噺の話

kogotokoub.exblog.jp

落語のことを中心に、ときたま小言や独り言。

今年は両協会とも真打昇進なし?! -末広亭初席のプログラムより-

昨日行った末広亭初席のプログラムを何気なく見ていたら、「寄席だより」にこんなことが書いてあった。

「両協会とも今年は真打昇進はなし」
 毎年、春と秋に恒例行事として行われている真打昇進披露や大名跡の襲名披露、今年は落語芸術、落語、両協会とも行わない。両協会ともに真打昇進ゼロの年は珍しい事。両協会以外では、前座歴17年、入門して21年となる立川流の談志直弟子の立川キウイが7月に真打に昇進する。



 昨年中に真打昇進者の発表がなかったので不審には思っていたが、“昇進なし”という情報は知らなかった。
 この「寄席だより」に、その「理由」は書いていない。

 なぜか?
 
 邪推するならば、

 故円楽一門----->芸術協会
 
 立川流--------->落語協会

 という構図で、それぞれの協会が他の一門の統合を視野に入れているための、“一時真打昇進凍結”という措置なのかもしれないが、真実は分からない。

 ほぼ年功序列でこれまでトコロテン方式で昇進したきたわけなので、「次はオレの番!」と思っていた二ツ目の心境はいかに・・・・・・。
 
 昨今流行の言葉を使うなら、この「真打昇進なし」ということについて、どちらの協会も“説明責任”を果たしてはいないと思う。やはり、何らかの情報を発信すべきではなかろうか。

 一之輔の昇進を何度も主張してきた私としては、本人はそんな意識はないのだろうが、今年昇進がないことに加え、今後何らかのM&Aが行われて組織が混乱した場合、彼の昇進も遠のくような気がしてならない。

 ともかく、“なぜ今年は真打昇進がないのか”、その“了見”を明らかにするのが筋だと思う。
[PR]
Commented by 創塁パパ at 2011-01-09 22:01 x
全く、「責任」を果たしていませんよね。今までの流れは何なのでしょう?
場当たり的にしか感じません。
こういう時期だからこそ、もう少し考えるべきですよね。
正直失望しています。こんなもんなのでしょうか?

Commented by 小言幸兵衛 at 2011-01-10 09:17 x
お立寄りありがとうございます。
まさか“昇進なし”ということだったとは、驚きです。
落語愛好家のほとんどが素朴な「なぜ?」を感じているはず。
なんらかの考えあってのことでしょうから、公にすべきでしょうね。
たとえば、正朝をこっそり復帰させる件などとは次元の違う、落語界の仕組みそのものに関わる問題でしょう!
小三治会長への失望が次第に募っていく・・・・・・。

名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

by kogotokoubei | 2011-01-09 20:20 | 幸兵衛の独り言 | Comments(2)

落語のことを中心に、ときたま小言や独り言。


by 小言幸兵衛