噺の話

kogotokoub.exblog.jp

落語のことを中心に、ときたま小言や独り言。

消えかかっている噺、『富士詣り』。

 今日七月一日は、富士山の山開き。
 昨日から登り始め、ご来光を拝もうとした山好きの方も少なくないだろうが、残念ながら天候が悪かったらしい。

e0337777_11134083.jpg

矢野誠一_落語歳時記

 『富士詣り』という噺がある。
 矢野誠一さんの『落語歳時記』から引用。

富士詣り

 七月一日の富士山の山開きに、登山して頂上の富士権現に参詣することをいう。登山者は、白衣をつけて金剛杖をたずさえる。富士講と称し、団体をくんで登る人も多い。
  *
 「お富士様へ参りますに、近頃は山の登り口がたいそう変わりまして、昔江戸の道者はみな甲州へ行って、北口から登山いたしました」
 というのが、落語『富士詣り』のマクラだ。このはなし、富士詣りの途中で、山が無事にすむようにと、みんなが犯した罪をざんげする。湯屋で新しい下駄をはいてきたとか、色事のざんげなどがあって出かけると、一人が青くなった。
「この人は初山で酔ったな」
「酔ったかもしれねえ、ちょうど五合目だ」
 別題を『五合目』というゆえんだ。


 今日、どこかの寄席で、『富士詣り』を演る噺家がいるだろうか。

 『大山詣り』は、今の時代にも残りよく聴くことがあるが、『富士詣り』はまだ寄席で聴いたことがない。

 ネットで調べたら、Youtubeに柳家権太楼の音源があった。



 本来のサゲではないが、なかなかに楽しい。

 本編はちょうど寄席の尺。

 同じ矢野さんの『落語手帖』によると、かつて、七代目三笑亭可楽が得意とし、三遊亭小円朝に可楽から伝わったらしい。
 小円朝は、本来は柳派の噺、と言っている。
 権太楼は、小さんから習ってのだろうか。

 小円朝の弟子の朝之助から当時の若手にも伝わり、よく演じられたとのことだ。

 朝之助は、若くして亡くなった人で、談志との縁も深かった。
 酒さえ飲まなければ、次代を担う名手だったはず。

 朝之助がもう少し生きていてくれれば、この噺も今のように消えかかることはなかったかもしれない。

 富士山の山開きの日、今やなかなか聴くことのできない『富士詣り』という噺と、そのネタを得意としていた噺家のことを思っていた。
[PR]
Commented by tatehan at 2017-07-01 17:22
三代目小圓朝による音源を聴いて知りましたが、同師の孫弟子(?)にあたる当代(四代目)小圓朝の生演で聴いたことがありました。朝之助の弟弟子であった当代の実父で、これも「酒」が原因で早逝された(先代)圓之助。朝之助と同様に三代目小圓朝の3番弟子だった三遊亭圓橘の総領弟子である当代小圓朝にも『富士詣り』が受け継がれたのかと思いました。ちなみに『辻駕籠』という咄も聴いたことがありますが、『富士詣り』と同様にあまり地味な雰囲気の咄でした。
Commented by kogotokoubei at 2017-07-02 00:34
>tatehanさんへ

あら、しっかりご存じでしたね。
流石です。
三代目小円朝一門で継承されているんですね。
その小円朝が、本来は柳派の噺、と言っていますが、権太楼が弟子たちに伝えていって欲しいものです。
『辻駕籠』も、聴いたことがありません。
まだまだ、知らないネタ、噺家さんがいっぱいです^^

Commented by 通りすがり at 2017-07-02 12:19 x
時々ブログ拝見して楽しませていただいています。
「富士詣り」ですが、たしか昨年、南喬さんと当代の夢丸さんで聴きました。夢丸さんは若いに似合わずネタ数が多く、他で聴かない面白い話をいろいろ聞かせてもらっています。
Commented at 2017-07-02 14:40 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by kogotokoubei at 2017-07-02 15:25
>通りすがりさんへ

南喬、夢丸、ですか。
なるほど。
ベテランと若手、年齢は離れていても、二人とも寄席を大事にし、ネタも豊富な芸達者。
南喬、寄席で光る人ですし、夢丸は将来の芸協を背負って立つ一人でしょうし、ネタも豊富ですよね。
例えば私も『よいよい蕎麦』は夢丸でしか聴いたことがありません。
そういう珍しいネタに出会えると、実に嬉しいですよね。
今後は、さしつかえなければ、何かニックネームにてコメントをいただけると嬉しい限りです。
Commented by kogotokoubei at 2017-07-02 15:28
>鍵コメさんへ

そうでしたか、あの若手も演じますか。
貴重な情報なたびに、過分なお褒めをいただき、ありがとうございます。
今後も気軽に拙ブログにお立ち寄りください。
Commented by りつこ at 2017-07-02 18:29 x
「富士詣り」、ニツ目になったばかりの小はぜさんがやられています。
あと、夢丸さん、夏丸さんでも聴いたことがあります。
案外若手が積極的にこういう噺をやっているイメージがあって、頼もしく感じます。
Commented by kogotokoubei at 2017-07-02 20:11
>りつこさんへ

情報ありがとうございます。
皆さんからこんなに現役の噺家さんのこのネタの情報をいただくとは予想外でした。
まだまだ私の落語の聴き方が少ないし、甘いなぁと反省しきりです。
若手が多くかける、というのは、小円朝が稽古した朝之助から周辺に伝わった当時もそうだったようです。
今も、誰かが発信源になっているのかなぁ・・・・・・。
『大山詣り』よりは、ずっと短い小品で寄席向きの噺ですが、こういうネタが残っていくことも大事だと思います。
若手で、そのうちぜひ聴いてみたいものです。
Commented by トシ坊 at 2017-07-05 01:11 x
遅ればせながら、「富士詣り」は南喬師のDVD(小学館「落語のいき」)がありますので、参考まで。
Commented by kogotokoubei at 2017-07-05 09:34
>トシ坊さんへ

情報ありがとうございます。
この記事は、皆さんのコメントで教わるばかりです^^
Commented by 彗風月 at 2017-07-10 11:32 x
こんにちは。毎日お暑いですね。さて「富士詣り」。ボクは目白の師匠で1回耳にしました。地味で面白味のない噺だなー、と思っていましたが、今でも若手の間でこれだけ掛けられているということは、面白い工夫が逆にしやすい噺ということなのかもしれませんね。寄席でうまく当たる日があることを期待します。
Commented by kogotokoubei at 2017-07-10 12:19
>彗風月さんへ

そうでしたか。
この記事では、私の経験のなさを露呈するばかり^^
懺悔をする場面で、いろいろとクスグリは入れやすいのでしょうね。
こういう噺が残っていることは大事だと思います。
また、落語会でお会いしましょう!
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

by kogotokoubei | 2017-07-01 12:31 | 落語のネタ | Comments(12)

落語のことを中心に、ときたま小言や独り言。


by 小言幸兵衛