噺の話

kogotokoub.exblog.jp
ブログトップ

蕎麦は、やっぱり小千谷の「へぎそば」・・・ミミー、ユウ、ごめん。

 今年も越後の夏。
 連れ合いの義父、義母、ともに昭和一桁生まれで、あちこちを医者の世話になっている。
 
 今朝も、義母の通院に連れ合いが同行。

 幸い、心配したほどでのことではなく、ほっとする。
 
 となれば、昼食は、へぎそばの老舗、小千谷(おじや)の「角屋」なのである。
 へぎそばは、つなぎに海草(ふのり)を使っていて、コシがあって、のど越しも良い、個人的には日本一の蕎麦だと思っている。

 ガラケーのピントのずれた写真で失礼します。

e0337777_15284422.jpg


e0337777_15292790.jpg


e0337777_15290865.jpg


 帰ったら、留守番役だったミミー(左)とユウ(右)が、「遅かったぞ!」と抗議(^^)

e0337777_16013848.jpg


 角屋には、キミ達は入れないのだよ・・・ゴメン。

[PR]
Commented by saheizi-inokori at 2015-08-13 08:39
一人で一皿食ったこともありました。
Commented by kogotokoubei at 2015-08-13 10:11
>佐平次さんへ

それは凄い。
四人前でも、普通の五人前位はありますからね。
天ぷらもつけたので、お腹いっぱいでした。
ミミー、ユウが怒るはずです(^^)
連れ合いの実家は義母の菩提寺のすぐ近くで、家の前を墓参の方が多く通り過ぎます。
お盆なんだなぁ、と実感する毎年の光景です。
私もこれから行って来ます。
Commented by 生禿 at 2015-08-13 21:36 x
へぎそばですか。懐かしいな~。
今年は新潟に出向く機会がありそうなので、ぜひ食べたいな~。
Commented by kogotokoubei at 2015-08-14 07:55
>生禿さんへ

懐かしいでしょう!
もし、お時間が許せば、小千谷まで足を運んでいただくことをお勧めします。
十日町そばの、あのお店は、味が落ちたと思います。積極的に出店を増やしており、量の拡大が質の低下になっているようです。
角屋、わた屋は、期待を裏切りませんよ。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

by kogotokoubei | 2015-08-12 16:11 | 幸兵衛の独り言 | Comments(4)

落語のことを中心に、ときたま小言や独り言。


by 小言幸兵衛