噺の話

kogotokoub.exblog.jp

落語のことを中心に、ときたま小言や独り言。

ある落語会のことや、木戸銭のこと。

 メールで、ほぼ毎日、落語会の案内がくる。

 三ヵ月も四か月も先の案内などもあって、予定を決めることもできず予約はしないが、内容によってはリンク先で詳細を確認することもある。

 木戸銭を確認すると、それなりに名の通った噺家さんが複数出演する会は、四千円を超えるものが増えてきたような気がする。

 また、独演会や二人会でも、噺家さんや会場によって、結構な木戸銭を設定している。

 その中でも驚いたのが、この落語会だ。
----------------------------------------------------------------------
赤坂ACTシアタープロデュース 恒例 志の輔らくご
第一部 大忠臣蔵-仮名手本忠臣蔵のすべて/第二部 落語 中村仲蔵
[出演]立川志の輔
2017年5月4日(木・祝)-2017年5月7日(日)
会場:TBS赤坂ACTシアター (東京都)
----------------------------------------------------------------------

 木戸銭は、5500円。
赤坂ACTシアターサイトの同公演のページ

 赤坂ACTシアターは、一階席が890、二階席434で、合計1324席もある大ホールだ。
 そもそも、落語に相応しい小屋とは言えない。

 渋谷のパルコがなくなってからの目玉づくり、ということか。

 志の輔の企画では、恒例で『牡丹燈篭』のあらすじ説明を含む落語会をしているようだが、ゴールデンウィークは赤坂「大忠臣蔵」を恒例にしようということか。

 すでに「恒例」と謳っている・・・・・・。
 演目についても、“恒例となった「中村仲蔵」”と説明されている。

 『中村仲蔵』は、パルコで一度ならず演じてきたお手の物の十八番。

 パルコ同様、四日間とも同じ内容・・・・・・。

 私は、こういう企画への興味はまったくない。
 がってん、しない。

 もし、忠臣蔵を題材に落語会を開くのなら、私は行けなかったが、桂文我の会のような、忠臣蔵にちなんだ複数の噺で構成するのなら、がってんだ。
 ちなみに、紀尾井小ホールで今年一月十四日(土)に開催された会では、一部と二部合わせて、次のような噺が演じられたようだ。
 「田舎芝居(大序)」「芝居風呂(二段目)」「質屋芝居(三段目)」「蔵丁稚(四段目)」「五段目(五段目)」「片袖(六段目)」「七段目(七段目)」「九段目(九段目)」「天野屋利兵衛(十段目)」「三村次郎左衛門(十一段目)」) / 桂米平「立体紙芝居」

 聴いたことのない噺が並んでいる。
 一月十四日は旧暦で十二月十七日だったので、ネタとして“旬”でもあった。
 こういう企画こそが、忠臣蔵にちなむ落語会に相応しいと思う。
 これで一部、二部のそれぞれの木戸銭は、3000円。
 ちなみに、紀尾井小ホールは250席。
 三三が、最初に『嶋鵆沖白浪』を披露した会場でもある。
 行きたかったが、野暮用で無理だった。来年もあるなら、最優先で予定したいものだ。

 対して志の輔の赤坂でゴールデンウィークの忠臣蔵・・・器が大きすぎることに加え、何ら季節感のない企画。


 もちろん好みの問題である。
 赤坂に志の輔の忠臣蔵の講義と高座を聴きに行きたい方は、どうぞ行ってください。


 江戸時代の寄席の木戸銭について以前に書いたことがある。
2014年4月29日のブログ


 いろんな考えがあるが、一両を120,000円としよう。
 一両が四千貫として一文は30円になる。
 蕎麦の十六文が480円。これでも、少し高いけどね。

 寄席の木戸銭は、安政以前の三十六文で1,080円、安政以降の四十八文で1,440円。それぞれに下足札四文、中入りに引くくじ代十六文の計二十文分の600円を足すことにして、安政以前1,680円、安政以降2,040円になる。
 寄席の木戸銭としては、妥当な気がする。

 大工の月の稼ぎが銀で135匁、銭にして9,000文という試算があるので、月の収入が現在価値で270,000円。週に一度位は寄席に行く余裕もあるだろう。

 現在、都内定席の寄席の木戸銭が、ほぼ3,000円になっているが、これはあれだけの出演者がいて、鈴本以外は入れ替わりがないことを考えると、江戸時代よりは少し割高とはいえ妥当かもしれない。

 独演会や二人会規模の落語会も、せいぜい3,000円が妥当で3,500円が上限ではないか、と私は思っている。

 だから、4,000円超えが当り前になりつつある昨今の木戸銭には、違和感がある。
 また、会場も、落語という芸能に相応しいのは200~300席ではないかと思っている。

 よって、千人を超えるような大ホールでの落語会には、原則として行こうとは思わない。
 実は、以前にそういう会に行った時の小言から、このブログは始まったのである。
 大きなホールで、高い木戸銭の会を目にする度、私には、「野暮」の二文字が脳裏に浮かぶ。

[PR]
Commented by saheizi-inokori at 2017-03-08 09:42
歌舞伎・文楽や能が(国立で割引だと)相対的に安くなってきました。
落語も楽しいけれど志の輔を一日聴こうとは思わないなあ。
Commented by kogotokoubei at 2017-03-08 12:21
>佐平次さんへ

そうですよね。
そのうち私も手ごろな木戸銭の歌舞伎や文楽にデビュー(?)しようかと思っていますが、それに比べて、昨今の落語会だけがインフレになっているような気がします。
こんな木戸銭を払わせて、旬でもない時期に、どんな忠臣蔵のお話を聞かせてくれようとしているのか・・・・・・。
もしかしたら、忠臣蔵弁当でもついているのかも^^
しかし、四段目の話の時には、食べれません。
Commented by 黒亭破天荒 at 2017-03-09 13:46 x
小言幸兵衛 様

はじめまして。私は落語に興味を持ったのはまだ最近で、知識も何もないのですが、いつも楽しくこのblogを拝見し、勉強させて頂いております。

私は志の輔師匠のファンでして、そこから落語の素晴らしさを知った次第です。

ご指摘の赤坂での木戸銭、確かに高いですよね…。ファンの私でもちょっと高いな、と思うぐらいです(笑)ですが、観終わったあとは決して高くない、と感じるだけの内容でした。もちろん、その辺も好き好きだとは思います。

「恒例」となっているのは、PARCOがある時からで、今の形になったのは2012年だったと思います。それ以前は「中村仲蔵」ではありませんでした。

志の輔師匠は今では「中村仲蔵」はこの赤坂以外では、よほどの理由が無い限り演られないんじゃないでしょうか?(※赤坂以外では、この公演のリハーサル的に富山のてるてる亭でも演られます。ご本人は「リハーサルではなく「先駆けて」」とフォローされますが(笑))

赤坂ACTシアターは歌舞伎、中村勘三郎さんと縁が深い会場でもあり、勘三郎さんが亡くなられてから敬意を表して、この会場で「中村仲蔵」を演られている、とも聞いた事があります。「赤坂ACTプロデュース」ですので、会場からのリクエストもあるのではないでしょうか?

赤坂ACTは確かに広く、小言幸兵衛様のおっしゃる通り落語向きではないですよね。私は席数270のてるてる亭と、席数1300の赤坂ACT両方で志の輔師匠の「中村仲蔵」を聴きました。当日の出来不出来ももちろんあると思いますが、志の輔師匠の「中村仲蔵」は圧倒的に赤坂ACTで無いと良さは出ない、と感じました。あの広さがあるからこそのあの演出、間だと私は感じました。もちろんこれも好き好きではありますが。

小言幸兵衛様に意見をどうこう…と言うわけではありませんが、あまりにも志の輔師匠が好きなものですから、「そんなに悪く言わないで~」とメッセージさせて頂いた次第です(笑)どうかお気を悪くなさらないでくださいませ。

それと、こちらのblogで三三師匠の「嶋鵆沖白浪」を知り、興味を持ちまして、5月の名古屋での公演チケットを何とか手に入れました。今から本当に楽しみです!素敵な情報、ありがとうございました。

今後もblog楽しく拝見させて頂きます。どうぞよろしくお願い致します。
Commented by kogotokoubei at 2017-03-09 15:47
>黒亭破天荒さんへ

コメントいただき、誠にありがとうございます。

誤解はないと思っておりますが、私の志の輔という噺家への評価は決して低くはありません。
あくまで、その興行の形式と木戸銭に関して腑に落ちないという思いがあるということです。
かつては、独演会にも行ったことがありますし、感銘を受けた高座もあります。

今回の企画、ご本人の発想もあるでしょうが、会場、主催者側の意向も強かろうと察してはいます。

好みの問題で言いっ放しのやりとりは好まないので、大ホールでの落語会に関する私見を何度も繰り返す愚を避けます。
『中村仲蔵』というネタに関しては、まだお聴きではなければ、八代目正蔵の音源を是非お奨めします。
露の五郎から露の新治への継承で上方にも正蔵のエキスが息づく噺です。

三三の「たびちどり」を名古屋まで行かれてお聴きになるとのこと。
ぜひ、初代談洲楼燕枝という噺家の残した名作をお楽しみください。

懲りずに、気軽に今後もお立ち寄りいただければ幸いです。
Commented by 黒亭破天荒 at 2017-03-09 19:16 x
小言幸兵衛 様

ご丁寧なお返事、ありがとうございます。偉そうなメッセージをお送りして大変失礼致しました…。どうかお気を悪くなさらないで頂けましたら幸いです。

ほぼ毎日こちらのblogを拝見し、いつかコメントをしてやりとりさせて頂けたらな、と思っておりました。こうしてやりとりして頂き、本当に光栄です。

小言幸兵衛様の志の輔師匠への評価、もちろん誤解はございません。私も大ホールでの会に関しては疑問と言いますか、落語に向いていないな、と感じる事もあります。空間や会場は本当に大切なんだな、と思います。

八代目正蔵師匠の「中村仲蔵」、以前もblogで書かれていましたよね?音源を探して聴いてみたいと思います。ありがとうございます!

私は名古屋にほど近い所に住んでおりまして、三三師匠の「たびちどり」が近くで行われる事は大変な幸運だな、と思いスケジュールもわからないのにとりあえずチケットを取りました(笑)即完売でしたので、入手でした事も幸運でした。

懲りずに、なんてとんでもございません。こちらのblogの大ファンです。これからも色々と勉強させて頂きたいと思っております。よろしくお願い致します。
Commented by kogotokoubei at 2017-03-10 00:50
>黒亭破天荒さんへ

過分なお褒めの言葉、恐縮です。

名古屋近郊にお住まいですか。
大須は、古今亭志ん輔が出演中ですね。
再開後の大須の出演者の顔ぶれ、悪くないと思います。

三三も、全国区になってきましたね。
「たびちどり」が良い思い出になることをお祈りいたします。
よろしかったら、ご感想などお送りください。
Commented by ぱたぱた at 2017-03-11 17:34 x
ご無沙汰いたしております。コメントしていなくても貴ブログには定期的に目を通しております。
さて、落語会の木戸銭はここ2,3年程で上がっています。私が行っている鶴川落語会も消費税改定の影響で2,800円から3,200円に上がってしまいましたが、まぁやむを得ないなと思っています。あと、志の輔の独演会ですが、私も3年前までは、正月のPARCOの志の輔らくごに行っていました。その時の木戸銭は6000円、手数料が300円であわせるとばかにならない出費でした。それでもPARCOの小屋に合うだけのライブ感は楽しめました。また、中村仲蔵といえば、数年前に本多劇場で「半刻噺」と銘打って1日を3部制に分けて夜の7時半開演で中村仲蔵をかけたことを憶えております。その時の木戸銭は3,000円でした。志の輔としてももっと落語を手ごろな木戸銭で聴いていただければという主旨で開催した会でしたが、口演時間が半刻に収まらず、終演間際に「半刻では終わらないですね。」と言っていたのが印象的でした。
Commented by kogotokoubei at 2017-03-12 17:04
>ぱたぱたさんへ

お久しぶりです。
志の輔ファンは、やはり多いなぁ^^
「半刻噺」ですか。
ほぼ一時間の噺、ということですね。

パルコには行ったことはありませんが、以前はWOWOWで観たことがあります。
あの会いついての私見は書いていますにで、繰り返すのはやめにします。

同じネタで何日も続ける興行についての小言も、何度も書きましたので、お読みになる方も辟易でしょう。

好み、そして価値観は人それぞれ。
あくまでも拙ブログの記事は私の主観ですので、ご了解のほどを願います。


Commented by ぱたぱた at 2017-03-12 20:38 x
拙コメントに対するご返信ありがとうございます。実はPARCO、本多劇場の他にも、赤坂ACT、にぎわい座と志の輔の会には行っていましたが、
一番会場としてよくなかったのは、前の方がコメントされているとおり、赤坂ACTでした。
こういうことを書いていると、志の輔ファンと思われてもやむを得ないのでしょうね。ここ2年は志の輔を生で聴いていなかったことを思い出しました。先日、赤坂ACTでの志の輔らくご「中村仲蔵」の会の案内がDMで来ていました。確かに小兵衛さまのおっしゃるとおりで5,500円は出す気がしないというのが今の当方の心境です。
Commented by kogotokoubei at 2017-03-12 21:59
>ぱたぱたさんへ

ご丁寧な返信、ありがとうございます。
にぎわい座は地の利もあるので行こうと思ったことがあるのですが、あっと言う間にチケット完売でした。
以前に書いたことがありますが、「志の輔七夜」とでも題して、一日三席、違う噺を二十一席の会でも開いてくれれば、行きたくなるかもしれません。
とはいえ、それも会場と木戸銭にもよりますね。

名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

by kogotokoubei | 2017-03-08 08:54 | 木戸銭 | Comments(10)

落語のことを中心に、ときたま小言や独り言。


by 小言幸兵衛