噺の話

kogotokoub.exblog.jp

落語のことを中心に、ときたま小言や独り言。

BSフジ 「立川談春 らくごの時間」 12月15日

録画していた「立川談春 らくごの時間」(BSフジ、2010年12月15日19:25~19:55)を、ようやく今日見た。
 BSフジの番組案内には、こうある。BSフジの番組案内ページ

社会教育、人材教育に「落語」を取り入れる企業が続出の昨今。
ブームとも言えるこの現象の一翼を担う、まさに旬の噺家が立川談春です。
 番組では、落語の熱烈なファンであり公私ともに仲がいい女優坂井真紀と、落語研究会出身のシンガーソングライターさだまさしに談春本人が突撃。大いに笑わせ、時にほろっとさせる談春の落語の魅力を余すところなく語る。また、ほとんど映像化されていない落語『六尺棒』を完全ノーカットで紹介する。



 開局10周年記念番組の一つだったらしい。
 放送された『六尺棒』の収録については、私もメールで届いた案内を見たので、どれほど急な収録だったかという背景も察することができる。“拙速”な企画の証である。

 まったく、意図が見えない番組。誰を相手にして制作したのだろう。
 いくつか目的を仮定した上で検証してみる。
(1)落語初心者に落語の魅力を伝える
→あくまで談春のための番組で、元々こんな狙いはない。

(2)立川談春という噺家の魅力を伝える
→落語に少しでも接している落語愛好家には蛇足。坂井真紀とさだまさしとの対談も時間不足でこれでは“余すところなく”は伝わらない。高座の後のファンの感想を談春自身がビデオを持って収録した内容も、あの雑誌編集者にして落語評論家(らしい)のH氏について談春が「さくら」と評したごとく、やらせ的で彼のファンだから当り前の内容。まったく、訴求力がない。それに加えて、談春本人、坂井真紀、さだまさしに「(談春を)聞きに来い!」と言わせているが、チケットが“分殺”あるいは“瞬殺”の状況で落語ファンが行きたくても行けない状況を、一層煽ってどうしようと言うのだ。(しかし、そういう談春の会のチケットをようやく入手して出かけると、必ずと言っていいほど、あの編集者H氏はいるなぁ・・・・・・不思議だ。)せめて、談春の魅力を知るためにも、まずは、寄席に行け!」とでも言わせて欲しかった。

(3)談春の“完全ノーカット”『六尺棒』を放送することが魅力
→すでに述べたように“拙速”な企画のため、談春の高座そのものも、音響を含めたコンテンツとしても秀逸とは言えない。あの文楽の芸の師匠であった三代目三遊亭円馬の音源が残っているが、ノイズはあっても、この噺を聞くなら、当り前だが円馬のほうが上である。 コロムビア「落語蔵出しシリーズ(10)」

 この番組をコンテンツとして肯定するなら、「立川談春ファン倶楽部結成10年記念ビデオ」というところだ。
 もし、本当に“余すところなく”談春の魅力を伝えたいという意図があるのなら、後日『紺屋高尾』『文七元結』『三軒長屋』あるいは『包丁』『九州吹き戻し』あたりをノーカットで放送し、談春フアンや落語ファンの“お耳直し”とすべきだろう。

 BSのコンテンツは、開局当時からは随分、質も量も改善されたと思う。しかし、立川談春さえ出せば、今の落語ファンが見て、かつ評価すると考え、突然の収録のために落語会を開催するなどまったくもって論外。そもそも30分で高座と対談とを詰め込もうということ自体に無理がある。談春自身、また坂井さんやさだまさしさんも分かっていながらの登場なのかもしれないが、こんなお手軽な番組を作っているようでは、開局10周年記念が泣くだろう。
 見た後で、このデータは消去。その代わりに、時代劇専門チャンネルで放送された横浜にぎわい座での三遊亭遊雀の『四段目』を収録したが、良かった。もちろんこれは蛇足・・・・・・。
[PR]
Commented by 創塁パパ at 2010-12-19 10:03 x
おはようございます。26日の落語に向けてあせっております(苦笑)まさにファン俱楽部番組。どうも私は談春が好きになれないのですよ。やはり「立川流バブル」が強すぎると思います。落語をわかっている、製作者がいなさすぎ。これでは「落語」を普及させる以前の問題では。われわれが言い続けるしかないですな!!!

Commented by 小言幸兵衛 at 2010-12-19 16:32 x
お立寄りありがとうございます。
『六尺棒』のやっつけ高座の後、あの立川流追っかけでお抱え評論家とも言える広瀬某にインタビューしたところで、この番組の正体が見え、その値打ちは急落しました。
開催三日前に“チケットぴあ”からもらったメールで成城ホールに駆けつけた人たちも、その高座や放送を見て喜べたのかは疑問でしょう。
BSフジの番組スタッフに落語の分かる人がいない、ということでしょう。
さざ、今夜のTBS「情熱大陸」の三三は、同じ30分でも楽しいはずですよ。

名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

by kogotokoubei | 2010-12-18 19:00 | テレビの落語 | Comments(2)

落語のことを中心に、ときたま小言や独り言。


by 小言幸兵衛