噺の話

kogotokoub.exblog.jp

落語のことを中心に、ときたま小言や独り言。

「福島原発行動隊」を応援しよう!

モノづくりでもそうなのだが、IT(情報技術)を導入しても、そこに熟練者の経験や暗黙知が注がれなければ、生きた仕組みにはならない。どんなシステムでも、経験者の獲得した知恵やノウハウを忘れてはならないし、日本のこれまでの成長は、そういったベテラン達が汗と涙の結果得た厖大な知恵や“料簡”が支えてきたのだと思う。
 フクシマの収束に、そういったベテランが立ち上がったようだ。時事ドットコムの該当記事

「福島原発行動隊」、始動へ=収束作業で現場視察—リタイア組400人志願
時事通信 6月30日(木)18時59分配信

 福島第1原発事故の収束作業を志願している「福島原発行動隊」が7月中旬に現場の状況を視察することが決まった。元技術者らリタイア組約400人が参加を表明しており、政府や東京電力との打ち合わせ、1カ月程度の訓練を経て、「9月中にも作業に就きたい」という。
 同原発では、高い放射線量で被ばくする作業員が相次ぎ、人手不足が深刻化している。元技術者の山田恭暉さん(72)が「若い人よりも被ばくによる影響が小さいわれわれ引退組が作業に当たった方がいい」と呼び掛けたところ、6月末現在で、60歳以上の約400人が参加を表明したほか、約1200人が支援を申し出た。
 山田さんらは5月末、細野豪志首相補佐官(現原発事故担当相)や東電幹部と接触。細野氏らから「行動隊を受け入れたい」との意向が示されたため、志願者の経歴、能力を記載したリストを手渡したという。
 参院議員会館で30日に開かれた行動隊の説明会には、約150人が出席。山田さんは、元放射線管理士、元原子炉設計技術者ら計5人で7月中旬に現地に入り、同原発の吉田昌郎所長とも意見交換する予定であることを報告した。実際にどのような任務に就くかは視察を踏まえて検討するが、当面は原発周辺のがれきを重機で除去する作業などを想定しているという。
 奈良県生駒市から駆け付けたというプラント工事の元技術者(66)は「循環注水冷却の配管の水漏れは、完全な素人仕事。頭数だけそろえて素人ばかり集めたためだ。早く現場に入れるようにしてほしい」と話した。


 何度も繰り返されるミス。もちろん、人為的な間違いは避けられない。しかし、今の現場での度重なるトラブルには、いわゆる「プロフェッショナル」な仕事の印象が薄い。

 かつて危険な現場で苦労して得た経験や知恵が生きるのなら、フクシマの収束も早まる期待ができる。

 「福島原発行動隊」を応援したい。しかし、活かしてもらいたいのはその“技”と“料簡”であって、決して危険な場所への“特攻”はさせてはならない。この方々は心身ともにお強いのだろうと思う。でも、無理をしないで収束に貢献していただき、その経験から多くのことを若い世代に伝えてもらいたいと思う。
[PR]
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

by kogotokoubei | 2011-06-30 21:26 | 幸兵衛の独り言 | Comments(0)

落語のことを中心に、ときたま小言や独り言。


by 小言幸兵衛