噺の話

kogotokoub.exblog.jp
ブログトップ

「ボリューム故障症候群」(VFS)のこと

堀井憲一郎さんの『落語論』で、噺家さんの“声”に関する考察があったのを、昨日や今朝の通勤のバスの中や、今日昼食のために出かけたとんかつ屋さんで思い出した。二日間で、違った年齢層の「ボリューム故障症候群」(Volume Failure Syndrome、略してVFSと名付ける)の方に出会ってしまった。要するに、周囲の状況や語っている相手の距離などに無関係に、むやみに声が大きい病のこと。どうも、世の中にはご自分の声の「ボリューム」が壊れている人がいるらしい。

(1)やや高齢者の女性
 まず、昨日の帰宅のため最寄駅に向かうバスの中。途中のバス停から乗った、60歳台後半と思しき女性二名。ご近所のお知り合いが、たまたまバス停で一緒になったらしい。このお二人、同じ健康食品関係の会に参加しているようで、共通の知り合いの話題になった。それが、どちらかと言うと“悪口”である。お二人のうちのうち一人、仮にAさんとする、が「VFS」である。知り合いの方の実名を堂々と公表しながら「○○さんはズルイ」などと、バスの乗客全員が聞こえる大きな声で、終点までしゃべりまくっていた。もう一人の御婆さん、Bさんとする、はごく普通の声の大きさで、かつノーマルなマナー感覚をお持ちのようなので、Aさんがしゃべり出すたびにBさんは、少し周囲を気にするそぶりを見せる。しかし、注意をするわけではない。Bさんのその時の心境は「早く終点について、Aさんから逃げたい!」ということだったと察する。もしバスの中に「○○さん」の親戚や近所の方が乗っていたら、どう思っただろうか。ともかく、Aさんの「独演会」には、バス中が閉口した。

(2)女子高校生
 今朝会社へ向かうバスでの話。会社に行く途中に、この周辺では進学校として一応名前の通った公立高校がある。夏休みのクラブ活動に行くらしい女子高校生が三人、駅で待ち合わせでもしたのであろう、バスに乗った。この三人のうちの一人が「VFS」だった。好きな同級生の男の子の話題あたりは、まあそう害のないネタでもあったが、家族の秘密めいたエピソードというか、いわば身内の恥までを、ほとんどのバスの乗客が、いやでも知ることになった。女子高校生には、この患者が実は多い。理由はわからない。

(3)子供
 今日の昼休みは、買い物(と言っても、100円ショップだが)する都合もあり会社の近くのショッピングセンターの中にある、とある“とんかつ屋”に行った、いわゆるチェーン店である。蜆の味噌汁のお替りができる。これ以上は明かさない。父親も夏休みをとったのだろう、両親と小学校低学年と思しき女の子、そして4~5歳と察する男の子の四人家族が、私が坐ったテーブルの隣に来た。私が店に入ったのが12:15位。この家族が来たのは12:30位。私はすでに定食を出されており食べ始めていた。さて、この家族の女の子が若いVFS患者である。目の前に母親がいるのに、とんでもない大きな声で、どんな些細なことでも「お母さ~ん!」と叫ぶような声を出す。相手は目の前だよ。顔と顔の間隔50センチという状況で、周囲の客の全員が振り向きかねない声を出す。やや、グズッテいたこともあるが、まるで志ん生の『風呂敷』でのギャグ、「船見送るような声を出すんじゃないよ!」なのだ。しかし、父親はビールを飲みだして少しいい気分、母親もまったく注意などしない。

聞こえるか聞こえないかという小さな声の人も困るが、周囲への迷惑度合いでいけば、間違いなく「VFS」の人たちのほうが厄介だ。落語会や寄席で、周囲と遊離した“間”と大きな声で笑うお客さんがたまにいるが、まだその人たちは、同じ場と空間を共有する落語好きの同好の士として、なんとか我慢できないことはない。しかし、まったく見ず知らずなのに、他人の実名入り悪口の独演会をする御婆さん、自分の家族の恥を堂々を曝す女子高生、顔を見合わせていながら“船を見送る”小学生には困ったものだ。あ!全員、女性だ。「VFS」は、女性だけの病ではないと思うが、昨日と今日はこの病の男性には出会わなかったなぁ。しかし、女性に多いような気もする・・・・・・。待て待て、「口は災いの元」!「VFS」ウォッチャーになりたくはないのだが、この件、今後男性を見かけたら報告します。

さて、この病はどうすれば治るのかというと、ともかく自分が「病気」だと気づくことが先だと思う。しかし、自覚していないからこうなっているのだから、他人が注意しないと分からないかもしれない。とは言っても、家族、学校の先生、クラブ活動の仲間も注意しにくいのだろうなぁ。周囲の人間も「VFS」として認識していないかもしれないし。また、小言幸兵衛が嫌われ者になって注意する日が近いうちに来るのだろう、とイヤ~な気分でのエンディングになっってしまった。でも、ホント迷惑なんだよ、あなた達!
[PR]
Commented by 豆腐屋 at 2009-08-01 04:05 x
たまにいますよね。こういう人。
たぶん言っても直らないと思います。言うだけ損かと。

あ、初めてコメントします。いつも見てます。

Commented by 小言幸兵衛 at 2009-08-01 14:22 x
>豆腐屋さんへ

コメントありがとうございます。また、よくお立ち寄りいただいているとのことで、
恐縮です。
たしかに、こういう人たちは注意したところで、その場は少し静かにしても、
「嫌なオヤジ!」と思われるだけで自覚することなく、相変わらずあっちこっちで
被害を撒き散らすのでしょうね。 しかし、我慢できない時には、小言を言いますよ。
女子高校生のバスの行列への横入りや、集団での大声での会話には結構注意して
いるのですが、「VFS」は、まだ。小言経歴(?)の積み重ねのためにも 、
そのうち言ってやります。

名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

by kogotokoubei | 2009-07-31 17:48 | 幸兵衛の独り言 | Comments(2)

落語のことを中心に、ときたま小言や独り言。


by 小言幸兵衛