噺の話

kogotokoub.exblog.jp
ブログトップ

落語者 三遊亭白鳥 『スーパー寿限無』 1月30日

サッカーアジア杯決勝後の深夜の放送となり、録画を今ほど見たのだが、結構楽しめた。
 白鳥は、昨年2月の第一回大手町落語会で『はじめてのフライト』に感心し、ネタの名を『エアポート2010』に変えてはどうかとブログで提案した(つもり)だが、何のレスポンスもなかった。その後で、『エアポート2010』という映画が本当にあることを知って、そりゃぁ不採用になるだろうと思った次第。

 落語者の第一シリーズで演じた『戦え!おばさん部隊』も、なかなかの作であった。
 
 今回は、よく知られた前座噺の“改作”だが、初めて聞くこともあり結構可笑しかった。
 人間国宝となった未来の白鳥による縁起の良い名前は、オリジナルへの長い地口となっていて、その理屈は割愛するが、「ジュテームジュテームおこうのズリ切れ銀しゃり水餃子の水餃子待つエビフライ待つうどんライス待つ金あるところにすぐ所綾小路仲本工事・・・・・」と続く。

 聞いていて思ったのだが、新作をつくるすべての噺家さんが参加して、“寿限無改作大会”をする、なんてのも洒落としては楽しい企画になりそうだ。

 高座の後のインタビューで『富久』の主人公が落語家だと間違えて説明していたのも、この人なら笑って許せる。もちろん、久さんの職業は幇間である。

 ちなみに、先週第二回の彦いち『初天神』も録画して見ていたのだが、遊雀のこのネタを知っている者としては何とも月並みな出来で、あえてコメントをしなかった。彦いちなら新作のほうがこの番組や観客には合うのではなかろうか、と思いながら見ていた次第である。

  さて、来週は、第一シリーズでは生志が登場した立川流から、志らくが初登場。ほぉ、出ますか彼が、ということで、最近は生で志らくを見ていないこともり、また録画して日曜日に見ることになりそうだ。テレビ朝日「落語者」次回放送予定の案内
[PR]
Commented by 佐平次 at 2011-01-31 09:55 x
う~ん、白鳥ねェ。
どうも私は、、。
もっとおおらかにいろんな噺家を受け入れるべきだとは思うのですが、、。

Commented by 小言幸兵衛 at 2011-01-31 14:17 x
お気持、よ~く分かります。
白鳥については、無理されなくて結構かと思います^^
その時間は他の古典派にお使いいただくほうが良いかと・・・・・・。
私も彼の独演会には行ったことありませんから。

Commented by みい at 2011-03-30 08:42 x
白鳥師匠のコメントは、「富久」でなく白鳥版「富Q」の事だと思います。「富Q」の主人公は落語家なのです。

Commented by 小言幸兵衛 at 2011-03-30 09:26 x
あっ、そうなんですか・・・・・・。
勉強不足でした。
ご指摘ありがとうございます。

名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

by kogotokoubei | 2011-01-30 17:34 | テレビの落語 | Comments(4)

落語のことを中心に、ときたま小言や独り言。


by 小言幸兵衛