術協会に行く選択肢だってあっただろう。「脱退」ではなく「円生との決別」は、円丈がその後新作に打ち込むための「あのとき」であったはず。

 この記事は、単なる今の時期5月の「あのとき」を語ることから論理が飛躍し、相当無理のある記事になってしまった感がある。もっと焦点を絞って、円生の脱退事件のことだけを振り返るとか、円丈にスポットライトを当て、彼のネタの紹介や今日の新作派への影響力などで構成しても、十分に読み物としては成立するのに残念。あるいは円生脱退と古今亭志ん朝のその後に焦点を当てた場合も、落語の重要な歴史を語ることになる。

 マスコミの影響は小さくない。落語をあまりご存じない読者が大きな見出しだけを見て短絡すれば、「円生脱退」→「落語ブーム」と受け取られないこともない。それでは、志ん朝も談志も慕った名人円生に申し訳ないだろうと思う。
[PR]
by kogotokoubei | 2009-05-30 20:47 | メディアでの落語 | Comments(0)

朝日名人会について

今年度、4,300円に価格改訂(値上げ)になってからの朝日名人会の出演者および出演予定者である。
朝日名人会ホームページ
-------------------------------------------------------------------------
第88回  4月18日(土) 桂文珍・入船亭扇遊・柳家喬太郎・桂平治・立川志の吉 
第89回  5月16日(土) 三遊亭圓窓・柳家権太楼・林家たい平・柳家三三・三遊亭きん歌 
第90回  6月20日(土) 柳家小三治・立川志の輔・古今亭菊之丞・柳亭左龍・入船亭遊一 
第91回  7月18日(土) 柳家さん喬・金原亭馬生・瀧川鯉昇・柳家喜多八 ・三遊亭金兵衛
第92回  9月19日(土) 五街道雲助・柳亭市馬・柳家花緑・柳家三三・柳家三之助
第93回 10月17日(土) 桂歌丸・桂文珍・三遊亭小遊三・三遊亭金時・春風亭一之輔 
第94回 11月21日(土) 柳家さん喬・柳家権太楼 ほか
第95回 12月19日(土) 柳家さん喬・柳家小さん ほか
第96回  1月16日(土) 柳家権太楼 ほか
第97回  3月20日(土) 柳家小三治・立川志の輔 ほか
--------------------------------------------------------------------------

顔ぶれを見ると、同じ名前が多すぎるなぁ、というのが素直な感想。さん喬師は好きだが、11月と12月が連続というのは、番組編成上でいかがなものか・・・・・・。桃月庵白酒や古今亭菊志ん、三遊亭兼好や歌奴は11月以降に出演するチャンスがあるのだろうか、なども気になる。

私は旧価格での最後の会(3月21日)の感想を書いた際、今後の懸念について次のように付け加えた。
2009年3月21日のブログ

--------------------------------------------------------------------------
この会も運営が厳しいのかもしれないが、さて、次回から全席4300円という
価格設定はいかがなものだろう。抽選による通し券でも、従来は一回当たり
3700円だったのが4000円となる。私が初めてこの会に来た2年前から
比べても、若いお客さんが増えるとともに、通し券で購入する常連さんが減って
いるようにも思う。噺の中で受ける場面や笑い方なども微妙に変わってきた気
がする。新たな客層に変わりつつあるし、また獲得しなければならないはず
なのに、プログラム編成や会場運営の姿勢は変わらないという硬直感を、
前回に続き感じた。(3月21日のブログより)
--------------------------------------------------------------------------

その後に発表された今年の顔ぶれを見て、朝日の(当面の)作戦が分かった気がした。半年に一回は「小三治&志の輔」の超目玉プログラムを組み、「さん喬プラスα」を押さえの軸として、残る会はなんとか幅広く人気者と中堅をやりくりする、ということのようだ。もちろん、超目玉の会はチケットぴあなどで「秒殺」だろうから、どうしても行きたい客は半年あるいは年間通し券購入する(抽選だけどね)ための大きな動機付けにはなるだろう。二年前から通算七回、この会に行っているが、「本命」「対抗」がこれだけ明確になった年間プログラムは、これまでに例がないのではなかろうか。
二年前2007年に行った4回の出演者とネタを参考のために記す。*開口一番と、その次の噺家さんを除く。
----------------------------------------------
2007年 5月19日 
立川談春    お花半七(宮戸川)
柳亭市馬    猫忠
林家彦いち   天狗裁き
立川志の輔   新・八五郎出世(妾馬)

2007年 7月21日
桃月庵白酒  お見立て
入船亭扇橋  弥次郎
林家正雀    紙屑屋
柳家小三治  猫の皿

2007年 9月15日
古今亭菊之丞 酢豆腐
古今亭志ん輔 居残り佐平次
柳家喬太郎  粗忽長屋
柳家権太楼  質屋庫

2007年11月17日
柳亭左龍   普段の袴
柳家さん喬  文違い
柳家喜多八  噺家の夢
桂文珍    不動坊
----------------------------------------------

2007年のプログラムはバラエティに富んで魅力的だったし、チケットも今よりは入手が容易だった。いわゆる「秒殺」はなかったはず。また3,500円のA席でも十分に楽しめた。そういったことが口コミを含め多くの落語ファンの知ることになったから昨年以降若い客層が増え、顔ぶれによっては、発売直後の「秒殺」が多かったのだろう。
確信犯的な「小三治&志の輔」という超目玉で、通し券による固定客を確保する作戦も、ビジネス的な背景を察すると分からないでもないし、客を呼べる顔ぶれを揃えるためと、運営維持のための今回の値上げだとは思う。しかし、もう少しプログラムに多様性があってしかるべきではなかろうか。また、この会の運営面全体を見た場合、朝日さんがムダなことをしてないのか、という疑問は残る。素朴な感想として、この会はスタッフが会場に多すぎる気がする。3月の会では開口一番の志ん坊が、あがってしまったのだろう名乗らなかったので、仲入りで会場のスタッフに聞いたがその人は名前を知らなかった。近くにいる別のスタッフに聞いてくれたが彼も知らなかった。会場にいるスタッフなら最初に覚えておくべきでしょう。そもそも「あなた、落語好きなの?」、と聞きたくなる。少し話がそれつつあるので戻そう。

今年は、値上げ前にすでに二回行き、4月以降のプログラムを待っていたところだったが、さすがに「小三治&志の輔」のチケットは取れなかった。しかし7月は好みの顔ぶれなのに、発売日を忘れていてチケット獲得に出遅れたのだが、意外に販売から一週間後でも前のほうのチケットを買えた。不思議だ。

この会については、私にとって魅力的なプログラムで都合もついてチケットが取れたら行く、という単純な割り切り方で、しばらくは臨むつもり。しかし、感想に小言が入るのは性分なので仕方がない。
[PR]
by kogotokoubei | 2009-05-30 09:30 | 落語会 | Comments(0)

落語のことを中心に、ときたま小言や独り言。


by 小言幸兵衛