噺の話

kogotokoub.exblog.jp
ブログトップ

落語者 桂吉坊 『蔵丁稚』 (5月6日深夜)

e0337777_11073168.jpg
*テレビ朝日HPの落語者ページより
 昨日深夜放送の録画を見た。実は初めて聞く。名前は知っており、評価が高いとも聞いていた。
 吉朝の五番目の弟子。一門恒例の米朝邸での内弟子修業を三年経験している。上方落語協会のHPからプロフィールを紹介。
-------------------------------------------------------------
1.芸名/桂吉坊(かつらきちぼう)
2.本名/津田 恵
3.生年月日/1981年(昭和56)年 8月27日
4.出身地/兵庫県西宮市
5.血液型/A型
6.入門年月日/1999年(平成11年) 1月10日「桂吉朝」
7.出囃子/もしも月給が上がったら
8.紋/結び柏
9.趣味/古典芸能鑑賞及び実演
10.ホームページ/http://www.kichibo.net/
11.所属/米朝事務所
12.その他/大阪府立東住吉高校芸能文化科卒
平成22年なにわ芸術祭新人奨励賞、平成20年11月、第3回繁昌亭輝き賞受賞
主な会は「吉坊ノ会」「ろくろく坊's」「ぱくす亭噺の会」
「タユタウまん坊大阪記」
ひとこと/古風に生きております。
-------------------------------------------------------------

 東京の『四段目』に当たる歌舞伎ネタだが、29歳、入門12年とは思えない。もちろん見た目を含め若さは感じるが、その芸の安定感は、十分に中堅クラスである。プロフィールにある「ひとこと」が頷ける。
 師匠吉朝も歌舞伎ネタは良かったが、この人も歌舞伎をしっかり見ているのだろう、一門の伝統が継承されていることがうれしい。

 この人につきものの疑問は、性別だが、ネットで調べてみると、どうも「宝塚」がヒントになるようだ。しかし、この芸なら、そんなことも関係なく思えてくるから不思議だ。あくまで“高座”が勝負であり、どこかの電力会社のように出身学校なども、芸の世界には関係がない。

 生でぜひ聞きたくなったが、来週もこの人で『崇徳院』とのこと。まずは、映像で楽しませてもらおう。
 兼好で二週、吉坊でも二週、理由はともかく、私にはうれしい構成である。

テレビ朝日HPの落語者ページ
[PR]
Commented by 創塁パパ at 2011-05-07 10:31 x
吉坊さんは、二度本物見たことがあります。電車と本屋で。ここらへんが
大阪にいる私らしいところ。もちろん高座も一度見ています。とても「伝統」を大切にしているいい噺家さんですね。

Commented by 小言幸兵衛 at 2011-05-07 10:41 x
上方の若手で相当有望な人なのでしょうね。
将来が大いに楽しみです。
来週は「瀬をはやみ~」ですよ!

Commented by ゆきりん at 2011-05-07 11:22 x
こんにちは。
吉坊さん面白いので私もファンです!
創作落語もいいですよ~。
さすが米朝一門は若い人でも
芸がしっかりしてますから安心して
観られます。

Commented by 小言幸兵衛 at 2011-05-07 11:26 x
そうですか、創作もしますか。
なおさら聞きたくなりますねぇ。
落語や江戸文化などのネタもそろそろ増やさなきゃ、と思っているのですが、なかなか進みませんで恐縮です。

名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

by kogotokoubei | 2011-05-07 07:32 | テレビの落語 | Comments(4)

落語のことを中心に、ときたま小言や独り言。


by 小言幸兵衛