噺の話

kogotokoub.exblog.jp
ブログトップ

正月スペシャル“ミミーとユウ”のご挨拶。今年の越後は、雪の元旦。

あけましておめでとうございます。

 お正月スペシャルで、我が家のミミー(右、女の子、今年四月で四歳)、ユウ(左、男の子、今年九月で三歳)がご挨拶です。

e0337777_11093442.jpg



 例年のごとく、連れ合いの実家、越後長岡での年越しです。今朝参詣したのは、昨年と同じ「金峯神社」。昨年以上の雪の元旦。
e0337777_11093408.jpg

参道もこのように雪景色。
e0337777_11093571.jpg


  あらためて神社のご紹介。読み方は「きんぷじんじゃ」ですが、地元の人には、神社のホームページに次のように紹介されているように、「蔵王さま」として親しまれています。HPの「由緒について」から長くなりますが引用。金峯神社のHP

金峯神社(きんぷじんじゃ)は近隣の方々には「蔵王さま」と呼ばれておりますが、明治時代までは蔵王権現(ざおうごんげん)と称し、神仏習合の特色が強い霊場でした。

古代
和銅二年(709年)四月元明天皇の勅願により、北国鎮護のため大和国吉野(奈良県吉野)の蔵王権現を古志郡楡原(新潟県長岡市楡原 現在蔵王社鎮座)の地に勧請したのがその創建と伝えております。大伽藍を建立し、寺院数ヶ寺、修験者秋葉三尺坊を始め三十八坊僧徒・山伏修験者を数千人有する巨大な勢力で、その勢力は北陸から奥州まで及んだという。秋葉三尺坊はこのあと信州戸隠にて修業の後、遠州にて一大修験勢力を築いた(秋葉山本宮秋葉神社)。後に蒲原地方の豪族と戦い破れ、大伽藍寺院は焼失し、仏体を守護して三島郡矢田(新潟県長岡市矢田 現在神明神社合祀)に隠遁する。

中世
仁治三年(1242年)当時越後中越地方の中心として栄えていた又倉村(新潟県長岡市蔵王)の地の産土神又倉神社と合祀して神仏習合の祭祀となった。離散した信者は集まり、蔵王権現の信仰が増すにつれて又倉村の地名は次第に蔵王村へと変わる。南北朝時代には南朝北朝両軍の紛争の焦点となり、神社隣接の蔵王堂城の勢力は北朝に属すが、宗良親王は三島郡王番田(新潟県長岡市王番田)まで進駐し、交渉した結果南朝に入るが、再び北朝に入る。合戦後北朝方が越後全域を支配下に治めた。
上杉家領有の折、天台宗から真言宗になる。蔵王堂城主堀直竒公は平方原に城を移築した。これが長岡城であり、その際蔵王門前町を移住した。現在の長岡市の中心の始まりである。

近世
江戸時代に至り、天海僧正の強い要請により再び天台宗に変わり、寛永二年(1625年)東叡山寛永寺(東京都上野)が建立するとその附庸となった。またこの地を天領とし代官所を設け、当時「(長岡・三島・古志)八十ヶ町村の総氏神」、「越後中越地方の総鎮守」などと崇められた。三代将軍徳川家光公は特に崇敬厚く、御朱印地三百石・御簾を寄進され、また長岡城主牧野家は家督相続の折必ず参詣された。当時坊屋敷十三坊、社家六軒あった。

近代
明治維新に入り神仏分離の指令を受け、神祇と決し金峯神社(きんぷじんじゃ)・御祭神金山彦命と定め、新潟県最初の県社に列する。明治4年(1871年)大小区制が施行されると共に氏子の大半を分離される。明治四十年火災により社殿炎上するが、大正二年建立。昭和二十一年社格廃止される。平成十五年に火災により拝殿全焼し、翌十六年には中越大地震の大被害を受けるも平成十七年に拝殿竣工。平成二十一年御創建1300年祭を斎行する。


 連れ合いの実家から徒歩で10分と身近にありながら、上記のような沿革があったことを昨年初めて知ったのです。まさか、蔵王さまが、あの『牛ほめ』でお馴染みの“秋葉さま”に縁があったり、天海や家光などの名が、その沿革に登場するとは、それまで全く知らなかったのが、なんとも恥ずかしいかぎり。

 雪が深々と降る中を、その蔵王さまにお参りに行ってきました。手を合わせた後に飲んだ売店の甘酒の美味しく、冷えた体が暖まったことか。

 今年こそは、世界、日本、そして本ブログをご覧のすべての方にとって明るい、そして心温まる一年になりますことをお祈りいたします。
[PR]
Commented by 笑組・ゆたか at 2013-01-01 19:14 x
あけまして
おめでとうございます
本年も寄席演芸を
よろしくお願い申し上げます

Commented by 小言幸兵衛 at 2013-01-01 23:11 x
さっそく新年のご挨拶、誠にありがとうございます。
今年もお二人のご活躍を期待してします。
新文芸シリーズ、ぜひお聴きしたいと思っています。

Commented by 佐平次 at 2013-01-02 08:47 x
かわいいなあ。
ことしもよろしく!

Commented by 小言幸兵衛 at 2013-01-02 09:51 x
我が家のシーズー、正月のみの特別出演です。
こちらこそ、本年もよろしくお願いします。

名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

by kogotokoubei | 2013-01-01 13:12 | 幸兵衛の独り言 | Comments(4)

落語のことを中心に、ときたま小言や独り言。


by 小言幸兵衛