噺の話

kogotokoub.exblog.jp
ブログトップ

「みんなで分け合えば、できること」のポスターは、素晴らしい!

e0337777_11072405.jpg


 これは、MSN産経ニュースに掲載された下記の記事にある、松本高応さん作成の「みんなで分け合えば、できること」というポスター。「無駄な無駄な買いだめはやめよう」という呼びかけだけでは伝わらないビジュアライズされた説得力のある内容だし、ツィッターによる素晴らしい活動だと思う。この件を掲載した産経も偉い。読売のように、今時点で終わったことの政府や東電の過失を責めるような論調の記事を書いたり、海外メディアの悲観的なニュースを二番煎じで掲載してパニックを煽るようなことに比べ、こういうニュースが重要だ。もちろん、震災や原発に関する速報や適切な解説も重要だが、市民が少しでも冷静になってこの困難な状況を乗り越えるためには、こういった小さな活動の積み重ねが大事だと思う。今後は、これからどうすべきか、市民として何ができるかという観点でのニュースや活動も出来る限り紹介したい。

 数多くのブロガーの方が、このニュースとポスターを紹介されることを期待するとともに、ガソリンスタンドやコンビニの店員さんには、ぜひこのポスターを貼ってもらいたい。

MSN産経ニュースの該当記事

ツイッターで買占め撲滅ポスター「ガソリン10リットル→ケガ人を搬送4人」

首都圏で食料品などの買い占めが問題となる中、ミニブログのツイッターで、若手デザイナーが作った「みんなで分け合えば、できること」と題したポスターが大きな反響を呼んでいる。

 ポスターを作成したのは松本隆応さん。ツイッターでみかけた書き込みを図案化し、「トイレットペーパー12ロール→トイレ1000人分」「ガソリン10リットル→ケガ人を搬送4人」など、買い占めが及ぼす影響を分かりやすく示した。16日に公開したところ、「素晴らしい」「印刷してコンビニに張ってもらった」「マンション掲示板に張った」といった声が多数上がり、ツイッターの伝搬力により急速な広がりを見せている。

 日本消費生活アドバイザー・コンサルタント協会の杉本まさ子常任理事は「意義ある活動。掲示があれば一つのブレーキになる。今は被災地のことを第一に考え、助け合いの精神で行動すべきだ」と話している。


[PR]
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

by kogotokoubei | 2011-03-18 17:30 | 幸兵衛の独り言 | Comments(0)

落語のことを中心に、ときたま小言や独り言。


by 小言幸兵衛