噺の話

kogotokoub.exblog.jp

落語のことを中心に、ときたま小言や独り言。

円楽の落語芸術協会加入について。

 円楽が単独で落語芸術協会(芸協)に入るらしい。
 日刊スポーツから引用する。
日刊スポーツの該当記事
三遊亭円楽、落語芸術協会に客分加入 席亭が後押し
[2017年6月24日9時41分 紙面から]

 5代目円楽一門会に所属する落語家三遊亭円楽(67)が落語芸術協会(桂歌丸会長)に客分として加入することが23日、分かった。

 円楽は5代目円楽一門会に所属。過去一門会全体の合流を打診したが拒否されていた。今回は席亭の後押しもあり、円楽は一門会に属しながら単独での加入を申請。27日に開催される同協会総会で正式承認される。

 “客分”・・・まるで、ヤクザの世界^^

 後押しした席亭は・・・末広亭かと察する。

 なぜかと言うと、芸協の芝居で客の入りが悪く、他流派からの出演などでテコ入れするように注文したのが末広亭の席亭だったかからだ。

 五年前に、新聞記事の紹介などで、芸協と他流派をめぐる一連の動きについて記事を書いた。
2012年1月27日のブログ
2012年2月7日のブログ
2012年4月16日のブログ

 芸協による定席寄席(芝居)は、その後若手育成などの成果も出て、客の入りは改善されていると思う。

 五代目円楽一門が丸ごと加入することで、鈴本以外に三つ、国立演芸場を含めても、たった四つしかない寄席への出演機会が減ることには、会員の多くの抵抗があったため、まとめて加入する案は実現しなかったのだろう。

 では、円楽一人なら、いいのか・・・・・・。
 私は、まったく合点しない。

 これは「笑点」で全国レベルの知名度のある円楽を利用した観客動員のための措置であるとしか思えず、会長歌丸との強い関係が背景にあるのは間違いなかろう。

 立川談幸が弟子二人を連れて芸協に加入したのとは、まったく違う。

 ブログを始める前に生の円楽(当時は楽太郎)の高座を聴いている。
 テレビで「今どき落語 特別編」の高座を見たこともある。
2013年1月3日のブログ
 その放送で、高座の後のインタビューを見た感想を次のように書いていた。
「誰かが談志、志ん朝を継いでもらい、三人会をしたい」などと言う発言を聞いても、この人がとんでもない勘違いをしていることが分かる。噺家として肝腎な時期に寄席に出ることが出来なかったという外的要因もあるが、それ以上に、自分が上手いと思っている驕りが見える。

 テレビでの人気に胡座をかいた傲慢さが、高座から漂ってくるのだ。

 それだけの技量があるか・・・・・・。

 芸協の同程度のキャリアのある噺家さんと比べて、彼らを上回る技量があるとは、まったく思えない。

 彼が寄席に出るということは、誰かが出番を失う、ということである。

 観客動員は増えるかもしれない。
 しかし、経済的要因だけでは測れないものを、芸協は失うように思う。

 円楽が提唱した博多の落語会などを含め、芸協の噺家さんと交流は深くなっていて、会長、副会長以外にも、彼の入会に賛成するベテランもいるかもしれない。

 しかし、快く思わない協会員も少なくないだろう。

 もちろん、好みの問題も、ある。
 少なくとも私は、彼が出る芸協の芝居には、行くつもりはない。

[PR]
Commented by hajime at 2017-06-26 19:31 x
こんばんは~ 何とか復帰出来ました!
今回の記事ですが、全く同意見です!
勘違いの件ですが、彼は噺の解釈でも多々勘違いをしている感じがします。
例にだすと「初天神」の親子ですが、子供が父親をこまして喜んでいるような描写があります。とんでもない事だと思っています。この親子は本当に仲が良く、金坊は父親が好きなのです。その辺が判っていません。全てとは言いませんが、解釈に疑問を感じる噺が多いですね。名前は継げても芸の大きさでは先代に及ばないと思っています。
浅草では芸協でも良く入っていますよ。一時居たやる気の無い噺家は消えました。テレビで名前が売れている彼の加入は興行的には潤うでしょうが他の噺家にはどうなのでしょうか? そんな事を思いました(^^) 長文失礼しました。
Commented by kogotokoubei at 2017-06-27 08:48
>hajimeさんへ

復帰、おめでとうございます!

円楽の噺の解釈についての勘違い、よく分かります。
榎本滋民さんの本の言葉で言うなら、「伝える」べきものと、「創る」べきものを取り違えているのでしょうね。
また、小三治の言葉を借りるなら、彼の高座では、登場人物になりきって、その相手に向かって語るべきなのに、ウケを狙って客席に向かって語っているということでしょう。
今回の彼の芸協入りは、体調不十分な歌丸が会長の間に実現したいという焦りの表われでもあるのでしょうが、それは“老害”、“我がまま”と非難されても不思議はない。
最近は芸協の応援をしているつもりだったのですが、実に残念です。
次期会長は小遊三が有力でしょうが、私は茶楽が適任だと思っています。
Commented by ほめ・く at 2017-06-27 10:29 x
圓楽一門の芸協加入で、問題になったのは恐らく香盤だと思います。通常、他の流派から加入した場合、真打では一番下の香盤に置かれますが、それでは圓楽一門が納得できない。かと言って例外を設け、キャリアで香盤を決めれば今度は協会員が黙っていないでしょう。
圓楽を客分として正式会員にできなかったのも、同じ事情だと思います。
ただ好き嫌いは別にして、私は立川流や圓楽一門の噺家が定席に出られるようにするのは賛成です。そのために知恵を絞ってみる必要はあると思います(新たな定席を作るとか)。両派ともカリスマがいなくなり、結束の維持が困難になっていると推察されます。
Commented by saheizi-inokori at 2017-06-27 15:16
圓楽ねえ、あまりぞっとしないなあ。
Commented by kogotokoubei at 2017-06-27 21:23
>ほめ・くさんへ

私も円楽一門、立川流の噺家さんが寄席に出ることの意義はあると思っています。
しかし、国立を含めても五つしか寄席はない。
しかも、芸協は鈴本に出られないので、四つ。
数多い会員の出演機会を奪わないようにするには、キャパを増やすしかない。
まず、芸協と鈴本が和解することが、優先するような気がします。
もういいでしょう、雪解けも^^
落語協会だけでは、「えっ!?」と思う主任や構成が見受けられます。
次は、新たな寄席の設立ですね。
永谷系も頑張っていますが、それだけでは足りない。
上方落語協会と天満天神繁盛亭のように、それぞれの協会が定席を持つことも一つの案でしょう。
Commented by kogotokoubei at 2017-06-27 21:24
>佐平次さんへ

同感です。
歌丸の最後の仕事のつもりでいるのでしょうが・・・・・・。
Commented by at 2017-06-28 06:48 x
これはややこしいことになったな、と私も感じました。
1 芸術協会が鈴本演芸場に出られない(出ない?)
2 立川流と圓楽一門は寄席には出られない
といったことが知恵の輪にようにこんがらがってしまっているんですね。
誰が英知の人が出てほどいてほしい、
それにはファンが声を上げるしかないと思います。
Commented by ぱたぱた at 2017-06-28 08:12 x
圓楽の芸協加入ですが何を何故、今なのかというのが正直な感想です。以前に圓楽一門か立川流の芸協加入を芸協理事会に諮ったとき、否決されたのですが、あれから数年経ち客席が賑わうならということで芸協理事会で承認されたのかなととらえています。国立演芸場は別にして他の定席の入りがどうなっているかわかりかねますが、成金効果で客足は悪くないのではと思います。
それより、歌丸会長の続投決定の方が驚きです。
いい加減、小遊三かさらに若い人に譲って欲しいです。余程なり手がいないのだと推察しますが、それならショートリリーフで米丸もありと思ってますよ。米丸は今の落語界の修行期間の長さに異論をお持ちのようですし。
Commented by kogotokoubei at 2017-06-28 12:17
>福さんへ

芸協と鈴本、三十年余り経っても関係が修復しませんね。
米丸が健在な間は、無理なのかな・・・・・・。

いったん出て行った円楽一門や立川流の復帰を落語協会が認めるのも難しい。

なかなか、良い知恵が浮かびません。
Commented by kogotokoubei at 2017-06-28 12:22
>ぱたぱたさんへ

米丸のショートリリーフ・・・・・・年齢的に厳しいのではないでしょうか。
会長続投について、歌丸が含みを持った言い方をしているようですね。
果たして、今後、どんな展開を見せるのか。
半分、成り行きを楽しみたいと思っています。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

by kogotokoubei | 2017-06-26 12:54 | 落語芸術協会 | Comments(10)

落語のことを中心に、ときたま小言や独り言。


by 小言幸兵衛