噺の話

kogotokoub.exblog.jp

落語のことを中心に、ときたま小言や独り言。

BS朝日サイトの「落語者」のページはだらしないが、来週の扇辰はお奨め!

テレビ朝日で放送されている「落語者」は、BS朝日でもほぼ半年遅れで放送されている。テレビ朝日が金曜の深夜の放送、BSの再放送は月曜夜。次の12月12日は入船亭扇辰の『天狗裁き』。今年5月20日地上波での放送分であるが、BS朝日のサイトの番組ページが、何ともそっけないのと、更新が遅すぎる。次のように、現時点(12月7日午前6時半時点)で、11月放送分を「放送予定」として掲載したまま。BS朝日のサイトの「落語者」のページ

放送予定
11月7日(月) 夜11:30~深夜0:00 三遊亭兼好
11月14日(月) 夜11:30~深夜0:00 三遊亭兼好
11月21日(月) 夜11:30~深夜0:00 桂吉坊
11月28日(月) 夜11:30~深夜0:00 桂吉坊



 おいおい、なのだ。地上波のそのままの順番での放送なら、12日の『天狗裁き』の次は同じ扇辰で『三方一両損』になる。テレビ朝日サイト「落語者」の過去の放送のページ

 テレビの現役落語家の高座を中心にした番組で、「落語研究会」(TBS)や「日本の話芸」(NHK)のように落語会が主体でテレビが二次的な場合を別とするなら、「落語者」と対抗するのは、BSジャパンの「今どき落語」になるだろう。プリ(放送前)でもポスト(放送後)でも、その番組の情報の確認は放送局サイトの番組のページが主体となると思うが、BSジャパンの「今どき落語」のページは、なかなか充実していると思う。BSジャパンのサイトの「今どき落語」のページ
 
 良くも悪くも、ネットの時代である。そして、デジタル化によって、BSの視聴対象者も格段に増えたはず。番宣の中核メディアであるサイトの内容や更新のスピードは、その局が番組にかける意気込みを反映しているように思うのだが、朝日さんは、どう思っているのだろう。

 私は、両局ともに頑張ってもらい、今のシリーズが長続きすることを願っている。テレビの落語は、もちろん生の高座とは違うが、重要な情報源として私は結構見ている。ブログにはすべてを書いていないが、それはご容赦のほどを。第1シリーズの「落語者」が終ってBSで再放送された時は、結構ポジティブなことを書いた。2010年4月1日のブログぜひ、番組のサイトも手を抜かずに願いたい。


 さて、扇辰のこと。私はブログで二席とも取り上げた。未見の方の楽しみのためにあえてリンクはしないが、早い話がお奨めである。

 BS朝日のサイトへの小言を言いたいことと、扇辰の高座を地上波で未見の方にお奨めしたくて書いた次第です。扇辰、今もっとも充実している噺家さんかもしれない。見て損はないと思いますよ。
[PR]
Commented by hajime at 2011-12-07 22:14 x
ご無沙汰していました。
記事は読んでいたのですが・・・・

扇辰さんは、色気のある噺をさせると出色の出来の噺家さんですね。
只、寄席だとたまに合わない噺もされますが、こちらも出来の良い時があります。
楽しみな噺家さんですね。(^^)

Commented by 小言幸兵衛 at 2011-12-08 08:40 x
コメントありがとうございます。
扇辰は、私が暮らしたことのある越後の出身ということもあり勝手に身近に感じていたのですが、そういった思い入れは別にしても、ずいぶん達者になってきたなぁ、と思います。
喬太郎との二人会は土曜の夜が多く行ったことはないのですが、チケットがすぐに売り切れるのは、必ずしも喬太郎人気だけではないと思います。大いに今後期待する人です。

Commented by hajime at 2011-12-12 21:56 x
今日、仕事が休みでしたので、浅草の昼席で、両師匠を見てきました。
扇辰師は「子ほめ」でいい出来でしたが、個人的には、色っぽい噺が聴きたかったです。(^^)
トリの市馬師は「片棒」で次男のくだりで、歌のオンパレードでした。
その楽しかった事!
師匠は落語と歌のコラボもいけますね!(^^)

Commented by 小言幸兵衛 at 2011-12-13 11:14 x
「片棒」なら、無理なく唄えますね^^
市馬は、唄とのコラボが自然な噺ならニンでしょう。でも、唄なしで「おっ!」と言わせても欲しい!
扇辰の「子ほめ」、聞いたことないなぁ。亀がどんな子供なのか興味あります。
あれ、BS朝日のサイト、まだ更新されていないなぁ・・・・・・。

名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

by kogotokoubei | 2011-12-07 15:39 | テレビの落語 | Comments(4)

落語のことを中心に、ときたま小言や独り言。


by 小言幸兵衛