噺の話

kogotokoub.exblog.jp

落語のことを中心に、ときたま小言や独り言。

民放横断プログラムの提言

おこがましいが、テレビの今回の災害関係の放送内容への提言をする。今現在もそうだが、大きく対象で三つ、時間軸で二つの内容に分かれる、と思う。
対象
(A)地震災害状況
(B)福島原発災害
(C)災害による停電や電車運休などの生活情報

時系列
(1)過去の映像に基づく、今回の災害の振り返り
(2)最新情報に基づく情報

 視聴者によって、興味や関心は違うし、その対象も時々刻々変わる。もちろん、それぞれ重要な情報でもあると思う。しかし、各テレビが各々バラバラで中途半端に放送していては視聴者が必要な情報が、結果として入手できない可能性も高い。

 できることなら、今の放送がA−1である、とかB−2であるとか、そして、その内容をどのくらいの時間放送する予定であるとかを明確にすることで、視聴者が必要な情報を適宜獲得できるのではなかろうか。
 どのテレビ局も似たような放送を同時間帯に行い、何かトピックスが入るとすぐに放送内容が切り替わり、結果として我々は必要な情報を得ることはできない状況にあるのではないか。

 思いつきレベルだが、ぜひこういうことも考慮して放送して欲しい。ここは東京電力のグループ分けの「計画停電」に学んで(?)、「計画報道」体制をテレビ各局が協力して検討してはどうだろうか。こういう状況においてテレビが果たす役割は、それぞれバラバラに同時間帯に同じような細切れの内容を放送することではないだろう。民放全局をまたいだプログラムを考える位の発想が、テレビ局の上層部には欲しいと思う。クライアントだって決して否定しないだろう、この「激甚災害」状況ならば。民放横断プログラムにより、コンテンツと情報の共有化だって、もっと図ってほしいものだ。もう、スクープ合戦の時期ではない。
 実は、テレビが非難している政府や東京電力も精一杯の努力をしているはずだ。そんなことを、相変わらず各局が同じような放送をしているのを見て感じる。
[PR]
Commented by ほめ・く at 2011-03-15 00:40 x
特にヘリによる上空からの撮影や避難所での映像など、代表撮影だけにして欲しいと思います。
あるいは捜査や救出に向かう機材に同乗させて貰い、撮影するとか。
「いま必死に助けを求めています!」などと言いながら、何もしない。こんな報道姿勢には、予てから疑問を抱いておりました。

Commented by 小言幸兵衛 at 2011-03-15 09:01 x
さっそくのご賛同ありがとうございます。
全局一斉に福島原発、全局一斉に明日の交通情報、なんて状況じゃないと思うんですがねぇ。
個々のビジネスや、いまだにスクープ合戦の「勝ち負け」意識があって、総体としてのテレビ視聴者をイメージした番組づくりまで発想が及ばないのでしょうが、なんとかして欲しいものですね。

Commented by hajime at 2011-03-15 09:20 x
おはようございます。
今日のきじを読まさせて戴いて
全くその通りだと思っています。
実は肉親の安否が不明だったのですが、
今朝、無事が確認されました。
教育TVでおこなっている様な
安否確認の番組とかやることは他にも
有ると思います。
この記事を読まさせて戴いて
胸のすく思いです。

Commented by 創塁パパ at 2011-03-15 12:09 x
私もほめ・くさんと同じく、「救出現場」を冷静に映しているエセマスコミに
違和感を感じます。むしろ恐ろしささえ感じます。どうして冷静にいられるかと・・・

Commented by 小言幸兵衛 at 2011-03-15 12:37 x
ご無事で良かったですね。
今の状況においては、原発の専門家でさえ判断がマチマチで混乱させられるのに、各局バラバラで統制のとれない報道姿勢がその混乱を助長しているように思います。
勇気と見識のあるマスコミ業界のリーダーの出現を期待したいものです。

Commented by 小言幸兵衛 at 2011-03-15 14:06 x
いろいろストレスがたまりますが、我々国民は冷静にパニックを起こさずにいたいものです。
ガソリン、食料、水のみならず、スーパーやコンビニを見るにつけ、ちょっとオイルショックの頃を思い出させる光景が増えてきたように思います。
なぜ、トイレットペーパーじゃなけりゃ駄目なのか?子供の頃は古新聞でしたよ!
我が家は、少し位の賞味期限切れでも平気なので、結構食料の備蓄があり助かっています(笑)

名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

by kogotokoubei | 2011-03-14 23:26 | 幸兵衛の独り言 | Comments(6)

落語のことを中心に、ときたま小言や独り言。


by 小言幸兵衛