噺の話

kogotokoub.exblog.jp

落語のことを中心に、ときたま小言や独り言。

プロ野球セリーグは、今の上位3チームでこのまま行け!

プロ野球のセリーグ、今のところ、非常にうれしい展開になっている。
 ナベツネや、名前も忘れた馬鹿な球団代表が4月12日のセパ同時開催に異を唱えていた中で、ヤクルトは“虚人”のプレッシャーにも負けす、「セパ同時開催」を堂々と主張していた。そして、新井選手会長は同時開催への強い意志で選手会を一つにまとめていた。ヤクルトと新井が所属していた広島、そして今のチーム阪神、この3チームが上位に並ぶ。特に、原爆被災の広島の名を世界に訴えるべき年でもある。できるものなら、最後までこの3チームで優勝争いしてもらいたいものだ。
 もちろん、最終的な結果がどうなるかは分からない。しかし、どこかの首長が言っていた「天罰」は、あの球団にはきっとあるように思う。
 別に、「正力」の件を書いたからではない。子供の頃は、あのチームのファンだった。田舎では、テレビが応援するチームを好きになるものだし、スーパースターもいた。今思えば、あれも情報操作の一つだったなぁ。
 昭和55(1980)年のオフ、六年間で優勝二回という長嶋監督が解任された。そして、あの江川事件。あの頃から、急速にあのチームへの熱も、プロ野球への興味も薄れていった。

 昨日は楽天が震災後初めての本拠地開催で田中の力投で勝利し、まるで心が通じたようにJリーグのベガルタ仙台が、これまで勝ったことのない浦和に本拠地で勝利した。その翌日、新聞を見ながら、今年は応援したいチームがあることを感じ、少しはプロ野球を楽しもうかと思っている。
[PR]
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

by kogotokoubei | 2011-04-30 08:11 | 幸兵衛の独り言 | Comments(0)

落語のことを中心に、ときたま小言や独り言。


by 小言幸兵衛