噺の話

kogotokoub.exblog.jp
ブログトップ

長岡金峯神社の起源をたどるうちに、思ったこと。

今年も、連れ合いの実家、越後長岡で年を越した。
 
 新年二日目、「蔵王様」の愛称で市民が親しんでいる金峯神社へお参り。

e0337777_11133358.jpg


 大きな干支にちなんだ絵馬があった。
 私は、実は、年男なのである。
 絵馬に手を合わせた後、二拝、二拍手、一拝にて今年の世界の平和を祈願。

 以前にもご紹介しているが、あらためて神社のサイトから、由来をご紹介。
長岡金峯神社のサイト

由緒について金峯神社(きんぷじんじゃ)は近隣の方々には「蔵王さま」と呼ばれておりますが、明治時代までは蔵王権現(ざおうごんげん)と称し、神仏習合の特色が強い霊場でした。

古代
和銅二年(709年)四月元明天皇の勅願により、北国鎮護のため大和国吉野(奈良県吉野)の蔵王権現を古志郡楡原(新潟県長岡市楡原 現在蔵王社鎮座)の地に勧請したのがその創建と伝えております。大伽藍を建立し、寺院数ヶ寺、修験者秋葉三尺坊を始め三十八坊僧徒・山伏修験者を数千人有する巨大な勢力で、その勢力は北陸から奥州まで及んだという。秋葉三尺坊はこのあと信州戸隠にて修業の後、遠州にて一大修験勢力を築いた(秋葉山本宮秋葉神社)。後に蒲原地方の豪族と戦い破れ、大伽藍寺院は焼失し、仏体を守護して三島郡矢田(新潟県長岡市矢田 現在神明神社合祀)に隠遁する。

中世
仁治三年(1242年)当時越後中越地方の中心として栄えていた又倉村(新潟県長岡市蔵王)の地の産土神又倉神社と合祀して神仏習合の祭祀となった。離散した信者は集まり、蔵王権現の信仰が増すにつれて又倉村の地名は次第に蔵王村へと変わる。南北朝時代には南朝北朝両軍の紛争の焦点となり、神社隣接の蔵王堂城の勢力は北朝に属すが、宗良親王は三島郡王番田(新潟県長岡市王番田)まで進駐し、交渉した結果南朝に入るが、再び北朝に入る。合戦後北朝方が越後全域を支配下に治めた。
上杉家領有の折、天台宗から真言宗になる。蔵王堂城主堀直竒公は平方原に城を移築した。これが長岡城であり、その際蔵王門前町を移住した。現在の長岡市の中心の始まりである。


 1300年も前、吉野の蔵王権現の勧請に起源がある神社なのだ。

 起源となった、総本山金峯山寺のサイトから、金峯山の歴史について引用。
総本山金峯山寺のサイトの該当ページ

大和の国 、吉野山から大峯山山上ケ岳にかけての一帯は古くは金峯山(きんぷせん)と称し、古代より世に広く知られた聖域でした。この金峯山に役行者神変大菩薩が白鳳年間(7世紀後半)に修行に入り、修験道独特の本尊・金剛蔵王大権現を感得されます。この姿を山桜に刻んで、山上ケ岳(現:大峯山寺本堂)と山麓の吉野山(現:金峯山寺蔵王堂)に祭祀されます。これが金峯山寺の開創と伝えられています。明治7年(1874年)、明治政府により修験道が禁止され、金峯山寺は一時期、廃寺となり復職神勤しますが、同19年(1886年)に天台宗末の仏寺として復興。昭和23年(1948年)には、蔵王堂(国宝)を中心に、金峯山修験本宗が立宗し、その総本山として今日に至っています。山号は国軸山、宇宙の中心の山という意味を号しています。平成16年「紀伊山地の霊場と参詣道」の一つとして金峯山寺本堂蔵王堂及び仁王門がユネスコの世界文化遺産に登録されました。



 “明治7年(1874年)、明治政府により修験道が禁止”という言葉に目がとまった。
 明治政府が、いかに江戸以前の“古いもの”をすべからく捨て去ろうとしていたかが、感じられる。
 旧暦(太陰太陽暦)を前年から“世界標準”であるグレゴリオ暦に改暦していた。
 2年前の1月14日、旧暦12月3日の雪の日に、なぜ明治政府が改暦を急いだかについて、書いた。当時の政府の改暦の背景には、経済的な理由があった。ご興味のある方はご覧のほどを。2013年1月14日のブログ

 アジア各地は、便宜的にグレゴリオ暦を使用はしているが、正月などの祭事は、農暦からの長い歴史を持つ旧暦に従って暮らしている。日本だけは、まるで旧暦などなかったかのように、クリスマスやハロウィーンを祝う・・・・・・。 
 日本人の適応力の高さとして利点と考えることもできようが、月の満ち欠け、太陽と地球との関係など、自然を元にしていた生活慣習を忘れ去って、日本人が失うものは大きかったと、私は思う。
 
 昨夜のNHKスペシャル「戦後70年 ニッポンの肖像プロローグ 私たちはどう生きてきたか」を、今朝も再放送していた。詳しくは書かないが、タモリがなかなか興味深いことを言っていたなぁ。
 この番組でも話題になっていたように、日本人は、江戸から明治、戦前から戦後といった過渡期、時の権力者が、過去をすべからく葬ろうとしてきた。

 明治7年の修験道禁止も、そういった政策の一つだったに違いない。
 欧米に学べ、近代国家を目指す、世界の仲間入りをする、科学技術の振興、などのお題目の前に、修験者の存在は、非科学的であり、葬り去るべき対象だったのだろう。

 古代、中世のあらゆる物を忘れ去ろうとして、明治維新以降の日本。その結果、日清戦争、日露戦争を経て太平洋戦争という暴挙につながっていった。
 その後、日本人は、戦争による廃墟から立ち直りはしたが、“赤信号、みんなで渡れば怖くない”という国民気質は相変わらずだったのではないか。
 
 そして、敗戦を終戦と言い換え、オリンピック、所得倍増、高度経済成長、そして、バブル崩壊を経て、阪神淡路大震災を経験し、四年前、3.11と福島原発事故。

 戦後70年を振り返ることも大事だが、その中に、阪神淡路大震災から20年、2011年から4年、という視点も必須だろう。
 なぜなら、今の国の権力者は、過去の過ちなど忘れ、まるでそれらの歴史が“なかったかのように”振舞っているからである。

 越後の神社の起源をたどっているうちに、正月から、こんなことを考えていた。

 まだまだ、震災や原発事故の傷の癒えていない人は多い。
 しかし、それらの事実を、まるで“なかったこと”のように考える人がいるのは困ったものだ。これは、歴史における“失敗の法則”の繰り返しにつながるのではなかろうか。
 日本人が、そんなに“学習効果”のない国民だとは思いたくないが、最高学府を卒業した人がたくさんいるはずの霞ヶ関や、地元の有権者の声を聞いているはずの永田町の人たちの行動は、過去の失敗などは忘れ、“普通”の幸せな国民の生活を奪おうとしているとしか思えない。

 神社でいただいた屠蘇を味わうことのできる幸せを感じながら、多くの被災地の人々に、“普通”の生活が訪れることを祈るばかりである。

 3.11や原発事故を、まるで“なかったこと”のように振舞う人たちには、とても“おめでとうございます”などとは言いたくない正月である。
[PR]
Commented by hajime at 2015-01-03 06:06 x
あけましておめでとうございます。旧年中は大変お世話になりました。本年もどうぞ宜しくお願い致します。

Commented by 佐平次 at 2015-01-03 10:17 x
皆さま、明けましておめでとう。
とはいうもののおまえではなし、といいたい、忘れさせる者どもです。

Commented by 小言幸兵衛 at 2015-01-03 10:19 x
こちらこそ、本年もよろしくお願いいたします。
hajimeさんにとって、今年が良い年になりますことをお祈り申し上げます。

Commented by 小言幸兵衛 at 2015-01-03 10:31 x
まったくおっしゃる通りです。
NHKの番組で“倍返し”の俳優が、「リセット」という表現を使っていましたが、どうもそんなカタカナ言葉は相応しくないような気がします。
権力者による過去の歴史の“捏造”や“抹殺”であり、それが、多くの人々に“幻想”を植えつけるのではないでしょうか。

さて、越後からは昨夜遅く帰ってきまして、これから神田連雀亭の初席に行きます。
元気な二ツ目さん達に会って、腹立たしい人たちのことを、少しでも忘れることにします。

名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

by kogotokoubei | 2015-01-02 08:03 | 幸兵衛の独り言 | Comments(4)

落語のことを中心に、ときたま小言や独り言。


by 小言幸兵衛