噺の話

kogotokoub.exblog.jp
ブログトップ

今から140年前、なぜ明治政府は改暦を急いだのか。

雪、である。先を歩くのは、連れ合いである。

e0337777_11093844.jpg


 今日1月14日は、旧暦で12月3日にあたる。今から140年前の明治5年旧暦の12月3日に当たる日を、明治政府は新暦(グレゴリオ暦)の明治6(1873)年1月1日として改暦した。
 この改暦は、布告がその一カ月前にも満たない旧暦11月9日という、非常に慌しいものであった。いったい、なぜ明治政府は改暦を急いだのだろうか。

「グレゴリオ暦」のWikipediaから引用したい。一部を太字にする。
Wikipedia「グレゴリオ暦」

日本におけるグレゴリオ暦導入

日本では、明治5年(1872年)に、従来の太陰太陽暦を廃して翌年から太陽暦を採用することが布告された。この「太陰暦ヲ廃シ太陽暦ヲ頒行ス」(明治5年太政官布告第337号、改暦ノ布告)では、「來ル十二月三日ヲ以テ明治六年一月一日ト被定候事」として、グレゴリオ暦1873年1月1日に当たる明治5年12月3日を明治6年1月1日とすることなどを定めた。そのため明治5年12月2日まで使用されていた天保暦は旧暦となった(明治改暦、明治の改暦)。

この布告は年も押し詰まった同年11月9日(1872年12月9日)に公布されたため、社会的な混乱を来した。暦の販売権をもつ弘暦者(明治5年には頒暦商社が結成された)は、例年10月1日に翌年の暦の販売を始めることとしており、この年もすでに翌年の暦が発売されていた。急な改暦により従来の暦は返本され、また急遽新しい暦を作ることになり、弘暦者は甚大な損害を蒙ることになった。一方、福澤諭吉は、太陽暦改暦の決定を聞くと直ちに『改暦弁』を著して改暦の正当性を論じた。太陽暦施行と同時の1873年(明治6年)1月1日付けで慶應義塾蔵版で刊行されたこの書は大いに売れて、内務官僚の松田道之に宛てた福澤の書簡(1879年(明治12年)3月4日付)には、この出来事を回想して「忽ち10万部が売れた」と記している。

これほど急な新暦導入は、当時参議であった大隈重信の回顧録『大隈伯昔日譚』によれば、政府の財政状況が逼迫していたことによる。すなわち、旧暦のままでは明治6年は閏月があるため13か月となる。すると、月給制に移行したばかりの官吏への報酬を1年間に13回支給しなければならない。これに対して、新暦を導入してしまえば閏月はなくなり12か月分の支給ですむ。また、明治5年も12月が2日しかないので、11か月分しか給料を支給せずに済ますことができる。さらに、当時は1、6のつく日を休業とする習わしがあり、これに節句などの休業を加えると年間の約4割は休業日となる計算である。新暦導入を機に週休制にあらためることで、休業日を年間50日余に減らすことができる。


 もちろん、福澤諭吉など進歩派が改暦を強く支持した背景には、維新を経て海外との交流が活発になり、欧米人と交渉をする場合など、彼らが使う「グレゴリオ暦」を採用しないと、不平等条約の是正などの外交の会議日程を設定するにしても不便だったことは分かる。明治の改暦を考える時、私は数年前に大きな声で叫ばれた「世界基準」という言葉を思い出す。

 しかし、「世界基準」に合わせるという“タテマエ”の裏には、コスト削減という明治政府の“ホンネ”がしっかり見える。改暦は実に政治的な判断で拙速に行われたと言ってよいだろう。

 改暦前日まで使われてきた「天保暦」は、過去から長い期間にわたって使われてきた暦の改訂版であったが、中国ほかアジアの国における「農暦」と同様に、「太陰太陽暦」という、太陽と月の動きを元に、自然現象と密着した生活を送るためには、非常に良くできた暦であった。
 そして、中国も韓国もその他多くのアジアの地域も、あくまで一つの指標としての「グレゴリオ暦」は採用していても、季節を踏まえた祭事などの行事や農作業の準備は、旧暦を元に行っている。また、イスラム文化圏では、生活や宗教上のしきたりの基盤は太陰暦である。

 ところが、日本はどうか・・・・・・。何かことが起こると集団でまっしぐらになる、良く言えば適応力の強い日本人、悪く言えば節操のない日本人は、見事にたった140年前に採用されたばかりの「グレゴリオ暦」に、ほとんど染まってしまった。

 たった140年と言うのは、例えば中国暦の一つである「宣明暦」を、日本では貞観4年1月1日(862年2月3日)から、貞享元年12月30日(1685年2月3日)まで、823年間も使用していた。日本における旧暦(太陰太陽暦)の歴史は、新暦(グレゴリオ暦)の比ではないのだ。

 「女郎の誠と玉子の四角 あれば晦日に月が出る」という、廓ばなしでお馴染みのマクラ、新暦では何のことか分からない。太陰太陽暦では、晦日に月は出ない。
 赤穂浪士が討入りした元禄15年12月14日は、満月に近い明かりを吉良邸襲撃の助けにしようとして決めた日取りなのである。グレゴリオ暦では1703年の1月30日。とても満月ということが連想できる月日ではない。

 落語や古典も、旧暦を知ることで理解が深まり楽しみも増す。

 今年は新暦2月10日が旧暦1月1日、旧正月(春節)である。中国などでは民族の大移動がある。そして、製造業などで日本から中国や旧暦が生活の基盤になっているアジアの国の工場や提携会社に赴任した人々は、旧正月休暇前の社員への「餅代」のことや、新暦正月よりも長い旧正月の休暇のことを、海外赴任で初めて知るかもしれない。

 「グローバル化」という言葉には、かつての「世界基準」と同様に、うそ臭い匂いがプンプンするが、その「グローバル」な活動によってアジアで旧暦を見直す日本人が増えて、自然と一体となった生活を尊ぶようになるのなら、「グローバル化」の皮肉な効用と言えるのかもしれない。

 旧暦では12月までは、冬。1月から春。だからこそ年賀状で「迎春」と書くのである。140年まえの今日は、本当は旧暦12月3日だった。しかし、明治政府は改暦して、新暦1月1日にしてしまった。
 今日の雪が、140年前の改暦について、「おい、まだ冬だよ」と言う“空”からのメッセージのような気がしたので、ついこんなことを書いてしまった次第。
 雪は雨に変わってきたが、季節感も月の満ち欠けも海の満ち干にも関係のない新暦中心の日本人の生活は、そう簡単には変わりそうもない。せいぜい、落語を楽しむ中で、私は旧暦による季節感を少しでも味わいたいと思う。
[PR]
Commented by 佐平次 at 2013-01-15 10:28 x
良い記事ですね。
若者たちに読ませたい。
リンクさせてください。

Commented by 小言幸兵衛 at 2013-01-15 10:43 x
こういうことを書くから、読者の方が私のことを、よほど年寄かと思ってしまうんでしょうね^^
もちろんリンクしていただいて結構です。

Commented by 散歩好き at 2013-01-15 14:21 x
漢方では五行説で事象を考えます。膵臓がんで相談を受けた方は前年の10月に腹水が溜まって大変具合が悪かったのですが薬を与え腹水も取れ具合良くなり年が明けても良かったのです。2月3日頃から特に養生をして下さいと言ってあったのですが3日夕方元気だったが息を引き取ったと言います。2月3日から春になります。木火土金水は木から始まり春は肝が旺するとします。木剋土により消化器が剋くされます。膵臓も剋されると言う理屈からです。肝が致命的に悪い人が立秋の後1週間位で亡くなる方も居ますがこれは金剋木によります。100%では有りませんが思いの他多いです。土用、立春、立夏、立秋、立冬の季節と臓器の関連は確かにあるようです。佐平次さんの処で暦の話を読みましたので書き込みさせて貰いました。旧暦の事ではありませんが暦関連でお許し下さい。

Commented by 梅蔵 at 2013-05-26 20:50 x
志の輔の「質屋暦」の感想を書いていたら、明治5年の改暦を知って、いろいろと調べていたら、こちらのブログにつき当たりました!
詳細に書いてあって、大変勉強になりました。当ブログ(金色の湯たんぽ)で、紹介させてください!

Commented by 小言幸兵衛 at 2013-05-27 09:54 x
ブログでのご紹介、このような内容で管理人としては、まったく赤面ものですが、結構ですよ。
今後とも、よろしくお願いします。

Commented by 名無しの権兵衛 at 2014-05-31 23:18 x
明治改暦について調べていたら、ここに辿り着きました。
個人的意見ですが、近代化及び現代生活において改暦自体は結果的に必要なものだったと思います。
もし、今でも太陽太陰暦が法的に使われていたら、情報管理においてかなり面倒なことになっていたでしょう。
むしろ、法的には同時に元号の使用もやめるべきだったと思うぐらいです。
(昭和から平成に変わってまもなく、役所が平成生まれを昭和生まれと勘違いして乳幼児に税金を請求したという事例があります)
太陽太陰暦と元号を使う和暦は法的には使わず、慣習として併用するぐらいで良かったと思います。
良くなかったのは、暦が違うのに日付だけを無理やり当てはめたことですね。

Commented by 小言幸兵衛 at 2014-06-01 08:25 x
コメントありがとうございます。

改暦が必要であったことは否定しません。
ただし、日本の拙速な改暦の背景には政府の打算があったことも事実です。
それ以上の問題は、日常生活、なかでも農作業などと密着し生活の指針ともいえる太陰太陽暦を、ほとんど忘れ去ってしまっている日本と、いまだに年中行事などは旧暦を尊重しているアジア各国との違いを言いたかったのです。
「慣習として併用」というコメントでのご指摘に賛成です。

Commented by at 2014-09-22 12:55 x
季節との一致性と言う意味では、閏月のある天保暦よりも閏年(閏日)で調整しているグレゴリウス暦のほうが優れていると言えますが、朔望と一致しているといるので潮汐(大潮)を読み取れ漁業や海運には便利ですね。

Commented by 小言幸兵衛 at 2014-09-22 13:05 x
コメントありがとうございます。
今年も閏九月があります。
どうしても、月単位で修正をすることになるので、たしかに太陰太陽暦は分かりにくい点があるのは、事実です。
しかし、ご指摘の通り、日常生活や、農業、漁業などにおいては、月の満ち欠けと同期している旧暦の良さは捨てがないものがありますね。
今後もコメントをいただけるなら、ぜひニックネームをお付けいただければ幸いです。

Commented by まーくん at 2014-10-11 07:27 x
いっそのこと現在のグレゴリオ暦における月の日数も規律的に変えてみるのはいかがでしょうか。

新しい暦は、
1月 31日
2月 30日
3月 31日
4月 30日
5月 31日
6月 30日
7月 31日
8月 30日
9月 31日
10月 30日
11月 31日
12月 29日(閏年は30日)

とするものです。

Commented by 小言幸兵衛 at 2014-10-11 08:30 x
コメントありがとうございます。
いろんな案があると思いますが、太陽や月の動きという自然現象を身近に感じることのできる太陰太陽暦を、日本人は忘れてはならないと思います。

名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

by kogotokoubei | 2013-01-14 16:00 | 旧暦 | Comments(11)

落語のことを中心に、ときたま小言や独り言。


by 小言幸兵衛