噺の話

kogotokoub.exblog.jp
ブログトップ

六代目桂文枝が、古典に挑戦・・・・・・。

 六代目桂文枝が、7月に古典『抜け雀』を演じるらしい。
*上方で‘六代目’は松鶴を指すということで‘六代’と称しているが、六代目の文枝であることに違いはない。

 日刊スポーツの記事から引用。
日刊スポーツの該当記事


桂文枝7月に18年ぶり古典落語 枝雀さんとの公約
[2015年5月7日22時9分]

 12年7月16日の69歳誕生日に師匠の名跡を継いだ落語家、6代桂文枝(71)が7日、大阪市内で、襲名丸3年となる今年7月16日に、大阪・なんばグランド花月で、「旭日小綬章受章記念 文枝SHOW 2015」を開き、18年ぶりに古典落語を披露することを発表した。

 演目は、今年3月に亡くなった桂米朝さん(享年89)の口伝で残る「抜け雀」で、ネタ下ろし。創作落語250本を生み出し、生涯「300本」を目標に掲げる創作の第一人者、文枝が原点回帰の古典に臨む。

 「米朝師からは、前々から『4代目文枝のネタもやったらええ』と言われてまして。新しいネタを作り出すんも大事やけど、古典を今の(時代の)形にして残していくんも大事やと思いました」

 文枝は、米朝さんの弟子で「爆笑王」と呼ばれた5年先輩の故桂枝雀さんへの対抗心と畏怖から、古典ではなく創作に専心。過去に例を見ない数のネタを創作し、第一人者としての立場を築き上げてきた。

 一方で、かつて枝雀さんから「いつか古典もやったら」と言われていたことから、旭日小綬章を機に、古典への取り組み再開を“公約”。今回の公演で、それを果たそうと、18年ぶりの古典挑戦を考えた。

 ネタ選びに悩むうち、枝雀さんの師匠で、米朝さんから「4代目のネタを」と勧められていたことを思い返し、4代目までの文枝が得意とし、米朝さんが掘り起こして残した「抜け雀」に決めた。
 米朝が‘四代目のネタ’を勧めたというのは、まだ上方落語愛好家の方の記憶が鮮明な五代目の十八番を演ったのでは、比較されて可愛そう、という親心だろうか。

 四代目文枝は、七代目坂東三津五郎の高弟として坂東三之丞を名乗り、日本舞踊家としても活躍した人。昭和21年に四代目文枝を襲名し、高座ではネタの後で踊ることが多かったようで、下座の奥さんに浄瑠璃を語らせ、自分は踊りの所作を演じる「浄瑠璃落語」を考案した人としても伝わっている。

 それにしても、もはや当代文枝が古典を演じることはないのだろう、と思っていたので意外だった。
 これまで、三枝の文枝襲名には否定的なことを書いてきたが、この古典への挑戦は、非常に良いことだと思っている。

 『米朝らくごの舞台裏』に書かれているが、たしかに米朝の『抜け雀』は、四代目文枝から伝えられた噺のようだ。
 四代目の頃は『雀旅籠』が上方での演題であったはずだが、米朝が東京と同じ『抜け雀』で演じたため、今では東西同じ題になったのだろう。さすがに、米朝の影響力は強い。。

 『抜け雀』を演じるのも悪くはないのだが、文枝という名を継承した人には、もっと相応しいネタがあるように思う。


e0337777_11102382.jpg

『あんけら荘夜話』(桂文枝、編集小佐田定雄、青蛙房)

 以前に紹介したが、五代目文枝の『あんけら荘夜話』から引用する。
2013年8月10日のブログ

 水兵になとうとした長谷川多持少年が、結局は船に乗ることもないまま、敗戦後に大阪に戻ってからのお話。
 学校には戻らず進駐軍のアルバイトなどをしていた多持少年。縁があって彼は交通局に勤めることになった。そこで、落語との縁結びをしてくれる人物との運命の出会いがあったのである。


 交通局に入ったのは昭和二十二年の春のことで、電気工場に配属されました。モーターとかコントローラー、ブレーカーを修理する部署です。この工場は建物の二階にあって、階下が機械工場でした。工場から現場へ貨車にいろんな品物を乗せて運ぶ「運搬部」というのがあって、その運搬部員の中に矢倉悦夫君という、おもしろい男がいたんです。
 彼は戦争中からの局員で、昼間は交通局に勤めながら夜は学校へ行く・・・と家族には言いながら、実は桂米團治師匠のところへ落語を習いに行ってたというあっぱれな人物です。そのことが新聞に紹介されたのが、私と出会うきっかけになりました。
 そのころ、私は「踊りを習いたい」と思うていました。と言っても踊りの師匠になろうとか、プロの舞踏家になろうとかいうようなつもりはありません。「ちょっとした趣味に・・・」という気持ちだったんです。ところが、芸の世界とは全く縁のない生活をしていたので、どこへ頼みに行ったら教えてもらえるものかもわかりません。その時に矢倉君の存在を知ったのです。
「落語をやってる人やったら踊りも知ってるやろ」
 というようなことで紹介してもらいました。
 私は浪曲が好きでしたから、矢倉君ともよく浪曲の話をしました。彼も浪曲が好きでしたし、都家三勝という浪曲の息子で横田君という人と学校友達でした。この横田君は、のちに米團治師匠の弟子になって「米歌子」(べかこ)という名前をつけてもらいましたが、すぐに廃業しています。
 子供のころ、うちの親父が浪曲が好きで、町内にあった浪花節の小屋へ連れて行ってくれていました。また、ミナミの十銭漫才の小屋へも連れて行ってくれたらしんですけど、あまりに小さいころだったんで、どんな人が出ていたかまではおぼえていません。芝居も好きで、大正区の松島の小屋へ新派の梅野井秀男なんかを見につれて行ってもらったこともありました。
 落語で記憶に残っているのは、親父が蓄音機を借りて来てくれて、それで初代春團治の『宿替え』なんかを聞いたことです。当時の私の落語についての知識というのはその程度のものでした。
 私が矢倉君に、
「踊りを習いたいんやけど、誰かええ師匠はいてはらへんやろか?」
 と相談すると、「それやったら、ええ人がおるわ」と、紹介してくれたのが、花柳芳兵衛師匠と坂東三之丞こと四代目桂文枝師匠でした。で、うちの師匠のほうが地理的に通いやすい・・・というだけの現実的な理由で、文枝師匠に入門することに決定したんです。


 五代目は踊りを習いたいがために、四代目に入門したのであった。
 四代目との出会いをつくってくれた矢倉君は、交通局に定年まで勤めながら落語を続けた、三代目米之助である。米朝の兄弟子に当たり、上方落語の造詣も深く、米朝でさえ「わからんことは悦ちゃんに聞きなはれ」と小佐田定雄さんによく言っていたようだ。


 五代目の初舞台、初演目についても、本書からご紹介。

私が「桂あやめ」として初舞台を踏んだのは二十二年五月二日の「上方落語を聞く会」だったと思います。会場は大阪文化会館(現在の精華小学校)でした。五代目松鶴師匠が二席やらはって、前座で旅の噺をしてはったように記憶しています。それまでは「大阪落語を聞く会」というタイトルでやっていた会が「上方落語を聞く会」と名前を変えての第一回目だったはずです。私の演じたネタは『小倉船』。矢倉君も見に来てくれました。私の名前は番付には載っていません。
「憶えたし、いっぺんやってみい」
 というような調子で、開演前の“ご祝儀”としてやらしてもらいました。
『小倉船』という噺は、途中に踊りの手が入ったり、芝居がかりになったりする噺なんです。ほんまは、手ほどきとしては難しすぎるネタなんですけど、私が踊りの稽古をしてた関係もあって、このネタを最初に教えてくれてたんです。

この『小倉船』は、四代目文枝の十八番であった。
そして、初代文枝のネタとしては、百両で質に入れたことで有名な『三十石』がある。

 当代文枝の‘創作落語’(なぜか‘新作’とは言わないらしい)は優れた作品が多いと思う。
 『背なで老いてる唐獅子牡丹』『ぼやき(居)酒屋』『鯛』などは柳家はん治の高座で楽しんでいる。

 当代文枝が、古典に挑戦するのは、結構なことだろう。
 
 人それぞれの考えがある。その名を継いでも、古典派や新作派、踊りを得意にする人や、そうじゃない人がいてもいいじゃないか、と思われる方もいるだろう。
 しかし、私は、文枝という名は、文治の次に桂では大きな名だと思っているので、古典を演じない文枝という存在を認める気持ちにはなれなかった。

 せっかく古典に挑戦する気になったのだから、まずは『抜け雀』でも結構だが、ぜひ、その後は『三十石』や『小倉船』にも挑戦して欲しいと思う。そして、寄席の踊りにだって挑んでもらいたいものだ。
[PR]
Commented by 筑後の御隠居 at 2015-05-13 23:43 x
私は鶴光師のファンで東京での大学時代は師のラジオから落語に入って行った口なのですが、師の同期で若い頃から苦楽を共にした戦友・同志でもある当代の文枝師が自ら落語を生み出すようになったのか・・・「言葉」の問題が大きかったと聞きました。我々が一般的に言う大阪弁は河内弁、「悪名」をはじめとする今東光大僧正の文学的影響もあったんでしょうが、本当の意味での大阪の言葉、船場の上品な商人言葉に、或る種の壁を感じたのも創作落語への一助になったと。播州出身の亡き松喬師がやはり大阪言葉で非常に苦労したエピソードを思い出します。ただ今や叙勲も受けて上方落語を牽引する立場、米朝師も残念ながら亡くなられた今だからこそ、先頭に立って後輩を引っ張らねばという思いがお強いのかとお察しします。神戸にももう1つ定席の寄席を出す計画もあるそうですし、明石家さんまにも何れは落語をやって欲しいと願っているようですので。今や東西の落語家は物凄い数になりました。そこで思うに、落語協会のアナクロぶりには驚かされます。個人的に思いますが、芸術協会の方が積極的な姿勢に転じているように思います。色物さんの充実、瀧川鯉朝師が中心に積極的に上方落語家を客演として寄席へ出しています。観客や席亭の評判も上々と聞きました。(今や東西の協会の重い要になっている鶴光師の存在・影響も大なのでしょうが)そして現実問題として「多過ぎる噺家」に「話す場所」があまりにも少ない・・・贅沢な悩みですが、現実への憂慮とも言えるような小痴楽さんの真剣な心情の吐露の1つに、もうちょっと協会が頑張っても良いような気がしました。現に二つ目以上の若手の噺家やPC事情に詳しい噺家の師匠方は自らのHP、Facebook、Twitterなどで積極的に発信しています。長々と御無礼しましたが、ここは東西関係なく、踏ん張って乗り越えて貰いたい課題かもしれません。「努力してない奴も、中には居ますから」とサラリと毒を吐いたあの威勢の良いしっかりとした若者だけではありませんが、未来を見据えて頑張る人に、どうしても明るい未来の光を示して欲しいなと思うのです。大阪の文楽のようにはなって欲しくはないですし。失礼致しました。
Commented by kogotokoubei at 2015-05-14 12:23
>筑後の御隠居さんへ

コメント、誠にありがとうございます。
たしか、枝雀の『地獄八景亡者戯』のCDに、三枝時代の当代文枝が書いていたはずですが、彼が古典を演じない理由として、口調が古典に合わないことと、とても枝雀には勝てない、ということを挙げていたと思います。
私は、それを読んだ時、どちらも言い訳としか思えませんでした。

上方にも東京にも、いろんな地域出身の噺家さんがいるわけです。
東北出身で東京で落語家になっている人だって数多くいらしゃっいます。皆さん大変苦労して。日夜稽古して江戸っ子の口調を会得しているはずです。
三枝の‘逃げ’の姿勢を、そのライナーノーツで感じたものでした。
しかし、古希を過ぎ、恥をかくのを承知で、米朝や枝雀の言葉を思い出して古典回帰を決心したのであれば、それは素直に喜びたいと、今は思います。

かと言って、東京地区で披露するにしても、行って聴きたいとまでは思いません。木戸銭も安くないはず。
それこそ、落語芸術協会の定席に出演する上方の噺家さんの高座こそ、聴きに行きたいものです。
鯉朝さんが、東西交流の仲介役であることは知りませんでした。四国のご出身ですよね。
いろんな噺家さんが、協会や東西の枠を超えて交流するのは、実に良いことですね。
今後も、偏見をできるだけ持たず、古典と新作、東と西、時間と空間を越えて落語を楽しみたいと思います
今後も、気軽にお立ち寄りください。
Commented by hajime at 2015-05-14 14:27 x
文枝師が古典ですか……若い頃の録音を聴いた事があります。スーパーで売ってる豆腐をそのまま食べたような噺でした。歳月が師をどう変えたのか興味はありますが……(^^)
Commented by kogotokoubei at 2015-05-14 15:18
>hajimeさんへ

「スーパーで売ってる豆腐をそのまま食べたような」という、なんとも秀逸な喩に笑ってしまいました(^^)

すでに7月のチケットがぴあで販売されていますが、一階5,000円、二階4,500円とのこと。
このへんが、どうも、なんとも、よしもと・・・・・・。
Commented by ほめ・く at 2015-05-15 18:32 x
ともかくあの年で改めて古典に挑戦しようと言うんですから、それは良しととすべきではないでしょうか。先代とはあまりに芸風が違うので、特に師匠の十八番に拘る必要は無いかと思います。
私も聴きに行く気にはなりませんけど。
(追記)コメント欄がぐっと書きやすくなりましたね。
Commented by kogotokoubei at 2015-05-15 21:16
>ほめ・くさんへ

おっしゃる通りで、古典への挑戦は良しとしたいのですが、どんな噺でも良いか、というと私は『抜け雀』から始めて、ぜひ歴代文枝のネタを辿って欲しいと思います。
せっかく襲名したんですから。

コメント欄は、エキサイトブログが、同じウィンドウの以前の方式でも出来るようにしたんですよ。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

by kogotokoubei | 2015-05-13 21:21 | 上方落語 | Comments(6)

落語のことを中心に、ときたま小言や独り言。


by 小言幸兵衛