噺の話

kogotokoub.exblog.jp

落語のことを中心に、ときたま小言や独り言。

枝野、オマエくらいはしっかりしてくれ!

e0337777_11072140.jpg
汗だくになって記者会見する枝野幸男官房長官=14日午後、首相官邸(酒巻俊介撮影)*MSN産経ニュースより

 混乱を極めた計画停電が、第5グループの茨城と静岡の一部で始まったと報じられている。関連して、MSN産経のニュースに、本日14日午後の枝野官房長官による記者会見のニュースが、上の写真と一緒に掲載されている。
MSN産経ニュース

停電めぐる混乱で枝野氏「残念で遺憾」 政府の対応への謝罪はなし
(2011.3.14 17:19)

  枝野幸男官房長官は14日午後の記者会見で、東京電力が計画停電の対象地域や時間を発表したのが13日午後8時だったため国民への周知が遅れ、14日早朝から混乱を招いたことについて「結果的に今のような状況になったのは残念で遺憾だ」と述べた。ただ、政府が東電の計画停電を了承したものであるにもかかわらず、枝野氏は政府の判断、対応への直接の謝罪を行わなかった。

 枝野氏は「いよいよ実際に電力供給をストップせざるを得ない状況だと報告を受けている。予測されない停電を防ぐためにもやむを得ない措置なので冷静に対応してほしい」と呼びかけた。



 菅には、もう誰も何も期待していないように思う。頼むから枝野、あんた位はしっかりしてくれ。政府の立場から、悪いのは東京電力、政府は悪くない、というスタンスをとっているようだが、そんな次元を超えた「激甚災害」による混沌とした状況なのだ。「残念で遺憾」という言葉には“乾燥”してカラカラな響きしかない。もう少し血の通った人間の言葉を発して欲しい。
 「昨夜は、政府の指導も足らず、結果として国民の皆さんを混乱させたことをお詫びします。」と言ったって、まさか自民党が政権争いのネタにするような事態ではなかろう。「冷静に」かつ「速やかに」、そして「国民の立場」で対応して欲しいのは、あなた達だろう。国民がこれだけ「冷静」に行動しているからこそ、こんな状況下でも何とかなっているのだ。
[PR]
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

by kogotokoubei | 2011-03-14 18:03 | 幸兵衛の独り言 | Comments(0)

落語のことを中心に、ときたま小言や独り言。


by 小言幸兵衛