噺の話

kogotokoub.exblog.jp

落語のことを中心に、ときたま小言や独り言。

NHK「べっぴんさん」、菅野美穂の関西弁の語りに違和感あり。

 新しいNHK朝の連続テレビ小説「べっぴんさん」で、気になることがある。
 
 主人公の母親坂東はなの役で出演している菅野美穂が「語り(ナレーター)」も務めているのだが、その関西弁に違和感がある。
NHKサイトの「べっぴんさん」のページ

 神奈川県伊勢原生まれで埼玉育ちの菅野の関西弁は、何ともたどたどしいし、私には生粋の関西人の言葉とはかけ離れて聞こえてしまう。
 
 なぜ、彼女が「語り」までをする必要があったのか疑問だ。

 私は北海道生まれで学生時代を関西で過ごしただけでその後は越後経由で関東に住んでおり、とても本物の関西弁は話せないが、聞く耳は持っているつもり。

 関西の方は、菅野の「語り」を聞いていてどう思われているのだろうか・・・・・・。

 「とと姉ちゃん」は、花森安治という反戦、反権力のジャーナリストの真相を描くのを避けた。
 それは、歴史の歪曲ではあったが、捏造とまでは言えない。

 あえて書くが、菅野の「語り」は、言葉の捏造だ。
 
 江戸っ子の言葉、上方の人の言葉、そして全国各地の方言は、その土地の歴史、文化と密着したものである。
 聞く人の耳に、その言葉がどう響くのかということに、もっとメディアは気を配るべきではなかろうか。
 関西弁と言っても、大阪、京都、神戸では違う。
 「べっぴんさん」の舞台は神戸。
 しかし、菅野美穂の言葉には、神戸に限らず関西のどの土地の香りも、私は感じない。

 もちろん、菅野美穂も含め、出演者にも関西出身ではない人が、関西弁を話す人もいる。
 しかし、演者の場合、動的な演技全体の流れの中での言葉なので、その演技の中で「言葉」の問題を緩和することもできようが、「語り」は姿のない「言葉」そのものである。
 ドラマの底流となる重要な「言葉」なのだ。

 もし、関西弁でナレーターを行うなら、関西出身の、“地”で関西弁を語れる人にすべきではなかろうか。

 ドラマを見ていて、彼女の語りが入ることで流れが途切れるような気がして、興が削がれるのである。

[PR]
Commented by 山茶花 at 2016-10-08 10:20 x
「べっぴんさん」は見ていなかったのですが、幸兵衛さんが仰るので今BSで見てみました。

確かに違和感ありですね。何となく気持ち悪い。私はあまり関西弁を使いませんが(イントネーションは多少関西でしょうけど)、言葉で何となく「この人関西出身かな」というのは聞き分けられます。

今でこそテレビなどの影響で、関西の言葉も似たり寄ったりになってしまいましたが、以前は随分違ったようです。「べっぴんさん」の舞台である神戸の山手は、元々大阪船場の商人が多く移り住んだ地域です。「あさがきた」のあさの娘夫婦も結婚して芦屋へ移り住むというエピソードが出てきました。実際大阪の大手企業の住宅は阪神間の山手にあります。その為、「絶滅した」と言われる「船場(せんば)言葉」が芦屋や西宮、神戸の山手で今も生きていると言う事です。

大阪はと言うと、高度成長期に主に中国・四国・九州から働き手が来て、古い言葉は廃れていった様です。京都も古い京言葉は既にお年寄りしか使わない。家に来られるピアノ調律師の方が宝塚在住ですが、会社は大阪市内。仕事は関西全地域。京都のお年寄りだけ「にいちゃん、おおきにー」と言われるんだとか。「大阪でも『おおきに』と言われた事はないですね」とのこと。

関西二府四県の人たちは、変な関西弁に敏感ですから苦情が言っているかもしれません。
Commented by kogotokoubei at 2016-10-08 10:34
>山茶花さんへ

あら、わざわざご覧いただきましたか。
お手数おかけしました。

あの「語り」、イントネーションも気になるし、あの鼻にかかった声は、ナレーターにまったく適していないと思います。

関西の三都でも、それぞれ独自の言葉が次第に消えつつあるのですね。
「おおきに」は、学生時代に毎日耳にした言葉です。

船場の言葉などは、少なくとの落語の世界で伝え続けて欲しいと思います。
東京の落語家には、上方の言葉の魅力は伝えられようがない。
ドラマの「語り」だって同じでしょう。

「べっぴんさん」は、基本的には相対的に裕福な家族の物語なので、あまり気乗りがしない、というのが正直なところです。
加えて、あのナレーターですからねぇ。

そのうち見なくなるかもしれません。
分かりませんがね。

大河もそうなのですが、「言葉」をもっと大事にして欲しいものです。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

by kogotokoubei | 2016-10-07 12:27 | 幸兵衛の独り言 | Comments(2)

落語のことを中心に、ときたま小言や独り言。


by 小言幸兵衛